ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
昨日の歌会に参加された皆さん、お疲れ様でした。
 こういうこともあるのね、というべきか、今回コスプレ姿で初参加された「劇団員」な方々の中のお一方と歌会以前にTwitter経由でやり取りがありまして。当初は私がちゅうカラのスタッフと思われたようで「すいません、私は違うんですよ~」とかときちさんをご紹介するという流れに。毎回ブログをアップした後Twitterにタグ付けてツイートしてたのが目に留まり、ブログを読んでいただいたのが参加のきっかけになったご様子。長いことブログ書いてきましたがこういうことが起きるとは思ってもいず、結構嬉しかったですね。歌会も楽しんでいただいたようで何よりです。

 こんばんは、小島@監督です。
 それにしても連休の日本を直撃した台風19号の被害の大きさには言葉を失くします。進路があと30~40㎞西だったら、あるいは同じ規模の台風がまだ偏西風の弱い8月頃に来ていたら、自宅を直撃されたら恐らくただでは済まなかった。今回無事で済んだのはただ運が良かっただけだと背筋に冷たいものが走ります。罹災された方たちに一日も早く「日常」が戻ることを切にお祈り申し上げます。

 さて、今回の映画は「見えない目撃者」です。

 警察学校を首席で卒業し、警官としての将来を嘱望された女性・浜中なつめ(吉岡里帆)は、しかし自らの過失により交通事故を起こし同乗していた弟・大樹(松大航也)は死亡し、自身も視力を失った。
 3年後、警官の道を諦めたなつめは今だ失意と後悔の日々を過ごしていた。ある夜、なつめはスケボーと自動車の接触事故の現場に遭遇する。停止した車の中から後部座席の窓を叩く音と助けを求める若い女性の微かな声を聞くが、車はそのまま走り去ってしまった。誘拐事件を疑うなつめは警察に通報するが担当した警官・木村(田口トモロヲ)と吉野(大倉孝二)は目の見えないなつめの証言に半信半疑だ。そんな折、スケボーの青年が特定される。なつめはその青年・国崎春馬(高杉真宙)のもとを訪ね、協力を願い出るのだが…

 これもシネコンが普及したからできるやり方ではあるのですが、年に何本か「自分の空き時間と上手くハマってたから」という理由で特に予備知識も期待も無いまま何となく観る映画、というのがあります。この「見えない目撃者」もそうしてたまたま観た1本だったのですが、そういう映画が想定外に面白いと何だか得した気分になります。
 原作は韓国で2011年に製作された映画「ブラインド」、2015年には韓国版と同じ監督アン・サンフンの手により中国でリメイクもされた、その日本版になります。アン・サンフンから監督を引き継いだのは「重力ピエロ」(2009年)「リトル・フォレスト」(2014~15年)などを手掛け独特の映像世界に定評のある森淳一が担っています。アジア圏のサスペンスやスリラーは韓国が独壇場かと思っていましたが、日本もなかなか負けていません。原典へのリスペクトは残しつつ日本ならではのオリジナリティを加味し見事な出来栄えの一本になっています。

 「事件の目撃者が視覚障碍者である」というアイディアが「目を引く」この作品、とにかくキャラクターの立たせ方や物語の構図の組み立て方が非常に巧い逸品です。失意と後悔の中で厭世的に生きてきたなつめと他人にも自身の将来にも無関心な高校生春馬、事件が二人を結び付け急作りの相棒として動き始め、一方なつめの熱意に何かを感じた木村とそれに引きずられる形で事件に関わることになる吉野という警官コンビ、2つのタッグが事件の真相を追う構図と、最初の段階で誘拐事件の可能性を見せ、被害者生存率が急低下する「72時間」という時間を一つのタイムリミットとして明示し緊張感を高めることに成功しています。「事件」の被害者にも感情移入しやすいトピックを盛り込んでいるのも技ありと言えるでしょう。
 また、「相棒」という点ではなつめとずっと付かず離れずの盲導犬・パルの存在も大きく、全編にわたって活躍する彼の忠義者ぶりが良いアクセントになっています。
 ここに自身の事故により家族もキャリアも視力も失ったなつめの喪失と再生の物語が絡み、緊張感の中にエモーショナルな輝きを放つ作品になっています。非常に難しい役どころだったに違いありませんが、なつめを演じた吉岡里帆の演技が絶品と言ってよく、彼女の代表作になりそうです。

