ちゅうカラぶろぐ


[2994]  [2993]  [2992]  [2991]  [2990]  [2989]  [2988]  [2987]  [2986]  [2985]  [2984
「我愛你(我爱你)」と書いて「うぉーあいにー」って読みます。らんま1/2のシャンプーがよく言っていたので、30代後半以降には御馴染みなのではないかと。

日本の漢字が読めれば、似ている字なので意味を理解する事ができます。これは、文字そのものが意味を持っている表意文字故にです。

英語の「I love you」だと、「L」に意味はなく「love」って綴りに意味があるわけです。文字そのものは発音の音を示す表音文字故に、綴りで初めて意味が発生します。

で、日本発祥の表意文字が世界に広まっている事のお話をしたいなと。

それは「絵文字」。

もともと表意文字を使っていると分かりにくいですが、表音文字の人間からすると、1つの文字画像で言葉を表現できるのは凄いのです。「I love you」も「我愛你(我爱你)」も「私は貴女を愛しています」も以下の画像で記載ができます。



実際には、助詞とかは個々の言語を使う必要があるかもしれませんが、「男」「ハート」「女」の意味は、ほぼ全ての人間が分かります。男性から女性に愛してますというのが伝えれるかなと。
スマホで入力できるので自分の言語で入力した際に変換すると、どの言語でも同じ意味で同じ絵文字が表示されます。

自分の言語の綴りや文字を知らなくても、絵さえ選べれば、相手に文章を伝える事もできるのです。教育の格差や文化差も埋める可能性があるのです。

もともとは日本のガラケーのメーカー毎に違ったモノを、国内で統一したものが、今では世界共通。これは凄いなぁと。

漢文みたいに絵文字にレ点とか付けるようになったら、それはそれで面白いかなと。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/