ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
掃除をしていたら、引き出しから見覚えの無い封筒が出てきた。

中を確認してみると、これまた覚えのない現金入っています。
数えてみると諭吉さん11人のサッカーチームです。11万円。

10万円キッチリだったら、なんとなく入れていたのかもですが、
11万円ともなると端数的に目的があったお金なのかも。

ちょっとしたボーナスとして使っちゃいたくても使えまえん。
今回は見なかったことにして、しばらく様子を見たいと思います。



さて、今年私が配属された部署には変わった人がいます。
その人はなんと丸一日、ずっとガムを食べているのです。


昔『Dr.スランプ』(TV版はアラレちゃんと付くw)に、
バイクから降りると死んでしまうキャラクターがいましたが、
本当にガムを食べるのをやめると死ぬのではと思います。。

常日頃いつもクチャクチャとガムを食べている様子は、
その部署に人には有名だったそうで周りは慣れた感じ。

そんな彼に、こんなに食べているとガム代も大変だろうと、
ちょっとどれくらいの頻度でガムを買うのか聞いてみると、
1週間でボトルガム1個しか買わないとのことだそうで。

ボトルガム1個を勤務中にだけ食べると仮定した場合、
1週間でどのぐらいのペースで食べているのか、
ちょっと気になったのでボトルガムを買ってきました。



ボトルガムは当然その人が食べているものと同じもの。
これに入っているガムの数を数え、勤務日数で割ります。

ボトルガムを開封し紙の上に広げてみました。



そして数えたところ全部で102個。思ったより少ない。
(ちなみに包み紙も数えましたが30枚でした。少なすぎだろ!)



これを勤務日数の5日間で割ると、1日あたり約20個です。

基本的に残業3時間をやっている私の部署ですので、
またこの1日に食べられる量をその11時間で割ってみると、
1時間当たり2粒食べられない計算となってしまいます。

ガムの味はそんなに長く持つものではありません。
それでも基本的に彼の口は延々と動いているので、
特に口の中に何もないと言うタイミングは無いでしょうから、
味のないガムをずっと食べ続けていることになります。

ついでに味は違えど同じ銘柄のノーマルサイズガムが、
目の前のテーブルに転がっていたのでこれも数えました。



14粒。

ボトルの定価が842円(税込)で、ノーマルが116円です。
102個÷14個=7.285
842円÷116円=7.258

・・・・全然ボトルがお得じゃねえ。
まあ、ボトルは食べやすいから(フォローしてみた)

彼には充実したガムライフを送ってほしいものです。

拍手[0回]

​本日の歌会も無事に終了して、ホッとしている私です。

今回の新人さんにちゅうカラに参加を決めた理由を聞くと、
ブログが毎日更新されて活発なサークルに見えるとのこと。

日々更新していることを見せるためにブログを始めましたが、
これはずっと続けていて良かったなと思いました。

毎回長文でブログ担当者にはネタに四苦八苦していますが、
今後も続けますので、お時間のある時は見てくださいね。

そんなブログは今週から火曜日担当が変わります!
ちゅうカラブログ初心者ですので、暖かく見守ってください。



さて、当たり前に世間に字面が出回っているにもかかわらず、
いざ目にすると読めない言葉ってあったりするものです。

私は基本的に読めないようなものは口に出しません。
ワザとならともかく、間違えたら恥ずかしいじゃないですか!

先日、高島屋だったかの店内を通り抜けようとした時に、
『4℃』というファッションブランドの前を通りました。

ネットでたまに目にしていたので字面は知っていましたが、
それを目の前にしたら、やたらと気になってきました。

そこで思い出したのは『シュタインズゲート』
登場人物に4℃と書いて『シド』と呼ばれる人がいました。

『シュタインズゲート』に触れていた人からすれば、
4℃は『シド』って読むのでしょうが、どうなんだろう?

鳳凰院凶真さんは作中『よんどしー』と呼んでいましたが、
普通は『よんど』と読むのが妥当な気がします。

ブランドを知っている人からすれば当たり前ですが、
知らない私には、むしろシドが正解のような気がします。
それにシドのほうが、ちょっとブランドっぽいですよね。

今の時代、それこそネットで調べればいいのですが、
もう、即その場で知りたくなり、店員に声を掛けました。

店にツカツカと歩く私は、はたから見ればそれはもう、
彼女にプレゼントを買うのに焦る彼氏のようでしょう。

私「恥ずかしながらに、コレなんと読むのでしょう?」
店員「はい、『よんどしー』になります(笑)」

マジで?!
せめて『よんど』じゃないのか??

結局帰ってネットで調べると、『4°』と『C』は別々だそう。
日本人的に理科を習った人は『℃』で1つと思うのだそうです。

『よんどしー』、今でもボケだとしか思えません。

拍手[1回]

​ついにPS4(『モンスターハンターワールド』が発売。
ショーグンさんに続いて、ブログの導入が一緒でゴメン!

