ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
​なんと、今年最後の更新となるブログは私なのですね!
今年最後を飾れるってのは、やっぱり嬉しいですね。

今年はとうとう満20周年を迎えることができたことで、
今までになく長期活動の嬉しさを噛み締めました。

活動をお手伝いしてくれるスタッフの協力はもちろん、
何と言っても参加していただけるみなさんのおかげです。

今年もありがとうございました!
来年もよろしくお願いします!



さて、年末ですが私はこの時期があまり好きではりません。
特にクリスマスを終えて正月を迎える数日間ですね。

小さいころはクリスマスプレゼントやお年玉などもあり、
まとまった収入源となるイベント目白押しなので、
そんな頃の年末年始はボーナスステージでした。

しかし今となっては、そんなに楽しいわけではなく、
1年が終わっていく寂しさみたいなものを感じます。

お店などのクリスマスな飾り付けを正月に変えていく、
あの事務的な感じも寂しさを感じさせる一つです。

やはり寂しさを感じさせるのは年齢でしょうか。
以前ブログで時間の感じ方は年齢があがると早くなると、
そんな事を書きましたが、それの延長でしょうか。

今年中にやりたくてやれなかった事を悔いてみたり、
また来年も同じような1年になるのかと思ったりします。

何気に数年前に来年は楽器をやってみようと目標をたて、
新年を迎えましたが、楽器すら買いませんでしたが(笑)

そんな私、驚いてしまうことに会社で昇格しました。
1月1日からということで、ちょっと偉くなりました。
そのおかげでちょっと自分の時間を取りづらくなるので、
ちゅうカラを無事に続けられるか不安でいっぱいな私です。

それでも来年は無事に歌会を続けられること目標に、
また来年もみなさんのお力を借りたいと思いますので、
あらためて来年もちゅうカラをよろしくお願いいたします。

拍手[2回]

​本日はみなさまが楽しまれているクリスマスイブながら、
お構い無しに参加確認の電話をさせていただいております。

楽しい団欒の最中でも、楽しいプレゼント交換の最中でも、
もちろんそれはそれは楽しい一時の方も、
手を止めて、話を止めて、着信の際だけはお時間を融通ください。

その後は、誰にも邪魔されない夜をお楽しみください。





さて、先日は取引先のメーカーからお食事のお誘いがあり、
高級焼肉、スナック、締めのカレーうどん(なぜ?)。

とにかくお酒を飲みながら、美味しい焼肉を頂いて、
スナックではなぜかカラオケ好き上司(55)の命令で、
私にはあまりにも好都合なアニソン縛りのカラオケ。

その上司、好きのみならずかなり歌が上手だったりして、
十八番となるのが『宇宙戦艦ヤマト』なのです。

当然、今時のアニソンを唄ったりすることはないですが、
古き良きアニソン縛りのカラオケがかなり楽しい。

私は上司が『宇宙戦艦ヤマト』を唄うならささきいさおと、
歌い手を次々に被せながらの選曲をしていきます。

しかし、どうやら上司はそれに気がついていないようで、
「お、君もなかなか通だねぇ」程度の認識のようです。
ヒデ夕樹・水木一郎・たいらいさおと被せまくる私。

スナックというアニソンにはアウェイな場所ながら、
他のお客さんもなぜか、アニソン縛りに盛り上がります。

あまりにもベタベタで、歌会ではあまり選曲されない曲が、
これでもかとばかりに展開されていく変なスナック。

他のお客さんまでが、昭和なアニソンを選曲し始めて、
なかなか体験できないアウェイでのホームでした。

ベタベタな歌もたまにはいいなと思いたち、
iPhoneに『テレビまんが主題歌のあゆみ』を入れてみました。

拍手[0回]

​先日の歌会のプレゼント交換会ではこんなものをもらいました。
ラスカルのクリスタルパズルと、それを飾るスタンドです。



私はこういうパズルは大好きなので、早速トライすることに。
やたら難しくてイライラしない感じが、社会人にはちょうどいい。

そんなワケでできあがりました。



いろんな種類があるから、ちょっと買ってみようかと思いました。



さて、私の働いている事務所の横はすぐ山になっており、
夏になるとムカデやら蜂やらが湧いて鬱陶しかったり。

そんな山ですが、休憩などで眺めたりしていると、
やっぱり自然は心が安らいだりするものだったりします。

先日も会社の同僚と休憩がてら、山を眺めていると、
山に入る土手のところで何かが動いたような気がしました。

風に草が揺れているんだろうくらいに思っていましたが、
揺れているというか黒いものが小刻みに上下しています。

しばらく「なんだろな?」くらいに眺めていましたが、
そこで休憩の終わるチャイムが鳴し始めました。

同僚は事務所に入るのですが、ちょっと気になったので、
私は土手に近寄ると草陰に何か生き物がいる感じです。

うずくまってネコっぽい感じに見えたのですが、
ネコにしては一回りかふた回りくらい大きいのです。

飛びかかられても嫌なので、恐る恐る近づいてみると、
なんと、そこにはタヌキがいるではありませんか。

??? いや、これはタヌキなのか???
そういえば、タヌキなんて実物を見たこと無い気がする。
ちょっとタヌキをググってみることにしました。
うん、やっぱりタヌキ、なんと会社にタヌキがでました。



