ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ディズニーにほとんど興味の無い私にとってみれば、
ディズニーランドなどは楽しみどころがわかりません。

しかしながら、すこ~しだけディズニーランドを、
楽しめるようになったらと思う私がいたりします。

昔、そんな話をディズニーが好きな会社の人にしたら、
『キングダムハーツ』をプレイしてみると
ディズニーランドが楽しめるようになると言っていた。

そんなキングダムハーツシリーズを調べてみると、
すごい数の続編が発売されていて、ちょっと驚きます。

そして、どれも数字ではなく横文字のサブタイトルで、
もう単体で見たらまったく発売順がわかりません。

とりあえず、すでにハードルは高かったようです。



さて、最近通勤時に通うようになったコンビニがあり、
毎回のようにパン・飲むヨーグルトを買っています。

そこのMatt(桑田の息子)似の大学生くらいの店員がおり、
何度もその店員に対応してもらったことがありますが、
もうホントに笑えてしまうくらいに接客が丁寧なのです。

挨拶は両手を前で重ねて深過ぎるほど頭を下げて、
話し方や、お釣りの受け渡しなどはもちろんの事、
暖かいものと冷たいものへのレジ袋の対応も素敵。

先日、レジが1つの対応で私が2番目に並んでいた時、
その彼は店の外でゴミ箱のゴミ袋を入れ替えていました。

私は2番目に並んでいたとはいえ、後ろに人はおらず、
それくらいだと棚の整理などをしている店員なども、
2つ目のレジを開け対応することも少ないものです。

しかしそのMatt君は並んだ私を見つけるなり、
ゴミ箱の片付けは放り出し、マッハで2つ目レジへ。

もう小走りなんてレベルではなく、全力疾走です!
レジに付くなり軽く息切れしているくらいです。
そこまでしなくても、来てくれるだけでいいのに。

そして、私に言い放った一言はいつもと違っていました。
「本日もご来店、ありがとうございます!」

・・・。
・・・本日・・も?!
今まで、「ご来店、ありがとうございます」だったぞ!

ひょっとして私にホの字じゃないだろうな?!
そう思ったら、お釣りを渡す時に私の手を触るのも・・
多分違う。

まあもともとそういう接客か、常連だからかでしょう。

そのMatt君、もう結構長い間この店で見るのですが、
未だに『トレーニング中』のバッヂを付けてるのは、
実はドジっ子だったりするのでしょうか?

これからもこのコンビニにお世話になります。
あとはAmazonの受け取りができたらいいんだけどなぁ。

拍手[2回]

スマホでネットを見ていると、広告がウザ過ぎるので、
なんとかならんかと調べていて辿り着いたアプリ。

これをインストールすると広告が出なくなるそうで、
この手のアプリを入れている人も多いと思います。

で、インストールしてみるとホントに広告がでない!

と、感動したのですがこれをインストールしてから、
ネットを見ていなくても、どのタイミングにおいても、
『課金でYouTubeの広告も消せるよ』的な通知が出て、
今度はそれがウザいという、なんかアレな状況です。



さて、友人との話で『ゲゲゲの鬼太郎』の話題になり、
歴代の声優やらでアニメ版を遡ったりしていました。

すると実は今現在で新しいシリーズが放送中なのを、
アニカラサークルの主催者なのに今更知りました。
調べるとどうやら今回の放送で6期目となるようです。

鬼太郎の声優が沢城みゆきだったり驚くのですが、
個人的に面白いのが、目玉おやじが野沢雅子です。
昔、鬼太郎だった人が目玉おやじなのがイキです。

ただそんな事よりも、避けて通れないと思うのが、
やっぱり声優よりも『ネコ娘』だと思うんですよ!

歴代で他のキャラクターデザインはあまり変化はなく、
ちょっとその時代っぽさの味付けがあだけでしたが、
ネコ娘だけは5期で一気に萌えキャラに昇華します。

「ふざけんな!水木しげる要素がゼロじゃねえか!」
と思ってもあまりに可愛いので許してしまうくらい。

今は萌えキャラだアイドルだと可愛いアニメキャラは、
それこそ掃いて捨てるほどいるので目立ちませんが、
昔ならキャラクターグッズが出でもいいレベルです。

そして気になるる6期のネコ娘やいかにと調べると、
これまた一気にセクシー要素まで追加してきました。

なんだそれは!?なレベルで、8頭身になって、
ネコ要素である縦長の瞳孔も普通の目になっています。
また、ビミョーなチラリズムがあざとさ全開です。

それでいて服のデザインは基本的に変わらずで、
単純に頭身に合わせ丈が長いだけで、それがいい(笑)

って言うかネコ娘どころか、ネコ姉さん。

そんな今、目の前で放送されているので見ていますが、
オープニングが田中公平編曲で氷川きよしなのね。



拍手[2回]