 映像的にも目を見張るものがあり、特に作中度々登場する「視覚障碍者の視界を視覚化する」シーンは注目すべきショットと言えるでしょう。スマホを利用したトリッキーなチェイスなど、物語の設定を活かしたアイディアがふんだんに盛り込まれているのも楽しいところ。ただ一方でR-15指定だけありかなりグロテスクなシーンも(悪趣味にならないぎりぎりのラインを保ってはいるが)散見されるため、そういうのが苦手な方には若干注意が必要かと思いますが、そうでなければ割とどなたにもお薦めしやすい一本です。公開は既に終盤に差し掛かっていますが、このパワーのある作品を是非多くの方に味わっていただきたいですね。
 

拍手[1回]

大型で非常に勢力の強い台風が、接近中です。3連休につっこんでくるかつ、日曜日は歌会やんけ!って文句も言いたくなりますが、自然様には逆らえません。
東海地方にもっとも影響が出るのが、土曜日なので早いとこ、駆け抜ける嵐になって頂きたい(0083が思い浮かんだ方は同士です)

ちなみに台風を英語だと、タイフーンになります。読み方一緒だけど、どっちが先?と疑問になりましたが、どうなら英語が先。台風はタイフーン→颱風→台風。と変化していったみたいですね。
さらにいうとサイクロンとかハリケーンも同じものみたいです。つまりザンギエフは「露西亜の台風」となるわけです。ロシアっぽくねぇw
あと仮面ライダーWタイフーンジョーカーとかもいいわけか。だからどうしたなんだけど


なにわともあれ、日曜日は曇っていいから、雨は勘弁していただきたい。スピーカー運ばないといけないしね。


さて話は変わって、最近は車通勤から電車通勤になりました。
車通勤のときは、好きなアニソン流して自由空間を楽しんでいたわけですが、電車通勤になったら音漏れは嫌だから通勤アニソンライブからは遠ざかってしまいました。寂しい…。

で、たくさんの人が利用する電車内で目にするのが、まー皆様スマホ、スマホ、スマホ。たしかにいろんな情報を手に入れたり、コミュニティも今やスマホに集約されていると言っていいでしょう。
ゲームやマンガもみんなスマホで済んじゃうしね。
かくゆう私も通勤時間は、スマホをみる時間にしていると言っていいです。

しかしながら、通勤時間で暇を持て余す為か、スマホに依存する時間が跳ね上がってしまいました。これはいかん。
いや、ちゃんと知識を入れるとか使い方なら、いいとは思うんですが、私の場合は「ただ暇を潰しているだけ」にしかなっていないのです。

「人の振り見て我が振り直せ」

自分の中で1番怖いのは「コミュニケーションから逃げれるツール」になってしまってる事。これはいかんです。目の前にいる人と話す機会を自ら捨てるのはいかん。頑張って喋らないと!なんて考えてしまうわけで。
でも話すネタを提供してくれるツールの1つもいいわけスマホなわけで。

依存したくないなら、使わなきゃいいんでしょうけど、もう無理だよなぁ。
便利なツールはちゃんと考えて使わないとね。と再認識したのでありました。

では、お天気に問題なければ日曜日の歌会でお会いしましょう。

拍手[1回]

みなさん、おはようございます。
水曜日担当レイウォールです。

この週末,くたびれた靴の上に合皮を貼り付ける作業をやっていました。合皮の切断にロータリカッタという道具を利用したのですが,綺麗に簡単に切ることができ,裁ちばさみとの使い分けをどうするといいのかわからなくなってしまいました。なんでもロータリカッタでいいのでしょうか?

そんな貼り付け作業ですが,G10というボンドがお勧めとウェブ上で見たため,こちらを利用しました。合皮の切断が終わり,いざ貼り付け作業に入るため,ボンドを塗布し始めると漂うのは有機溶剤の臭気。いわゆるシンナーですね。

調べてみるとG10はシクロヘキサン,MEK,メチルシクロヘキサンを主溶剤として,クロロプレンゴムを溶かし込んだものということです。溶剤型接着剤と呼ばれるこのような接着剤は工業用としても良く知られており,被接着物同士の間に塗布した接着剤から有機溶剤が揮発することにより,ゴムが析出,被接着物の表面にある細かい凹凸にかみこんだ状態で固着することで接着させます。

当然接着力は極めて強いのですが,一方で毒性も強いものが多いことでも知られています。G10もMEKをはじめ,有機溶剤中毒予防規則に引っかかるものが含まれています。これをそこそこの量を利用する以上,簡易防毒マスクにプッシュプル/局所排気による換気や送気型マスクが必要になります。もっともこれは臨時作業には適用されないので,今回は適用外とも思いますが。