それから、数日の間はたまに土手で見かけたのですが、
また見なくなってしまって、ちょっと寂しかったりします。
とにかく元気にしていればいいなと思いました。



※とくにオチはないです

拍手[1回]

​会社で、ある程度の役職の人を対象にした講習があり、
その講習を受けた人は試験があるとのことで勉強中。

だいたい、この手の試験ってのは計算なんかないので、
ほぼ丸暗記的なものになってしまうのがもどかしい。

もっとも最近なんか歌詞を覚えるのですらハードなのに、
なんの興味もないことなんか覚えられるワケがありません。

新しい事を覚えると、前に覚えたいたことが、
トコロテン式に忘れていってしまうのでもう無理です。

社会人は勉強しなくていいのがメリットだと思うのですが、
みなさんはどう思いますか?



さて、昨日はクリスマスSPと忘年会が行われました。
そして、ちゅうカラ今年最後を締めくくるイベントでした。

今年のちゅうカラのイベントはすべて終了してしまい、
ちょっと寂しい感じがして軽くおセンチな気分です。

今年、2017年でとうとう満20周年を迎えて思う事は、
正直ホッとした感じがしてしていることです。

今まで5年続こうと、10年続こうとあまりなにも思わず、
何となく続いているなという感じでいたのですが、
しかし昨年、20年目に突入してからというものは、
ちょっと息苦しい感じで活動をしていた気がします。

いつも言うように、ちゅうカラを長くやろうと考えた事は、
それこそ20年目になるまではほとんど思いませんでしたが、
それがあと1年で満20周年となると気が張るようになったのです。

20年目と満20周年のこの1年の差は相当大きいと思います。
何とかこの1年を乗り切りたいという思いで一杯で、
参加確認の電話も本当に参加の返事が貰えるか不安。
もう、当たり前にやっている歌会は当たり前でないのです。

今、やっと今年最後のイベントが終わったことで、
今年が終わってしまう事にはおセンチだったりしますが、
満20周年の年を無事に終えたことにホッとしました。

そして、最近では新しいスタッフも増えましたし、
まだまだ私を応援してくださる人がいるようです。
何よりも参加してくださるメンバーがいます。

まだまだ続けていけそうな気がしますので、
来年も例年同様に1月3日の歌会から頑張っていきます!

また来年も『中部からの歌声』をよろしくお願いします!

拍手[2回]

​なんと『長島スパーランド』の看板絶叫マシンでもある、
『ホワイトサイクロン』が1月に営業終了となるようです。

以前、老朽化かに伴い近日取り壊される話がありましたが、
それから特に普通に営業していたのでガセかと思いました。
木製コースターですから老朽化も仕方ないですよね。

最後にもう一度乗りに行きたいとは思うのですが、
きっと平日でも混むのではないかな?と思います。



さて、先週日曜はまたも新日本プロレスを観戦に行きました。

小学校低学年に見た初代タイガーマスクの時代から見ていて、
今も続いているエンターテイメントに感心します。

プロレスを観戦した時に楽しみなのはレスラーの入場。
レスラーは試合するリングに自らの入場曲とともに、
オリジナルのパフォーマンスで入場してきます。

今回気になったのは、その入場時のスクリーンの映像。
ここにも入場時にはレスラーのオリジナル映像が流れますが、
ここで、棚橋弘至というレスラーの映像に驚きます。

棚橋弘至とはプロレスがPRIDEやK1などに人気を取られ、
プロレス人気低迷時にそれを取り戻そうと必死の営業で、
今また人気を取り戻す事に貢献した苦労人です。
昔、彼女に刺されて死にかけた事でも有名?だったり。

その棚橋弘至が格闘ゲーム『鉄拳』のキャラになって、
彼の投げ技や打撃が目まぐるしく流れているのです。

どうやら今回の新日本プロレスの興行は鉄拳とコラボらしく、
それで今回の映像がプロモーションされているようでした。



もともとプロレスラーとしては華やかな棚橋弘至ですが、
その映像の中ではもっとキラキラとしてカッコ良く
むしろ、このキャラが鉄拳のキャラとしているのなら、
ちょっと鉄拳をやってみたいとまで思いました。
(調べてみればやっぱりプレイキャラにはいませんでした)

