ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
この年末年始、アイマスP的には連日次々と上がる出演声優陣の結婚報道を前に、何とも言いようのない感覚に打ちのめされるという奇妙な気分を味わってました(苦笑)しかし関係者の中には割とマジでご祝儀貧乏に陥る方もいるのではないかと勘繰ってしまうくらいのハイペース。一体何祭だったんだろうアレは。
 
 こんばんは、小島@監督です。
 それはさておき皆さん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 さて、今年最初となる今回の映画は「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」です。

 クレイトでの戦いから約1年後、レイア将軍(キャリー・フィッシャー)率いるレジスタンスは復活を遂げたが、危機は間近に迫っていた。かつて銀河帝国を支配していた皇帝パルパティーン(イアン・マクダーミド)が復活を遂げたというのだ。
 スノークを殺しファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レン(アダム・ドライバー)は、銀河各地に勢力を広げながらシスの起源へ近づいていき、パルパティーンが身を潜める惑星エクセゴルの存在を知る。
 一方ジェダイの修行を続けていたレイ(デイジー・リドリー)はルーク(マーク・ハミル)が惑星エクセゴルへの道を探ろうとしていたことを知る。レイはフィン(ジョン・ボイエガ)やポー(オスカー・アイザック)らと共にルークがその手掛かりを探ったという惑星パサーナへと向かったが…

 1977年に第1作が公開され世界的な大ヒットを遂げた「スター・ウォーズ」、日本では翌1978年に公開され、「宇宙戦艦ヤマト」や「日本沈没」などでSFがブームにあったことも手伝い大ヒットを記録しました。それから42年、9部作の完結編となる作品が遂に世に出ました。「金曜ロードショー」などで度々放送されていたこともあり自分にとっても子供の頃から大好きな作品でしたが、初めてスクリーンで観る機会を得たのは「エピソード1 ファントム・メナス」(1999年)。当時大学生でした。「ファントム・メナス」は正直作品としてはイマイチで時系列的には一番最初でも未見の方にここから観るのはお薦めできないくらいなんですが(苦笑)、スクリーンで観るキャラクターたち、腹の底に響くかのようなあのテーマ曲に感激したことをよく覚えています。

 ファンでない方には少々ややこしい話ではありますが、生みの親であるジョージ・ルーカスは確かに9部作を構想してはいましたが6作目までで製作からは離れており、7作目以降は「9部作の最後の3部作」という形式のみを残し僅かにルーカスのプロットを受け継いではいるものの、事実上ルーカスの関わらないこの3部作は新たなステージに入った作品となっています。また、7作目「フォースの覚醒」の製作に入る前の2012年にルーカス・フィルムがウォルト・ディズニー・カンパニー傘下に入ったことでマーケティングだけでなく映画製作においても大きな影響を及ぼすことになりました。全作で変わらないままだったのは音楽を手掛けたジョン・ウィリアムズ。もう80代も後半に入っているのですが精力的に音楽活動を続け今作でも重厚なシンフォニーを聴かせてくれます。

 作品としては紆余曲折を経て7作目「フォースの覚醒」を監督したJ・J・エイブラムスが最終章の担い手として脚本・監督・製作を兼任しています。これが実は良くも悪くもという感じです。ライアン・ジョンソンが監督した前作「最後のジェダイ」で風呂敷を広げ過ぎた感のある物語を力尽くで畳んで大団円に持っていったことは見事と言えます。ですが一方で作劇には難があったもののスター・ウォーズの物語の中心核をこれまでのスカイウォーカーから引き離そうとする革新的な構図を盛り込んだ前作が見せたうねりの萌芽を結局エッセンスだけに留めてしまい、要所要所で光る部分はあるものの保守的で小さくまとまった作品になってしまったのは残念でなりません。どちらかと言えばこれは監督の差配というよりブランドイメージに対する明確なビジョンを持っていない企画・製作側の問題という気もします。

 幸い客入りも上々なようでそこは良いのですが、作品の性質上、また出来栄えから言ってもCMや予告編につられてシリーズ未見の方がここから観始めようとするのは一切お薦めできない作品です。
 ただ、ファンの方は観に行きましょう。私自身はこういう感想でしたが良いか悪いかは問題ではなく見届けなくてはならんでしょう、コレは(笑)

拍手[1回]

あけましておめでとうございます!

