ちゅうカラぶろぐ


[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
一昨日、ナゴヤドームで松坂大輔を見てきました。さすが松坂大輔って感じですが、オープン戦にも関わらず、ドームは大入りの3万人越え。昨シーズンは2万人切る試合もザラだった中日。松坂インパクトで波に乗って欲しいものです。


さて、そんなキムタケ。実はすごく冷め易い性格でして、ゲームとかもクリア直前でやめた作品は数多く。

なぜか、ある日突如、「なんでこんなことやってるんだろう」って考えてしまい。考えだすと急激に興味が萎える性格。ゲームに限らず万事そんな感じなため、多趣味なわりに深さのないことが少し気になる今日この頃。

そんな飽きっぽいキムタケですが、面白そうなアニメだけは絶対に最後まで見ているのが不思議です。今期アニメであればオーバーロードⅡの続きが気になって、気になって。。。1週間待てないキムタケは1期を見直し。ワン・クール1期だけでは焦燥感を補いきることができず、全く別の(禁断の)釘宮作品に手を出していまいました。


現在は目下「FAIRY TAIL」全277話に挑戦中。全277話の作品はいい意味で「死のロード」ですが、「FAIRY TAIL」自体は、王道系でスイスイ見れて楽しめています。(今のところ)


このアニメの最大のおすすめポイントはいい声優がそろっていること。

ナツ:柿原徹也
ルーシー:平野綾
ハッピー:釘宮理恵
グレイ:中村悠一(幼少:喜多村英梨)

それ以外にも、井口、沢城、中島愛などあまり声優に詳しくないキムタケでも知っているネームが多いエンディング字幕。なので、声を聞いているだけでも心地よい作品です。


当作品にハッピーというネコ?の役で出演している釘宮さん。そのキャラクターのコミカルでかわいらしい台詞に、はまり。「あ”い」っと連呼している今日この頃です。そんな中、ひとつのことに気付いたキムタケさん。

釘宮キャラであれば性別、属性関係なく”最高”なんだと、”神”なんだと。
なぜ最高なのかを推測するに、恐らく。くぎゅーの声質にポイントがあるはず。
あのヴォイスが、なんらかの脳内細胞を刺激して、その音(なんとか波)がなんらかのホルモン的な何かを抽出しており、その結果、キムタケの感情ベクトルをプラス方向に向けているのではないかと。


そういえば、アルフォース・エルリックの声を聞いていて、「これもこれでアリかも」っと思ってしまった過去の自分。あの時は、開けちゃいけない新しい扉を覗きかけたような動揺が一瞬、脳裏を過ぎりました。。。上記の推察により、「あれはそういうことだったんだねぇ~」っと少しホットした次第。あーよかった。


そんなこんなで杉田智和の親父も釘宮さんの声が大好きみたいですし。そんなお友達をいっぱい集めて、あの声の魅力について、深く議論してみたいと改めて思った3月26日のある日でした。

おしまい

拍手[1回]

先々週くらいのブログで書いた演歌の巨匠たちが手掛けたというアイマスの新曲の試聴動画が公開されていました。
 それがコレです。

 媚びも妥協も無い超本格派来ました。イントロからして只者ではない感がバシバシ来ます。しかも巴役花井美春さん歌唱力高!何も知らずに聞いたらキャラソンとはまず思われないというか、富士そばでコロッケそば食べながら聴きたいくらい(笑)

 こんばんは、小島@監督です。
 シンデレラガールズは11月と12月にドーム公演が開催されることが既に告知されていますがそのどこかでコレが披露されるかもしれないと思うとテンション上がります。

 さて、今回の映画は「バーフバリ 王の凱旋」です。

 遥か昔のインド、そこでは大国マヒシュマティ王国が栄華を極めていた。しかし王族内では血生臭い王位継承権争いが勃発していた。国政を司る国母シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)は、民を愛し民衆に慕われるアマレンドラ・バーフバリ(プラバース)を次期国王として宣言するが、ビッジャラデーヴァ(ナーサル)は息子バラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)が王位継承権争いに敗れた事を苦々しく思い、バーフバリを排斥させるべく陰謀を巡らすのだった。
 ある時シヴァガミは王位に就く前に自身の目で土地と民を見て知ってもらうべく王宮を離れるように伝える。バーフバリは忠臣カッタッパ(サティヤラージ)一人を従え王宮を旅立った。旅路の途中でバーフバリはクンタラ王国の王女デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)と出会い恋心を抱く。バーフバリとカッタッパは素性を隠してクンタラ王国に身を寄せる事に。
 その知らせは密偵を通じバラーラデーヴァの元へも届いた。デーヴァセーナの肖像画を手に入れたバラーラデーヴァは一目で彼女を気に入り、自身の妻として迎えることでバーフバリを貶めようと画策を始めるのだった。

