ちゅうカラぶろぐ


[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
こういうのもちょっとした役得みたいなものなのですが、先日ある試飲会で1本30,000円近いウィスキーが飲める機会に恵まれました。
グラスから漂う香りはそれほど強くはなく「ふぅん…」と思う程度だったのですが、口に含んだ瞬間ビターチョコとカラメルのようなフレーバーが爆発する濃厚で芳醇な味わいに一瞬仕事を忘れそうになるほどでした。しかも余韻がまたとんでもなく強く10分近く持続していたように思います。
値段が全てではないんですが、こういうのを味わうとやっぱり高いものは違うなと思わされてしまいます。

こんばんは、小島@監督です。
こういう業者向けの試飲会は知らない味にたくさん出会えるので行ってみると楽しいのです。決してタダ酒飲めてハイになれるからってワケではありませんぞ~(笑)

さて、一昨日の土曜日「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」福岡公演Day1のライブビューイングを観に行ってきました。
5月からスタートし宮城公演を皮切りに全国7都市14公演で開催されるシンデレラガールズ初の大規模全国ツアーもいよいよ6都市目。定番の人気曲はむしろほどほどに、毎回2~3名のデレマス初出演のキャストが登場するほかCDやゲーム中でのユニットとは違うメンバーでのパフォーマンスを積極的に取り入れるなど新鮮で多彩なアンサンブルが楽しい今ツアー、今回の福岡公演もその魅力が満載でした。

会場毎に違う出演者が座長を務める今ツアー、福岡公演では三村かな子役大坪由佳さんがセンターを担っていました。大坪由佳さん、頭が良いというか機転が利いて切り返しの巧い方で、間奏中にアドリブで台詞が入るような曲でマイクトラブルが起きてその台詞の大半を拾えなかった後のMCでさり気なくもう一度その演者に台詞を言ってもらうように促してフォローする手腕はさすがの一言。ステージ通しての安定感が抜群でした。

セットリストで印象的だったのは先ずは第2ブロックで連続で披露された「桜の頃」と「祈りの花」。どちらも和楽のテイストが織り込まれた、スローバラードとも一味違う穏やかなテンポのナンバー。「桜の頃」ではもちろん桜、「祈りの花」では紅梅をイメージしたスクリーン映像や舞楽や神楽をモチーフにした振り付けなども綺麗に決まっていて惚れ惚れするようでした。

更に最終ブロックでの「Frozen Tears」「Memories」「Neo Beautiful Pain」の3曲。「Frozen Tears」は、デレマスでの我が担当北条加蓮役渕上舞さんの2番目のソロ曲で、病弱であったがために未来に希望が持てず刹那的になっていた自分が「あなた」に逢えたことでいつの間にか明日への希望を抱けるようになっていた、という内容の曲で、加蓮の最初のソロ曲である「薄荷」と合わせると加蓮が更に一歩未来に目を向けられるようになっている物語性の強さもポイントです。「Neo Beautiful Pain」は神谷奈緒役松井恵理子さんの2番目のソロ曲。AメロBメロサビとそれぞれのパートでテンポが変わるユーロトランスナンバーで、トリッキーで難易度が高い曲を松井恵理子さんがどこまでも熱く歌い上げてくれます。
この2曲を繋ぐ「Memories」は恐らく今ツアー最大級の隠し玉。本来は新田美波役洲崎綾さんとアナスタシア役上坂すみれさんのデュオ曲で、シンデレラガールズのTVシリーズにおいて重要な場面で使われたこともあって人気の高いナンバー。それがまさか渕上舞&松井恵理子のデュオで聴ける日が来ようとは。驚きと歓喜でマジ涙でした。きっと俯瞰で見たらドン引きできるレベルで落涙しておりました(笑)

