ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
妹が買ってきたポテトチップス「のりしお味」を少し摘むつもりが完食してしまいました。ポテチって食べだすと、なんでノンストップになるのでしょうか。31歳になっても分からないことだらけのキムタケです。


キムタケのブログにも度々登場する柴犬くん。最近、ちゅうカラのメンバーからこんな質問をよくされます。「キムタケくんと柴犬くんって、よく遊んでるみたいだけどどういう繋がりなの?」っと。

確かに柴犬くんとは月に2~3回は少なくとも遊んでいるはず。なんだかんだ、ノリよく付き合ってくれているのでキムタケが、ついつい連れまわしているわけですが。。。

柴犬くんと知り合ったのはほんの1年ほど前のことです。切っ掛けは柴犬くんのお兄ちゃんでした。実は、柴犬くんの兄貴とキムタケが中学・高校時代の同級生でして。サークルへのスカウトを密かに画策していたキムタケに柴犬(兄)が推薦してくれたのが切っ掛けです。


ここからは暫し、回想にお付き合いください。

柴犬兄弟が某上前津で営む整体院に訪れたキムタケ。背中の張りを取り除くべく、柴犬(兄)のマッサージを受けながらのこと。


柴犬(兄):「たけし、最近、休みは何してんの?」
キムタケ:「最近は、カラオケかな。カラオケのサークル入ったので、その練習とか。」
柴犬(兄):「え?!俺も行きたい。誘ってよ」
キムタケ:「別にいいけど。。。アニソン限定だけどいい?」
柴犬(兄):「あ・・・あ~、アニソンねぇ。面白いよねぇ」
キムタケ:「そうねぇ」
柴犬(兄):「・・・・・」
キムタケ:「・・・・・」
柴犬(兄):「あ、うちの弟、アニメ好きだよ。ちょっと話してみてよ」


っとそんな感じで、隣で診療していた柴犬くんを紹介されたキムタケですが。
この会話、キムタケとって要注意のフラグです。思い返せば、合コンや街コン、仕事場と、何度となく経験した失敗の数々。アニメが好きだと言い張る相手に、テンションがあがり。結局、引かれる王道パターン。

そんな辛い過去を乗り越えてきた大人のキムタケ。こういう時は、デンプシーロールを繰り出す前の幕ノ内一歩のように、まずはジャブで応戦します。


柴犬くん:「あ、はじめまして~」
キムタケ:「どうも~」
柴犬くん:「え、たけしさんはどんなアニメよく見るんですか?」
キムタケ:「うーん、どうかな~、ジャンプ系のアニメが好きかな」← (ここ、左ジャブ)
柴犬くん:「へぇ~」
キムタケ:「何系が好きなの」←(ここもジャブ)
柴犬くん:「僕ですかぁ、いやぁ、なんだろう。ロボット系ですかね」


はい。ここで少し展開が変わります。ロボット系と言った時点で、彼は一線を少し越えてしまっていますね。続きをどうぞ。


キムタケ:「ロボットかぁ。ガンダムとかかな?」
柴犬くん:「そうですね。ガンダムも一通り好きですし。それ以外にもロボット系ならほとんど」


むぅむぅむぅ~。リカルド・マルチネスが伊達英二を認めたが如く、柴犬くんが話せる相手だと察したキムタケ。次は、軽くフックからのコンビネーションを打ち込みます。


キムタケ:「僕は日常系とかギャクアニメを良く見るんだよねぇ」(ここ、右フック)
柴犬くん:「どんなの見るんですか?」
キムタケ:「鬼灯の冷徹とか」(強めのジャブ)
柴犬くん:「あ~、なるほど。」
キムタケ:「夏目友人帳とか」(もう一発、ジャブ)
柴犬くん:「へぇ~」
キムタケ:「とらドラ!とか」(右のストレート)
柴犬くん:「いいですねぇ~」

この反応を見て、柴犬をドラフト1位でスカウトすることを決めたキムタケ。熱くなり、くぎゅーの魅力を散々話したとか、話してないとか。兎に角、即座にLINEを交換し、ちゅうカラにイザナッタわけです。

