ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ついに愛知に緊急事態宣言が。ただし、県独自での判断だから他と同じ内容かはまだ不鮮明ですね。というか国が出した緊急事態宣言もまだフワフワしてる感じがする(・_・;

本来であれば、次の日曜日開催であった歌会も中止の状態。まして、現状からいくと宣言が解除されるまでは歌会再開は無理と言わざるえませんね。
この先についてのアナウンスは、かときちさんからの発信にてご確認くださいm(__)m


コロナの影響は広がる一方で、イベント自粛、映画の公開延期に加えて、アニメの新番組が放送開始延期が増えてきました(´Д`)
過去の作品だったり、すぐ再放送をしたりと対応していますが、このままジリ貧となってしまうのでしょうか?

ゲームも1部タイトルが発売延期。さらに対象年齢を審査するCEROが営業休止に。となると、新作の発売がみんなズレてくるのでは?

娯楽が家の中のみとなった今、新しい物を求めるより、この機会に名作を見直す。もしくは開拓せよって事になるんでしょうか?
幸い今はAmazonプライムビデオやNetflixなど定額でいろんな作品が見れる環境を作りやすいです。感染拡大防止の為にも、お家で名作を楽しみましょう(*゚▽゚)ノ


で、今回は上であんな事を言っておきながら、新作アニメをご紹介。
それは『波よ聞いてくれ』です。

すでに1話は放送されましたが、YouTubeで無料配信しておりますので、気になったら観て下さいませ。(私はプライムビデオにあったのでそっちで観ました)

そもそも最初はノーマークでしたが、とある声優さんのツイートで『しゃべりっぱなし。マイクの前はほとんど独占』みたいなコメントを見て、どんくらいしゃべってんだ?と気になったのが発端。
自分と同じ感覚で観てほしいから、あまり情報を出したくないけど、

ホントに最初から最後までしゃべりっぱなし!
かつ、『え?』ってシチュエーションがポンポン出てくる!
あ。ラジオの話です(笑)

果たしてラジオという限定された空間で、どこまで面白く表現されているのか!?

気になった人は、とりあえず1話ご覧ください!あっちゅーまに30分すぎますよ( ̄▽ ̄)


せっかくだから、しばらくは自宅でオタ活を充実させるぜ!(普段と変わらない)
とはいえ、メンバーと歌会まで関わりないのも寂しいから、オンラインで楽しめる企画とかでないもんかねぇ(´Д`)
では、また来週~

拍手[0回]

月曜日の小島さんの監督でもコメントありましたが、志村けんさんが亡くなったニュースはかなりショックでした…。
先日に追悼番組が放映されましたが、なんというか笑いの質が違うというか、種類としては昔から変わってないのに、やはり面白いし、笑ってしまうんだよね。
都知事の小池さんがコロナの怖さを知らしてくれたと発言し、1部の方から避難を受けましたが、私は賛同です。
実際、近しい人が重症化していない人は「まだ大丈夫」って油断は必ずあったと思います。
志村けんという偉大な方が亡くなったという事実は、自分が原因で拡散。最悪、重症化から死亡を誘発するという事態を生むかもしれないという実感を植え付けたのではないでしょうか?
まだまだ収束の気配はなく、状況も徐々に悪化に向かっているかもしれません。

こんな状況ですと、カラオケという行為も命懸けになりかねません。歌会が開催できないのは非常に残念ですが、今は耐えてまた楽しく遊べる日を待ちましょう!


