ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ちゅうカラのみなさん、おはようございます!
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

さて、みなさん、最近、筋肉痛になったりしていますか?
とある数学の先生によると、有酸素運動が対策にはいいそうです。ここ1年くらい、定期的に走っている私もそれに触発されて、少しだけ走る距離を延ばすことにしました。

無理のない、でも手を抜かないレベルで一定のペースで走る、これを30分ほど続けると気持ちのいい汗が流れてきます。あとは筋トレをして、その後、ダウン。
大体1時間くらいで健康な体を継続することができます。
距離を伸ばしたとはいえ、前からやっているので、ひどい筋肉痛にもならずに、夜はしっかり寝ることができるのです。

競技者というわけではないので、スピードが周りと比べてどうかとか考えて悩むこともないですしね。

まずは週1回からとかでも初めて見るのはどうでしょうか。

さて、今回ご紹介する曲は"追い風Running"です。中島由貴が演じる乙倉悠貴が歌うこの曲は、一言でいうとさわやかです。おつくらちゃんは元気のいい中学生の女の子。陸上部所属ということもあって、風を切って走る様子が思い浮かぶような曲です。彼女が歌うと会場でイメージカラーのピンク色のサイリウムが優しくリズムよく振られる様子は、背中を押すかのようですごくジーンと来るのです。

おわり。

拍手[1回]

公開が始まった「ブレードランナー2049」とのタイアップ…らしいのですが久しぶりに「インディ・ジョーンズ」シリーズ4作品が地上波放送されています。
ハリソン・フォードの代表作であり1980年代を代表するムービーキャラクターでもあるインディ・ジョーンズ、懐かしさを差し引いても今観ても褪せない楽しさに満ちています。こういう底抜けの娯楽作はやっぱりある意味で映画の醍醐味ですね。さすがに今日の地上波ではグロテスクなシーンは厳しいらしくいくつかカットされたシーンが散見されているのは少々残念でしたが。

こんばんは、小島@監督です。
今週末放送予定の「最後の聖戦」はレジェンド級の傑作。未見の方はこの機会に是非。

さて、今回の映画は「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ」です。

世界パティシエコンテストに出場することになったキラ星シエル(声・水瀬いのり)と共にパリへやってきた宇佐美いちか(声・美山加恋)たち。キラキラパティスリーのスイーツはパリでも好評でコンテストへの自信を覗かせるシエル。
そんな時、突如巨大な泡だて器の形をしたモンスターが襲い掛かってきた!その攻撃を受けた途端にキュアパルフェの変身が解けてしまった。モンスターは去ったがシエルはキュアパルフェに変身できないまま、スイーツ作りも絶不調に陥ってしまう。窮地のシエルの前に一人の男が姿を現す。男はかつてシエルがパリ留学をしていた時に身を寄せていたパティシエ、ジャン=ピエール(声・尾上松也)だった。

今年も秋の風物詩、プリキュア映画が登場です。
メインだけで6人も登場する今年のプリキュアはTVシリーズよりスケールアップした形でその個性的なキャラクターのアンサンブルを楽しめるようになっているほか、単独タイトルの映画としては初めて前作(「魔法つかいプリキュア!」)のメンバーがゲスト出演し、いちかたちのピンチに颯爽登場するなど賑やかな作りになっています。

キャラクター重視の象徴的ともいえるのがゲストキャラクターのジャン=ピエール。自身の求める「究極のスイーツ」を作り上げるためならば他のすべてはお構いなし、独善的にしてストイック、一旦調理を始めたなら煙が巻き起ころうが烏が飛んでこようが気にも留めず完成まではやりきってしまうエキセントリックなキャラクターを尾上松也が好演、観る者に強い印象を与えます。ジャン=ピエールと行動を共にする妖精クックも声を充てた悠木碧がさすがの演技の幅の広さを見せ、ジャン=ピエールと共に都合9人も登場するプリキュアたちの向こうを張れる存在感を放っています。

映画プリキュアはTVシリーズよりも割とヘビーな物語を展開することも多いのですが今作は豊富なアイディアをポップに見せることに注力し、かなりアッパー気味でノー天気に出来上がっておりカラッと楽しめるようになっています。例年のように強い感動を訴求してはいないため少々物足りなく感じる方もいるかもしれませんが、全編に渡りいちかたち主要キャラクターの可愛らしさが爆発しており、それをスクリーンで堪能する楽しさを追求したこういう作りも時にはありでしょう。
時間いっぱい楽しめる作品です。声優陣も熱いですし、興味のある方は是非どうぞ。



拍手[0回]