そんなこんなで、ちゅうカラのメンバーになった柴犬くん。その後、楽しそうにサークルに参加してくれて。同級生の柴犬兄からも「最近、サークルのおかげであいつ楽しそうだわ」っと言っていただき。密かにスカウト活動をしてよかったなっと心から思っている次第です。


そんなこんなで、今週末、はじめてアニメ好き限定の街コンに参戦するキムタケ。恋とスカウティングの2冠を奪取してきます。来週のブログで良いご報告ができるよう全力で頑張って参りますので、応援よろしくお願いします。

おしまい

拍手[3回]

昨日の歌会に参加された皆さん、お疲れ様でした。
 多数の初参加の方が見えた会でしたが、楽しんで頂けましたでしょうか?私は前回参加できなかったこともあった反動と、またちょっとそういう気分になったので普段歌わない「ACE COMBAT5」や「超時空要塞マクロス」の曲など織り交ぜたりなんかして割と歌い倒させて貰いました(笑)

 こんばんは、小島@監督です。
 しかしじゃんけん大会で出品されてた加蓮ポスター欲しかったなぁ…プライズ品みたいだし自力でゲットしに行くべきか。

 さて、今回は久しぶりに映画館の話。
 先週のブログで書いた沼倉愛美ファンクラブイベントが明けた翌日、私が向かったのは田端。山手線田端駅北口改札を出て右手に向かい突き当りのT字路を左へ。駐輪場へと続くスロープを下り高架をくぐると見えてくる「田端駅下仲通り商店街」、その中に佇む小さな映画館が今回の目的地、

「シネマ・チュプキ・タバタ」です。
 オフィシャルサイトはこちら。
 日本で初めて、そして現在唯一のユニバーサル・シアターとして2016年に開業しました。運営母体は視覚障害者の映画鑑賞を長く支援してきた団体「シティ・ライツ」。徹底したバリアフリーを目的として設計されたミニシアターで、館内には様々な工夫が施されています。入り口から場内へはフルフラットになっていて車椅子でも入れるようになっていますし、写真には収めていませんが赤ん坊連れでも鑑賞が可能なように小さな防音室「親子鑑賞室」が設けてあるのも特徴です。


 席数は20席。日本で最も少ない部類に入ります。スピーカーは目の不自由な方でも立体的に音響を把握できるように「ガールズ&パンツァー」などのアニメ作品の音響監督を数多く手掛けている岩浪美和氏により特別に設計された「フォレスト・サウンド」という独自のシステムが導入されています。写真ではわかりにくいですが、薄い緑色している場内の床は実は人工芝。ちょっとフカフカしています。

 全ての座席には目の不自由な方のための音声ガイド(洋画の場合は吹替音声も)を聴くことが出来るイヤホンジャックが備え付けられており、左右それぞれの音量が調節できるようにもなっています。

 音声ガイドはここでの上映のために新たに録り下されたものも多く、館内には収録に当たった声優や作品の監督のサインが各所に書かれています。写真は左から順に、
・小野大輔(「ソング・オブ・ザ・シー海のうた」)
・中上育実(「ガールズ&パンツァー劇場版」)
・戸松遥、伊藤智彦(「劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール」)と新海誠(「秒速5センチメートル」)
・片渕須直(「この世界の片隅に」)
のサインになっています。

