ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
テンバイヤーにここぞとばかりに買い占められてしまい、
メルカリやヤフオクで高値で売られまくってしまったマスク。

そんなことを豪快にするから規制を掛けられてしまって、
転売をすることもできなくなってザマアなんて感じです。

が、そうしてテンバイヤーの手から離れたマスクですが、
この新型コロナウイルスの収束が見えないために、
マスクの買い置きが必要とばかりにやはり品薄のマスク。

こうなってくると、まだテンバイヤーがのさばっていても
たとえ高値でも買えるだけ、そっちのがマシと思い始めた。

もちろんダメな発想だとは思いますが、それが現実では?



さて、会社で同じ事務所にいる女性がゲームを始めました。
そう、ニンテンドースイッチ『あつまれ どうぶつの森』です。
メンバーの中にも、プレイしている方もいるでしょうね。

友人ともオンラインでのプレイをマメにしているようで、
自分のゲーム内でやっている島のデコレーションを
その友人に負けないためには、もう時間が足りないとのこと。

そんなある時、私がスイッチのソフトは苦いという話をしました。
苦いというのは、そのものズバリで舐めた時の味のことです。

するとその女性も同じ事務所にいる人もキョトンとしました。
なぜソフトの味について話をしだすのかという様子です。

ニンテンドースイッチが発売された直後の一時期には、
小さな子がソフトを口に入れないようするため、
ソフトが苦く作ってあるという話題で盛り上がりました。

ちなみにその苦味は、誤飲防止剤として使われるらしく、
ギネスブックにも最も苦い物質として登録されているようです。

その苦味の話をしている時に「実際に舐めたの?」と聞かれ、
本当に話題になった当時に私は舐めたことがあるので、
「あるよ」と答えたところ、聞いていた周りが騒然となります。

なんで舐めようと思ったのか?とあまりに不思議がられる始末。
でも、「苦いよ」って言われたら舐めたくなりませんか?
少なくともソフトを舐めても死なない証明はされてますから。

なぜか私が変わってると、やたらと攻め立てられます。
いやでも、実はメンバーの中では舐めた人とかいるでしょ?

拍手[1回]

残念ながら新型コロナウイルスに対する状況については、
ニュースにもあるように収束目処が立っておりません。

したがって、次回4月12日開催のレギュラー歌会も、
大変に残念ながら、中止させていただくこととしました。

次回、5月10日(日)のレギュラー歌会については、
もちろん開催したいですし、開催予定とはしていますが、
状況は流動的であり開催の確定との判断はできません。

引き続き状況を確認しつつ、歌会開催を検討致します。
コロナウイルスの収束後、歌会を再開した際には
今後も『中部からの歌声』をよろしくお願いいたします。



さて、友人とダラッと遊んでいる時に目の前に転がっていた、
その友人持参のニンテンドースイッチを見て手に取る。

ファミコンのゲームでもやってやるかと上から目線で、
いくつかあるゲームから『イー・アル・カンフー』を選びプレイ。

ものすごく久しぶりにプレイしたイー・アル・カンフーが、
なんかツボにハマッてしまい、夢中でプレイするのです。

そんなに面白いか?と言われればそうでもないのですが、
昔、一生懸命にプレイしたので、割と序盤はサクサク進み、
その小気味よさがなおさら後を引く感じとでもいうのでしょう。

最近、『スーパーファミコン』版の『ドラゴンクエストⅢ』や、
以前ブログに書いた『第3次スーパーロボット大戦』など、
古いゲームをプレイすることが多かったりしますが、
新旧限らず、私はゲームが好きなんだなと再認識しています。

またコロナ対策に家にいろという最近のこの状況は、
ゲーム好きには大手を振ってゲームをしつつ身を守るため、
それはそれで世間の空気を読んだ行動かもしれません。

もちろんゲームに限らず、積んだプラモデルや漫画などの
消化に当てたりして、状況好転まではそれで良くないですか?

