ちゅうカラぶろぐ


[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
明日から週末にかけて雨模様らしい。
どうなる?スポイベ(´・ω・`)
リバーブギのときは、最後は雨でしたが、元々濡れる遊びだったから問題なかったですが、今回はバーベキューですからねぇ。

もしかしたら、降らない可能性もあるから、期待したい!(p`・ω・´q)


さて、来週は日本のゲームの祭典「東京ゲームショウ」が開催されます。

話題の最新ゲームの映像が公開される他、重要なのはプレイヤブル。つまり体験版が遊べるという事です( ̄▽ ̄)

私も仕事柄、何回か行ってますが、やはり各メーカーさんは力が入っていて、ブースの作り込みは見事って感じです。
コンパニオンのお姉様も皆さんおキレイですが、私は花より団子なんで(・ω・)


最新ゲームというものの、最近はネット公開などが先行しており「隠し球」みたいなタイトルは、ほぼありません。
というか、販売店よりも一般人のほうが情報取得が早いという始末。
業界にいても、販売店はあまり旨みはなくなってきましたね・・・(´・ω・`)


たくさんのゲームが展示される中で、個人的に注目しているのは、バンダイナムコさんから発売する「エースコンバット7」
聞いた事ある方は多いと思いますが、現代戦闘機に乗り込み任務をこなすフライトシミュレーションゲームです。
ジャンルとしてシューティングとも言えますが、操縦するという感覚からシミュレーターと言ってよいかと思います。

注目は今作から搭載される「VR」
車はグランツーリスモSPORTで体験しましたが、やっとこさ戦闘機がきました!*\(^o^)/*

現在配信しているデモをみる限り、離陸からずーっとコクピット視点。
ドックファイト中も、ついに見て確認ができるわけです。うーん、アツい!

発売は来年の1月ですので、まだまだ先ですが、今からワクテカしながら待ちたいと思います(´∇`)


VRは酔いやすい方も多いですが、どうやら空中のほうが酔いにくいらしいので、持ち込めたらたくさんの方に体験していただきたいですね。
BGMを変えれるなら、やはりマクロスの「ドックファイター」かマクロスプラスの「DogFight」にしたいですな。


あとPS4のバトルオペレーション2で気に入ったので、ジムストライカーのプラモを買ってしまったけど、色を変えれず保留状態。
次の歌会は、こういう選択肢でプラモを持ち込むのもありですよ。


では、今回はこの辺で。

拍手[2回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

この週末,群馬県前橋市にある山田グリーンドーム前橋にてアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ3周年記念イベント SS3A Live Sound Boothが開催されました。
これに参加してきましたので,その感想をお話しします。

会場に着くと,とりあえず目立ったのが,臨江閣という明治時代に建てられた迎賓館。せっかく来たということで,次の日に刊行するのですが,非常に落ち着いた建物で,ふらっと見てみるだけでも満足感があります。
そのほか,上州豚を使ったtonton汁という現地の料理(具だくさん山菜豚汁)や,小麦と米からなる記事を焼いて味噌ベースの甘いたれで味付けした焼きまんじゅうなどおいしいものがたくさんあります。群馬の酒も谷川岳や赤城山など非常に良いものが多くありますので,イベントに関係なく,観光も楽しめるところでした。特に今回は前橋市がSS3Aに協賛していた関係もあり,街としてアイドルマスターシンデレラガールズとアイドルとプロデューサーを歓迎してくれていたため,非常に良い旅でした。

それはともかく,今回の会場は競輪場です。ということで,普段のイベントホールではなかなか見ない設備がありました。
まずは,コースのバンク,トラックの短辺側は坂となっており,とても座れる構造ではありません。そのため,そちらのスタンド席は若干離れた位置となっていました。また,アリーナ席も競輪選手の入場口と思われる入口があり,いびつな形となっていました。さらに,正面スタンドは競輪新聞とかを置いて観戦するためのものなのか机が設置されていました。今回の私の席は2日間とも机席,今までのライブではなかった机に変なところでテンションが上がったものです。