 本国インドで記録的な興収を叩き出したほか世界各国でヒットを飛ばし、日本でもロングラン上映が続くインド映画を先日ようやく観ることが出来ました。
 公開規模が極端に違うのでそうとは知らずに観る方がほとんどだったようなのですが、実はこれ二部作の後編。前編である「伝説誕生」と合わせ、アマレンドラとその息子のマヘンドラ(演じるのはどちらもプラバース)、二人のバーフバリの冒険とロマンスを描きます。なお本編開始前に「伝説誕生」の粗筋を紹介する映像が流れるので物語を把握するのに特に不便はありませんでしたが、より深く楽しもうと思うならやはり前編の鑑賞は必須でしょう。と言って私もまだ前編の方は観ていないのですが。

 実のところこの映画、物語の大枠そのものはオーソドックスな貴種流離譚であり奇をてらったようなところはないのですが、語り口が尋常じゃありません。特にアクションシークエンスはVFXの力を隠しもしない、笑わせようとしてやってるのかそうでないのかすら最早判別できない超絶アクロバティックなアイディアをこれでもかと大量投入した画面が展開し、異様な熱量でもってスペクタクル映画のカタルシスを盛り上げます。アクションシーンや合戦シーンの中には「十戒」(1956年製作、監督セシル・B・デミル)「ベン・ハー」(1959年製作、監督ウィリアム・ワイラー)や「乱」(1985年製作、監督黒澤明)「レッドクリフ」(2008年製作、監督ジョン・ウー)といった古今のスペクタクル映画のオマージュを感じさせるものもあるのですが、それを自己流…というかマサラ色に染め上げて無茶苦茶なスケール感でバンバン叩き付けてくるのがポイントです。

 インド映画というといきなり踊り出すミュージカル映画というイメージの強い方も多かろうと思いますが、この映画は意外にもそれは少ないです。本編中それが観られるのは一度だけ。しかしコレがあまりにブッ飛んでるのとそもそも他も大概盛り過ぎなので「物足りない」とか「イメージが違う」というようなことは先ずありません。そんなこと考えさせる余裕もないくらいの強烈な映像が奔流となって押し寄せてきます。
 この映画の欠点ですか?「濃すぎる」という以外には特に無いですよ(笑)あとは相性の問題。

 その圧倒的な熱量でもって観る者を一時非日常的な世界へと誘う、映画の「魔法」を存分に味わえる1本です。公開もまだ続いているのですが、実は既にBlu-rayも発売されていますし配信も始まっています。上映見逃したわ~という方も、是非自分の見やすいスタイルで、娯楽映画の粋を堪能してください。
 

 

拍手[0回]

​北っぽい人や、ザンギエフがいそうな国の偉い人を見て、
みんなその人が本人だと思っていると思います。

しかしながらいろんなテレビやネットを見ていると、
実はどこかで入れ替わっちゃってるのでは?と思うことも。
昔見ていた姿とちょっと微妙に違って見えたりして。

いつもメディアに出ている人を本人だと思っていても、
それは世間を欺くための身代わりだったりして、
実は本人そのものは全然違う見た目だったりするのかも。

実はブログを書いている人もかときちくんではなくで、
別の人が変わりに書いている人がいるかもしれませんよ。



さて、私の大好きなゲームデザイナーである小島監督。

といっても、ほとんどが『メタルギア』になりますが、
友人が小島監督のゲームをプレイしたいというので、
代表的なものを引っくるめて貸す事になりました。

なんとか途切れる事なく続けてプレイしてもらおうと、
1台の本体で多くのタイトルがプレイできるように準備しました。
もうこれだけやれば大丈夫ってくらいのラインナップ。