3日の歌会に参加された方に今更かもしてませんが、
新年一発目の私のブログですから、まずは挨拶まで。

昨年も無事に1年を終えることができたと思います。
今年もまた『中部からの歌声』を頑張っていきますので、
メンバーの皆さんも是非応援をよろしくお願いします。

今年は歌会はもちろん、旅行も企画企画されています。
多くのイベントに参加をいただけたらと思います。

あ、そういや無事どころか、骨折して入院してたわ。



さて、昨年会社に復帰と同時に部署異動したワケですが、
それ以来、元の職場にはよほど用事がないことには、
工場間を移動する必要があり、あまり行きませんでした。

たまに行くことがあれば、それはそれで昔の同僚がいて、
会話も楽しいので、行くのは嫌じゃないですけどね。

そんな感じで先日工場行った時、トイレに行きたくなり、
ホントに部署異動後に初めて、トイレに行ったのです。

すると、小便器上に当時は全く無かった張り紙があり、
またその張り紙ととにかくうるさい感じになっていました。

特にその張り紙を読まずとも視覚的にうるさ過ぎて、
一体、何をそんなに注意して欲しいのかと気になって、
用を足しながら読んでみると・・・



いやいや、もうほとんど下ネタじゃないですか!

「長さが足りておりませんので」という言い回しの意味が、
もう私にはそれとしか、認識することができません。

この話を上の写真を同僚に見せてみたのですが、
当たり前のようにやっぱりみんな気になっていたようです。

これを作った人が言うには「長さが足りません」の意味は、
そういう意味じゃないとのことらしいのですが、
そういう意味以外の意味を知りたくてしょうがありません。

ついでに下の張り紙もハードルの高いことを強要しており、
どれだけトイレの使用方法に恨みがあるのかといった次第。

しばらく来ない間に雰囲気は変わってしまうものですね。

拍手[2回]

2
知ってた?ヨガって宇宙との交信の為にあるものらしいよ!テレビでやってた!(やりすぎ都市伝説より)
未知との遭遇と健康作りの為にLet's 交信!

あいさつ遅れたけど、あけおめことよろ~!(IKKO風に発音しみて)
素敵な一年になるように、賽銭投げては祈りまくって、おみくじ引いては一喜一憂していこう!

去年の出来事の中で一番感動したことを皆様にどうしてもお伝えしたい!
その出来事は2年前、10年以上前からの知人橋本君と久しぶりに再会した時のことだ。
あんなに元気たっぷりでお茶目だった彼が、物悲しい姿に変わってしまっていた。

そう、ハゲてしまっていたのである。風貌はさながらトレンディエンジェル斉藤のよう。
残業180時間を越える過酷過ぎる職場に、毛根が先にダウンしてしまったようだ。
そして去年の暮れ、再び再会した橋本君に奇跡が起こっていた。
漆黒の艶やかな髪の毛を手にいれていたのである!彼の話では、腎臓を悪くするけど、毛は生えてくる謎の薬を飲み始めたら元の姿に戻れたそうな。
昔の橋本君が戻ってきたことに感動し、肩を組み合った。そんな橋本君は次は老眼に悩んでいるらしく、毎日ほうれん草食べて対策をとっているとのこと。
自分の身を犠牲にしてまでも得たいものが頭にあることを教えてくれた、ありがとう橋本君。

みんなも希望と諦めない気持ちを大切に、素敵な一年にしていこうな!

拍手[3回]

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致しますm(__)m

さて、新年一発目という事で、今年は大きなテーマを持って書こうって思っておりまして、さて何がよいだろうと去年から考えていましたが、
『好きなアニメ作品』を紹介していこうと思います。

紹介すると言っても、あんまり長々と書いても、見てる方も書いてる私もダレちゃうと思うので、あまり長くならないように書こうかと思っています。
作品を知らない人前提なので、ネタバレは避けるようにしなきゃいけないから、難しいかなぁ(´Д`)

さてさて、その作品チョイスですが、『オススメ』ではなく、『好きな作品』であるのでお間違えなく(゚Д゚)ノ
オススメですと、全般向けって話になりますが、個人的好みは千差万別なので避けさせてもらいます。


で、1回目はまぁ一番好きな作品をあげさせてもらいます。それは…

『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』シリーズです(*゚▽゚)ノ
作品個別でもいいんですが、TV+OVA4作品は、すべて連続してますので、今回はまとめました。