モンハンはプレイ時間が長くなるので敬遠気味でしたが、
せっかく久しぶりの据置機なので触ってみることに。

想像以上にストーリー部分のイントロがしっかりしていて、
また映像の綺麗さに3DSからのジャンプ具合に感動。

さー、プレイヤーキャラの登録です!

・・・ふう。

キャラ作るだけでやれることが多すぎでまた今度にします。
キャラが作れずもうショーグンさんに遅れを取りました。



さて、先日木曜日は雪でみなさん大変だったでしょう。
当日の私は有給休暇で会社の心配はありませんでしたが、
電車で出かける予定があり、遅延により悶絶しました。

だけど遅れながらにも逆行きホームの列車が3本来る間に、
私のホーム側はやっとのことで1本来ただけでした。
なぜなんだぜ?!

しかし電車に遅延があると駅員にキレる人がいますが。
このような話題を聞くといつもそんな人に疑問を感じます。

まず交通機関自体が天候に影響を受けるものだろうし、
そもそも駅員だって商売で慈善事業でないのだから、
遅延させずに運行するのが目的に決まっています。

「会社に遅れるたらどうする?!」などと文句いう人も、
その天候に左右される交通機関を選んだのはお前だろと。

もっとも自家用車だって天候で左右されまくるので、
それこそ会社の隣にでも引っ越さないと無理ですけどね。

それでも日本の交通機関の正確さにいつも感心します。
そんなトラブルでもない限りは分レベルで正確ですもんね。

先日、電車の先頭に乗っていたとき運転士を見ると、
その横では秒刻みの時刻表となっていてビックリしました。
分単位を守るのに秒単位での管理をしているのですね。

しかし、今までの歌会も台風や雪の不安はありましたが、
一度の中止なく開催できていることに感心します。

拍手[1回]

​先日、電車に乗っている時に中学生ぐらいの男の子が、
なんとPSPでゲームをしているじゃないですか!

今だと基本的にスマホで遊ぶのが目立つ感じですが、
中学生くらいだとスマホは持たせてもらえないかもですね。

しかし3DSでもなくVITAでもなく、今この時代にPSPですよ。
PSPが発売された当時ははホントに未来を感じたものです。

そういえばPSP、いっぱい持ってたなあ・・・(遠い目)



さて、私は食べる機会は少ないですがカップ麺が大好き。
明らかに身体に悪そうな見た目と味だっだりしますが、
そのカップ麺を食べる背徳感すらも味付けだったりします。

カップ麺の調理は基本的にお湯を入れるだけですが、
その時はカップの中にある線を目安にお湯を入れてます。

お湯を注ぐ時はポットかやかんで入れていきますが、
みなさんはその時にこだわりとかありませんか?
前日、会社でそんな些細な行動で激論を交わしました。

お湯を注ぐ時に一体どこまで入れるのが正解なのか?
食べ慣れた銘柄のカップ麺は自分なりの味の濃さの調整で、
個人のさじ加減はあるでしょうが、まずそれは無視です。

カップの中の線までというのは当たり前なのですが、
どの時点をもって線まで入れたとするのでしょう。

まず、お湯を注いで線まできたら止めるという方法。
これだと麺がお湯を吸うと、お湯が線より下になります。
これを『線までお湯を入れたのか?』という疑問。

そしてお湯を注いで線まできたら一回止めてしばらく待ち、
麺がお湯をなんとなく吸って減った分のお湯を足す方法。
これだとゆっくりお湯を足している間の時間が長くなります。
これを『3分をどこからカウントするのか』という疑問。

非常にくだらないことですが、結構考えると深いです。
製造メーカーの意図するのはどこなのか考えます。

基本的に争点は麺がお湯を吸ったか吸っていない状態で、
どちらが線までお湯をいれたことになるのかですね。

他人からすればどうでもいい勝手なこだわりですが、
せっかく買ったカップ麺は美味しくいただきたいですものね。
結局答えらしい答えは見つかりませんでした。(当たり前)



拍手[1回]

​先日発売された『絶体絶命都市』っぽいゲームを購入。
(「っぽい」と言う事で、絶体絶命都市ではないです)

始めてみたら、ゲームの挙動があまりにもアレ過ぎで、
PS4のゲームながら、PS2.2程度ではないかと言う挙動。
こんなゲームの開発者はこれで納得しているんだろうか?