 この日観た映画は「チップ先生さようなら」
 1934年にジェームズ・ヒルトンにより発表された小説を原作にした映画で1939年に製作され、監督はサム・ウッド、主演はロバート・ドーナット。
 夕暮れ時、生徒や後輩から「チップス先生」と呼ばれ慕われる老教師チッピング(ロバート・ドーナット)が暖炉の前でまどろみながら自身の教師人生を追憶する。理想に燃え憧れの学院で教鞭をとることが叶えられるも現実に挫けた青年期、生活に疲れたころ同僚に半ば強引に連れ出された旅先で出会った親子ほどに年の離れた女性キャサリン(グリア・ガースン)と恋に落ち結婚したことが転機となる壮年期、一度は引退するものの同僚や教え子が次々と戦地へ召集されるなか学院からの要請で再び教職に戻ることになる老年期…移り変わる時代の中、教師として生きてきたチッピングはその晩年に何を思うのか。
 時代の流れに呑み込まれそうになりながらもユーモアを忘れず子供たちにものを教え続ける教師の姿を端正に描き出す、学校を舞台としたヒューマンドラマの傑作で、この1939年版を始めとして現代に至るまで度々映像化や舞台化がされています。1939年版では主演したロバート・ドーナットは20代から80代までを見事に演じ分けてみせ、当時製作され大ヒットした「風と共に去りぬ」の主演クラーク・ゲーブルを抑えアカデミー賞主演男優賞を獲得しました。
 散りばめられたユーモアの中に忘れがたいセリフがフッと現れる作品で、80年も前の作品ですが是非多くの方に観ていただきたい映画と言えますね。

 現在国内唯一の映画館であるシネマ・チュプキ・タバタは、開業資金をクラウドファウンディングによって賄われ、現在も映画館の運営のために寄付を募っています。興味が湧いたなら足を運んでみるのも一つの支援。「映画」へのアプローチに対する一つの「答」とも言えるこの映画館、いろいろな意味で唯一無二の映像体験が待っています。こういった映画館がこの1軒だけでなく国内に何館もできるような、そんな日が訪れると良いですね。
 



拍手[0回]

本日の歌会に参加された方、ありがとうございます。

で、今日の歌会では久しぶりに多くの曲を気持ちよく唄い、
食事会で楽しいお話をして気分良く帰ろうとした時!

車に乗り前を見るとなんとフロントガラスにヒビが!
歌会に来る時、前の車の飛び石でも当たったのでしょう。
もうせっかく楽しかった週末が台無しですよ。

なにもなければ気分良く帰りにゲーム屋にでも寄って、
それこそ『NintendoLABO』でも買って帰ろうと思ったのに。
とりあえずフロントガラス代10万円のために節約です。



さて、先日はなぜ集まったか忘れてしまいましたが、
居酒屋『太陽』さんでちゅうカラメンバーとお食事でした。

そこで、好きなアニメの話になり、とあるメンバーが、
超絶な押しで『とらドラ!』を進めくるのです!
そこまでと言うならせっかくだからと、近所のTSUTAYAに。

見るぜ!ということで・・・・(たった)4話見ました!

また、先日は居酒屋『太陽』さんの移転ということで、
居酒屋『太陽』さんでちゅうカラメンバーとお食事でした。

そこで、旬のゲームの話になり、あるメンバーが、
超絶な押しで『Dead by Daylight』を進めてくるのです!
そこまでと言うならせっかくだからと、PS4にダウンロード。

やるぜ!ということで・・・・(たった)3回プレイしました!

と、メンバーにオススメされたものに手を出しましたが、
現状、書いたとおりに見れてないしプレイできていません。

しかしながら、ちょっと触れたところ面白そうなので、
少しずつ時間を割いて触れていきたいと思います。

本日の歌会、仮決定としていたイベント『コミック交換会』が、
私の不注意でホームページから削除されておらず、
それを見たメンバーがマンガを持ってきてくれました。

このイベントは自分のオススメのマンガを持ち寄り、
メンバー間で交換し、お互いのオススメを知ってもらうという、
私の結構大好きなイベントだったりします。

このように普通に過ごしていたら触れられなかったものを、
何かの機会に知れるというのは大変面白いと思います。

みなさんも作品の好き嫌いがあると思いますので、
作品のタイトルや絵柄で触れるものを決めると思いますが、
人に進められなければ知らない作品は多くあります。

こうやって新しい作品を見つけられる環境というのは、
サークルのような大勢集まる場所でないと出来ないので、
これもサークルの一つの楽しみ方なのかなと思いました。

拍手[3回]

おはようございます
ショーグンです

昨日は会社の慰安会で飲みすぎて、ぶっ潰れていました。
名駅から帰ってきたことすらあんまり覚えていませんが、机の上を見るとクレジットで支払いをしたあとがあり、成城石井で桃のスムージーとタルトを買ってきていて、飲みかけのクリスタルガイザーがあるあたり、きちんとお店で支払いして、今朝の朝ごはんを買って、酔い覚ましに水を飲んで寝たようです。

