ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
​プロレスはすべての試合をガチで勝負しているし、
ミッキーマウスの中に人なんかは入っていないし、
アイドルに恋人や旦那なんて当然いませんよね?

もちろん、そんな事は普通信じてはいませんし、
分かった上であえて騙されてそれらを楽しんでいます。

ですから主催する側、演じる側も本気で騙すことで、
気持ちよく騙される人がいる事を分かってほしいです。
センテンススプリングに見つからないようにやれって事です。



さて、約1年前に会社の同僚に勧められ一緒に食べに行き、
それから、度々行くようになったラーメン屋があります。

値段は高いがいい味のどこぞのソースのようなここは、
私には結構好みの味でしたので、不意に食べたくなります。

その初めて行った時から5〜6回くらいになるでしょうか。
最近ちょっと「アレ?」と思うようになったのです。
毎回、ここで食べた後にいつも同じ苦しみがあるのです。

このラーメン屋に行こうと同僚が勧めてきた時に、
「ここ美味しいけど絶対下るんだよね」と言っていました。
さすがに話、盛りすぎだろと当時はツッ込みました。

その時は冗談としか思っていなかったことなのですが、
実は私がこの店に足を運ぶようになってからというもの、
毎回下ってるやん!ということに気付いてしまいました。

単純にちょっと緩いくらいなら気付かなかったでしょうが、
このラーメン後のトイレはマジでお尻が熱いレベルで、
ちょっと印象に残る経験なので気付いたんでしょうね。

そのラーメンは実際、ちょっと辛めな方向性なので、
お尻が熱いのもわからなくもない感じだったりします。

この事を母に話すと「消化が悪いんじゃないの?」と言われ、
そのラーメンは私のお腹にはあっていないのかもしれません。
ついでにいうと、会社の同僚にもあっていないのでしょう。

こんなわかりやすいレベルでリスクを背負うラーメンですが、
やっぱりまた行きたくなるので、困ったものです。




拍手[0回]

昨日は歯医者の定期検診に行ってきました。
いつも歯医者の行く前に予約の時間を考えて思う事。

予約の時間より早く行ったら早く診てもらえる事もあるし、さ
予約時間にキッチリ行っても、結構待たさかれる事もある。

さあ今回の歯医者はどうしたものなぁ、と毎回悩むが、
よし今日はちょっと早くいってみようと、20分前入り。

はい、今回は予約時間キッチリのスタートでした。



さて、ニンテンドースイッチ版の『ゼルダの伝説』。
素晴らしく良ゲーとの事で、世界的に大絶賛のようです。

そんな『ゼルダの伝説』を私はそんなに触れておらず、
実は第1作目のファミコンとスーパーファミコンのみです。

スイッチ版で何作目?ってくらい続いてるシリーズですが、
間をすっ飛ばしてのプレイもモヤッとするので、
今ここで3DSのアーカイブで1作目をプレイし始めました。

30年近く前のゲームながら、大変よくできており、
また当時に触れた私としてはとても懐かしく感じます。

ですが、今となっては面倒くさいギミックも多く、
今のご時世でこれって辛いなと思うことに直面しました。

フィールドやダンジョンに爆弾をしかけて爆破すると、
隠し部屋や通路などを発見することができるのですが、
もうこれがホントに面倒くさくて大変なのです。

それらの隠しポイントは見た目では全然わからず、
「この辺?」という感じで爆弾をしかけていく作業です。

しかも広いフィールドで、該当しそうな場所はとても多く、
そこを数キャラズレては爆弾をしかけの繰り返しを迫ります。

モンハンのようにここ掘ろうね〜採掘しようね〜と、
そんなわかりやすい見た目はまったくありません。

その爆弾も入手数は少ないし持てる数も少ないので、
爆弾が無くなったらまた集めに奔走するハメになります。

この作業には隠しポイントの発見の喜びがありますが、
今となっては面倒くさ過ぎてちょっと辛く感じます。

当時の自分とは時間の使い方の変わった今の自分と
そしてゲームへの取り組み方が変わった自分の差が、
同じ作業をしても辛くなってしまったのだろうと思います。

でも、それはそれとして、リンク(プレイヤーキャラ)を、
何度も死なせてしまう腕のショボさに凹んでいる私です。


拍手[1回]

