ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
プロレスの華と言えば、やっぱり選手の入場だと思います。
それぞれの入場曲が流れる瞬間は盛り上がりポイント。

アントニオ猪木やスタンハンセンの入場曲などは、
プロレスを知らなくても、耳にすることは多いと思います。

しかし最近は入場曲だけでなく、ムービーが同時に流され、
それは迫力のあるものになっていると思います。
東京ドームなどのスクリーンは大迫力で興奮しました。

そんな最近、ちょっと気になるムービーの選手がいます。
ムービーの中に猫が振り向く仕草が映るんですよね。





その猫の振り向き様が可愛くて、その選手のムービーに、
いちいち気になってしまう私がいたりします。

うん、可愛い!猫は卑怯ですよね。



さて、昨日2月22日は『PlayStation4』が発売されてから、
6年が経ったとということらしく、私は驚きを隠せないです。

今でもPS4の電源を入れると未来を感じるほどですし、
触れば触るほど、知らない機能がいろいろでてきます。
言い換えればそれほど使ってないのでしょうけど。

そんな気持ちで今も触れているPS4だったりしますので、
発売されてから、まだ僅かのような気がしています。

初代『PlayStation』が発売されたのが1994年のことです。
ちなみに『中部からの歌声』は1997年に活動を開始し、
まだその時はPS2の影もまだなかったと記憶します。

そこから約6年ごとに次の世代が発売されていき、
今年の年末にはとうとうPS5の発売が控えています。

単純に次世代機が発売される度に数字が増えるのが、
PlayStationの結構気に入っていたりするところです。

そんな次世代機が発売される度に現行機を振り返ると、
「この本体ではあまりゲームしなかったな」と思います。

それこそファミコン発売から、こんなオッサンになるまで、
ゲームを嗜んでいる私だからなのかもしれませんが、
もっと遊べばよかったとちょっとセンチな感じになるのです。

ゲームが好きな人はもっと多くのゲームをプレイして、
現行機に「お疲れ様」と次世代機に進むのでしょうが、
私はそう充実して次世代機に進んでいない気がします。

もちろん次世代機が発売されても、現行機では遊べるし、
楽しめるのですが、やっぱり「お疲れ」感がありますよね。

PS5発売まで後1年ですが、どのようにバトンタッチして、
PS4とPS5の住み分けがどのようになるか楽しみです。

拍手[0回]

テレビを見ていて、その意味が不明ものが多数あります。

例えば、スカッとした時に押し下げてる円柱だったり、
クイズに正解した時に、T字の何かを上下させてみたり。
それって本当に必要なアクションなんか?と思います。

番組の冒頭にそれらについて説明もされることのないまま、
なんとなく毎回それらを見る度に疑問しかありません。

そもそもクイズ番組に出てくる「東大王」ってなんやねん?!
どういう意味で付けられた王なのか?全然わからん上に、
もし学力ならば、テレビに毎週出ている場合じゃないのでは。

もしむしろ「東大一の性欲王」とかなら、それは歓迎する。



さて、これをネタにするべきか迷いましたがやっぱりします。

今日の歌会もシレっと、何事もなく進行させていましたが、
私、先日に廃車になってしまう事故にあってしまいました。







交差点で私の車の横に相手の車が突き刺さりました。
私の不注意なので、私の過失のが大きいですけどね。

あと50センチ後方に相手が突っ込んでたら死んでたかも?
と、現地を見ていた警察に言われたりしてゾッとしました。

私も相手も大した怪我はなかったので一安心ですが、
ここ1年くらいの間に結構な不幸が続いているので、
さすがに神頼みにお祓いでも行っちゃおうかと思います。

拍手[2回]

なんとなく、会社で事務机に座りボーッと考え事をしながら、
目の前に2本の定規を並べてくっつけたりしていた時、
よく見ると、定規の目盛りがズレているのに気がついた。

30cmの定規と35cmの定規を合わせて目盛りをみると、
30cmの定規の目盛り間に35cmの定規の目盛りが、
301mm(30.1cm)もあるという、おかしな状況だったりします。