​本日はスポットイベントのJAM Projectライブ大阪公演でした。
そのJAM Projectのバンドのキーボードが見慣れない人。

小柄な女性ながらヘッドバンキングをガンガンしており、
やはりJAMにはこのライブツアーから参加らしい。

ちょっと可愛らしくて気になったので即スマホを取り出し、
ググってみると彼女のインスタグラムを発見しました。

『スーパーマリオオデッセイ』を買ったらしい。
好感が持てる(笑)
https://www.instagram.com/nyao1008/



さて、会社での事務仕事が最近あまりに眠い事が多く、
『BLACK BLACK』のガムを事務机にボトルで置いていました。

そんなガムボトルが私の事務机に定位置化し、
今では日常的に置いてあるそのガムは自分で買わずとも、
なぜか出入りする商社がそのガムを差し入れてくれます。

しかし、ガムの話なんか特にしたわけでもないのに、
ボトルをいつも事務机に置いているのを見ていたようです。

相手にしてみればお客さんへのサービスの一貫ですが、
コンビニで買っても700円以上もする割と高いガムなのに、
それを週1くらいで持ってきてくれてなんとも感謝です。

しかし大変ありがたいのですが、こうなってくると、
断りにくいし相手もやめどきが難しいしの手詰まり感。

私がいれば手渡してくれるのでお礼を毎度いうのですが、
いないと私の事務机の上に黙って置いてくれるのです。

このままだと私がこの部署にいる限りは続きそうで、
そろそろ断らないといかんなと思いながら未だに言えず。

口が寂しい時や眠い時に、口にすぐ放り込める一方で、
そこそこに頑張らないとなくならないガムの自転車操業。

お互いに良かれと思って始めたことだったのに、
始めてみれば収集のつかない事態ってありますよね。

いやー、ちゅうカラの辞め時が見つからんわー(棒)

拍手[1回]

こんばんは
ここのところ過密スケジュールで動きまくり、色々まずいことになってるショーグンです。

特に仕事がヤバい。
昨日、東京出張
今日、大阪出張

なんもできてないけど、明日から東京に遊びに行くとか

書類、月曜日に国に提出して間に合うものだろうか…


そんな中でも週1回以上はジムへ行くようにしてます。
今週は水曜日に行ってきました。

5年ほど前に通っていたジムなので、勝手知ったるかんじとはいえ、前回はトレーナーさんについてもらって運動の方法や効果的な運動についてのレクチャーを受けていたので、前回のほうがやっぱり運動効率は良いようです。

現在は96.05㎏ 一時的に減ってるだけだろうなぁ。

しかしスポーツジムやっぱり楽しいですね。
なんといってもTV見ながら最新機器で運動できる。

さらに、スマホ持ち込みできるので、ゲームしながら、音楽聞きながらなんて運動もお手の物。

音さえ出さなければ何でもできる感じでとても楽しいです。

運動する装備も、自分の家に山ほどある(アニソン系ライブの)Tシャツ、昔コスプレ用に買ったジャージのボトム(ハーフパンツにリメイク)、(ゲーセンで取ったFateの)アルミボトルにスポーツドリンクを入れ、ケータイでニコ生聞きながらランニング。

うん、全然視線痛くない。

というか。みんな自分の動きとか、画面に熱中してて他人のことなんかまったく見てない!

前に通った時もそうは思っていたけれども、スマホが普及した今だと余計にそう思いますね。
いやー、痛い格好しても全然突っ込まれないや。

と思っていたとき、ふと横を見ると隣のお姉さん、何かエアロバイク漕ぎながらスマホで指をせわしなく動かしている。

あー、ゲームやってんのかー
でもなんか見たことある指の動きだなー

あ、この人親指派なのかー
あー、この動きはハロゥインコーデのMASTERかなー

ん?

マジか、自転車こぎながらデレステしてますよこのおねぇさん!

よく見たら、TシャツグランロデオのツアーTシャツじゃねぇか!

ちょっと親近感を感じると同時に、自分も気づかれたらこんな感じに思われるのかなーと思ってドン引きしました。
そのあとは、あんまり覚えていませんですがかなり真面目にその隣でエアロバイクを漕ぎ、規定消費カロリーまでさっさと達して、ロッカールームに逃げた気がしますww

そんな捕捉をされるとしてもも、「ダイエット」という部分には多大なる効果があるので、ジムに行ったら自分もゲームしながら自転車こいでみようと思います。
忘年会には少しスリムになっていたいなぁ

拍手[1回]

ハロウィンも終わり、イベントの流れはクリスマスに。商品展開だと正月までいっちゃうですよね(・_・;