さて、本日のオススメは『生徒会役員共』
こんな状況なんで笑えるので、なんかないかなーで、チョイスがコレってのもどうなんだ?かもしれませんが、
思春期大爆発のJK生徒会長&副会長のエロネタに主人公(男子)がツッコミまくる!という痛快ギャグです。
まぁエロといっても保険体育的なとか、捨ててあったエロ本を拾うドキドキ感みたいなソフトな…あ。ヤバいのいっぱいあるわ(笑)

とはいってもエロは地球を救うくらい笑いにしっかり繋げてくれてますので、頭空っぽにして見てくれればよいと思います。

内容こんなんだけど、マンガは18巻&連載中、アニメも2期+OVAと長くなってたりするんですよ。

アニメは主人公のツッコミが気持ちよくテンポよく見れます。
ほとんどのキャラが女性、というのも女子高が共学になったという設定なんで、そんな感じに。

会長と副会長がエロネタをといいましたが、まともなツッコミキャラは少なく、ほとんどがボケ側です。しかもあの声優さんに何言わせてるんだ(笑)ってくらいです。

ツラいときこそ、この作品を見て笑って気分を変えて楽しんでくださいな(*゚▽゚)ノ

拍手[1回]

最近、コロナの話題ばかりで、なんか気が滅入ってきそうなんで、ちゅうからに関わるアナウンス以外は言わないようにします(゚Д゚)ノ

と、書いていた矢先に4月の歌会も休みとの連絡が( ノД`)
まぁあんだけの人数が集まるので、現状としては厳しいですね。
とはいえ、歌会は中止といってもメンバー同士の交流をするな、というわけではないので、その辺は自己判断で楽しんで頂けたらと思います。
日曜日のかときちさんの旅行、ドライバーは私でしたしね(笑)

今月もあと少しで終わりですが、春といえば桜の季節。
今冬は雪がほとんど降らず、開花も早いかと思われましたが、現時点の近所の咲き具合をみると、去年と同じくらいかなぁって感じですね。
桜はいろんなところにあるから、だんだん変化していくいつもの街並みも見てると楽しくなります。季節の景色は今だけなので堪能しましょう( ̄▽ ̄)

前回のニューガンダムに引き続き、今回も作ったガンプラを。
ちょっと前に発売したガンダム(ジ・オリジン版)です(゚Д゚)ノ



普通のガンダムと何が違うの?って声が聞こえそうですが、わかりやすくいえばパラレルワールドの初代ガンダムといえばいいのかな?
TV版とマンガ版の違いがあるエヴァンゲリオンと同じですね。
デザインはそうそう変わらないので、見た目は…いや、カラーリング違うから別物に見えるか(・_・;
このカラーはわかる人にはわかる「プロトタイプ」カラーなのです。
ちなみに普通のカラーはこんな感じ


違いとかいい始めると長くなるから終わり(笑)
とりあえずフィギュアと違って、プラモは手間をかければ、オリジナルアレンジがやりやすいってトコは楽しいですよね(*´∀`)
歌会に持ち込めないのは、ちと寂しい。


さて、今回はAmazonプライムビデオで目に付いたから『四月は君の嘘』をオススメしたいと思います。
ちょっと今回のタイトルから連想は難しかったかな?

この作品は、過去に天才ピアニストと呼ばれたが、弾けなくなってしまった主人公の男の子と、破天荒なバイオリストのヒロインとの物語です。
ネガティブな主人公をぐいぐいを巻き込んでいく、ヒロインの行動が気持ちよく、かつコミカルな感じを入れてくるので、毎話ストレスなく見れると思います。

もちろん、音楽があるから演奏シーンもあります。実力のあるキャラ達が登場するから、見ていて言葉をなくし引き込まれる事請け合い!
アニメだからこそ、ちゃんと聴ける甘美な演奏をぜひ堪能して頂きたい。
音楽といえば、前半のOPである「光るなら」Goose houseさんのコーラスが心地いいんで、ぜひ1度聴いてほしいです。

タイトルに「?」とはなるかもですが、それは物語が終わったときにすべてわかります。
先に言いましょう。
「ハンカチは用意しておいてください。」

作画、演出、シナリオ、音楽。高次元で組み上げられた心打つ作品を楽しんで頂きたいです。

拍手[1回]