公演自体は,既存曲のリアレンジ,リミックスとスターライトステージの比較的新しい曲,そしてシンデレラマスターの最新3曲で構成されていました。とりあえずシンデレラマスターは以前,小島監督の紹介もあった"乙女の道は星の道"は生で聞くとより一層すさまじかったといえるのですが,今回はリアレンジ曲についてお話していきたいです。

リアレンジ,再編曲ということで,いつもとは全く違う曲をたくさん聞くことになりました。ダンス風アレンジ,完全打ち込み曲,ストリングス中心,ピアノ曲,ジャズアレンジ,etc.。いつものステージであれば,曲が始まるとすぐにどの曲かわかるものですが,今回はわからないものも数多くあり,いつも以上に何が出てくるかわからないステージを楽しむことができました。1曲だけですが,EDM風にしたうえで,バックダンサーによるダンスだけというものもありました。非常に面白い試みで,かっこいいダンスを見ることができ,満足です。

またこういったちょっと工夫を凝らした公演を見たいなぁ。

さて、今回ご紹介する曲は"Love∞Destiny"です。上記のバックダンサーのダンス曲の元曲がこれです。元の曲は非常に重たい愛の歌という形で,非常にセクシーな雰囲気が漂います。今回のダンスは,セクシーな雰囲気は残したまま,パワフルなことになっており,強く美しい女性というものを表現したのではないかと勝手に思っています。これについては両方のダンスを見ないと伝わらないと思いますので,SS3Aの映像化がされるかわかりませんが,された暁には鑑賞会等を開催しますので,ぜひご覧いただきたいと思います。

おわり。

拍手[1回]

小林さんちのメイドラゴン。久しぶりに「大好き」なアニメを見つけました。
京アニ製作なので「見たいな」っと思いながら後回しにしていたキムタケ。

オギちゃんか、ちょすちゃんか・・・
誰かが歌会でOPを歌ってて一応知ってたけど、主題歌もグッド!ですね。
仕事をしてるとサウンドが脳内をコダマして、少しウキウキして一日を過ごせています。
ストーリーもしっかりしてて、クスッと笑え、キャラもいい。
リアルタイムで見ておくべきだったと後悔しているキムタケです。

てか、会議場主催のイベントに昨年参加してくれた長縄まりあさん。
メイドラゴンのカンナちゃん、働く細胞の血小板ちゃんと。
結構、大きな当たりが出てきている感じがしてて、なぜか嬉しいです。


さて、今週末はスポットイベントのBBQがあります。
スポットイベントが楽しみなキムタケ。
川に入る為に肉体改造に勤しんでおります。

結果、1ヶ月前に62㎏あった体重が、なんと57㎏に。
ただ、どうしてもお腹まわりが落ちづらい30代前半。
そして、学生時代から腹筋が最も嫌いな筋トレ。

そこで、最終兵器「SixPad」を大名古屋ビルヂングBF1にて買いました。
値段的にはちゅうカラ3年分の参加費くらいしましたが・・・
クリスチアーノ・ロナウドみたいになりたくて・・・

ロナウドの写真に一礼をし、ここ数日、毎日ブルブルしています。
皆さんから聞かれる効果のほどですが、3カ月は必要とのことなので
あくまで感想ですが、「たぶん、ヤバイ」です。
ブルブルしたあと、なんとなく、こう、お腹のあたりがキリっとした感じが・・・あります。


なので、最近のキムタケは妹に白い目で見られながら
夜は上半身裸でSix Padな毎日。
そして、鍛えては洗面台で裸の自分と見詰め合うキムタケ。

ブログを書いたあとは、今日のノルマをこなす予定。
ちなみに、本日は働く細胞を見ながらのSix Padです。
自分の中の花澤や小野D、長縄と向き合いながらの筋トレ、楽しみです。

そんなこんなで、腹筋だけでもクリスチアーノ・ロナウドになりたいです。
頑張りますので、応援よろしくお願いします。

さぁ、最後にいきましょう・・・
ちゅうカラのみなさぁ~~~ん!愛してま~~~~す!!!