なにかを測る時にはキッチリ測らないと気が済まない私は、
この瞬間から、どちらの定規も信用できないものに。

ネットで定規を調べるとJISマークの付いていないものは、
正確に測るための目盛りではないとのことらしい。

とりあえずこの定規はお役御免となったのである。



さて、YouTubeを見ていることが、大変多くなってきましたが、
やっぱり、鬱陶しいと思ってしまうのがCMだったりします。

もちろんCMがあるからYouTubeが運営できるのですが、
以前に比べると、相当広告が増えてきましたよね。

興味ある動画をクリックして、その再生が始まる前にCM、
ほとんどは5秒経てばスキップできるので気になりませんが、
最近はそのスキップできるCMが2本立てとかあります。

5秒経ってスキップし、また5秒経ってスキップするのですが、
そのスキップのためにスキップバナーをクリックします。
もう、その行動が面倒くさくて、もどかしい思いをします。

また、動画に挟まれるCMなどではスキップも面倒くさくて、
もうそのままCMが終わるのを待っていたりしますが、
そういう動画に限って5分くらいあるCMだったりします。

結構、YouTubeをなにかしながらの『ながら見』をしますが、
そんな時に気がつくとCMが延々と流れていたりしませんか?

そんな鬱陶しいだらけのどうでもいい内容ばかりのCMに、
たまに自分にとって興味のあるCMが流れることがあります。

ちょっと気になって、そのCMを最初から見たいと思って、
動画の再生箇所を表示する黄色いシークバーを触っても、
全然動かせる様子がなく、見直すことができません。

普段はスキップしたいと思ってばかりのCMなのに、
こういう時に限って、CMをじっくりと見ることができません。

CMが見たい行動だから、見てもらうべきではないですか?
見たくないのに見せられ、見たい時に見れないジレンマです。

YouTubeも課金をするとCMをスキップできるということは、
CMが鬱陶しいものと認識しているあたり面白いなと思います。

拍手[3回]

どうやら、無事にちゅうカラブログのサーバーも復帰しました。

最初はブログサービスの状況を追って様子を見ていると、
このまま復帰できずの終わってしまうのではという感じでした。

もう10年以上続けているブログもこんな事故で終わるのか、
「ああ、こんな感じにあっという間なんだな」と思いました。

今回はブログでしたが、ソーシャルゲームが終わる時も、
こんな前触れもなく終わるんだろうなと、勝手に思ったり。

というワケで無事に復帰した、ちゅうカラブログですが、
皆さんのちょっとした時間に読んでいただければと思います。




さて、以前体重を測ろうとしたところ、電池が切れたらしく、
わざわざ電池を入れ直すのも面倒なので、放置していた。

そのまま、しばらく体重を測っていないままだったので、
さすがにそろそろ測らないとと思い立ちやっと電池交換。

明るく光る液晶モニターを「こんなに明るかったかな?」と、
ふわっと感動しつつ、自分の年齢などの登録を済ませて、
1ヶ月?ぶりくらいに体重を測るため、パイルダーオン!

?????   え??  ウソやろ?

なんとその針が(デジタルだけど)示すのは70.2kgです!
生まれて初めて70kgの大台を突破しているではないですか。

私の身長から、それくらいあってもおかしくはないですが、
一応、私の身長からしても2kgは多いのですよ。

そもそも、約3年ほど前にメンバーとダイエット勝負をして、
一時は60kgを切ろうかとするほどだった私なのです。

もっというと、私が就職した時の体重は52kgと超軽量。
まあそれは今となっては気持ち悪いほどの軽さですけどね。

さすがに70kgはないわと、これはダイエットしなければ。
ではなにをするかと言えば、やっぱりまず食べる量を減らす.。

と言っても、目の前に出されたら食べちゃいますので、
なかなか難しいなあと思う頃、立ち寄ったのはTSUTAYA。

シレっと転売ヤーのエサ、『リングフィットアドベンチャー』が、
今買わないと、買えなくなっちゃうよーとばかりに置かれ、
背後のモニターでは新垣結衣がクネクネと踊っています。

うん、買おう!