まず、ジャンルとしては、アニメ作品では少ない部類に入るレースモノ。
設定は少し先の未来の技術を使ったF1を超える最速カテゴリのレースバトルを繰り広げます。
F1と違うところは、
レースのガイドやマシン調整を行うナビサポートシステムと
「ブースト」と呼ばれる急加速装置が全車に搭載されているというところですね。

ブーストについては、主要なマシンには全部バンクがついており、一種の必殺技みたいな扱いになっています(゚Д゚)ノ
作品を見てハマった方は、自分のクルマにブーストレバーを探すようになりますよ。(ΦωΦ)フフフ…

さらにナビサポートについては、本作のダブル主人公というか、ある意味ヒロインというべき『アスラーダ』と呼ばれるAIが全編通して出てきます。
他と比べて、完全自立型でさらにいえば成長するシステムなので、作品が進む事に変化していく様も見どころの1つとなっています。
主人公ハヤトとアスラーダの絆も見どころですが、主人公はOVA3作目までは"ある"病気がひどい(笑)

レースについては、まぁクライマックスになるほど、やや過大な演出となってきますが、またそれがアツかったりします!
またBGMもいい曲が多いんですわ(*´∀`)


作品が91年という事で、また緑川光さんや三石琴乃さんが新人くらいのときなんで、今みると声優さんも豪華ですよ~
特に関俊彦さん演じるブリード加賀は、好印象な方は多いかと思います!



作品はレースモノですが、キャラ、BGM、演出とアツくなれるので、ちょっと古臭いヒーローチックなのが好きな方はぜひご覧ください(*゚▽゚)ノ

TVは打ち切りとはいえ37話と長いですが、ダイジェストで1時間に納めたOVAがあるので、そちらでもよいかと思います(゚Д゚)ノ


さて、次回は自分のイメージの代名詞でもある『ガンダム』シリーズから、初代『機動戦士ガンダム』その劇場版である『Ⅰ』『Ⅱ』『Ⅲ』をご紹介しようかと思います(・ω・)
TV版と劇場版はある意味別モンやからな!

拍手[2回]

本日は東京では気温が20℃越えと12月とは思えない暖かかった1日でしたね。
祖父と墓掃除をしておりましたが、汗ばむくらい暑かったです。


そんなことより、ブログ更新の時間が遅いと思った方いられると思います。
決して忘れていたわけではございません。多分…
12月からこのようにブログを担当させていただいておりますが、知識ゼロの人に分かるように伝えるということは非常に難しいなと今更気が付き実感しました。
適当に書くことはできますが、自分の趣味の中心にあるゲームに対しては真剣でありたいため、妥協することができません。そのため、しんどいっす。マジで。
1カ月に4回自分の番が回ってくるとのことであるので、月に1回はゲームについて書き、残りは日常について書いていこうと思います。


現在、私は帰省しており、30日に高校の同級生と忘年会をしました。
いつもの変わらないメンツでいつもと同じ場所ですが、話す内容は変わっており、嫁さんについてや、お金の増やし方についてなど、高校生の時には考えられない内容の会話をしていました。
この1年を振り返ってみると気が付いたら1年経過しており、内容が薄いわけではないですが、何となく生きている気がしてなりませんでした…


そこで来年は新しいことに挑戦しよう!
ということで皆さんVRってご存知でしょうか?ゲーム好きでもまだ手が出せていない人が多いのではないでしょうか。是非チャレンジしてみてください。
本日はVRについて、個人的な意見をお伝えしたいと思います。
VRの魅力は何といっても没入感!コントローラーを握るわけではなく、その世界に自分がダイブし自分の体で操作することができるんです。いつもとは違う空間で、時には立ち上がってゲームをプレイします。VRで体験するすべてのことが「初めて」になります。
慣れるまではVR酔いがきついですが、慣れると時間が一瞬でなくなります。そんなVRですが、スマートフォンでもVRゴーグルを購入すれば体験できます。3000円程度でVR体験できますので、一度皆さんも試してみてはどうでしょうか?VR対応アプリの数も多くなっており、手軽に始められますよ。


PS.Bluetoothイヤホンがあると、動きに制限がかからないのでスムーズにプレイできますよ~


ではあと1時間30分ですが良いお年をお過ごしください。

拍手[2回]