積みゲー・プラ・漫画を消化するのにお金もかかりません。
仕事など最低限の外出を心がけ、趣味に時間をかける時だと、
そう思えば、ちょっと楽になったような気がしますよね。

自分だけは大丈夫と思わず、しっかりと対策しながら、
自分はもちろん、家族や友人を守るための行動を心がけましょう。

拍手[2回]

新型コロナウイルスの対応で、先週の歌会はお休みでした。

それでは次回4月の歌会は?と言うことで検討中ですが、
開催します!と簡単に決められないのが現状です。

歌会での感染はものすごい確率の低い話とは思いますが、
一人でも歌会で感染者が出てしまうようなことがあれば、
やはり、全ての参加メンバーが濃厚感染となります。

主催として数十人のメンバーを集めてのイベント開催は、
それなりの責任を持ってやらなければと考えざるをえません。

特にカラオケサークルは考えてみると感染要因リスクが高く、

・換気の悪い密閉空間
・近距離での会話や発声
・集団

などとあまりに、感染の条件が揃いすぎていると思います。

まだ、4月12日(日)の開催については検討中ですが、
決定次第、SNSやホームページにて発信していきます。
そして、開催の際は多くのメンバーの参加を期待しています。



さて、新型コロナで歌会開催ができない鬱憤を晴らすべく?
ちょっと群馬に行ってくる、とJRのCMばりのノリで、
週末に突然思い立って、ドライブに行ってきました。

約6年前にもスポットイベントでの旅行で行った群馬県です。
そう、私の大好きな『頭文字D』の聖地巡礼です。

思い立ったにしてはやり過ぎ感のあるドライブですが、
個人的には満足でしたが・・・やっぱり群馬は遠いですね。


例の榛名山(秋名)スタート地点です


碓氷峠のめがね橋です


からの見下ろしです


真子&池谷の釜飯屋 シルエイティが展示されてました


前回行けなかった赤城山 レッドサンズのたまり場です


宿泊はもちろん伊香保温泉です

楽しかった!

拍手[3回]

あまりプラモデルとかを買ったりしない私なのですが、
先日発売されたものが、あまりに私の心に突き刺さって、
つい買ってしまったのスーパーミニプラ『サンバルカンロボ』



そう、スーパー戦隊『太陽戦隊サンバルカン』の登場ロボです。
39年前に放送されていた作品のプラモデルが今さら発売。
でもこのロボットのおもちゃが超好きだったので即買いでした。

そしてまさかのそのロボットを搭載する戦艦まで発売となれば、
全部まとめて買ってしまうに決まってるじゃないですか!

そんなプラモデルが家に到着し、ホクホクの私なのですが、
じゃあすぐにそれを組み立てるかと言えば、また別の話。
例によって、ゲーム同様にやっぱりこれも積んじゃってます。



さて、本日は本来でしたらレギュラー歌会開催の日でした。

前回歌会での参加確認で出席に○を付けてくれた方には、
電話での歌会中止の連絡をさせていただきました。

ですが、一部電話に出られなかった方もいましたので、
もしも金山の集合に来られてしまうことも心配です。
とりあえず、いつもの集合場所に行ってまいりました。

いつもの歌会の時のように、車で金山に向かった私。
歌会の準備が無いのでいつもより遅く向かったのですが、
まず驚いたのが、駐車場がガラガラだったことです。
さっそく新型コロナウイルスの影響が垣間見えています。

大体、歌会時は9時30分くらいに到着するのですが、
もう駐車場のほぼほぼいっぱいになってきているのですが、
11時くらいに到着しても、余裕の停め放題っぷりです。

本日はハイルさんも一緒に金山に向かうことにしました。
待ち合わせに向かうも、これは早朝か?というほどに、
まばらな人通りに、これまた驚いてしまいました。

歌会待ち合わせの11時30分を過ぎ、12時頃まで待機し、
無事?メンバーが現れてしまうこともなく(変な言い回しだな)、
まあせっかくだからと、ハイルさんとランチに行くことに。