そしてある意味でこのステージの白眉と言えたのが中盤でのMC企画「プロデューサー好いとうよ選手権」、出演者たち(初日2日目で半数ずつ)がカメラに向かって各々のキャラクターの声でアドリブで自由に前後を肉付けして「プロデューサー、好いとうよ」と言って誰が一番熱いか決める、と言う企画で、早い話皆さんの好きなキャラOR声優が面と向かって「○○さん好いとうよ」と言ってくれる様が6,7人続くと想像してくださればもうそれでOKです。「ぷぎゃー!」とか叫びそうになる、いや叫べるレベルで熱い企画でした。実際やってみたら想像以上にハマったのは出演者たちも同じだったようで、「鼻血が!鼻血が出そう!」とか「早く!もっとちょうだい!身が持たない!」など異様なテンションのシャウトが客席ではなくステージ上から飛び出す始末。滅茶苦茶面白かったので映像化されたら何度でも観たい。ホント観たい。お願いします!

今回結構際どいタイミングの日程だったんですが、5thツアーで加蓮が出演するのはココだけだからと強引にやりくりして観に行きました。「観る」という選択をした自分は何も間違ってなかったと確信する素晴らしいステージでした。この余韻で今年下半期頑張れそうです(笑)






拍手[0回]

​あんまり話す機会もないのであまり知られていませんが、
私はなにげに結構『プロレス』が大好きだったりします。

そんな私は実は1度も会場に足を運んだことがなかったのですが、
昨日、とうとう新日本プロレスの興行に行ってみました。

初めてだったので入場や開演の時に結構緊張しましたが、
終わってみれば大変楽しむことができ、大満足でした!

今までテレビの向こう側だったものが目の前に展開され、
繰り出される大技の数々は生でこそ伝わると思いました。
単純に行って良かったと思い、また行こうと誓いました。

もしプロレスが好きなメンバーの方、次回は一緒にどうですか?



さて、以前ブログでMacが欲しいと書きました。

その後、それを見たみちさんにブログでMacの良さを語られ、
また他のメンバーにも一回使ってみてよと煽られた結果・・


Mac book Pro購入!





拍手[2回]

ラーメン確変続行中です

先週ブログに書いたラーメン屋
麵屋はやぶさ

確変は今週も続行中で、2回も行ってしまいました。


1杯目はオマール白湯ラーメン
海老の味が濃厚で洋風のスープが今までのラーメンとは違う感じで、もうバリウマ。
海老の濃さは表面だけだが、そのゆっくり表面をくぐらせた麺と、混ぜ合わせてスープとしっかり絡んだ麺、両方楽しめる不思議
海老好きは一度食べておいたほうがいい


2杯目は極 大潮まぜそば
「極」とつくだけあってしっかり濃厚なあじ、塩、しょうゆ、ダシ、スープ、でもそれが嫌味じゃないところで調和している。台湾まぜそばばっかり食べてて久しく忘れていました、この感覚。
台湾のような辛味だけでなく優しい味を求めるならば、おススメだ

こんばんは。
ラーメン食った分、運動をしなくてはいけないと思い少し運動を始めたショーグンです。

最近また海外クラウドファウンディングに手を出してます。
今回はGPDという会社のパソコンが届きました。



小さいですよ。
小さいけど、HD画像も見られるし、メモリも十分。
SNSマシンとしての活用を考えていましたが、これはちょうどいいです。
キーピッチと、打鍵感が確保されているので長文テキストマシンとしてもかなり優秀ですね。
今は出先でのメール返信マシンとして活用始めました。

これ以外にも、現在の海外クラウドファウンディングへの投資は3本してまして、国内を合わせると10本くらい投資してます。
プロジェクトの進捗の報告は定期的に来ますし(英語ですが)、クレジットカードでの支払いならばクレジットの支払いデータで最終取り消しも効きますし、このあたりの自由さは海外クラウドファウンディングほうがいいかもしれませんね。日本のクラウドファウンディングだとガチガチっで逃げられないのとか、個人の楽しみでやっているようなクラウドファウンディングおおいですからね。

有名クラウドファウンディングサイトとか見ていると、時間がすっとんっでいくので、投資しないまでもちょっと新しい技術や社会の仕組みに興味があると面白いと思いますよー

拍手[0回]

