ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
年に1回あるかないかですが、業界向けの展示会でブースに立つことがあります。先週それがあったのですが、丸一日立ちっぱなしになるので終わる頃には足が棒のようになって久々に足に湿布貼って寝ました。結局翌日の筋肉痛からは逃れられなかったですが(苦笑)

こんばんは、小島@監督です。
でも日ごろ基本的に内勤なのでたまにこういうことに携わるのは結構楽しかったり。

さて、この連休は全国各地でイベントが開催され、遠征したという方も多いんじゃないかと思います。私も遠征こそしませんでしたが一つ、観てきました。
「THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!」Day2のライブビューイングです。
現在いくつものタイトルが展開するアイマス、その内の本家アイマスとミリオンライブの2タイトル合同ライブイベントという形で7,8日の2日間日本武道館で開催されました。

タイトルの「HOTCHPOTCH」とは「ごった煮」という意味で、作品をクロスオーバーし誰が何を歌うかを読ませないサプライズ性の強いセットリストにしてあったのが最大の特徴です。身も蓋も無い話ですがアイマスは765プロのCDは日本コロムビアから、ミリオンライブのCDはランティスからリリースされていることもあり、発売元から「ごった煮」なのもポイントです。
また、今夏リリースされたソーシャルゲーム、「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」、通称「ミリシタ」で新登場した2人のキャラクター、白石紬役南早紀さんが初日に、桜守歌織役香里有佐さんが2日目に登場しそのお披露目的な意味合いも持たせていました。
この2人に限らず初日と2日目でキャストを総入れ替えしてセットリストもほぼフルチェンジ。そんなところも「ごった煮」の一部分でしょう。
実はアイマスライブは最近になって演出が変わりセットリストの傾向にも変化が現れました。以前は曲や曲にまつわるトピックなども絡めたストーリー性の強い構成をしていましたが、現在は曲のテンポや曲調、ジャンルなど「曲そのもの」のノリを重視する構成になっており、特に今回のようなコンセプトのステージとは高相性だったと言えますね。

そんなDay2のセットリスト、ほぼアップテンポの曲のみで構成され非常にボルテージをp上げやすい構成をしていました。765プロの曲としては「マリオネットの心」「arcadia」「メリー」「Little Match Girl」など。中には7年ぶりの披露という曲もあり、P歴もだいぶ長くなってきた私にはこの辺はとても嬉しくなる選曲でした。また、「arcadia」では香里有佐さんが初登場にも関わらず伸びやかなヴォーカルで存在感を示してみせて、これからの活躍に期待を持たせてくれました。
ミリオンライブの曲としては「Shooting Stars」「Sweet Sweet Soul」「侠気乱舞」「ジャングル☆パーティー」など。中でも765プロのメンバーのみでの披露となった「侠気乱舞」は、さすが一日の長というか、先輩アイドルたちの貫禄を見せつける圧巻のパフォーマンスでした。

そして何より終盤の「アライブファクター」はまさにこのライブの白眉と言って良いでしょう。大規模イベントでは初めてCDオリジナルの如月千早役今井麻美さんと最上静香役田所あずささんのデュオでの披露となったこの曲は、アイマスが誇る2人のディーヴァが全力を尽くして切り結ぶ「決闘」のようなパフォーマンスにスクリーン越しですら蒼い炎が見えるかのような凄みに満ちていました。アイマスが今後どれほど続くことになるかは分かりませんが、きっと長く語り草になるのではないでしょうか。

またステージ全体で特に目を引いたのが秋月律子役若林直美さん。全出演者中最年長なのですが、当人と半分くらいの年齢の人と並んで踊っても見劣りしないどころか一番動きがキレていて華があるという物凄さに目が離せませんでした。アレはもうスキージャンプの葛西紀明やサッカーの三浦知良とかと同種のレジェンド的な何かのようです。鍛え方が違うというか、人間は結構やればできるものだと感心します。私も頑張ろう。

アイマスが持つ引き出しの多さをまざまざと見せつけたこのイベント、がっつり楽しませてもらいました。また同様のコンセプトでイベントやってくれると嬉しいなぁ。

ところでこのイベント、ユニークな試みというかあるいはそんなに集客が良かったのか、ライブビューイングのアンコール上映が決定しました。今月20日に初日が、21日に2日目がそれぞれ再上映されます。「ディレイビューイング」と称しているので恐らくほぼそのまま再上映してくれることでしょう。今回見逃した方も、あるいはもう一度観たいパフォーマンスがある方も検討してみてはいかがでしょうか。

拍手[1回]

会社でExcel(もちろん表計算ソフト)を使うことが多い。

大変便利なソフトなのだが、毎回使う時に思ってしまうのは、
どうも初期設定で使う『罫線』が太すぎると感じること。
初期設定のセルとフォントサイズに対して太すぎる!