しかしながら、相変わらず入場ってのは華があります。
スーパーアニカラ魂のKING OF SINGERSなどで、
歌う前にこんな感じに入場とかできたら楽しいですよね。
(ちょっと自意識過剰ですけどね。)

拍手[2回]

​スマートフォン向けに『どうぶつの森』が出ました。

私、実は今までどのシリーズも触ったことがありませんが、
今回はちょっとだけ触ろうと思い、早速インストール。

しかし、プレイしてる最中なんかいちいちモヤッとするのは、
ゲットした昆虫を腹側から掴んでアピールする事。

腹側から昆虫を持つとか、ありえんだろと思うが、
そんなことを気にしているのは私だけだろうな。



さて、地味に続けてきた『スプラトゥーン2』ですが、
センスがないのか、腕がないのか、全然勝てず苦しい。
おそらくどちらも無いのでしょう(泣)

前作は触りしかやっていないのでというのはあっても、
さすがに発売から数ヶ月経った今、この状況では、
もうそれを理由にした言い逃れはできないでしょう。

しかし思うのは、やはり対人というのは面白いです。
そんなゲームは探せばいくらでもあるのですけども。

ちょっと若い人は置いてきぼりになると思いますが、
私はちゅうカラを始めるまではホントにゲームばかりでした。

高校から大学までは、外では格闘ゲームをやり倒し、
家ではやはりプロレスゲームばかりといった感じです。

格闘ゲームと言えば、『ストリートファイター2』や、
『バーチャファイター2』の全盛を経験しよい時代でした。
もちろんホームとなるゲーセンに入り浸りです。

プロレスゲームといえば『ファイヤープロレスリング』。
ゲーセンから帰ってからは、深夜に家でこのゲームに熱中。
続編も多く出ましたが、割と旧作で遊んでいました。

これらのゲームはどちらにしても対戦がメインです。
勝てば嬉しいし、負ければ悔しいと単純に面白い。
相手のレベルが自分と近ければなおさらでよね。

ちゅうカラの活動をするようになってからというもの、
対戦の入り口にすら入ることが少なくなってしまい、
なかなか対戦するということがなくなってきました。

それゆえに、相手のレベルは基本的に自分より上となり、
対戦ゲームにのめり込むことはできなくなりましたね。

最近は人と顔を合わせて対戦することがなくなりました。
オンライン全盛はこのまましばらく続くのでしよう。

やっぱり楽しい対人のゲームを顔を見ながらのプレイを、
ちょっと歌会かもしくはスポットイベントなどで企画して、
本格的にやってみたいなと最近は強く思っています。

もし実現したら、メンバーのみなさんがハマったゲームを
持ち寄って思い出話しながら遊んでみたいと思います。

拍手[1回]

​iPhoneの充電ケーブルに触れた女性が感電死したという、
なかなかにショッキングなニュースがありました。
私もiPhoneを使う身としては身近な感じだったりします。

どうやらケーブルを覆う皮膜が破れてしまっており、
そこに寝ていた女性が触れてしまって感電したとのこと。

私も昔、コンセントに刺さったままになっていた、
ファミコンのアダプターの差込口をなぜか口に入れてしまい、
ビリビリと軽く感電してしまった覚えがあります。
なんで口に入れたんだろ?



さて、昨年末イベント『スーパーアニカラ魂』を開催し、
無事に年が明けたらと思ったら、今年もあと僅かです。

あっと言う間に今年も一年が終わろうとしています。
(おそらくこの類の話は今後のブログでもでてきます)

一年がこんなにあっと言う間に過ぎてしまうのか。
小学生や中学生の時は一年が相当長く感じたものです。

ではなぜ一年の長さの感じ方が違うのでしょうか。
実はこれにはなんと名前の付いた法則があるらしく、
『ジャネーの法則』と心理学で解明されているらしい。

50歳の人にとって1年のは人生の50分の1であるが、
5歳の人間にとっては人生の5分の1にも相当するとのこと。
そう言われてみればそうなのかも知れないとも思う。

そしてそう感じるのは、小さな頃は毎日が新鮮で、
いつも初めて見たり体験したりの連続だったりしますが、
歳を取ると、そんな新鮮さが少なくなるからだそうです。

それならば少しでも多くの新しい体験などを求めれば、
一年も長く感じるようになるのかも知れません。

以前、このブログで「私は生き急いでいる」と書きました。
何を言っているのかは分からないと思いますが、
平たく言えば、いろいろな事を経験してみたいという事。

少なくとも、こんな長く続けることが出来ているちゅうカラで、
主催者をやっていられる事は幸せだと思います。

また、このちゅうカラに参加しようと決断したメンバーも、
他の人には出来ない経験をしているのかもしれません。

拍手[1回]

/