世間はニンテンドースイッチが欲しい!という声が多いですが、
歌会前日、29日は国民的RPG「ドラゴンクエスト11」が発売です(゚Д゚)ノ

今回はPS4と3DSの2機種での発売です。

PS4版は、本体スペックを生かしての、高画質なグラフィックで、迫力の戦闘や美麗なフィールドを体験できます。

3DS版は、グラフィックはPS4版に勝てないのは当然なんですが、3D表現と懐かしのドット表現の二つのモードで遊ぶ事ができます。
もちろん携帯機という事で、いつでもどこでも遊べるという利点もありますね。

PS4版も外出先でも遊べない事はないんですが、PSVなど他の機器を使ったリモートプレイとなるので、PS4のスタンバイという下準備や外出先でのネット環境など、クリアする条件がいくつかあるので、意外と大変です。
なんで、携帯性は3DSと同等とはちと言い難い。


人気としては、最初はPS4版のほうが多かったのですが、3DS版が巻き返してきてます。

理由はいろいろあるとは思いますが、懐かしのシリーズマップで遊べるという話題以降、急激に人気が上がった気がしますね。
あと価格も安いですしね。

どちらかは、2つの内容を見て、好きなほうにしたら良いかと思います(゚Д゚)ノ
個人的には、3DS版かなぁ。


さて、同じゲームの話で、話題のニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」。私もヘタクソながら遊んでいます。
けっこう視点が目まぐるしく変わるので、慣れてない人や3D酔いしやすい人は大変ですが、「インクで塗った範囲が広いほうが勝利」という、相手を倒すだけが勝ちではないという点は、殺伐としないので、楽しいですね。立ち回りも人によって変わりますしね。

自分は相手を倒すより、チームの勝利を優先する立ち回り方をしてるつもりです。
(ヘタにやられると味方が不利になるので)

攻撃方法は、射程や連射速度に違いがある水鉄砲が多いんですが、ローラーやバケツ、筆といった「塗る」ならではの多彩な武器があります。性能にもよるとは思いますが、当然、人によって得手不得手があるでしょうね。

その多彩な武器も基本モードだと、何回も対戦しないと使えるようにならないんですが、1人用のヒーローモードなら、なが~いチュートリアル(操作説明)みたいなものなので、攻撃方法だけでなく、特性や動き方など、いろいろと学べます。
さっき述べた武器の種類も1通り使えるようになりますしね(*゚▽゚)ノ

まぁ武器が決まるまでは、使う→変えるの繰り返しになるでしょう。
ヒーローモードと対戦は、また違いますしね。


さて、どうやら歌会の日は、みちさん主催でロビーにスプラトゥーン2の対戦ロビーができるようなので、興味のある方は1度やってみてはいかがでしょうか?

ちなみにスプラトゥーン2は、完全1人用ですので、本体1台で1人しか遊べません。
みんなで遊ぶなら、人数分の本体とソフトがいるので、お手軽ではありませんが、ちゅうから内にプレイヤーは多そうな気はします。

あとプロジェクターも使うらしいですが、それ私の?(・_・;
まぁ持ち込みはしますけどね。


あ。私、ゲーム屋店員ですが、スイッチ本体など品薄商品を希望者にご提供するほど、簡単に融通が効くわけではないので、そちらは予めご了承下さいm(_ _)m


話は変わって、次の歌会は浴衣&甚平祭りです。
同日は、いろんなイベントがあり、人数の都合から着替え部屋は用意できなさそうなので、参加される方は着てこられる事を推奨致します。
まぁ男性ならトイレで、ささっとできそうな気もしますけどね(・_・;

さっき言ったイベントの影響がどれだけあるかわかりませんが、参加される方はしっかり歌会楽しんで下さいね(*゚▽゚)ノ

では、日曜にお会いしましょう!