拍手[2回]

哀しいかなスケジュールの都合が付かず現地参戦はおろかライブビューイング鑑賞もできませんでしたが、先週末に開催された「アイドルマスター シンデレラガールズ」のイベントが思わぬ形で話題に上りました。会場である「ヤマダグリーンドーム前橋」を擁する前橋市がイベントを協賛して全面的にバックアップ。名産品だけでなくキャラクターの名前や好みに因んだ場所も盛り込んだガイドマップを作製したり、ユニットの1つを一日市長に任命したり、ライブ中には市のマスコットキャラクターが出演したり。市長が音頭を取って商店や飲食店の協力を取り付け、その様子を市長自身がTwitterを利用して発信するなど積極的にイベントを盛り上げる姿勢が注目され、地方面などでも紹介されるほどに。それが功を奏し各店舗の売上だけでなく知名度も大きく向上したようで、今後地域振興策の一つのモデルケースとなりそうな勢いです。

 こんばんは、小島@監督です。
 オタクは何だかんだと巧く乗せられればチョロいという典型例みたいなものですが、実際行動力と購買力は高いのでそこに着目して準備した市長さんのセンスが見事。

 さて、今回の映画は「アントマン&ワスプ」です。

 超人的な能力を持つヒーローチーム「アベンジャーズ」の活動を国連の管理下に置く「ソコヴィア協定」、その賛否を巡って勃発した「シビル・ウォー」に参加した事によりFBIの監視下に置かれ自宅に軟禁状態に置かれてから2年、スコット(ポール・ラッド)は時折訪れる娘キャシー(アビー・ライダー・フォートソン)と遊ぶ時間を楽しみにしながら日々を過ごしていた。
 刑期満了まであと3日と迫った日の夜、スコットは不思議な夢を見た。それはかつて任務達成のために自身を亜原子サイズまで縮小した結果量子世界に入り込み戻れなくなったジャネット(ミシェル・ファイファー)の姿だった。夢から覚めたスコットは居ても立ってもいられず禁じられていたハンク・ピム博士(マイケル・ダグラス)とホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)とコンタクトを試みる。それが新たな戦いを呼び起こすことになるとも知らずに。

 「マーベル・シネマティック・ユニバース」の最新作は2015年に製作された「アントマン」の続編であり同時に「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」と今年春に公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」との間を結ぶ物語です。
 シリーズの中では異色のファミリーコメディだった前作を今作も踏襲。主演であるポール・ラッドが前作よりも脚本に深く関与していますが、監督ペイトン・リード以下主要製作陣は前作と同じメンバーがほぼ再結集しています。

 大企業のCEOであるトニー・スタークやそもそも神様のソーなどノーブルというかセレブリティなメンバーが多いアベンジャーズにあって高い能力を持ちながらも行き詰ってる人生にもがき、せめて娘のヒーローではあり続けたいと願うスコット・ラングの等身大の人物像は今作も健在。軟禁生活を送りながら仲間たちと自身の再出発となる起業を後押ししたりして変わらずままならない人生と奮闘中。面白いのはスコットとキャシー、ピム博士とホープという2つの父娘の関係性に加えて今作ではもう一つの「父と娘」の関係性が登場し、三者三様の親子の絆がドラマを有機的に展開させていく点です。ファミリー路線かくあるべし。この辺りのテリングの巧みさは是非注目してほしい所ですね。
 一方で親子の絆が軸になっている事から実は世界規模の危機のはずなのに非常にミニマムでクローズドに展開しているように見えるところで、そのギャップの面白さがテンポの良い展開やノリのいいダイアログとと相まってストーリーへの没入度を高めてくれる手腕の高さも見事なものです。