ゲーム自体のコンセプトは個人的に最高に面白いので、
頑張って根気よくプレイして、クリアしてみたいと思います。

クリアしたら?ジャンケン大会に出したいと思います。(笑)




さて、私が職場が変わって、ちゅうカラ活動以来の、
もっとも活動継続に対しての危機が訪れてしまいました。

スタッフとの相談などの結果として多少のこだわりを捨て、
ある程度のシステム面での変更を入れていくことにしました。

いろいろ検討し、参加確認の電話の廃止も考えましたが、
それを辞めると、最もちゅうかカラらしい部分が無くなり、
そして私自身としても、それは続けたいということで継続。

そこはなんとか継続するために、参加確認をする時間を、
今までのメンバーの要望を時間単位で聞いていたところを、
ある程度こちら側で指定をし、選んで頂くことにしました。

LINE上でもアンケートを取り、ご存知の方もいる通り、
以下の3つの時間帯で選んでいただいております。

1.朝〜12時
2.12時〜18時
3.18時〜24時

すでに、本日(14日)の歌会の参加確認に対して、
勝手ながらこちらの時間帯で電話をさせて頂きました。
今後もこのような形で参加確認を行っていきますので、

また参加確認の電話着信時に応対できなかった場合は、
Eメール・LINE・SMSメール等、私に連絡できる方法で、
出欠の返事をして頂いて構いませんし、大歓迎です!

最近はメンバーから、活動への協力の申し出を受けたり、
本当にそのような気持ちは大変嬉しく思います。

その声に甘えさせて頂くことも今後は多いと思いますが、
今後もちゅうカラの継続のため、ご協力をお願いします。

拍手[1回]

2018年もなんと60分の1が終わってしまいました。
さあ大晦日の『ガキ使』の録画予約はできましたか?

なんて冗談はさておき、といってもホントにテレビは、
すでに正月特番はほぼ無くなり、平常運転となり、
クリスマスから、正月の騒ぎはなくなりましたね。

コンビニではすでに恵方巻きの予約が始まったりして、
まったくもって正月の余韻を楽しむ気もありません。
もうちょっと、年明けをゆっくり楽しみましょうよ。



さて、前回のブログで書いたように、昇格のついでに、
なんと所属部署まで変わることになってしまったので、
年末年始の休日出勤の予定がすべてリセットでした。

おかげで製造業界特有の長期休暇を取れましたが、
やったことと言えば、参加確認と『スプラトゥーン2』でした。

参加確認は3日の歌会から連続での14日の歌会のため、
連休に入る前からスタートしていたので連休中の午後は、
ずっとヘッドセットを付けっぱなしで電話していました。

そしてスプラトゥーン2ですがちょっと意地でやっています。
正直、ちっとも上手に(強く)ならないジレンマです。

それこそファミコン発売前からゲームを趣味にしていて、
それなりにゲームには自信があったりするので、
スプラトゥーンの残念な結果に納得ができません。

年齢というのを差し引いても、自分のこのていたらくに、
ちょっとムキになってやっているのが正直なところです。

ある程度納得する結果がでるのかも分からないので、
ひと思いにやめてしまって、他のゲームをやったほうがと、
『マリオオデッセイ』や『巨影都市』に手を出しましたが、
結局最後にはスプラトゥーンをやっている自分がいます。

メンバーではこのゲームをやめた人は多いでしょうが、
私は未だにスプラトゥーン2というゲームをしています。

そろそろやめないと、いろいろやり残しそうで怖いです。

拍手[1回]

​なんと、今年最後の更新となるブログは私なのですね!
今年最後を飾れるってのは、やっぱり嬉しいですね。

今年はとうとう満20周年を迎えることができたことで、
今までになく長期活動の嬉しさを噛み締めました。

活動をお手伝いしてくれるスタッフの協力はもちろん、
何と言っても参加していただけるみなさんのおかげです。

今年もありがとうございました!
来年もよろしくお願いします!



さて、年末ですが私はこの時期があまり好きではりません。
特にクリスマスを終えて正月を迎える数日間ですね。

小さいころはクリスマスプレゼントやお年玉などもあり、
まとまった収入源となるイベント目白押しなので、
そんな頃の年末年始はボーナスステージでした。

しかし今となっては、そんなに楽しいわけではなく、
1年が終わっていく寂しさみたいなものを感じます。

お店などのクリスマスな飾り付けを正月に変えていく、
あの事務的な感じも寂しさを感じさせる一つです。

やはり寂しさを感じさせるのは年齢でしょうか。
以前ブログで時間の感じ方は年齢があがると早くなると、
そんな事を書きましたが、それの延長でしょうか。

今年中にやりたくてやれなかった事を悔いてみたり、
また来年も同じような1年になるのかと思ったりします。

何気に数年前に来年は楽器をやってみようと目標をたて、
新年を迎えましたが、楽器すら買いませんでしたが(笑)

そんな私、驚いてしまうことに会社で昇格しました。
1月1日からということで、ちょっと偉くなりました。
そのおかげでちょっと自分の時間を取りづらくなるので、
ちゅうカラを無事に続けられるか不安でいっぱいな私です。

それでも来年は無事に歌会を続けられること目標に、
また来年もみなさんのお力を借りたいと思いますので、
あらためて来年もちゅうカラをよろしくお願いいたします。

拍手[2回]

/