完全にいつもの俺じゃん
人間の帰巣本能ってすごいですね。


さて、イヤホンを買いました。

もう何本目かわかりませんが、イヤホンを買い、リケーブルしました。
(リケーブル:イヤホンの接続用ケーブルを自分にあったものに変えること)

ちゅうカラに入る前からイヤホンやヘッドホンには興味があり、いろんなイヤホンを使い分けていましたが、ちゅうカラに入って12年でより一層濃さを増しましたね。

イヤホンも素材や調整方法で音質や傾向が全然違いますし、その時々で聞きたいものに対して一番合うものを使っていたわけなのですが…
そんなことをしているとどんどん溜まっていくイヤホン。

ここいらでいっそちゅうカラご自由に持っていってゾーンに大放出しようかしら

まず、第一号というか手元に残る最古の組み合わせ…

ipod Nano+JVC



多分、旅先とかで緊急で手に入れたイヤホン。
セントレアで耳栓代わりに買ったような気がする…

外部の音をしっかり遮音してくれるので、飛行機の機中で寝るには最高。
外耳からはみ出る部分が少ないので、耳の痛くなりにくいし…

まぁ、音としてはごく当たり前の特徴の無い音。
このイヤホンに出会ったことで、このイヤホンの音がベンチマークとして今後ずーっと使われることになる。


ipod Nano+SONY(アンドロイド用)



iphoneに乗り換える前、アンドロイドのスマホをメインで使っていたときのもの。
めっちゃ低音が出る上、アンドロイド用のリモコンとマイクがついてる、便利。

特に低音については気持ち悪いくらいガンガン鳴るので、ロック・メタル系を聞きながら頭を振るにはちょうどいい。


ipod Nano+ZERO AUDIO



女性ボイスがめっちゃきれいに聞こえるイヤホン。
当時は、これでラジオとかニコニコとか聞いてた。

中音域のボイスがよく聞こえて、低音域が薄いSONYのイヤホンとは真逆のセッティング。
CD音源で歌を覚えるのにも使ってました。

ちょうど、アイマスにハマり始めて曲数が増え始めた頃だったろうか。

WN-A45+Ultimate Ears UE900s



ココから急に新しくなる
現在のメイン編成。

中音域メインで歌声がよく聞こえる。
特に女性ボーカルの伸びは最高。

このイヤホンを買ったので、プレイヤーもハイレゾ用のウォークマンにかわりました。
リケーブルもこのイヤホンで覚えたのですが、正直標準が一番良いと思える始末。

ハイレゾ音源も少しづつ揃ってきたので、当分このママ使い続けるかなー


WN-A45+TRN V10



で、今回買ったイヤホン。
俗に言う中華イヤホンと言うやつ。

2BA+2DDというスペックにやられて買ってしまいましたよ。
(BA(バランスドアーマチュア型)とは繊細な音が出せるが、再生周波数帯の狭さが欠点のドライバ、DD(ダイナミック型ドライバ)は低音域の再生に適しているが、小型化が難しい)

値段は前述のUltimate Ears UE900sの4分の1。でも、Ultimate Ears UE900sが4BA構成なので、ドライバの構成数としては同じですww

なんでこんな安い値段でこんな性能のものを出せるんだろう…

実際聞いてみると、確かに性能通りの音。
低音域から高温域までしっかり出ていて、ノイズ乗りやすいハイレゾ音源にも負けない。

ちょいと音量を大きくするとノイズ乗りやすいのは個体差と思いたいですが、イヤホン沼への入り口にはいいかも。

価格も安いですから通勤通学の際に音楽聞かれる方、おすすめできますよ。

と、まぁ、ココまで自分が持っているものを紹介してきましたが、自分もイヤホンを買い替え始めたのは「歌詞をしっかり覚えたい」「歌い方まで見えるような音で聞きたい」ってのが原動力でしたので、おんなじような考えを持つ方イヤホン買い換えると世界かわりますよー。