名鉄金山駅上にある飲食店を見渡してみるのですが、
これまた昼時とは思えないほどの人の少なさにまたまた驚愕。

いつもなら空席待ちのお客さんが並んでいるのですが、
お店によっては、誰もお客さんがいないほどなのです。

もう、重ね重ねの街の状態に、恐ろしさする覚えました。

株価だ産業だと、コロナウイルスの影響が出ていますが、
街の現状を見てヤバさ実感するには十分過ぎでした。

スポーツにライブにテーパパークにすべてがフリーズです。
4月12日に歌会を予定していますが、こちらも未知数です。

「歌会開催しまーす」というのは簡単かもしれませんが、
それを許すような雰囲気でもないのが事実だったりします。

まずは早く解決するのを祈るばかりで歯がゆいですよね。

拍手[1回]

いつも仕事で使う手帳が、まだページは余ってるながら、
あまりにも全体がボロボロになっているし反ってるしで、
手帳を買おうとなんとなく行った、イオンの文具屋。

適当に見繕って、これいいなと思うものを手に取り、
そのままレジに行って支払いで告げられた金額に驚く。

なんと、2,200円!!

こんな手帳がなんでそんなにするねん!と思いながらも、
高いから買うのやめた、なんてのも恥ずかしいので、
顔色をできるだけ変えないように、支払いを済ませる。

あとで、ネットでその手帳がどんなものか調べてみると、
ああ、モレスキンという立派なメーカーものだったようです。



・・・大事に使います。



さて、先日iPhoneで初めて見る内容の通知に「?」となる。



『駐車中車両』なる通知で、まったく理解に苦しむ。
表示ではアスナル金山の駐車場に停めているようだが、
もちろんそんなところに今は車を停めていません。

ネットで調べると、『iPhoneで車とのBluetooth接続を、
最後にしたのはここですが、それから1か月もの間、
接続をしていませんが車に何かありましたか?』との事。

どうやらこの機能は、慣れない場所に行った時などに、
車の位置を探す時などに使ったりするものらしいです。

慣れない地域などで小さな敷地での移動などでは、
その機能をわざわざ使うようなことはないでしょうが、
それこそ大きなテーマパークなどで車を探す時などに、
これを活用してくれたらとのことで、付いた機能のようです。

Bluetoothの接続が切れた場所をGPSを使うことで、
それをiPhoneが記憶して、呼び出してくるのです。

今回は最後の接続から1ヶ月も経っているので、
むしろ車を探すのではなく、車を置きっぱなしの心配です。

以前のブログで書きましたが、1ヶ月半前に事故をして、
車そのものが無くなってしまったので接続をしておらず、
それを心配して、わざわざ通知をしてくれたのですね。

わざわざそんな事まで管理するのかと感心しますが、

「ほっとけや!!!!」(心の叫び)

と思います。

しかし、スマートフォンにもいろいろな機能があるもので、
スマートフォンでできることを常に考え続けることで、
それが、知らない間に実装されていくものなのですよね。

まだ知らない機能があるのでしょうが、想像が付きません。
車の場所を知る機能も今回の件がなければ知りません。

便利な反面、怖い時代だなと思ったりもしちゃいます。

拍手[1回]