本日はちょっとした歌会の味付けをしたいなと思い、
『ダイモスさんと勝負して勝ったら歌会無料!』の、
『鉄拳7』大会をサブイベントとして行ってみました。

1試合のワンチャンスで、ダイモスさんに勝った人は、
先着1名限りで歌会参加費を無料とする企画でした。

今後もこのような企画を開催したいと思いますので、
『私はこれだったら誰にも負けない!』という人を募集。

ジャンルはビデオゲームでなくても構いませんよ。
ルービックキューブ6面を超早く揃えれるとかね。



さて、昨年に昔から好きなプロレスを初めて会場で見て、
会場で生で見るのって面白いと、すでに3回も行きました。

「特別行きたい!」というワケでもないのですが、
普通のアーティストのライブなどと比べると開催頻度は、
全国ではそれはもう圧倒的に多く行われているので、
愛知県の開催だけでも、日程を見ればすぐ見つかります。

ですのでなんとなく日程を見て「この日やるんだ」となれば、
ちょっと予定を空けて言ってみるかとなるワケです。
もともと会場のアクセスがいいところばかりですしね。

そしてまたちょっと大きい試合の開催が迫っているので、
一緒に行ったりしている人(ちゅうカラメンバーだけど)を、
「また行こうぜ!」とノリで誘ってみたりしていました。

すると、今日の歌会でその話を聞いたメンバーが、
「私も私も」という感じ、であっという間に多い参加者。

ちゅうカラを開催してから、ライブや映画に行くことを、
メンバー同士で盛り上がることは想定していましたが、
まさかプロレスに見に行こうとなるとは夢にも思わずです。

一括りにプロレスと言っても、時代は移り変わり、
誰でも知っているアントニオ猪木やジャイアント馬場も、
プロレスを有名にはしたけど、今や昔のすでに伝説の人。

アニメもいろいろな時代を移り変わっていく中で、
メンバーもいろいろな時期に思い入れがあると思いますが、
今度見に行く人はどの時代のプロレスに思い入れがあるか、
ちょっと話してみたいなと、楽しみにしております

しかし、大勢で一つの事を楽しみにいくのはいいですよね。
というワケで『ちゅうカラプロレス部』発足!

・・・しません。

拍手[1回]

私が歌会で通話用に耳に付けているヘッドセット。
通話だけでなく音楽も聴けるので、普段でも使います。

先日、それを持って名古屋に出かけた時に、
そのヘッドセットのケースを紛失してしまいました。

そのケースは充電器も兼ねているので、残念ながら、
ヘッドセットはあれど、使うことができなくなり無念。

以前はポケットに入れたまま洗ってしまったり、
今回は充電器を紛失してしまったりといった感じで、
ヘッドセットだけにはずっと悩まされています。

1個目、ポケットに入れたまま洗濯機にて水没、故障。
2個目、同上(笑)
3個目、充電器を出先にて紛失。

もうやだ。



さて、先日は金華山のロープウェーに初めて乗りました。

別段、ロープウェーとしては目立って大きいとか、
すごく高いところを進むでもなく、至って普通の印象。

岐阜の街並みを見下ろす景色は大変綺麗でしたが、
ちょっとした観光スポットだなぁというくらいでした。

そして下山時に乗ったロープウェーが混んでおり、
景色もロクに見えず、かろうじて見えるのはワイヤーだけ。

ですが、ワイヤーを見て「あれ?」と思うことがあり、
それに気がついてから、すぐにそのロープウェーの、
始点から終点までのワイヤーを確認してみました。

すると、その間に1本もワイヤーを釣る支柱が無いのです。
何百メートルものワイヤーとゴンドラを支えているのは、
始点と終点の2点だけで、その間は何もありません。

こんな作りで強度は大丈夫なのか?と突然心配になり、
「まあ普通だなー」という印象がその瞬間に激変!

私が心配しなくてもきっと大丈夫なのでしょうが、
のどかなロープウェーがその瞬間に絶叫マシンです。

いや、そんな事を思ってるのは私だけでしょうが。
日本中の各地に、また古くからあるロープウェーですが、
何気に建築技術は相当なのかな?と今更感心しました。

拍手[2回]

先日、西城秀樹さんがお亡くなりとなり大変残念です。

やはり国民的なアイドルであり、その有名曲の数々は、
多くの人の中にその存在はあったのでは思います。

西城秀樹さんもいくつかのアニソンを唄っており、
その曲を思い返してみると、印象の強い曲が多いです。

この期に及びAmazonで『走れ正直者』を高く売ろうと、
いくつものボッタクリ価格に腹が立ちますね。



さて、セブンイレブンのおにぎり、『しそたくあん』を、
以前から、とあるメンバーがやたら推してきています。

そのメンバーが言うには最近全然売っていないとのことで、
もう販売中止になったのではと残念がっていました。

よくよく考えるとそのメンバーに歌会で会うたび、
3回くらい連続でしそたくあんを推された気がします。

そのおにぎり、しそのふりかけとたくあんの細切れを
混ぜてあるだけの、味も想像したままのようですが、
それがまた単純ながら美味しいと力説します。

そして、売っていないおにぎりの味が忘れられず、
どうやら自分で再現までしてしまうまでの様子が、
先日はTwitterにまでアップされているのを見ました。

そして先日、私が出張の時に昼食をコンビニで取ろうと、
ふらりとセブンイレブンに立ち寄ったところ、
偶然にもその、しそたくあんのおにぎりが眼前に!