オススメをPS3にできる限りぶっ込んでやりました。
これが返却されても、そのまま誰かに貸してもいいくらい。

そして貸す事一週間。なんと1作終わらせたそうで!
どんだけガッツリとプレイしてるのか末恐ろしい。

でも自分のオススメに触れてくれるのは嬉しいですね。
借りてもなかなか手に付かないことが多いですものね。
そのまま続けてプレイてくれたら、話をしたいです。

これで思い出したのが、昔にやっていたコミック交換会。
ゲームをではなく、マンガのオススメをするイベントで、
歌会の時にやっていたオマケのイベントでした。

メンバーが自分の好きなマンガを持ち寄り交換会をします。
受け取ったマンガはメンバーの誰かのオススメです。

自分の知らなかった本に出会えるのはとても新鮮で、
また好きなマンガをオススメ(押し付け)できるチャンスです。

久しぶりにコミック交換会を開催しようかと思いました。


拍手[1回]

久しぶりにスプラトゥーン2のフェスが歌会に被りませんでしたね。
ホント毎度の如く、ドンピシャだったのは見えない力が、働いてるのかと思いましたよ(笑)

そんな今もアップデートを続けて盛り上がってるスプラトゥーン2ですが『売りました』(´・ω・`)
だってずーっとプレイしてないんですもん。
たぶんモンスターハンターワールドを買っても同じ道を辿ると私は思ってます。

で、売ったお金で「ストリートファイターⅤ アーケードエディション」買いました。
まぁ4も5も全然やってないのですが、次の歌会に出番があるかなぁと思っての購入です。

ちなみに練習なんかする暇ないし、そもそも使用キャラが28キャラも性能把握できるわけがない。いつの間にこんな人数になったんだ・・・(´・ω・`)

アーケードスティックは、なんかクレカのポイントがえらく貯まっていたので、それを使ってゲットしました。
歌会当日は持っていくの大変だなぁ。と思っていますが、毎回「スティックがほしい」というお声が多いので仕方あるまい。がんばるべ٩( 'ω' )و



さて、ゲームの他の趣味であるガンプラですが、正直私はモデラーではありません。
てな事で、ただいま前回の歌会で飾った素組みのウイングガンダムゼロ(TV版)の色を変える為、筆をとりましたが、まぁ見事なまでに上手くいかない(´△`)
ホント、ダイバーシティ東京のガンダムベースでご指導受けたいくらいです。
まぁ素人なりにもがいて作業を進めていきますわー(゚Д゚)ノ

そんなガンダム。
最近『最初にオススメする作品は?』って記事をみました。
まぁ好みは人それぞれなので、何が正解かはわかりませんが、個人的にオススメは、

A:宇宙世紀コース
「初代」劇場版3部作→新訳「Z」三部作→「逆襲のシャア」
「Z」はTV版とストーリーがけっこう変わってるので、それをわかった上での前提ですね。
きちっとみると、長すぎるのでこのチョイス。
そのまま「UC(ユニコーン)」に言ってもいいですが、あれは「ZZ」や「MSV」を含めたお祭りネタがたくさんあるので、難しいところ。ストーリーだけなら問題なし。

B:「ガンダムW」
TVなので長いけど、続編はOVAのみとそれなりにスピーディに見れます。(G-UNIT?なんのことやら)
最初っからキャラが濃すぎる方々がバンバン出ますので、飽きは少ないかと。1話をみるだけでも、笑えますw
ちなみに元祖女性向けのキャラデザはこれです。

C:「Gガンダム」
ガンダムなんだけど、ガンダムじゃない。いい意味でバカ一直線な内容です。
長い戦いの末にみる一部で言われている3回ある最終回はどれも心にくる素晴らしい回と私は思っています。

と、3つあげましたが、「SEED」やら「00」「オルフェンズ」がないやんと思うでしょうが、最近の作品のほうが難しいし、意外と内容や描写がキッツイ(・_・;

あとは
OVAや「ビルド」シリーズは中級者向け。
ゲームや書籍展開は上級者向けと思います(゚Д゚)ノ


最近はガンダムエースという雑誌を買わなくなったので、玄人向けな内容がわからなくなってきた(´△`)

てなわけで、本日はこれにて。
週末は皆さん、お花見かな?ではでは~(*゚▽゚)ノ

拍手[2回]

ちゅうからのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当 レイウォールです。

絶賛、福岡遠征の準備中です。今週末はアイドルマスターSideM 3rdLIVE Tour 福岡公演ですね!興味がある方は、近所の映画館でLVをやっていますので、チケットが余っていないか見てみてはいかがでしょうか。

コーエーの競馬シミュレーションゲーム Winning Post 8 2018に手を付け始めました。今回の追加コンテンツの目玉は、ドリームマッチです。夢の第11レースというJRAのCMを見たことがある方もいるでしょう。中央競馬における各日の一番盛り上がるレースは概ね11レースに設定されています。11レースは力のある馬がそろうというイメージを持ってもらっていいです。

そんな11レースを制してきた馬でも当然ながら、年代が異なれば直接戦ったことはありません。例えば、ディープインパクトという名前は競馬に興味がなくても聞いたことがあるでしょう。キタサンブラックも同様だと思います。こういう馬がぶつかったとすると、どっちが勝つか気になりませんか?こういう夢を動画としてCMにしたものが夢の11レースです。

Winning Post 8 2018のドリームマッチでは、この夢の11レースをゲーム上でできるようにしたものです。自身の所有馬を参加させる必要がありますが、他の馬たちの戦いを純粋に楽しむもよし、所有馬を鍛え上げて、世界中の最強馬達に挑むもよし。たくさんの楽しみ方があります。距離適性ごとに強い馬を育て上げるのは大変ですが、非常に面白いものです。
できればシンザンやエクリプスなんかあたりも次回作やDLCでいいから追加してほしいなぁ。

さて、今回ご紹介する曲は"Day After "Yesterday""。ミリオンライブより永吉昴の曲です。直訳すると"昨日の後の日"。ただ、歌を聴くとそんな直訳をはるかに超えた想いが感じ取れます。"Yesterday"とダブルコーテーションで囲って強調した意味。過去の自分からの成長を意味したタイトルになっています。そしてそんな曲は憧れの武道館にて周年ライブ初披露。そこでは素直に感動して涙を流す昴役斉藤さんとPの姿がありました。ミリオン4thは素晴らしい感動の嵐でしたが、この曲もその一つを彩っています。

おわり。

拍手[2回]

子どもの頃、あまりゲームをやっていなかったため、ちゅうカラでゲーム話になると全く着いていけないキムタケです。かときちさんから、シュタゲを勧められたので、一度やってみようと思います。キムタケからは「とらドラ」を推薦しました。感想をブログで拝見できるのを楽しみにしています。



さて、本日は国際会議場で上映会を実施する「響け!ユーフォニアム」について記載します。作品タイトルであるユーフォニアムは吹奏楽で使われる楽器の名前。アニメで主人公である黄前久美子が担当する楽器です。このアニメは、小説を原作として高校吹奏楽部を題材として物語です。

かつて強豪校だったものの、今は全国を目指せるレベルではなくなった北宇治高校吹奏楽部。そこに新たに新任の顧問(滝昇)が赴任してくることで、物語に歯車が動き出します。学生達の忘れがたい過去や葛藤などの複雑な心情をうまく表現した作品。京アニの美しい絵にも感嘆しますが、物語性にも引き込まれる要素満載です。


この作品を私がはじめて見た感想は、学生時代の甘酸っぱさを少しマイルドに上手に表現した作品というイメージ。甘酸っぱさとフワッとした感じ。そのあんばいが”思春期の学生”のリアリティを感じさせます。

吹奏楽経験者からも”リアル”という評価を得ているこの作品。吹奏楽を知らないキムタケでも十分に楽しめました。学生、顧問、家族。キャラクター、一人、一人の気持ちを出しすぎず、省きすぎず、大切に描いているところにも非常に好感を持ちました。なんどか涙してしまうシーンもあり。オススメのアニメ作品のひとつです。


あまり記載するとネタばれになるので、このあたりにしておきますが。作品が気になる方は、テレビアニメ版2期24話をご覧いただくことを特にオススメします。これからご覧になる方は、是非、感想をキムタケにお教えいただけると幸いです。

この作品の劇場版2作目。劇場版『響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の無料上映会は、4月7日(土)に国際会議場で開催予定です。こちらも是非、足をお運びください。