あ、あとボイスドラマ系も気持ち悪いほど楽しくなりますので、ドラマ系CD聞く方もぜひ。

拍手[0回]

週末は歌会です(*゚▽゚)ノ

2週間しか経っていませんが、もう次がきました。
さすがに間隔が短いせいか、今回は参加人数がかなり少ないようです(´Д`)

というわけで、今回は私はゲーム持ち込みません(・ω・)
やろうと思ってた方、「次回を待て。」


どちらにせよ、今週はニンテンドーラボが発売されるので、本当はそっち持っていこうかと思いました。
・・・が、あれって簡単に持ち運べる感じではないんですよね(・_・;

ちなみに開封前の箱の重さは、スイッチ本体の箱より重いという。


で、歌会に持ち出すにしても、バラエティキット全部だと前回くらいの量になりかねないので、持っていくのは1部になります。

リモコンカーとか不思議なお家とかもありますが、ゲームとしては
・バイク
・釣り
くらいになりますね。ピアノとかもスピーカーなしで音が出るみたいなので、体験してもらうと面白そうですね。

ま、体験会はそのうちでー(゚Д゚)ノ


さて、ニンテンドーラボという工作のお話でしたが、先週から作っているガンプラは色塗りで頓挫しそうな状況です。
ホント、我ながらヘタクソでして、ある程度エアブラシでやったまではよかったですが、マーカーで部分塗りしようとしたら、まーキレイにできない事できない事(´Д`)

色塗り終わったら、スミ入れしてデカール貼ろうと思ってますが、全然そこにいけないです( ノД`)

遠目で見れば、出来てるっぽいんですけどね(遠い目)

まぁアニメが始まって、またガンプラは盛り上がるでしょうから、挫けず販促兼ねてちまちま作りたいです。
みんなもガンプラ作ろうぜ(*´∀`)


もう一つ、工作でなければお仕事の話ですが、私の業務の中に「iPhone修理」があります。

といっても、なんでもできるってわけではなく、液晶を含むフロントパネルやバッテリーの交換などのパーツ交換修理です。

で、今日は久々に7の交換をしました。
6とか6Sとかは慣れっ子なので気持ちに余裕がありますが、7となるとそれまでと構成が変わりましたし、耐水という事で強めの両面テープで固定されているので、修理中に壊さないかビクビクなのです(´・ω・`)

まぁ実際はマニュアル片手に作業進めて、なんら問題なく直せましたけどね。よかったよかった。


普通なら気にもならないスマホですが、直すとなると、別の話。
でもこういう機会でもないと体験はできないし、知って無駄にはならない知識だろうから、ありがたい業務です。

ちなみに去年やらかした自分のiPhoneは、摩擦熱で基板ごと削り取られてたので、無理でした(笑)

iPhone限定ですが、修理はできますので、お困りの方はご相談ください。なんてね(・ω・)


さて、週末の歌会にむけて、なんか歌を仕入れないとなー。

部屋一緒になった方はよろしくね(*´∀`)

拍手[1回]

ちゅうからのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当 レイウォールです。

先日の太陽さんでのイベントにご参加の皆様、お疲れ様でした!
美味しい料理に旨い酒を堪能させていただきました。

今回はコーエーが誇る大人気シリーズ,真・三國無双最新作 真・三國無双8についてお話します。

結論から言いますと,なんか中途半端^^;です。

今作はオープンワールド無双と銘打ち,自由度を売りにしているようでした。
確かに中国大陸を1枚マップで表現し,その中を好き放題動き回れるというのは,"自由"であるのかもしれません。
ただ,大陸を旅することがあまり面白くないのです。

景色が大きく変わるような感動があるわけでもなし,土地によって何か特殊なイベントが発生するわけでもなし。とにかくうろつくだけです。主戦場から大きく離れたエリアでは,シナリオと全く関係ない名前もないモブが現れるだけ,場合によっては敵もいないという状態で自由にうろつく意味があるのが,主戦場周辺のみというあまり面白みのないものになっています。
主戦場近辺や都市で発生する依頼というミニイベントも単調なお使いをするだけという状態であまりこなす意欲がわきません。