もともと、もう売っていないと刷り込まれていたので、
それを見つけた時はちょっとした衝撃を覚えました。
まだ食べたこともないのに!

迷わず購入し、すぐさまそのメンバーにLINEします。
もちろん、その写真を添えることは忘れません。

すると、間髪入れずに返信が返ってきました。
それがまだ存在するのが嬉しかったのかもしれません。



では、実食!


うん、全く内容通りで、見たまま聞いたままの味ですが、
素朴で飽きがこない感じながら、とても美味しいです。

これはセブンイレブンでおにぎりを買う機会があれば、
割といい確率で選択肢に入れて行きたいと思います。

拍手[2回]

先日、ニュースで私の家の近くのDVD店の店長が、
児童ポルノ所持で逮捕されたと報道されていて、
ふと見ると、本当に見慣れた店が映っていました。

そのお店はに深夜バラエティでも紹介されたDVD屋で、
その店の佇まいがあまりに珍妙で面白そうなので、
1度行きたいと思いながらも、行っていませんでした。

その店長、と自ら『AVソムリエ』と言っていたらしく、
なかなかセンスあって、そういうの大好きです。



さて、先日に役場に用事があったのですがお休みの日。
しかし時間外受付が大丈夫そうだったので行くことに。

今までに時間外の受付に行ったことがなかったので、
建物の中を迷いながらフラフラと歩いていると、
『当直・時間外受付』とあるのを見つけました。

照明はありながらも薄暗い感じの廊下を歩いていくと、
その突き当たりにガラス戸のカウンターがあります。
ガラス戸は閉まっていて、用のある方は呼ぶ感じです。

呼び鈴的なものは何も無いようなので声を掛けようと、
そのガラス戸越しに身を乗り出し奥を覗き込んでみました。

その奥は扉もなく畳敷きの居間が広がっていますが・・・

?!
なんとそこで見てしまった驚きの光景!

20歳そこそこくらいの若い女性が仰向けに寝転んで、
テレビでやっているストレッチを真似ているのです。

テレビの音量が大きいのかこちらに気付く様子もないが、
むしろ気不味くて声が掛けにくくてしょうがありません。

すると仰向けの女性の目が上目遣いにこちらを見ると、
どうやら私に気が付いた様子で起き上がります。

特に恥ずかしがる様子もなくこちらに近づく彼女は、
なかなか可愛いらしく、気さくに声を掛けてきました。

ジャージにTシャツと、いかにも当直という服装の、
なんとなくラフな感じがちょっとグっときちゃいましたね。

しかしこの役場の当直だけなのかも知れませんが、
ゴロゴロしてるのが仕事というは大変羨ましいです。

拍手[1回]

本日の歌会では、ちゅうカラに興味ある参加希望前の人が、
集合場所にメンバーの雰囲気を偵察に来ていました。

その方が素直に「偵察に来ました」と声をかけてきたので、
「今日、お時間あるのなら参加してみては?」と言うと、
その新人さんはそのまま参加していくという、初めての状況。

そんな飛び入りの新人さんは、初めての空間ながら、
しっかり唄って盛り上がって、食事会にも参加して楽しそうで、
主催者をやっていて良かったなと思う、歌会の一幕でした。

主催者はメンバーが楽しむ場所の提供をすることはできますが、
楽しませることはできないので、楽しむ姿は嬉しいですね




さて、最近の私はゲームミュージックにハマっています。

といっても最近のゲームではなく、若かった頃にプレイした、
誰が聞いても懐かしいようなレトロゲームが中心です。

先日、PS4のアーケードゲームアーカイブでなんとなく、
『沙羅曼蛇』というシューティングゲームを購入し、
プレイしていると、そのBGMにグっときちゃったのです。

『沙羅曼蛇』や『グラディウス』あたりのBGMなどは、
その当時のゲーセンに通った人の大好物だと思います。

そのゲーム自体は私が小学校5~6年頃のゲームで、
その頃に聞くのはアニソンよりゲームミュージックばかり。
もうゲームミュージックを貪るように聞いていました。

PCエンジンのCD-ROMはCD自体をプレイヤーで再生すると、
ずばりそのゲームのBGMが再生することができて、
それをカセットテープに録音して何度も聞いていました。

私の中のPCエンジンのゲームミュージックと言えば、
『スーパーダライアス』とやはり『イース1&2』ですよ。

その後も『リッジレーサー』や『バーチャファイター』など、
ゲームミュージックに触れ続けてはいましたが、
やっぱりちゅうカラの活動を始めるとアニソン中心でした。

本当に偶然ダウンロードした沙羅曼蛇のせいで、
今はすっかりゲームミュージックばかり聞いています。

アニソンももちろんいいのですが、ゲームミュージックも、
ゲーム大好きな私を掻き立ててくれるジャンルです。

ちゅうカラのメンバーもゲーマーが多いようですが、
メンバーはどんなゲームミュージックが大好きなのかな?

拍手[5回]

/