日々、新しい情報が出て変化が続くコロナウィルス問題。
先週の歌会は中止としましたが、4月についても現状としてはなんとも言えない状況(´Д`)
どうしたら収束に向かってくれるんだろうなぁ。

とりあえず回せる経済は回して、できるだけ非日常に近づかないようにしたいなぁとか考えてしまいます。
とりあえずはウィルスに負けない身体を維持!大変な状況ですができる範囲で楽しんで頑張りましょう(*゚▽゚)ノ



さて、今回は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をオススメします。
なんでって、頂きものの「RG ニューガンダム」を作ったからです。
貰い物はちゃんと完成させてご報告しないとなのですよ。まぁほとんど素組みですけどね。

それにしても、カッコイイ(*´∀`)
こうなるとサザビーも欲しくなるけど、ニューガンダムを作るだけで20時間近くかかったから、それを考えると迷っちゃいますね(・_・;

では、本編のお話に。
まず、オススメしとしてなんですが、先に『劇場版 機動戦士ガンダム』を観ていただく事を推奨します。
なんでかっていうと、初代ガンダムに始まるライバル、「アムロ」と「シャア」の決着のお話なので、『逆襲のシャア』に至るまでは知っておいたほうがよいのです。
さらに言うと、劇中で軍人ではないある人物が登場しますが、ブライトさんと深く縁がある方なので、初代ガンダムを見ていないっ「誰?」となってしまうという事を回避できたりもするのです。

『機動戦士Zガンダム』の話も知っておいたほうがいいのですが、6時間で済む劇場版3部作はTV版と結末が違い、ちょっとお話が繋がらないので、オススメは迷うところ。興味が湧いたら見てくださいまし。

さて、前フリが長くなってしまいましたが、最初に言った通り、アムロとシャアの決着のお話です。
劇場版は初代ガンダム以来で、作画の書き込みは、さすが美麗!
主題歌「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を超えて」のカラオケ映像とかでも見た事ある方も多いのでは?

作品を知っているからが前提になってしまいますが、アムロがやっとガンダムに乗る&ファンネルを使うというのがファンにとってもテンションが上がる要因だったと思います。
実際、一昨年に放送された「ガンダム大投票」では、主役級ニューガンダムは堂々の1位でしたね。

2時間で収まる話である為、ゆったりした時間は少しで、戦闘要素多めです。
劇中は本当にアムロとシャア中心で、それぞれの立ち位置と考えをぶつけ合いながら、物語は進んでいきます。
どっちの考えもわかるんだよなぁ。
それに巻き込まれる若い2人、ハサウェイとクェス。この2人は今作として先の話としても重要だったりする。でもこの子ら中学生くらいの年なのよね。クェス、化粧濃すぎ(笑)

前知識ありきでのオススメなので、なかなかポイントを出し切れませんが、ガンダム作品としては、「2時間で観れる優秀作」です。『ガンダムUC』、そして映画最新作となる『閃光のハサウェイ』にも関わる作品ですので、初代ガンダムから続くとはいえ、ガンダムを知らない方にもオススメできる作品だと思いますよ。

ちなみに私が好きなMSの中でも上位である「リ・ガズィ」、好きな女性キャラの1人「チェーン・アギ」が出ている作品である。同志求む!

とりあえずRGサザビーを買うか迷い中。やっぱ、ライバル機は並べて飾りたいよねぇ
ただファンネル地獄は嫌や(´・ω・`)
ではまた来週~

拍手[1回]

本来ならば次の日曜日は歌会。
…だったわけですが、コロナウィルスの感染拡大防止の為に中止となりました。残念(´Д`)

野球や相撲など無観客試合が増えてきて、中継をみても、なんか寂しい感じになっちゃっていますね。
ディズニーやUSJなどのテーマパークも休園が延長となったりと、半月先、1ヶ月先がどうなっているか、わからなくなってきました(・_・;