 体のサイズが瞬時に次々と変わるアントマンの特性を活かしたユニークなバトルシークエンスは更に進化して観る者を楽しませてくれるでしょう。総じてレベルは高いのに非常に敷居の低い誰が見ても楽しめる作品になっています。
 もちろんシリーズのファンにとっては各作品へのリンクとなる部分も見逃せず、今後公開がアナウンスされている「キャプテン・マーベル」と「アベンジャーズ4」へときっちりブリッジしてくれます。

 何だかんだとファミリー・ムービーはある意味で映画の王道で、いくつになってもやっぱり観てて楽しいということを思わせてくれる「アントマン」シリーズ、こういうあっけらかんとした作品の持つパワーを、どうぞ楽しんでみてください。

拍手[1回]

今週、そんなに暑かったわけではないのでしょうが、
やたらと食べまくった『クーリッシュ』というアイス。

おそらく、10〜15個くらいは食べたのではないか?
会社の帰りはもちろんのこと、家でも風呂上がりに。
頭の悪いことに通勤中の朝にまで食べる始末です。

そろそろお腹が下るかな?って思ったりもしましたが、
特に現状ではそんな感じはないようで安心です。

今日の日曜日も2個いただきました!



さて、なぜか定期的に訪れる『頭文字D』ブーム到来。
アニメ版頭文字Dを最初から見返しております。

前回のブームが来た時は、その勢いで車を買い替え、
ショーグンさんに群馬(というか榛名山)へ行く、
聖地巡礼のプランを立ててとおねだりをしました。

その時は本当にそのプランを立ててくれちゃいまして、
初めて念願の榛名山(作品だと秋名山)に訪ずれ、
給水塔のあるバトルスタート地点に来た時は鳥肌でした。

何気にその時の聖地巡礼以来、作品を見たことがなく、
久しぶりに見返すと作品に出てくる場所の位置関係などから、
以前見た時とはちょっと違った印象がありました。

そんな事を思いつつ、また群馬に行きたい熱が再燃。
本当に今回の週末に行ってやろうかと計画を立てます。

計画と言っても、朝起きたらそのまま車を走らせて、
特に宿泊する事もなく帰ってくる行き当たりばったり。

と、本当に前日の朝までは行く気満々だったのですが、
仕事が余りにも立て込み過ぎて、渋々断念となりました。

個人的にここまで盛り上がることはなかったので、
行けなかったのはかなり残念な感じがしております。

今となってはちょっと水を差された感があったりして、
じゃあ次の休みには絶対に行くぜって気分になれません。

とりあえず、たった一週間でFirst Stageは見たので、
引き続き見続けていこうかと思っております。






拍手[1回]

今週は台風で関西が大変な状況になったのに、すぐそのあとに北海道に地震と大変な状況に。

ちょっと前には、広島や四国などが大雨は被害、九州も大変。

そんな状況でわーい*\(^o^)/*
・・・というネタな気分にもなりませんが、自粛して明るいネタを避けるというのも、個人的にはどうかな?と思います。

被害者にざまぁみろ的な発言は非人道的だと思いますが「こんな楽しい事もあるんだぜ!」は、発信していいかと思います。

なんだかんだで『笑う門には福来る』ですからね(・ω・)



さて、真面目な話はこれくらいにして

今回はガンダムな話。
またかよ。とか言わずに聞き流してください(?)

まずは、今月の歌会で企画されている『ガンプラ部』
ハガキには『部』と書かれていますので、こう表現しますが、私が知るかぎり『ガンプラ部』ってあるの?状態。

当日に持ち込む方は、数名聞いておりますが、実際は何人持ってきてくれますかね?