年末ギリギリまで仕事がある職種ですが、それでも今日でようやく仕事納め。年末年始の休暇って企業によって割とバラバラだったりするんですが今年はカレンダー的に綺麗にハマったこともあってほぼどこも同じ期間での休暇に。こういうのって意外にキャバクラやホストクラブのような夜の業態にも影響があって、年末は大抵クリスマスまでで終わらせるそういう店も今年は27日や28日まで営業していたところも多かったようです。
 ま、その分こっちは大変でしたがね(苦笑)

 こんばんは、小島@監督です。
 とはいえこの時期はそうであってもらわなくては困るのがこの仕事の辛いところと言いますが。

 さて、今年最後の更新となる今回は「今年の5本」と題して2019年の映画を振り返ります。気が付けばこれももう8回目。自分としても恒例行事みたいになってきました。例によって現在の鑑賞可能状況を記載しておきます。参考になれば幸いです。

1. IT/イット THE END ”それ”が見えたら、終わり
 色々迷いましたが、今年の一番はコレ。映画を観るのにも「時」というのがあって、それは何も単に日時というだけでなく「何歳の時に観たか」というのもあったりします。そういう意味において40代に踏み入った時にこの作品に出会えたのは幸福だったと思えます。現在公開中。
2. アベンジャーズ/エンドゲーム
 マーベル・シネマティック・ユニバース11年間の区切りとなる作品。長い間の積み重ねが生きたまさに「万感」という言葉が似合う極上の余韻が素晴らしい。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
3. 新聞記者
 日本映画にはまだコレを作れる気概が残っていたかと胸が熱くなる反骨の一作。どういう感想を抱くにしろ、多くの方に観てほしい一本です。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。また一部で現在も上映が続いています。
4. スパイダーマン:スパイダーバース
 文字通り縦横無尽にキャラクターが躍動する「アニメを観る快感」に満ちた傑作。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
5. ジョーカー
 現代の病巣を凝縮したような、強烈な「悪」を体現した一本。忘れ難い作品だが、どこかで過去のものになってほしい逸品。現在も公開中。Blu-ray/DVDが1月29日に、ダウンロード版が1月8日に発売予定。なおここで初収録となる日本語吹替版ではジョーカーを平田広明が演じます。

 今年はアメコミ映画に傑作・良作が多かった印象。またその中でも社会派な作品にキラリと光るものがありました。
 さて、ここからはそれ以外にも印象に残った作品をざっと。こちらは例によって鑑賞順に列記していきます。