イベント事は軒並み、自粛、中止の方向で動いているものも多いです。
卒業、入学や新生活、花見など今からたくさんの思い出作りができる事を、ちゃんと出来ないというのは、悲しくもなりますが、仕方ないかなとも納得はしています。

早くみんなが何も気にせず楽しく過ごせる日が戻ってきてほしいと切に願います。



さて、今回のオススメは『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』『螺巌篇』をご紹介しようかと思います。
頭に劇場版とついているとおり、映画タイトルで、TV本編を前編と後編に分けたものです。ただし、後半は物語流れは同じですが、TV版よりも壮大な感じとなっております。

『天元突破グレンラガン』のTV版は27話なので、まぁそちらをマラソンでみても良いか思いますが、いやTV版も良いですぞ。
映画版は濃縮版とも言えるので、短時間でがっつり見たいという方は映画版がオススメです。

ジャンルとしてはロボット物ですが、最近(といってもこの作品も13年前)少なくなったいわゆる「スーパー系」です。
質量保存の法則や物理法則を気にしない戦闘はド派手でカッコイイですよ。

この作品のメインテーマは「ドリル」
メカにも生き方など、いろんな事にドリル=螺旋が関わってきます。
加えて、まーキャラ達がスーパー系らしくアツい方が多い事。
でも泣けるシーンもあったりします。序盤の山であるあのシーンは特に胸を打ちました。

最後のスケール感は訳がわからなくなりますが、あそこまでいくと、ある意味ぶっ飛んでていいのかも(笑)

今回は濁しが多いですが、それだけ初見は前知識なしで見て欲しい自分の中では5指に入る作品です。
当時は本当に毎週楽しみしながら見てましたよ。
紹介は映画版としましたが、最初にいったようにTV版もオススメ、むしろ見比べてもよいかと思います。


では、とりあえず体調を崩して抗体が弱らないようにすれば、ある程度はなんとかなるはず!
まだまだ大変な状況ですが、負けずに元気に過ごしましょう(゚Д゚)ノ

拍手[1回]

わかってる人はわかっている。これを書いているのは金曜日。
木曜日は体調不良でくたばっていました。…というのは大袈裟で、ずーっと調子悪かったのが、37度代の熱が加わったので、ちょっと様子をみる意味で休みました。
翌日には、すっかり平熱。でも調子は良くない。なんなんだよ、ちくしょう(´Д`)

世間はいろいろ自粛モードみたいな感じになっていますが、毎日みんな通勤電車でキャリーしまくってるよなぁって私は思います。私も一役買っているかもと思うと恐ろしいもんだ(・_・;

影響はサークルにも及び、3月の歌会は中止に。仕方ないからヒトカラでもするか(笑)



さて、今回のオススメアニメですが、あえて健康志向で『はたらく細胞』にでもしましょうかね。

内容は人体にある白血球や赤血球を擬人化した、身体の中のお話です。
医学的にもキチッとしていて、教育用としても活用されるほどです。
主人公の赤血球は花澤香菜さん、白血球は前野智昭さん、他にも小野大輔さんや井上喜久子さんなど、ベテランや人気方々が出演しており、なんか豪華(笑)

風邪や花粉症などの病気の「なんで?」が、ビジュアル化する事で、わかりやすく描いています。絵柄もリアルではなく、マンガちっくなので、劇中も固い感じにならず、気楽に見れますよ。

なんか井上喜久子さんは、ほわっとしたキャラが最近、少なかったので久々にお姉ちゃんキャラを見た気がしましたね。(ただし、劇中のキャラは…)
あとモブっぽい細胞の声優さんが「ある方」なんですが、見ていた当時に気づいた時点で『コイツ怪しい!』と感じましたが、見た方はどうでしたか?