骨折した足が思うように曲がらないので楽しめないのではと、
そんな不安を一蹴するほどのガッキーの笑顔に負けました。

一番の購入の動機はダイエットでもなくガッキーでした。
CMの有名人の効果はデカイを地で行きました。

拍手[3回]

1月になってあっという間に19日が経ってしまいました。
1年の19分の1が終わってしまったということになります。

冒頭でこんな言い回しをしたのは、会社に来る商社の人が、
今年になってから、毎回会うたびにこんな事をいうのです。

その人、来るたびに「1年の○○分の1が終わりましたね」と、
その内容が毎回のその数字がかなり具体的なので、
もう会社の出掛けで、それを確認しているのかもしれません。

今ではそれを最初に聞くのが日課になってきたのですが、
いちいちキッチリとそれに答えるのでちょっと面白いです。

では来週、今年の14分の1が終わった26日の歌会で、
みなさんの顔を見られるのを楽しみにしております!




さて、なぜか思いたちスーパーファミコンで発売された、
『第3次スーパーロボット大戦』をプレイし始めました。

ソフトは持っていたのでレトロフリークでプレイをするなら、
どこでもセーブや早送りなども使えてしまうので、
サクサクとプレイできるかな?というのも後押しでした。

『スーパーロボット大戦』はみなさんもご存知のとおりで、
キャラクターを盤面上で動かしながら戦闘を繰り返す、
結構手間のかかるようなシミュレーションゲームです。

このゲーム、攻撃の命中と回避の成否で局面変化が大きく、
その戦闘がなかなかクセモノで、よく語られているのが、
実際に表示される命中率と回避率が信用できないこと。

例えば命中率『80%』と表示なら普通に考えるならば、
10回攻撃すれば、8回は当たるから高確率と思わせながら、
実際に攻撃してみると、結構外れてしまったりするのです。

このゲームは基本的にどのタイミングでもセーブできるので、
攻撃する直前にセーブすれば、どんなに命中率が低くても、
根気があれば当たるまでやりなおすことができるのです。

そこでゲーム内で実際に行う正規の通常のセーブでなく、
レトロフリークの機能でどこでもセーブする機能を使い、
戦闘直前でセーブし、復帰を早めようというのが狙いです。

正規のセーブでは、実際にやりなおしたい時はリセットし、
タイトル画面からのコンティニューをするために、
その流れに時間がかかるので、その時間を早めたいのです。

レトロフリークのどこでもセーブ使用で、ワンアクションで、
命中するまで攻撃できるという超スピードプレイができるはず。

そう思いながらプレイしている時、どうしてもここで攻撃を当て、
局面を大幅有利に進めようというタイミングに出くわしました。

命中率は『70%』、このゲームの経験から攻撃が当たらず、
悶絶することがありえそうな、微妙な命中率だったりします。
そこで伝家の宝刀、どこでもセーブで確実に当てにいきます。

そして攻撃(アムロ・レイ)をすると、その『70%』が外れました。
すかさずワンアクションで攻撃直前のロードを行います。

そして再び攻撃(ゲーム内では初ということです)すると、
なんとまたその『70%』の攻撃が外れてしまうではないですか。
またロードするのですが、何度やっても攻撃が当たりません。

そこで気がついたのは、攻撃前にその『70%』の攻撃が
外れてしまうことが攻撃直前にすでに決まっているということ。

正規のセーブを行った場合は、一回リセットしてロードすると、
その後の攻撃は『70%』の攻撃命中を毎回計算しており、
なのでリセット後にロードするとその結果が変わるのですが、
どこでもセーブでは結果は変わらないということなのです。

普通にプレイしていたら、気が付かなかったことですが、
目の前の表示確率の裏では結果がすでに決定していたのです。

それに気がついた時、なんか裏切られた気がした私でした。

拍手[3回]

本日はあるちゅうカラメンバーの家に押しかけてみました。

特に何週間も前から予定していたワケでもないですが、
2日前金曜日に、ふと思いついたように「行っていい?」と、
結構な無茶振りで聞いてみたら、快諾をいただけました。