​絶賛、『E3』の真っ只中で、ワクワクが止まらない私です。

E3とは、アメリカ開催の『Electronic Entertainment Expo』の略で、
(エレクトロニック エンターテイメント エキスポ)
世界最大のコンピューターゲームの展示は発表の場です。

ゲーム好きの私としては、今後のゲームタイトルの発表はもちろん、
今回はソニーの次世代携帯ゲーム機の発表が噂され、
楽しみ過ぎて、ゲームニュースサイトを逐一チェックしています。

一時はソニーはもう携帯機はやらないとの情報もありましたが、
『PSP』や『PSVita』の後継機はやはりあってほしいですね。




さて、音楽の著作を管理する日本音楽著作権協会『JASRAC』が、
著作権料をボッたくろうとするニュースが続いています。
(あえてボッたくるという表現を使っています)

ライブ会場での演奏から、音楽教室でのレッスンなど、
かなり極端なレベルで著作権利用と解釈をすることで、
あの手この手でなんとか利用料を徴収しようとしています。

街で楽曲が耳に入ってこなくなったのを感じるのも、
おそらくこのあたりが関係しているのではと思います。

昔はどんな店頭でもちょっとしたJ-POPが流れていましたが、
今では当たり障りのないBGM程度な気がします。

かといってその徴収されたお金がその著作権者に対し、
しっかりと払われているかというとそうでもないようです。

自分の著作権所有の曲をどれだけ利用していても、
一向にお金はJASRACから支払われることもなく、
その徴収したお金はどう管理されているのでしょうか?

そもそも、CDの売り上げやカラオケでの配信など、
それなりに数値として定量的に管理できるものならば、
著作権に対して徴収されるものも納得がいきますが、
やはり、曖昧なものに対しての徴収は腑に落ちません。

音楽のコピーなどネットでの無断配信などにおいては、
やはり著作権は守られてしかるべきであると思いますが、
極端な解釈で楽曲を利用していると判断することで、
すぐにお金と結びつけるのは、業界の衰退しか生みません。

なんとなく街で耳に入った曲が思いの他気に入り、
それがCDの購入動機となることもあるでしょうし、
今ならすぐにネットで楽曲購入することもできます。

あまりに極端な著作権を振りかざし徴収することで、
それを恐れて今のような街で音楽を聞かないようでは、
それこそ世間から音楽と触れる接点が無くなってしまい、
音楽離れが加速してしまうのではないでしょうか。

私たちのようなアニメを趣味とするような人たちは、
その先にあるアニソンにも自発的に触れていきますし、
結果、アニソンというジャンルはほぼ衰退していません。

しかし今の絶望的なJ-POPなどの衰退っぷりを見るに、
おそらくこのあたりが理由にもあるような気がします。
1990年〜2000年頃のCDを出せば売れるような、
誰もが知る楽曲のあった時代が懐かしがられるのも、
今のこの音楽業界の寂しい環境を見てのことでしょう。

私の大好きなアニソン『絶唱カラオケマン』の歌詞には、
JASRACの名の下に著作権を守ろうと言う件がありますが、
今では心から楽しくこの歌を聴き、唄うことができません。

拍手[0回]

会社の小さな手洗い場にある石鹸が突如変わりました。

今まではいかにも工場用といった無骨なものだったのに、
なんと冷凍みかんの入っているような赤いネットの中に、
レモン石鹸をいれて蛇口にぶら下げる小学校的なものです。

しかし使っていると、これはこれで結構悪くなくて、
ネットのザラザラで、汚れがよく落ちるじゃないですか。



昔は当たり前に使っていたものですが、結構実質本位で、
ネットinレモン石鹸の無駄の無い理想的な構造に、
この歳になって今さらながらに感心しちゃった次第です。



さて、ちゅうカラの活動ではいろいろな消耗品があります。

みなさんが選曲時に記入してもらっているカードや、
それに記入するボールペンや、プリンタインクなど様々。

それらの消耗品を購入するのにやはり最も多く使うのは、
KING OF ネット通販である『Amazon』様だったりします。

定番の消耗品は定期的に購入をしているので、
購入時は、今までの購入履歴を遡って購入をしています。
そうすると間違えて買ってしまうミスも防ぐこともできます。

最近は継続して使うものは多量にまとめて購入するので、
前回買った時の履歴を遡るとかなり昔まで遡ることがあります。
それこそ2~3年前のレベルだったりすることもあります。