そんな教養にも役立つ本作、ぜひご覧ください。

皆さん、体調不良にならないように、しっかり抵抗力を身につけましょうね(゚Д゚)ノ

拍手[1回]

新型コロナウィルスが猛威を奮っており、イベント事は軒並み中止の判断に。
特に政府会見後、開演3時間前とかに中止になったとか悲劇でしかないですよ。
チケットは払い戻しはあるかもしれませんが、現地に行くにまでにかかった費用はどうしようもないので、遠方から来られた方はさらにツラいだろうなぁと思います。

しかしながら、ちらほらと声を聞くように「拡散の収縮でイベント中止」ならば、通勤に使っている電車やバスはどうなの?ってのはあります。
かくゆう私も電車もバスも使って通勤しています。マスクはしていますが、それで大丈夫かっていうとわからないですよね。
今週は微妙な体調をアップダウンをしながら働いていますが、高熱ではないので判断に迷うという状況。
ぶっちゃけ、自身がかかって休みになっちゃうのは仕方ないですが、一緒にいる家族に伝染るのは困ります。身体の抵抗力が低い人ほど危ないですからね(・_・;

テレワークを英断した会社が羨ましいですが、それも業種によりけりですね。少なくとも現場対応や接客などはまったく関係ないわけで。なんだかなー。
とりあえず週末は、引きこもるか。あー、でも仮面ライダーの映画見に行きたいな(´・ω・`)



タイムリーってわけではないですが本日
、来月3/15の歌会中止が発表となりました。
とても残念ではありますが、カラオケとなると小さい部屋で口を大きく開けて楽しむなんで、まー対策の真逆となるから仕方ないかなぁという気がしなくもないです。
マスクしたまま歌うってわけにもいかないですしねぇ(・_・;
楽しみは4月までとっておきましょう!



さて、今回のオススメアニメは、『俺ガイル』にしようかと。
ガイルといっても、どっかのアメリカのファネッフーするストリートファイターではありません。
『俺ガイル』タイトルの通称で、正式には
『やはり俺の青春ラブコメは間違っている。』
というタイトルになります。※ちなみに略称は『はまち』
普通に聞いたらわからないですよね(笑)

ジャンルとしては、学園ラブコメですが、主人公が周りから好かれるタイプではなく、いわゆる「ぼっち」です。ただかなり頭は回るし、成績も優秀(文系に限る)
「奉仕部」というお助けというよりは相談所みたいな部活に強制的に入れられ、そこに元々いたヒロインと、のちに入部するもう1人のヒロインを中心に物語は進みます。

魅力としては、ヒロインに行きがちですが、私としては主人公の不器用なところが好きです。人助けをする際にあえて自分をヒールにしたり、印象を自己犠牲にしたりと事情をしらない人からするとカッコ悪いのに、かっている人からみたら、主人公の心情や葛藤がよく見えて、共感みたいな気持ちになります。

この作品をみていると、人と人の付き合い方、駆け引き、立ち回りみたいなものってなんなんだろ?って考えさせられますねぇ

途中で出てくる1年のヒロインがけっこう好きなキャラだったりします。あざとさ満開なんですが、主人公に対する気持ちの変化をみているのが楽しいのです。

原作小説は完結しており、4月には3期が放送開始。それで完結するようです。
さすがに物語として続いているので、3期からはちょっと把握は厳しいかと思いますが、1期は12話、2期は13話と話数は多くはないので、頑張れば放送開始までに追いつけるかと思います。
原作は読んでいないから、これからどういう展開になっていくか楽しみです。

ちなみに2期をやっていた頃は、同じ時期に『俺物語』が放送していて、『俺ガイル』と主人公の声優が同じだった事によるギャップに驚いたものです(笑)

最初にも話題に出しましたが、コロナウィルス対策をすれば、同時に風邪やインフルエンザにも対応できます。
マスクとか手洗い、うがいも大事ですが、体調をしっかり整えて身体に抵抗力を付けるのが1番だと思います。
周りに影響を出さない為にも、健康維持を心がけましょう( ̄▽ ̄)
では、また来週~

拍手[1回]

/