特に何をするということもなく、ただただ会話をしてだけで、
夕方になって「帰りまーす!」と帰ってきただけですが、
それだけでも楽しかったし、こういうのも良いなと思いました。

いつもスポットイベントなどを考えたりする時になると、
「どうやったら楽しいか?」「喜んでくれるか」と考えますが、
意外と、お話さえできれば楽しいこともあるかもしれません。

とりあえず、押しかけられたメンバーの方、ありがとうでした!
また今日みたいに押しかけますので、迎え入れてください。



さて、最近過ごしながら不安になっていることがあります。

もう年も明けて、すっかり1月となって真冬真っ盛りですが、
それなりに寒くなってもトゲのある寒さじゃありません。

以前は12月くらいで雪がガッツリ積もったこともありましたが、
今年はまだ雪の雰囲気も感じさせないほどの気温です。
普段の生活も、まだ厚着というほどの厚着をしていません。

と、いうことは?

今年の夏はメチャクチャ暑いんじゃないかと想像します。

仮に冬の平均気温がいつもより5℃高いのならば、
夏の平均気温がいつもより5℃高くなるのではと心配します。

もちろんそんな足し算の単純な話ではないとは思いますが、
それでも、ここ数年の夏の気温を思うと不安になりますよね。

結構、高齢の方になると、「昔は暑い中も外で遊んだ」とか、
「最近の子はエアコンに頼りすぎ」とか言う人がいますが、
いや、昔に比べて絶対に気温は高くなってると思いますよ。

もう、夏の高校野球とかドームでやればいいと思うし、
それこそ、東京オリンピックとかどうするのでしょうね?

と、まあ夏の話をするのは、まだ早いとは思うのですが、
1月になっても真冬を感じないことに驚きかずにいられません。

そんな気候などで思うのは、歌会の待ち合わせ場所の事。

最近は歌会の準備中にもうお店に来るメンバーがおり、
そんな感じでお店で待ち合わせしてみては、と思っています。
寒い中、暑い中での待ち合わせは大変ですからね。

まだ脳内シミュレーションやスタッフと相談していませんが、
そんな待ち合わせはどうかな?と皆さんにも聞いてみたいです。

拍手[3回]

あけましておめでとうございます!

3日の歌会に参加された方に今更かもしてませんが、
新年一発目の私のブログですから、まずは挨拶まで。

昨年も無事に1年を終えることができたと思います。
今年もまた『中部からの歌声』を頑張っていきますので、
メンバーの皆さんも是非応援をよろしくお願いします。

今年は歌会はもちろん、旅行も企画企画されています。
多くのイベントに参加をいただけたらと思います。

あ、そういや無事どころか、骨折して入院してたわ。



さて、昨年会社に復帰と同時に部署異動したワケですが、
それ以来、元の職場にはよほど用事がないことには、
工場間を移動する必要があり、あまり行きませんでした。

たまに行くことがあれば、それはそれで昔の同僚がいて、
会話も楽しいので、行くのは嫌じゃないですけどね。

そんな感じで先日工場行った時、トイレに行きたくなり、
ホントに部署異動後に初めて、トイレに行ったのです。

すると、小便器上に当時は全く無かった張り紙があり、
またその張り紙ととにかくうるさい感じになっていました。

特にその張り紙を読まずとも視覚的にうるさ過ぎて、
一体、何をそんなに注意して欲しいのかと気になって、
用を足しながら読んでみると・・・



いやいや、もうほとんど下ネタじゃないですか!

「長さが足りておりませんので」という言い回しの意味が、
もう私にはそれとしか、認識することができません。

この話を上の写真を同僚に見せてみたのですが、
当たり前のようにやっぱりみんな気になっていたようです。

これを作った人が言うには「長さが足りません」の意味は、
そういう意味じゃないとのことらしいのですが、
そういう意味以外の意味を知りたくてしょうがありません。

ついでに下の張り紙もハードルの高いことを強要しており、
どれだけトイレの使用方法に恨みがあるのかといった次第。

しばらく来ない間に雰囲気は変わってしまうものですね。

拍手[2回]

/