拍手[2回]

ちゅうからのみなさん、おはようございます!
水曜日担当レイウォールです。

最近、お伊勢参りというやつに行ってきました。

ということで写真でも。






なんか久しぶりにライブ等のイベントに一切からまない旅行に行ってきましたが、ゆったりしていていいものですね。

またしばらくしたらどこか行ってこようかなぁ。

さて、今回ご紹介する曲は"青空エール"です。
この曲は、実はアニメアイドルマスターシンデレラガールズの企画として"リアル346PRO"というものが実施されていた時の曲です。どういう企画かというとシンデレラガールズのアイドル達に実際にPR等のお仕事を依頼したい人たちからのお仕事を受けるというものでした。昔も765で同じことをやっている由緒正しい企画です。そんなリアル346PROにJリーグよりサガン鳥栖が依頼してくれたのです。ということで、サガン鳥栖の応援ソングという位置づけです。ところで、ちょうどパ・リーグがアイマスコラボキャンペーンをやっているような気がするけど・・・。スポーツ好きな人は同時に楽しむいいチャンスではないでしょうか?

おわり。

拍手[0回]

突然ですが皆さん、Splatoon2やってますか?



そう。ついに発売しましたね、Splatoon2!!
前作Splatoonの魅力はいつぞやの記事で紹介しましたが、今作は予想以上に出来がいいように感じます。
特に、友人同士で協力してCPUと戦うサーモンランがすっっごく楽しいです!
スイッチの携帯モードとも凄くマッチしていて。任天堂もなかなかやるなぁ…と言った感じです。




そうそう。携帯モードと言えば。


次回7/30の歌会で、みんなでスイッチを持ち寄ってオフラインでSplatoon2をプレイする会を企画しております!
場所は8階ロビーにて。余裕があればプロジェクターに観戦モードの映像を移す予定です!

バリバリプレイしている方も、今作から始めたばかりの初心者も、スイッチ難民の方も、試しにちょっとやってみたいという方も、そして冷やかしの方も。
どうぞお立ち寄り下さいませ!

あ、ちなみにスイッチとSplatoon2を持っている方は持参して頂けると非常に助かります
今のところこっち側で用意出来そうなスイッチの台数が足りないかもしれないんですよね…





余談ですが、私のフレンドコードはこちら。
Splatoon2やってる方はぜひ、フレンド登録しましょう\(^o^)/
フレンド申請したらコメント貰えると、分かりやすくてありがたいです!

拍手[2回]

先々月に加入したバンダイチャンネルでここ最近観てるのは「銀河漂流バイファム」と「アリスと蔵六」。
「銀河漂流バイファム」は1983年に放送されていたロボットアニメで、異星人の襲撃から避難した13人の少年少女たちが練習艦ジェイナスで地球へと目指す物語。4歳から15歳までの子供たちの冒険と成長が等身大で描かれているのが印象的な物語です。OP前にアバンタイトルがあったり歌詞が全編英語だったり当時としては割と先鋭的だったのでは、と思われる手法が取り入れられています。当時何話かは観ているはずなのですが、ほとんど記憶に残っていないようで結構新鮮な気持ちで観ています(笑)
「アリスと蔵六」は今年の春アニメだった作品で、長く研究機関で抑圧されていた類稀な超能力を持つ少女・紗名が脱走し偶然出会った老人・蔵六の下で生活するようになるという物語。曲がったことが嫌いな頑固爺さん・蔵六を演じる大塚明夫の演技が素晴らしい上に監督桜美かつしの日常の細やかな心情をすくう手腕が遺憾なく発揮されていて引き込まれます。

こんばんは、小島@監督です。
しかしバンチャンは時間がいくらあっても足りないな。観たいものがどんどん増えて行ってしまう(笑)

さて、今回の映画は「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」です。

「十戒」でモーゼは海を割った、「鳥」では鳥に襲われた女性が電話ボックスから出られなくなった、「卒業」でミセス・ロビンソンはベンジャミンをその脚線美で誘惑した…ハリウッド映画を代表する名シーンの数々。人々の記憶に刻まれるそれらの陰には真の立役者とも言うべき1組の夫婦がいた。絵コンテ作家ハロルド・マイケルソンとその妻にしてリサーチャーリリアン・マイケルソン。映画にクレジットされることは少なかったが数十年の長きに渡り100を超える映画製作に携わり、コッポラやヒッチコック、スピルバーグら名監督からの信頼も厚かった2人の知られざる姿を捉えたドキュメンタリー。