ここまでは悪い面ばかり述べてきましたが,一応いい面もあります。
1枚マップの中で小規模な戦場がたくさん集まり,戦域となっているのですが,小規模な戦場を制圧していくことで,隣の戦場を抑えるのが楽になり,陣取りゲームをしている感覚を受けました。
戦場ごとの難易度が無双の薙ぎ払う程度で制圧できるレベルのため,微妙でしたが,そこにテコ入れをすることで,よりストラテジゲーム的な感覚を受けるのではないでしょうか。
この感覚だと,無双というよりも武将プレイタイプの三国志とかが近い気もしますが,コーエーさんいかがですか?

広いマップも,例えば拠点を建設し兵站線を築き,というような使い方や,斥候を放ち潜む敵兵を探し,敵の新たな拠点を探しというようなストラテジゲーム向きの素材だった気がします。

まあ,コーエーですからPKとか出すと思っているので,それに期待ですね。

さて、今回ご紹介する曲は"∀nswer"です。シンデレラガールズスターライトステージより今日発売のCDの表題曲です。歌うのはindividualsの三名です。この前のツアーで歌われており,フルコーラスを早くもう一回聞きたい!とみんなが思っている曲です。まだ,CDを開封していないので今から聞きます。みんなも聞いてね。

おわり。

拍手[0回]

本日は柴犬くん、オギちゃん、キムタケの3人で豊田市の麺創ななやに限定ラーメンを食べに行ってきました。豚骨と煮干で併せた所謂セメント系ラーメン。先々週も柴犬くんと食べにいったのですが、今回、その限定ラーメンが改良されたとの情報を得た我々一行。仕事終わりに高速を飛ばして食べてきました。結果、至高の一杯を堪能できました。今月末までの限定。是非、皆さんも食べに行ってみてください。そんな最高のラーメンに感嘆したあと、自宅にてブログを更新するキムタケです。

さて、キングダムのアニメ版を改めて見直しているキムタケ。改めてみても面白いなっと関心します。もともと、子どもの頃から歴史好きだったキムタケ。数学や英語は偏差値50に満たない残念系の学生でしたが、日本史だけは偏差値70を切ったことはなかったとか。

もともと、キムタケが歴史にはまる切っ掛けは大河ドラマの「琉球の風」と信長の野望でした。琉球の風は小学生の低学年の時に親と見ていて、内容は全然覚えていないのですが、あまりにそのドラマにキムタケがハマッタため、家族旅行で沖縄に行ったほどでした。それから、毎年大河ドラマをみるようになりました。毛利元就、秀吉あたりはいまでもストーリーを多少覚えています。

そして、もう1つ。キムタケの歴史愛に影響を与えた作品が信長の野望です。6つ上の従兄弟の兄ちゃんがPCでやっていた歴史シュミレーションゲーム。今思うと単純なシステムですが、小学生低学年のキムタケにとっては、PCでゲームをする感じがクール、好きな歴史を体験できる点でホットでした。

あまりゲームをやらないキムタケですが、コーエーの信長の野望シリーズ、三国志シリーズ、太閤立志伝はほぼ全てのタイトルをプレイしています。特に太閤立志伝4にハマリました。この太閤立志伝は歴史上の人物の一生を体験するシュミレーションゲーム。武士はもちろん、剣豪、忍者、商人、海賊、茶人など多様なプレイスタイルが可能で、それぞれのクリア・エンディングがあるところが最高でした。

また、単純に能力値だけでなく、技能をミニゲームで習得することでストーリーを進めやすくなるなど、深入りできる要素も多くありました。戦国期を生きてみたかったキムタケにとっては今でも最高の一作です。

三国無双が出てきたときにも感動しましたが、そろそろ、VRの無双が開発されているようなので、YO-CHECKです。

っと、歴史好きの一面もあるキムタケ。明日も仕事なので今日はキングダムの続きを見て、寝ようと思います。長文、駄文をお読みいただき誠にありがとうございました。

おしまい

拍手[2回]

/