拍手[1回]

先週とあるアメリカンウイスキー醸造所に勤務している日本人の方とお話しする機会があったのですが、偶然にも私と同じ苗字だったことで思いがけず話が盛り上がりなかなか楽しい時間を過ごせました。
 その際に試飲させていただいたその醸造所のウイスキーも期待以上に美味しく、その時間も込みで鮮烈な印象を残しました。

 こんばんは、小島@監督です。
 せっかくだし自分用に1本仕入れてみてもいいかもしれない。

 さて、今回の映画は「シェイプ・オブ・ウォーター」です。

 1962年、アメリカ。1階で映画館が営業しているアパートで生活しているイライザ(サリー・ホーキンス)は、政府の研究機関で清掃員として勤務していた。声が出せないイライザにとって友人と呼べる人物は手話で会話のできる同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と隣人で画家を営むジャイルズ(リチャード・ジェンキンズ)くらいであった。
 ある日、イライザは厳重な警備のもと運び込まれたカプセルを目撃する。カプセルの中には異形の姿をした「彼」(ダグ・ジョーンズ)が捕らえられていた。奇妙だがどこか魅惑的な姿に心惹かれたイライザは翌日から密かに周囲の目を盗んで「彼」に会いに行くようになる。

 昨年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を、今年のアカデミー賞で作品賞を獲得など賞レースを席巻したギレルモ・デル・トロ監督の新作が現在公開中です。
 筋立てだけ追えば世界のどこにでも転がっていそうなありふれた題材が、無類のクリエイターの手腕によって料理されればこれほどの未見性に満ちた作品が産まれるのかと驚かされる1本です。製作を行ったのが「FOX SEARCHLIGHT PICTURES」という20世紀FOXの中でも低予算ながら自由度の高い作品を製作するスタジオで、直近ではこのブログでも取り上げました「スリー・ビルボード」もここで製作されています。

 映画冒頭、その時代設定を「ハンサムな王子の時代が終わりを告げようとしている頃」(1962年はジョン・F・ケネディ大統領暗殺の前年であり、それを示唆しているのではと思われる)という表現で幕を上げるこの寓話は、一見「美女と野獣」を思わせる構図ではありますが、美女というには生活に疲れた中年女性と野獣と呼ぶには繊細な心の異形の半魚人が織りなす交流を中心にしながらも根底には寛容と不寛容の激突を骨太に描き出します。
 「彼」と心を通わせるイライザとその友人たちは皆マイノリティーであり、研究機関において「彼」を虐待し続けるストリックランド(マイケル・シャノン)は、反対に不寛容の象徴というところでしょう。しかし組織の中で成功する生き方しか選べないストリックランドは、単なる悪役と呼ぶにはどこか哀しい存在に映るあたりにデル・トロ監督の手腕が伺えます。
 
 これぞデル・トロというべきでしょう、醜く歪な中に「美」を感じさせる「彼」のデザインやレトロフューチャーな舞台美術、その色彩に独特のセンスが活かされ隅々に神経の行き届いた画面が全編に渡り展開し、この独特な世界観をビジュアル面でも支えます。時代設定が現代でないところもテーマが変に生々しくならない効果を生んでおり、そういう所にもセンスを感じさせますね。

 物語は様々な要素をはらみながらやがては結末へと収束していきますが、仕込まれた伏線をきっちり回収して畳み込む語り口は見事としか言いようがありません。
 しかしアカデミー賞作品賞を受賞するにはいささか「個性」が強すぎるのでないかい?という気もしますが、メキシコ出身であるギレルモ・デル・トロ監督の作品が受賞しているところ、また、メキシコを舞台とした「リメンバー・ミー」が長編アニメーション映画賞を受賞しているところも合わせて非常に政治的なメッセージを感じざるを得ない部分がありますね。深読み始めるときな臭さを感じる話ですが、単純に映画を楽しみたい場合にはこの話は忘れてください(笑)
 
 この映画はちょっぴりグロテスクなビジュアルの向こうに愛と寛容をエモーショナルにうたい上げるまさに「おとぎ話」です。パッと見は癖が強そうですが普遍的なテーマを宿したこの傑作を、どうぞ劇場で味わってみてください。
  

拍手[1回]

/