映画が生み出す魔法の陰に職人あり。脚本からその意図を読み取りイメージを膨らませストーリーボードを描き起こし時には撮影に最適なアングルにカメラとレンズまでも記載してみせた絵コンテ作家ハロルド、そのハロルドの仕事を支えるべく膨大な量のリサーチをこなしライブラリーの運営をもこなしたリサーチャーリリアン、主演俳優や監督に華々しいスポットが当たるその奥にはこんな芸術家や職人たちの献身がありました。…と言うことくらいは勿論存じてるつもりだったのですが、恥ずかしながらこの夫婦の事はこの映画を観るまで全く知りませんでした。
2人のフィルモグラフィーはそのまま1950年代から今日までのハリウッドの歴史そのものです。
パンフレットには2人が携わった作品が列記されているのですが、「ジョニーは戦場へ行った」「エクソシスト」「ロッキー」「ブレードランナー」「グレムリン」「グッドモーニング、ベトナム」「フルメタルジャケット」など、とんでもないラインナップです。しかしその大半で2人の名がクレジットされていません。大作映画では1,000人以上の名がエンドクレジットで流れることも珍しくなくなった今日と違い、1950~60年代では主要人物や中核スタッフくらいしかクレジットされなかったことも要因としてあったでしょう。

2人が頭角を現した1960年代のハリウッドは、いわゆる「黄金期」の終焉を迎えていた時期です。アメリカでは50年代後半からテレビの普及、1948年のアメリカ最高裁による劇場チェーンを映画会社本体から切り離す「パラマウント判決」によりスタジオによる製作から上映までを一括で管理することができなくなりハリウッド・スタジオ・システムが終わりを告げていた頃です。
同時期フランスではジャン・リュック・ゴダールやアニエス・ヴァルダなど作家性の強い監督が次々とデビューし「ヌーヴェル・ヴァーグ」の潮流が起き、フランス国外でも商業的成功を収めたことがハリウッドにも影響を与えました。
更に60年代ではケネディ大統領暗殺や公民権運動、ベトナム反戦運動などが盛んになり社会的にも激動の時代。「イージー・ライダー」(1969年)など反体制的な若者の刹那的な生き方を描く「アメリカン・ニューシネマ」が製作され始めたのもこの時期です。
やがて70年代に差し掛かるとマーティン・スコセッシやジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグがその才能を開花させ始め、80年代には50年代に引けを取らないほどの大作映画が立て続けに製作されるようになるその礎が築かれていきます。
そんな時代の流れを2人は常に現場の片隅で見続けて来ました。そんな2人が語る逸話の数々はその一つ一つがたとえようもないほど魅力的です。特に「スカーフェイス」(1983年)でのリリアンの逸話は必見!

また、この映画はドキュメンタリーでありながらラブストーリーでもあります。厳格なユダヤ人家庭に育ったハロルドと、親に虐待を受けた挙句に捨てられ施設で育った孤児のリリアン、周囲の反対を押し切り駆け落ち同然でハリウッドへ移住した2人の波乱万丈な結婚生活はそれ自体が物語のよう。大らかながら情熱的なハロルドと賢く気風の良いリリアンの性格も相俟って、人生譚としてもこの映画は眩い輝きを放ちます。

それともう一つ、映画の内容と関係あるような無いようなところで驚いたのはハリウッドには映画産業従事者のためのホスピスが備わっている点です。風土の違いはあるかもしれませんが、文化振興という観点からこういう事の充実が今の日本の映画産業にも必要な部分かもしれません。

今まで観てきた映画たちの印象が変わりそうなほどの知的好奇心を刺激しながら、同時に1つの理想形ともいえる夫婦のありようを見せるラブストーリーでもあるこの映画、まさに珠玉の逸品です。華やかな大作映画が続々公開されるサマーシーズンの只中ではありますが、時にはこんな宝石のような魔法を味わってみてはいかがでしょうか。




拍手[0回]

/