なんか各々がガンプラ(ガンダムじゃなくてもいいけど)を持ち寄るって、プラモ狂四郎の対戦みたいですね( ̄▽ ̄)

え?プラモ狂四郎知らない?
まぁ世代としては、かなり古いから知らない人も多いかもしれない。
ビルドファイターズのご先祖さまみたいなもんです。今度、ロビーにでも置いてやろうかしら(・ω・)

価格帯なども特にないので、興味ある方はプラモ持ってきて一緒に作りましょう(*゚▽゚)ノ
あ、ニッパーとか工具をお忘れなく~



で、ガンダムというカテゴリーな話なので、ガンプラだけで終わりませんよ。

最近、ちょいちょいプレイしています
PS4専用ソフト『ガンダム バトルオペレーション2』
ダウンロード&ネット対戦専用ではありますが、無料です!

お金が発生するとしたら、俗にいうガチャの為のコインを買うか買わないかくらいです。

プレイしてる身としては、全然無課金で遊べます(゚Д゚)ノ
コインについても毎日、任務(1回勝利せよ。とか)があって、3つを終えれば、1回ガチャは回せるって感じです。
もちろん貯めてもオッケー。

機体は、初代ガンダムくらいの時代で、フリーダムとかダブルオーみたいなスタイリッシュなMSはなく、泥臭いヤツらばっかですが、そっち方面が好きな方にはたまらない重厚感です( ̄▽ ̄)

昨日のアップデートで、ペイント機能も実装されましたので、ガンプラの塗装イメージを作るとかにも、役立つかもしれませんよ~


基本が人が集まってやるゲームなので、「ムキー!」となるときはありますが、たぶん動物園と呼ばれているガンダムゲームよりは安心です(笑)


ご興味のある方は、ぜひプレイしてくださいませ。そして、フレンド登録しましょうヽ(*´∀`)ノ

ついでにガンダム関連のLINEグループ作るのもありかな?(・ω・)


まぁまだ歌会まで2週間ありますが、今から楽しみなのであります( ̄▽ ̄)
では、また来週~

拍手[2回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

皆様,台風21号は問題なかったでしょうか。停電だったり,看板が飛んだり,ニュースによれば支柱が倒れてきて車を真ん中からつぶされたというケースもあったようです。「平成では一番の」という話で恐ろしい話です。

今回は久しぶりにガストの話でも。
今月の20日にガストの看板シリーズ,アトリエシリーズから,アーランドシリーズがPS4版として発売されます。アーランドシリーズ第一作,ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~は2009年にPS3のタイトルとして発売されたゲームです。同じ世界観を共有したトトリのアトリエとメルルのアトリエと合わせて,アーランドシリーズと呼ばれています。

さて,アーランドシリーズの魅力は,きわめてわかりやすい調合システムです。アーランドの調合は基本的には材料の持つ特性を調合後に引き継ぐというもので,大きく変化はしません。次の黄昏シリーズは錬金スキルにより,全く同じ材料をもってきて,違う効果を出すことができたり,最新の不思議シリーズはパズル式錬金によって,強力なアイテムを調合できますが,アーランドは同じ材料なら同じ結果になります。ですので,まずは手軽にアトリエシリーズを試してみるというにはいいシステムかもしれません。

なお,世界を救う冒険がしたい人にはこのシリーズはお勧めできません。そもそもアトリエシリーズ(アーランドではありません。そのさらに源流です)の"マリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術師~"のキャッチフレーズが「世界を救うのはもうやめた」でしたから。BGMも大変好評なこのシリーズ一度触れてみてはいかがでしょうか。

さて、今回ご紹介する曲は"秋風に手を振って"です。シンデレラガールズの季節をテーマにしたMASTER SEASONSシリーズから秋をテーマにしたAUTUMN!に収録されるこの曲は,いわゆる失恋ソングです。
実はこのSEASONSシリーズでは,風とつく曲が各季節に1曲ずつあります。作詞の森由里子さんもブログ(https://ameblo.jp/luke2016/entry-12368729017.html)で公言していますが,一連のストーリーになっています。森さんも言っていますが,一度通して聴いてみてください。非常にぐっとくるものがあります。最後には大変さわやかな気持ちになれますよ。


おわり。

拍手[2回]

/