表の外周や区切りの罫線がその太さならともかく、
表の全罫線が初期設定の太さで作られたりしていると、
もうその表の真っ黒さに圧倒されます。悶えるレベル!

やっぱり太いほうが好きだったりするんだろうか?(意味深)



さて、毎日日課のように見ているニュースサイトで
ジャッキー・チェンがアクション俳優引退するとのニュース。
(どっかのアニメ監督のように引退詐欺かもしれませんが)

もっとも現在63歳なので、アクション俳優としては、
むしろ引退していなかったほうが驚きだったりします。

ジャッキー・チェンと言えば私くらいの年齢ならおなじみの、
スタントをすべて自分でこなすアクション俳優です。
昔は金曜ロードショーなどで、彼の映画がよく放送されました。

その映画の中で披露されるスタントはホントに豪快で、
また危険極まりなく、死んでいないことが不思議なくらい。

小さな時に見ていた時もその動きに感心したものですが、
大人になった今見ると、またその危険なスタントぶりに、
それこそ背筋が凍るような気分になってしまいます。



ですがキレのある小気味良いアクションや、コミカルな演技は、
今まで彼の映画を見たことが無い人も絶対楽しめます。

アクション俳優としての活動は引退とのことなので、
普通の俳優としては、今後も映画などの出演はあるでしょうが、
やっぱりあのアクションが見られないのは寂しくあります。

じゃあ私が一生懸命に彼の映画を見ていたかというと、
そんなワケでは全然ないですが、残念な気持ちでいっぱいです。

久しぶりにジャッキー・チェンの映画でも見てみようと思うので、
Amazonプライムをちょっと探りにいってくることにします。

拍手[2回]

ショーグンです。

先週のブログを書き上げた翌日、目が痛くなりました。

土曜日でしたので、医者にも行けず、日曜日には左目が完全に晴れて、ほとんど前が見えなくなりました。
この時点でもまだ自分は「ものもらい」程度だろうと思っていたのですが…

月曜日に朝一で会社に行って、週間の打ち合わせと業務の振り分けだけして、すぐに医者へ。

そして診察30秒「結膜炎」でございました。

会社に報告したら、「医者から許可が出るまで会社に来ることまかりならぬ」と言われ、強制休暇をとらされるわ、医者からもらった薬が強烈で、注した後2時間ぐらい焦点の合わなくなる目薬とか、休んでいても容赦なく鳴る携帯電話とか。

この手の人に移る病気をしたことなかったのが自分のとりえの一つだったんですがね。
社会人になってから初めて病気で1週間以上休むことになったので、いろいろ思うところあるんですが、自分には休みっぱなしの生活ってのは性に合いませんな。
もちろん、病気で休んでいて外出できないのもありますが、やりかけの仕事とか気になり過ぎて家で休んでても気持ちが休まりませんよww

とにもかくにも、皆さん季節の変わり目、体力も抵抗力も落ちやすい時期です。
ぜひ気を付けて、少しでも体調悪かったら早目のお医者さんですよ。

拍手[2回]

12月に公開される仮面ライダーの映画。
平成ライダーが一緒に活躍する毎度のパターンですが、
今回はビルド、エグゼイド、ゴースト、鎧武と最近から遡っている他、
フォーゼ、オーズが参戦。

驚きな事に、変身後に声優さんが声をあてるパターンではなく、放送当時のオリジナルキャストが演じられるという事!


12/9公開『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFINAL』告知ムービー


だいたい放送終了後は、1、2本映画に出演したら「卒業」という事で、出なくなる事は多かったのですが(最近は結構出るようになりましたが)
ドラマ出演などで忙しい俳優さんは、なかなか復活はなかったので、今回の出演はかなりのサプライズだったと思います。