いやー、1年は過ぎてみれば早いもんです。
さて、まだあと歌会は2回ありますが、今年最後の歌会は「クリスマスSP」です。

なしてこんなに早く歌会の話をするかというと、かときちさんからのハガキが届いている方はご覧いただいたかと思いますが、12月の歌会には『プレゼント交換会』があります。

参加される場合は、1000円くらいのプレゼントを用意する必要があります。

てなわけで、早めに話題を持ってきた次第であります(*゚▽゚)ノ
意外とアレコレ迷い始めると、選んだり買おうとしたら、店頭や市場になかったりとしますからね。

ちなみに上限はないので、その辺は個々の判断におまかせしますわ。
毎年、採算度外視のブツをぶっ込んでくる強者がたくさんいるので、その辺を楽しむのもまた一興でございます(笑)

老若男女万人受けを狙うか、一かバチかのピンポイントなモノを選ぶかはアナタのセンス次第ですよ(* • ω • )b


さらには、その歌会の同日には、「ちゅうから忘年会」がございますヽ(*´∀`)ノ

会場はメンバーでもある太陽さんのお店『鶏火庵太陽』!
去年も忘年会でお世話になりましたが、今年もお世話になりますm(_ _)m
しかも普段は日曜休みなので、特別に店を開けて下さるんですよね。本当にありがとうございます。

会費は4500円とお高めに感じるかもしれませんが、ご飯美味しいです。いや、ホント。

何回か食べに行ってますが、この値段でいいの?って品がいくつもありましたよ。
その証拠に毎週のように何人ものメンバーが顔を出しまくってるという(笑)


その忘年会も、大抽選会があり、運がよければ豪華商品が当たるかも!?です(*゚▽゚)ノ

と、楽しそうなんですが、参加枠は60名。
参加表明をする為の、スポットイベント掲示板を見ていただくとわかると思いますが、迷ってる方は急ぎましょう(^_^;



先週話していた鈴鹿サーキット。無事、月曜に休みがとれたので、会員更新にいけました。
で、カートを楽しみましたが、さすが平日。コースはほぼ貸切状態。
わー、羨ましい(*´∀`)と思う方も多いかもしれませんが、タイヤが温まらなくて曲がりにくいわ、バトる人もいないので、ストイックにならざるえないわで、けっこう良し悪しなんですよ(´△`)

やっぱみんなワイワイするほうが楽しいなーって思いますので、また春以降にスポイベ立てたときは、ご興味あれば参加してくださいね٩( 'ω' )و

では、また来週~

拍手[1回]

ちゅうカラのみなさん、おはようございます!
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールPです。

つい先日の土曜日、刈谷アニコレのカラオケステージに申し込んでいました。その結果、土曜日の開催を日曜日と思い込み、ぶっちしてしまいました。完全なやらかしです。申し訳ございません。

さて、今回はお茶について話そうかなぁと思います。

私、お茶が好きなんです。煎茶、抹茶、番茶、その辺が特に好きかなぁと。もちろん紅茶も好きですよ。星梨花のCome on a Tea Party!とかも好きです。なんか、ほっとしたいときに飲むと、いいんです。

そんなお茶ですが、実は特に玉露において、コーヒーよりカフェインが多いというのは皆さんご存知でしょうか?眠気覚ましのためにカフェインをとるというとコーヒーという人が多いですが、緑茶もかなりのカフェインを含んでいるのです。

なんかカフェインの吸収を助ける成分がコーヒーには含まれているということで、コーヒーの眠気覚ましが強いため、カフェイン=コーヒーのイメージがあるのですね。

こういった思い込みや別の作用を誤解することはよくあるのかもしれません。
思い込みを捨てて、数値と論理で物事を考えるようになりたいものです。

さて、今回ご紹介する曲は"First Stage"です。落合祐里香時代の萩原雪歩のこの曲はパッと聞いた形だとラブソングです。ですが、中身をよく聞いていくと、ステージやファンへ寄りそう気持ちを歌った歌に聞こえなくもないという感じです。歌詞は完全にラブソングなので、勝手な解釈でしかないのですが、雪歩というアイドルのことを考えるとそういう解釈もありではないでしょうか。
数値と論理ではありませんが、思い込みを捨てて考えるということで、ちょっと思っていたことを話してみました。

おわり。

拍手[1回]