新型コロナウイルス感染に対する集団でのイベントなど、
政府要請として開催自粛の方向性の指示に従い、
3月15日(日)開催のレギュラー歌会を中止としました。

4月12日(日)の歌会については開催予定ですので、
多くの方に参加していただければと思います。

活動から20年以上にかけて歌会の中止が無かったので、
私の怪我など重なる歌会の中止は大変残念です。

前回の歌会で次回歌会を出席にされている方には、
改めて歌会中止の連絡をさせていただく予定です。



さて、新型コロナウイルスが大変猛威を奮っていますが、
同時に猛威を奮っているのが、転売ヤーのみなさんです。

オタクを趣味にしていると転売ヤーをよく目にしますが、
ここに来てマスクがすさまじいまでに転売されています。

通常なら箱入り50枚のマスクなら5~6百円程度ですが、
安くて5千円くらいだったりして、ホントに呆れ果てます。

マスクは新型コロナウイルス感染拡大の防止ですが、
それよりも人と接するのに、現状ではマスクするのが、
ちょっとした期間限定マナーみたいになっている感じです。

マスクをしていない人になんとなく人権が無い雰囲気で、
むしろ後ろ指を刺されるのを防止するような状況。

ただなんにしても、やはり肝心なのは感染拡大なので、
(マスクでウイルスは防げないという話もありますが)
ここでマスクが手に入らないのは、やはりいただけません。

転売の是非は置いといて、趣味嗜好の物について、
転売をするのは、まだわからなくもないですが、
健康や生活を守るものの転売してしまうというのは、
人としてのマナー違反なのではないかと思います。

転売はもちろんですが、買い過ぎるのもよくありません。
マスクだって1日1枚あるのだったら、当たり前ですが、
30枚あったら1ヶ月は安心ですから買い過ぎないことです。
買い占めるのではなく、シェアするのも大事ですよね。

なんにしても、この新型コロナウイルスによる状況が、
早く沈静化し、この状況が続かないことを祈ります。

拍手[1回]

プロレスの華と言えば、やっぱり選手の入場だと思います。
それぞれの入場曲が流れる瞬間は盛り上がりポイント。

アントニオ猪木やスタンハンセンの入場曲などは、
プロレスを知らなくても、耳にすることは多いと思います。

しかし最近は入場曲だけでなく、ムービーが同時に流され、
それは迫力のあるものになっていると思います。
東京ドームなどのスクリーンは大迫力で興奮しました。

そんな最近、ちょっと気になるムービーの選手がいます。
ムービーの中に猫が振り向く仕草が映るんですよね。





その猫の振り向き様が可愛くて、その選手のムービーに、
いちいち気になってしまう私がいたりします。

うん、可愛い!猫は卑怯ですよね。



さて、昨日2月22日は『PlayStation4』が発売されてから、
6年が経ったとということらしく、私は驚きを隠せないです。

今でもPS4の電源を入れると未来を感じるほどですし、
触れば触るほど、知らない機能がいろいろでてきます。
言い換えればそれほど使ってないのでしょうけど。

そんな気持ちで今も触れているPS4だったりしますので、
発売されてから、まだ僅かのような気がしています。

初代『PlayStation』が発売されたのが1994年のことです。
ちなみに『中部からの歌声』は1997年に活動を開始し、
まだその時はPS2の影もまだなかったと記憶します。

そこから約6年ごとに次の世代が発売されていき、
今年の年末にはとうとうPS5の発売が控えています。

単純に次世代機が発売される度に数字が増えるのが、
PlayStationの結構気に入っていたりするところです。

そんな次世代機が発売される度に現行機を振り返ると、
「この本体ではあまりゲームしなかったな」と思います。

それこそファミコン発売から、こんなオッサンになるまで、
ゲームを嗜んでいる私だからなのかもしれませんが、
もっと遊べばよかったとちょっとセンチな感じになるのです。

ゲームが好きな人はもっと多くのゲームをプレイして、
現行機に「お疲れ様」と次世代機に進むのでしょうが、
私はそう充実して次世代機に進んでいない気がします。

もちろん次世代機が発売されても、現行機では遊べるし、
楽しめるのですが、やっぱり「お疲れ」感がありますよね。

PS5発売まで後1年ですが、どのようにバトンタッチして、
PS4とPS5の住み分けがどのようになるか楽しみです。

拍手[2回]

/