特に福士蒼汰さんは、出る事はないであろうと思ってましたので(^_^;
まー、当時はリーゼント以外に違和感を覚えていたのが、今は逆ですからねー

まぁメインは、ビルドとエグゼイドなので、他のライダーはあくまでゲストとは思いますが、どういう設定で関わるのか楽しみではありますね。

今からTVシリーズなんで見れないよ!って方は、映画版をいくつか見るだけでも、世界感やライダーの特性がわかるので、入口してはいいかもしれませんよ(*゚▽゚)ノ

12月には、PS4でゲームも発売されますから、かなり盛り上がりそうな気がしますね~ヽ(*´∀`)ノ


さて、15日の歌会は「ハロウィンパーティ」となっております。
うちのサークルには、バレンタインだったり、浴衣祭りだったり、今回のハロウィンだったりと、特定の時期にイベント的な歌会がありますが、基本は「普通の歌会+α」です。

バレンタインのようにチョコを持ち寄るという事もありますが、浴衣祭りなどの格好を主体としたイベントは自由参加となります(゚Д゚)ノ
よーは、やってもやらなくてもいいよって事です。せっかくの機会なので、参加はして頂きたいですけどねー

そんなわけで、次回歌会は「ハロウィンパーティ」
ハロウィンにちなんで、みんなで仮装しましょ~ヽ(*´∀`)ノ
って内容です。まぁホラーなのがメインになりそうですが、アニメのコスプレでもいいんですよ。

前回以前はどんな感じだったか、注意事項は何かなど、詳しいガイドラインはこちらをご覧下さい。
↓↓↓

ちゅうからハロウィンパーティご紹介


ちなみに私は、浴衣は荷物的に断念しましたが、ハロウィンはすでに用意しました(*゚▽゚)ノ
さすがに前に使っていたオオカミマスクさんは、2年連続でやるとかなり鮮度が落ちていたので、今回は使いません(^_^;


さて、他の皆様がどんな格好をするか楽しみですなー♪

では、また来週(゚Д゚)ノ

拍手[2回]

ちゅうカラのみなさん、おはようございます!
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

10/3 私の好きなゲームタイトルのエクスパンションが発表されました。アイマスじゃないよ!Paradox Interactive社のEuropa Universalis IV(EU4) CRADLE of CIVILIZATIONです。

文明のゆりかごと言われて、イメージが付く人はこのゲームを楽しめると思います。世界4大文明でも特にエジプト、メソポタミアを含む古代オリエントが今回のお話の中心です。そもそもエジプトはともかく、メソポタミアは名前と比較すると大体の位置やその歴史は知られていません。エジプトは例えば遊戯王をはじめとしたアニメ等で取り上げられることも多いのですが、メソポタミアというとギルガメシュやエンキドゥ、バビロンなどの一部の固有名詞だけが先行し、それがメソポタミアと明示されていないことがほとんどのため、イメージしにくいのかと思います。

具体的にメソポタミアと呼ばれる地域は、現代で言うと中東、イラクの国土とほぼ同一であるといわれています。メソポタミアの初期にはシュメール地域(イラク南端部)にてウルク朝、すなわちギルガメシュの属する王朝があったとされます。ギルガメシュはFF5のギルガメッシュという憎めないかっこいい敵役やFateのギルガメッシュでご存知の方も多いでしょう。FFは名前だけ借用なのでともかく、Fateは英霊としての元ネタがこのシュメールのギルガメッシュです。なぜ彼が自身の統治したウルクではなく、別の都市であるバビロンの宝物庫を開けるのかはよくわかりませんが、気にしないことにします。
ハンムラビはシュメールを含む南部地域バビロニアの王であり、ハムラビ法典はあまりにも有名でしょう。

さて、文明のゆりかご、メソポタミアにイメージが付いたところで、EU4についてお話していきます。EU4は百年戦争からナポレオン戦争の時代、1444年から1820年の400年間、一つの国を時代の荒波に飲まれぬように外交、内政、戦争、その他さまざまな手段を用いて成長させていく広義のストラテジゲームです。なお、具体的な戦争名を言いましたが、百年戦争の時代からゲームスタートした場合はナポレオン戦争は(イベントとしては起きたとは思いますが)、まず発生しません。フランスが無かったり、あったとしてもナポレオンが出現しなかったり、圧倒的な国力であったり、その時によって理由は違いますが、史実そのままのナポレオン戦争は絶対におきません。

このゲームでは、ゲームスタート直後から、各国がそれぞれの思考ルーチンにより、勝手に行動し、あとはゲームシステムに従って淡々と処置されていきます。そこに小国に英雄が現れて、国家の危機を救うといったヒロイズムが紛れ込む余地がないのです。同じシステムで動いているHearts of Ironも同様で、第二次世界大戦が舞台ですが、シモ=ヘイヘが活躍する余地はありません。フィンランドはソ連に蹂躙されるのです。