来年から新シリーズが放送されるとの事でTVシリーズの再放送や年末には劇場版のリバイバル上映も予定されている「カードキャプターさくら」、90年代後半を代表するアニメの一つとあって20年近く前の作品にもかかわらず今観てもちゃんと面白いというか、よくできています。放送当時はほとんど気にしていませんでしたが、後に「この世界の片隅に」を手掛けることになる片渕須直が絵コンテ切ってる回があったりして今観返すなりの発見もあるのが楽しいですね。
今年初春に劇場版の1作目がリバイバル上映された際は観に行けずじまいでしたが、年末公開の2作目は何とか観に行けると嬉しいなぁ。

こんばんは、小島@監督です。
しかし今観てもこのアニメの人間関係は他の追随を許さないエッジの効きぶりですな(笑)

さて、今回の映画は「虐殺器官」です。
新作映画ではないのですが、実は劇場公開時に観ていたものの何のかのとブログに書く機会を逸してしまい勿体ないことしたな〜と思っていたところに来ましたよ、Blu-rayリリースが。これはもう今しかない!と敢えてここでこの作品の登場です。

9.11以降、先進諸国は自由と引き換えに徹底したセキュリティ管理体制を築きテロリズムの恐怖を一掃。一方で途上国では内戦や大量虐殺が急増し、世界は二極分化されつつあった。
要人暗殺という形で小国の武装勢力に干渉し世界の「平和」を維持するのを目的としたアメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊に所属するクラヴィス・シェパード(声・中村悠一)は、内戦の首謀者を追う内に「ジョン・ポール」(声・櫻井孝宏)という男の存在を知る。
アメリカに帰国したクラヴィスはペンタゴンに呼び出され新たな任務を受ける。それはジョン・ポールの追跡行だった。彼が訪れる国では決まって虐殺の嵐が巻き起こる。彼を止めねば世界に「平和」はないという。ジョンの足跡を追ったクラヴィスは、チェコ・プラハでジョンの恋人だったという女性・ルツィア(声・小林沙苗)と出会う。

2009年に34歳の若さで夭逝したSF作家・伊藤計劃。彼が執筆した4本の長編の3本が「Project Itoh」と題したアニメ化プロジェクトにより「屍者の帝国」「ハーモニー」が2015年10月11月に相次いで公開。本来1本目に公開されるはずだったこの「虐殺器官」が製作体制の遅れからそれより大きく遅れる形で今年2月に公開されました。
製作の遅れについては公式サイトほか各所でも報じられていたためご記憶の方も多い事でしょう。請け負っていたスタジオ「マングローブ」が破産申請したため製作がストップしてしまい完成自体危うくなったところを新設の「ジェノスタジオ」(代表は「虐殺器官」のチーフプロデューサーである山本幸治)が引き受けようやく完成に至りました。
なお余談ですが映画化されていない長編1本とは「メタルギアソリッド4」のノベライゼーションだったりします。コレはコレでゲームのノベライズの枠を超えた傑作なので是非ご一読をお薦めしたい。

映画の方に話を戻しましょう。伊藤計劃の処女長編であり、「ゼロ年代SFベスト国内篇」第1位に輝くなど高い評価を得ている作品を、その哲学的な命題を薄めることなくリリカルな語り口で展開するとともにリアルな頭身のキャラクターによる硬質なビジュアルで描き出し洋画的な雰囲気に落とし込んでいるのが印象的です。
「言葉」が非常に重要な意味を持つため、必然的に台詞が多く多弁な作品になっているのが特徴で、原作を既に読んでいる身からすれば結構巧い具合に原作の台詞を抽出・アレンジしてるなと思えるのですが、そうでない方にはうっかり聞き漏らすと振り落とされてしまいかねません。Blu-rayなどのソフトで鑑賞するのなら巻き戻してリピートすれば良いだけではあるのですが、それでもそれなりに読解力を要しているのは確かでしょう。

先ほど「洋画的」と書きましたが、それは声優陣の演技についても同じで普段良く目にするアニメとは違う抑制のきいたトーンを貫いているのが特徴です。もっともこの作品のキーマンであるジョン・ポール役櫻井孝宏の演技がキャラクターの性質が似てるとは言え思いっきり「PSYCHO-PASS」の槙島聖護そのままなのは少々笑いを禁じ得ない所でしたが。

この映画、どうしても惜しいと思えるのは、今更言っても詮無い話ではあるもののやはりちゃんと1作目として「ハーモニー」の前に公開してほしかったな、ということでしょうか。「虐殺器官」と「ハーモニー」は実は表裏一体というか「問と答」のような作品であり、世界観を理解する上でも先に触れるべきは「虐殺器官」の方であろうからです。
とは言えコレでようやく3作全てがソフト化されました。秋の夜長に優れた現代批評精神に満ちた優れたSFに触れてみるのはいかがでしょうか。

拍手[0回]

/