もちろんこれは業務上の要件であるがゆえに個人で使う分には,必ずしも守る必要はありませんが,健康のためですので従うことをお勧めします。ということで,私は作業を中止,今週末に屋外でマスクをつけて実施するという対策を取ることにいたしました。

ボンド等を用いて作業する際には,SDSと呼ばれる資料を確認し,防護が必要かどうかはよく確認したほうがいいですよ。


さて,今回ご紹介するのはG♡Fです。アイドルマスターミリオンライブで秋月律子と篠宮可憐が歌うこの曲は,一言でいうと可愛いです。二言でいうと,とっても可愛いです。律子といえば,他のアイドルたちに比べて,可愛らしいところを表に出さないところがあります。でも彼女の歌う歌は多くがちょっともどかしいラブソング。律子の素直じゃないところが垣間見えるようでとってもいいです。
また可憐は引っ込み思案で気弱なアイドルです。そして大人っぽい歌が多かったのですが,この前のりるきゃんといい,非常にかわいい曲が増えてきています。その鏑矢といえるのがこの曲でしょう。アイドルの新しい可能性を見せるというのが,非常にいいものですね。
明日までアイドルマスターミリオンライブシアターデイズのゲーム内イベントの対象になっておりますので,ぜひ遊んでみてください。

おわり。

拍手[1回]

ちょっとお誘いを受けまして、昨日ちゅうカラメンバー数人で「男性声優が歌って踊るライブのBlu-rayをひたすら鑑賞する会」に参加してきました。「A3」「KING OF PRISM」「アイドルマスターSideM」「夢色キャスト」「アイドリッシュセブン」のライブBlu-rayを持ち込んだ人の「推し」のキャラや曲のプレゼンを受けつつ1日かけてひたすら観倒す会です。イベントを定期的に開催する女性向けのコンテンツと言えば「SideM」やこの間LVを観てきた「ヒプノシスマイク」以外はほとんど知らない身なので実に新鮮。タイトル毎に演出の方向性がまるで違っていたりしてなかなか面白い。特に「A3」は1曲毎に衣装から変える手の込みようでショーアップとしてもかなりのものです。アニメ・ゲーム関連のライブイベントは近年エンターテインメント関連の潮流の一つとなっていますがそのエネルギーを垣間見れたような印象です。

 こんばんは、小島@監督です。
 カラオケで歌ってみたい曲も結構多かったので色々と聞いてレパートリー増やしにかかろう(笑)

 さて、今回の映画は「ジョーカー」です。

 ゴッサムシティの貧民街に暮らすアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、コメディアンになりたいと願い、いつかTVスターのマレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)が司会を務める番組に出演するのを夢見ている。しかし脳と神経に障害を持つアーサーは突然笑い出してしまう症状のためなかなか人前に立てずピエロをして食いつないでいるが、それとて失敗が続き事業所長から快く思われていない。家に帰れば体の弱った母ペニー・フレック(フランセス・コンロイ)の介護が待っている。ペニーは自身の窮状をかつて屋敷のお手伝いとして勤めていたウェイン家に何通も手紙を書き救いを求めるが音沙汰はない。街では衛生局がストライキを起こし、街中にゴミが溢れ出していた。貧富の格差が拡大し行き場の無い不満が鬱積しつつあった。
 ある時、同僚からもらった一丁の拳銃が元でアーサーはピエロの仕事をクビになってしまう。失意のまま電車に乗り込んだアーサーは笑いの発作が出たことでそれまで女性に絡んでいたサラリーマンたちから暴行を受け、とっさに拳銃を抜いて射殺してしまう。サラリーマンはウェイン産業の社員だった。殺人を犯したことで奇妙な高揚感を覚えるアーサー。そして街はエリートサラリーマンを殺害した人物をヒーロー視する者が現れだした…

 ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーなど過去にも名優が演じてきたバットマン最大のライバルとも言えるヴィラン・ジョーカー。孤独で気弱な青年は如何にしてジョーカーとなるに至ったか、これまでのDC映画では描かれることのなかった部分にスポットを当てたこの作品は、「悪」が開花していく様を圧倒的なリアリズムで描きます。
 公開直前にヴェネチア映画祭で最高賞を受賞したことも話題となりましたが、それも納得というべきか恐ろしいまでの「悪」の描写にただただ圧倒される1本です。主役を演じるホアキン・フェニックスの演技が強烈ですが、ある意味でキーマンの一人とも言えるマレー役を演じるロバート・デ・ニーロもポイントでしょう。デ・ニーロは1983年製作の映画「キング・オブ・コメディ」(監督マーティン・スコセッシ)でコメディアンを夢見る青年を演じており、恐らく意図的なキャスティングでしょう。
 監督は「ハング・オーバー!」三部作などコメディ映画を中心に手掛けてきたトッド・フィリップスが担っています。世情を冷徹に見通すような視点を感じるこの作品は、「笑い」のツボが時代の空気に左右されやすいことを熟知しているからでしょう。

 アーサーが求めているのはコメディアンとしての成功ももちろんですが、それ以上に「誰か」との心のつながりをひたすらに希求しています。ですが、不寛容が覆いつくそうとしているゴッサムシティは突然笑い出すような男に一切居場所を用意しようとしません。助けを求め伸ばす手を跳ね除け、叫ぶ声を黙殺していきます。そして中盤以降に至ってはアーサーが微かに感じ理性を保つよすがとしていたいくつかの「光」さえ全て幻であることが叩き付けられます。そんな中でアーサーを高揚感に包ませた「殺人」が街に大きな影響を及ぼしつつあるに至りアーサーはもう止まれなくなるのです。
 アーサーの心情を端的に表現してるポイントとして作中度々登場する「階段」があります。アーサーである時、そしてジョーカーとなった時、彼がこの階段をどう歩くかをぜひ注目してみてください。

 あまりに鬱屈した感情が吹き上がるこの作品、アメリカの治安当局は一部で厳戒態勢を敷いているとニュースで見ましたが、その危惧も理解できてしまうほど全てに絶望し追い詰められた怒れる人を「実行」に移させてしまいそうな危険なエネルギーに満ちています。気楽に観れる作品ではありません、ですが、「今」観るべき作品であることに間違いはありません。ここ十年来DC映画の方向性を決定づけたと言っていい「ダークナイト」トリロジーが善悪の境界線で揺らぐ人間の苦闘とその果ての精神の昇華を描き出し神話的な普遍性を宿した物語であるのに比してこの「ジョーカー」が放つ「負」のエネルギーは過去の中に埋没していって欲しい昏さに満ち溢れています。
 願わくば、この映画で描かれた「もの」が10年後20年後に過去のものになりますように。そんな世界になっていますように。

拍手[3回]