先日、クジなどに使う名刺用紙が無くなってしまったため、
久しぶりにAmazonでの購入に迫られることになりました。

名刺用紙こそあまりにも多くの種類があるので、
間違いが無いように今回も履歴からの購入を試みるのですが、
その名刺用紙の購入したのが、全くいつ頃か分かりません。

前回購入時は1シートに10枚分の名刺がついたものを、
500シートでの箱買いをしており、それが無くなるまでに数年。
いつ買ったか分からず、順番に購入履歴を遡ります。

どこまでも遡っているうちに、今までに購入した商品が見え、
その内容に自分の身近にあった趣味や、ちゅうカラなど、
ちょっとした歴史がその中にあるじゃないですか。

ひとつひとうの購入履歴を見る度にその当時が思い出され、
その時々で買ったゲームやDVDなどが出てくると、
少しノスタルジックな気持ちになってしまったりしますね。

Amazonなどのネット通販を多く使われるようでしたら、
購入履歴を遡ってみると面白いと思います。

拍手[2回]

長年親しまれてきた、それにつけてもなおやつ『カール』が、
販売を縮小することが大体的なニュースになりました。

とりあえず生産中止ということではないですが、
西日本のみでの販売で、愛知県はその圏外となります。

生産中止ではないのに、それでもここまでのニュースとは、
それだけ国民に根付いた有名なお菓子だったと思います。

でも無くなって惜しむなら最初から買い支えろとも思います。
当たり前にあると思って安心していると無くなってしまいます。

さあ、愛知県民のみなさん、早くレゴランドに行きましょう!



さて、先日母が携帯の機種変更をしたいと言い出しました。

以前、かなり長期に渡りガラケーを使っているので、
そろそろスマホにでも機種変したらと促した時には、
替えなくても今のままでも困っていないと言っていたので、
どんな心変わりをしたのかと、ちょっとビックリしました。

理由を尋ねると、もうそこそこ高齢になったので、
ここで替えて慣れておかないと今後困りそうとのこと。

そして初めてのスマホだし、機種変更も久しぶりなので、
近日中にショップまで付き合って欲しいと頼まれました。

私もせっかく母がノリ気になっているようなので、
それならすぐにと、夜勤明けで開店に合わせてショップへ。

ショップはあいかわらず無駄なプラン盛り盛りの、
頭の悪いボッタクリ見積もり提示してきましたが、
私が「これはいらん」「あれはいらん」と言いながら、
納得できる内容にプランを絞り倒して、いざ機種変更へ。

私がiPhoneなのと、直感的に操作できるという事で、
母に選んだスマホはやはりiPhoneにしてみました。

ガラケーしか見たことがない母は手に取ったiPhoneをみて、
まるで宝石のようと、ちょっと満足気な感じです。

家に帰って、まずは簡単なセッティングを私が済ませ、
初めてのスマホということで、レクチャーを開始すると、
私が想像していなかったところからいきなりつまづきます。

まず、選択することの『タップ(触る)』という操作ができません。
どうしても長押しし過ぎたり、反応しなかったりなのです。

何度もやってみせてそれができるようになるまで繰り返し。
その後は触ったまま指を動かすスクロールを教えます。

そうか、スマホを触ったことがない人はここまでなのかと、
軽くショックを受けてしまった私だったりします。
ですが、会社で仕事を新人に教える時にも言えることで、
基本的な事はわかるだろうと思わないほうがいいと思いました。

その後、電話・メールのガラケーでやっていたことは教えて、
今後のレクチャーはLINEということで本日は終了。
これだけでも長いレクチャーでその日の夜勤は大変眠かったです。

拍手[2回]

​ハイルさんが発売同時にニンテンドースイッチを購入し、
バリバリに周辺機器含めて、イジリ倒しているのに対し、
これまた発売直後に購入したのに例により積んでいた私。

この度やっとそのパッケージを開封してみようと、、
面倒くさいフィルム張りなどからセッティングを開始。

ハイルさんが持ってきたのを触ってばかりでしたが、
実際に触ってみると、PSVitaの上位版みたいな印象。

この本体で本気でモンハンを作ってくらるなら大歓迎です!
が、まずは大本命の『スプラトゥーン2』を楽しみましょう!