・家(うち)へ帰ろう
 ホロコーストを生き抜いた偏屈な老人が、70年越しの約束を果たすためにポーランドを目指す。ラストの深い余韻が沁みる。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow
 ストーリー構成に難はあるもののとにかく楽曲とその演出が素晴らしいの一言。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・デッドエンドの思い出
 ほぼ全編愛知ロケという日韓合作映画。大体知ってる場所しか出てこないというのは新鮮でした。DVD発売中。また各地のミニシアターで不定期に上映が続いています。
・バハールの涙
 子供をさらわれた母親たちとISとの戦い。そしてそれを追う女性記者。世界のどこかでそれは起こっている。DVD/ダウンロード版発売中。
・シティーハンター 新宿プライベートアイズ
 シティーハンター19年ぶりの新作。往年のファンは開始5秒で持っていかれる「分かっている」作りが熱い。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・グリーンブック
 黒人ピアニストとそのツアーに同行することになった白人ドライバーの交流と友情を描く。ハードな内容をユーモアで包む語り口が素晴らしい。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・運び屋
 実在した90歳の麻薬運搬人をクリント・イーストウッドが監督・主演で描く。重い後悔を抱えながらも飄々としたアウトローお爺ちゃんの姿が忘れ難い。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・ビリーブ 未来への大逆転
 アメリカ最高裁の名物判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの若き日の苦闘を描く。現役の法曹界の超大物が実名で登場するって良く考えたらかなり凄い。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
ザ・フォーリナー 復讐者
 絶対に敵に回してはいけないジャッキー・チェン。いや割とマジでコワい。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
 怪獣映画が好き過ぎるおじさんが愛情丸出しで全力投入しちゃった逸品。何かもう無闇に楽しいぜ。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・海獣の子供
 生と死が混ざり合いやがて少女は宇宙の深淵を垣間見る。アニメーションの持つパワーを全身で味わえる逸品。Blu-rayとDVDが1月29日に発売予定。
・無双の鉄拳
 最強男マ・ドンソクのアクションをたっぷり堪能できるエンターテインメント。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・スパイダーマン ファー・フロム・ホーム
 ヒーローの新たな一歩への葛藤とアベンジャーズ後のMCUの幕開けを告げる逸品。Blu-ray/DVD/ダウンロード版発売中。
・天気の子
 「君の名は」に続いてこちらも大ヒット。前作より遥かに新海誠テイスト全開なのが楽しい。夏に公開された作品ですが何と現在も上映が続いています。ソフトのリリースは現在のところ未定。
・存在のない子供たち
 「自分を産んだ罪」で両親を告発する少年を描く問題作。同じ境遇の子供たちが世界中にいる事実に苦しくなる。現在も各地で上映が続いています。ソフトリリースは未定のよう。
・ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
 タランティーノが描く、1969年のハリウッドの狂騒。実在の人物や実際の事件を大胆な手法で描いてみせる。名優ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの初共演も話題になりました。Blu-ray/DVD/ダウンロード版が1月10日に発売予定。
・見えない目撃者
 失明した元警官が偶然遭遇した誘拐と思しき事件に関わっていくサスペンス。主演吉岡里帆と高杉真宙の演技も素晴らしい。DVDが2月5日に発売予定。
・スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて
 クライマックスの映像美が圧巻の今年のプリキュア映画。物語の出来も良く、是非多くの方に観て頂きたい逸品。Blu-rayとDVDが2月19日発売予定。
・エセルとアーネスト ふたりの物語
 イギリスの片隅で、共に生きた夫婦の物語。特に大きな何かが起きるわけではないのに、何だか沁みる。現在も公開中。ソフト化は今のところ未定のよう。
・すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
 まさかのロングランヒットを記録しているキャラクターの初映像化作品。終盤の意外な展開に、人によってはボロ泣きに。現在公開中。
・シティーハンターTHE MOVIE 史上最香のミッション
 原作大好きおじさんがキモいくらいの愛情をこめて作ってしまったフランス映画。壮絶に楽しいぜ!現在公開中!
・コマンドー 4Kリマスター版
 お前それは今年の映画じゃないぞ!何を言ってるんだ、間違ってないぜ!今年公開されちゃった映画だからね!でもBlu-rayもDVDももう何年も前から出回ってるけどね(笑)!

 来年はどんな映画との出会いが待っているのでしょう。今から楽しみ。というか観たい作品はもう山ほどありますけどね(笑)!
 では、良いお年を!

拍手[3回]

例により、またもAmazonの予約注文を忘れていた。

絶対に買い逃したくない物に限ってよくあるのですが、
そんな買い逃したくないなら覚えとけよって感じですよね。

で、購入したのが『JAM Project 20周年記念BOX』です。
今までに発売された、全オリジナル&ベストアルバムに、
特別音源・映像が山盛りの24枚組の超ボリュームです。

しかし何が嫌らしいって、今年行われたのライブBlu-rayが、
なぜかこのBOXにしか入っていない、イヤらしい仕様。
今まではライブは個別に販売してくれていたのにね。

で、これがなんと代引きで5万円という強烈な支払いなので、
突然来た高額の支払いに面食らってしまったのです。

それがこちら!


立派な輸送用ダンボールと特典のTシャツ!


良くわからない勲章みたいなの(笑)と化粧箱!


このディスクの枚数、ヤバくないすか?!



さて、とうとう今年最後の私のブログとなってしましました。

そんな今年と言えば、ハイルさんのブログを読んで衝撃。
実は、平成から令和になって一発目の歌会の日に、
すっ転んで骨を折って救急車で運ばれてしまったのですね。

記念すべき歌会の日に、私は何をやっているんだと、
今更にわかりましたが、ネタになったので良しとしましょう。

今年で満22周年となった『中部からの歌声』ですが、
そんな怪我があってもまだ続けていられるのは、
やはり、メンバーのお手伝いや協力があってこそです。

また来年も、みなさまの顔を見られるのを楽しみにしております。
今年もありがとうございました!また来年もよろしくお願いします!

拍手[2回]

/