今日、朝食を食べながら『ゲゲゲの鬼太郎』を見ると、
妖怪のクセに土建屋の争いみたいなことをしていた。

妖怪たちが政治的な根回しなどをしているのだが、
なぜに妖怪が人間の利権みたいなのを操作するのか、
全然意味がわからないのだが、ボーっと見ていた。

どうやらその黒幕が『ぬらりひょん』のようだが、
そのぬらりひょん、高級車っぽい後部座席に座って、
策士っぽい独り言をして、不敵な笑いを浮かべている。

その独り言を言い終わるや、悪い顔をしながら、
ガラケーをパタっといい音を鳴らしながら閉じるのです。

・・・学校も試験もないし墓場で運動会とかしろよ。



さて、約1ヶ月くらい前から、歯に違和感が出始めました。

熱いものや冷たいもので微妙に染みたり染みなかったり。
また硬いものを噛むと、痛かったり痛くなかったりと微妙。

真ん中を削って詰め物をしている奥歯なのですが、
外から見ると、詰め物もキレイに入って外観は普通です。

最初は知覚過敏かな?と思ったりしていたのですが、
だんだん染みたり痛かったりが大きくなってきました。

たまたま、もう1週間後に定期検診をひかえていたので、
とりあえず、そこまで粘ってみようとまずは様子見で。

しかし食べることでさえ、その歯を避けるくらいになっており、
来週まで待つのもじれったくなってきてしまったのです。

結局、歯医者に予約を入れて見てもらったのですが、
詰めたところの下が、やっぱり虫歯になってしまっており、
麻酔を打って、ガリガリ削り始めることになったのです。

が、麻酔を打っているにも関わらず、これがまた痛い。
神経に触れると、手に汗握るほどには痛いのです。

痛かったら教えて下さいと言われたりするものですが、
どれほどの痛みになったら、伝えたらいいものなのか?
なんて歯を削られながら、痛みから気をそらしたりします。

なんとなく自分から痛いですと伝えるのもはばかられ、
両足のつま先を重ねてみたり、手を握ってみたりしますが、
特に気がつくことなく、ガリガリとやられていきます。

実は気がついてるけど、「言わないから」無視してるかと、
そんな底意地の悪いことはないとは思いますが、
我慢したり、セルフで気をそらしたりしていると終了。

しばらく歯医者に通うことになってしまったとさ。

しかし、健康って本当に大切だと思いませんか。
足の骨を折ったことで、もちろんそう思ったりもしましたが、
歯がちょっと染みるだけでも、食がつまらなくなります。

ほとんどの人が、食べることって楽しいと思います。
それなのに、歯に違和感があると途端に食欲が失せます。
たったこれだけで、生ビールの一杯も美味しくないです。

先日、鼻の病気を抱えていたメンバーが歌が唄えず、
2年ほどサークルをお休みしており、ついに復帰しました。

病気が快方に向かって、唄うことができるようになった時は、
きっと、相当嬉しかったのではないでしょうか?

拍手[1回]

新しい仕事をしていますが、わからないことだらけで周りのお役に立てない事がツラい_(:3 」∠)_
新しい事に対するワクワク感はあるけど、状況に対して不安が期待を上回ると苦しいです。はよ、今の気分が改善されたらいいけどなぁ。


昨日のレイウォールさんのネタにあったスペースジェットのミュージアム。行こうとしたときがあったけど、事前登録は知らなんだ。あぶねw
機会を作っていこっとε=┏(・ω・)┛



今週はなんにもネタない。先週の休み何してたっけ?と思い出したのが、部屋片付け積みプラ消化したのを思い出しました。

というわけで、作ったのは久々の1/100 MG「リ・ガズィ カスタム」でございます(゚Д゚)ノ


どっちかってーと、マイナーな機体ですので知らない人のほうが多いかとは思いますが、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場したMS「リ・ガズィ」のカスタムの名が示すとおり改造機です。
作品の位置的には、No.2の機体なんですが、主人公アムロ専用にしたら?という設定のif機体。
元々は、Zガンダムの量産型扱いなわけなんですが、細かい部分を強化して、頭をガンダムフェイスにしましたってカンジ。

個人的には、ふつーのリ・ガズィのほうが、中途半端な感じで好きなんですが(同じ理由で百式も好き)このキットを買った理由は、当時発売されたキットに関節部分などを新規にアップデートしたパーツを使用しているとの事で、どう変わったか見たかったので購入。(嫌な予感はありましたが、ついこの間、ノーマルのリ・ガズィも発売する事に)

写真はまだそのまんま作った状態。これからもうちょっと手を加えます(゚Д゚)ノ
この状態でもカッコイイけどね。

というわけで、需要が少なそうなガンプラネタでした。



そうそう、ガッキーが遊んでるニンテンドースイッチのソフト『リング フィット アドベンチャー』面白そうじゃないです?CMを見てたらちょっと買いたくなったかも。
というかガッキーが可愛い(*´∀`)

では、また来週~

拍手[1回]

みなさん,おはようございます。
水曜日担当のレイウォールです。
ご無沙汰しており,大変申し訳ありません。

さて,本日はこの週末に行ってきたMRJミュージアムについてお話しします。
MRJとは三菱スペースジェットの旧称で,リージョナルジェットと呼ばれる短距離用の小型航空機の一種です。MRJミュージアムでは,MRJのこれまでの歩みやウリの紹介や,最終組み立て,艤装格納庫を見ることができます。来牧の際には,事前にウェブからの予約が必要で,かつクレジットカードによる事前決済が必要となっています。

MRJ時代のデザインの元ネタやプロジェクションマッピングを利用した紹介など,面白いコンテンツが並んでいます。加えて最終組み立て格納庫は機体が10機以上入りそうなほど広く,ピーク生産時のことを想像させます。

飛行機やモノづくりが好きな方は一度,来牧してみてはいかがでしょうか?

さて,本日ご紹介するのは"UNION!"です。アイドルマスターミリオンライブで,先日開催されたライブツアーのタイトルがUNION@IR!!!,3属性それぞれが地方公演を行い,最後にSSAでの公演がありました。ツアータイトルに含まれるこの曲は,2nd VISION(この言葉ってまだ生きているのかな?)以降,成長してきたアイドルマスターの仲間とか全力とかそういったものが目いっぱいに詰まった歌です。スマートフォンアプリ,ミリオンライブシアターデイズにおいても,アイドルの歌い分けが作りこまれており,担当アイドルをセンターに歌わせたら,グッとこみ上げるものがあるはずです。

おわり。

拍手[0回]

/