さて、4月をもって社内にて部署異動があった私。

その職場ではみなさんが基本的に働いている時間で、
お休みをいただく事が結構多かったりするので、
一人で街をぶらりとするような時間が多くなってきました。

食事の時に一人だとコンビニなどで済ませることが多く、
なかなか一人で店に入るような生活をしていませんでしたが、
ここにきて、一人で店に入るような事が増えてきました。

ちょっとご飯時にラーメン屋の前を通るとフラリ立ち寄り、
そこで食事をしてみるというような、気まぐれな感じ。

『孤独のグルメ』のように、その食事にいちいち感動し、
脳内でひたすらコメントを言うようなことは無く、
淡々とスマホをいじりながら、食べているだけですけどね。

それでも美味しい事は感じて、内心ニヤニヤしています。
美味しい物を食べている時はやっぱり幸せですよね。

メンバーのTwitterなどを見ていると、結構多くの人が、
一人気になるお店で舌鼓を打つ楽しさを語っていますが、
最近だんだんその気持ちも解るような気がしてきました。

ところで、Twitterなどでメシテロなどをされている方。
本当に美味しそうな料理の写真がアップされていると、
どこのお店なのか気になって行ってみたくなりますので、
せっかくだから店名も同時に教えて頂けると嬉しいですね。

拍手[1回]

コンビニで暇つぶし的に、普段は滅多に手に取らない雑誌、
『東海ウォーカー』を立ち読みしていると、驚きの記事が!

なんとメンバー経営の居酒屋が『鶏火庵 太陽』さんが、
かなり大きめのスペースで紹介されているではありませんか!
ちょっと嬉しかったですね。



これからメンバーのオフのホームとして頑張って欲しいです。
そして今年の忘年会もこのお店でできたらと思います。



さて、ハイルさんが歌会に体験会と称して持ち込んでいる、
『ニンテンドースイッチ』が大変盛り上がっております。
多人数同時プレイの様子はそれこそ任天堂の望む姿です。

先日の歌会でその様子を傍らで見ていた私とにっしーさん。
そこでにっしーさんが「PlayStation4も負けてないですよ」と、
友人が『PSVR』でのあるコンテンツでの体験を話してくれた。

その友人がPSVRの体験をTwitterで呟いていたのを、
いくつか読ませてもらったのだが、これが大絶賛!
PSVRを持っている私ながら、その体験を羨ましく思った。

その話をしている最中に、その話に加わった雅さんも、
一連のPSVRの体験を聞き、居ても立ってもいられない様子。
今すぐに買いに行きたい衝動にまで駆られていたようです。

そもそも、歌会でもPSVRの体験会をやったりしているのに、
VRでこの使い方を体験するという発想が出なかった私達。

このVRの話を歌会後の食事会でも、引っ張って話していると、
そこにMASAさんも食い付いてきて、やはり購入意欲。

そこで私の斜め前に座っていた中村さんをチラリと見ると、
なんとニヤニヤしながら私達の話を聞いていました。
そう言えば、中村さんはPSVRを持っているではないですか。

すかさず中村さんに、この体験をしたことがあるかと聞くと、
なんとすでにコンテンツが配信時に体験済みとのこと!!
食事会が始まって30分以上過ぎようというくらいなのに、
その事を一言も言うことなく、聞いていたのです。

体験を直に聞けるという事で、すぐに中村さんに食い付き、
その体験を聞くと、やはり時代はここまで来たかという印象。

これでビデオデッキが普及し、これでパソコンが普及し、
やはりこのコンテンツは人類を導くと断言できます。

かつてお笑い芸人長井秀和もこう言っていました。

「エロがあれば宇宙にも行ける!!」

VRでゲームなんかやっている場合じゃありません。
まずこれで体験しなければいけないのは、VR対応AVです!
(AV=オーディオビジュアルじゃありません)



ホントに買いに行きました。

拍手[1回]

/