逆に国のかじ取りと外交の妙を間違えなければ小国が局地戦で勝利を重ね、大国相手に戦略目標を達成するということは不可能ではありません。大勝するためにはよほどの味方が必要になるでしょうが・・・。

さて、このゲームはタイトルの通り、ヨーロッパが中心です。初心者向けとされているのは、カステラことカスティーリャ王国(スペインの母体です)、ヨーロッパ最大の敵オスマン帝国、植民地帝国を築くポテンシャルが大きいポルトガルの3カ国です。大規模な陸軍での征服戦争か、同根国家の平和的併合か、交易と冒険そして植民か、自身の国家のかじ取りをどちらに向けるかによって、スタートする国は変わりますが、いずれにせよヨーロッパと深い関係のある国々です。

しかし、今回のエクスパンションでは、ヨーロッパに近いながらも、ヨーロッパに対する影響は比較的小さな政権であるマムルークや黒羊朝、白羊朝などが中心となっています。オスマンで初めてスタートした際の強大なライバルの一角、マムルークはライバルとしての強大さに比して、自身が操作してもただの汎用国家にすぎませんでした。マムルークにスポットライトが当たることで、オスマンはよりシビアなかじ取りが求められ、マムルークをプレイヤーが選択する価値を与えると確信しています。

ところで、このゲーム、初心者向けとは言い難いですが、日本(室町末期から江戸時代なので、1カ国ではなく、大名として分割されているスタート年もありますが)もあります。Paradox Dev. Studioの社員が日本好きなのか、日本は妙に充実していることでも知られるシリーズなので、慣れてきたら日本を試してみるのも面白いですよ。

さて、今回ご紹介する曲は"Treasure☆"です。この曲は、シンデレラガールズのラジオ、デレラジおよびCINDERELLA PARTY!の2番組のパーソナリティ5名、大橋彩香、福原綾香、佳村はるか、原紗友里、青木瑠璃子が歌っています。輝くステージという夢を追いかけ、仲間と一緒に進んでいくことを航海に例え、歌っています。ラジオ楽曲でありながら、周年ライブで歌われた珍しい楽曲でもあります。765AS、ミリオン、シンデレラ、SideM、全体で見てもラジオ楽曲は周年ライブに使われることはほとんどなく、ぱっと思いつくところだとセレンディピティパレードSSA公演でこの曲がつかわれたのと、わんすとでUNMEIライブが歌われたぐらいじゃなかったかなぁと。両方とも非常に感動的な場面で歌われており、ライブBDなどで一度見ると好きになること請け合いです。


おわり。

拍手[1回]

今月から始まるTVシリーズ「THE IDOLM@STER SideM」のプレ・エピソードとなる「Episode of Jupiter」が先日放送されました。
「THE IDOLM@STER」に登場したジュピターが登場時所属していた961プロを離れフリーとなったのち「SideM」の舞台となる315プロに入るまでを描く物語で、前日譚であると同時にアニメアイマスの後日譚であり更に劇場版アイマスのサイドストーリーでもあるという、複数のシリーズを結び付ける物語で、アメリカのドラマではたまに見かけることがありますが日本のアニメでこういうエピソードが単発で製作されて地上波で全国放送…というのは意外に珍しいのではないでしょうか。
作品自体もこの特殊な位置づけを最大限に利用したネタを豊富に盛り込んでいたほか、フリーになった途端に大手事務所に所属していた頃はスタッフがやってくれていたことを全て自分たちでこなさなくては行けなくなってパンクしかかるなどなかなか生っぽい葛藤を描く骨太な物語で、40分弱の短い尺とは思えぬ濃密な作品になっていて正直期待以上でした。
この「Episode of Jupiter」からアイマスに入ってみる、というのもアリかもしれません。ここから始めることも遡ることもできる素敵な作品になっています。

こんばんは、小島@監督です。
これは今週から始まる「SideM」本編も楽しみ。

さて、今回の映画は「エイリアン:コヴェナント」です。

22世紀初頭、宇宙船コヴェナント号は冷凍ポッドに入った2,000人の入植者、1,140体分の胎芽を乗せて惑星オリガエ6へ入植のために向かっていた。
その最中、予期せぬエネルギーバーストを浴びたコヴェナント号は多大な損害を受け、航行中の管理を任されていたアンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)はクルーをコールドスリープから覚醒させるが、開閉装置の故障で船長ブランソン(ジェームズ・フランコ)のポッドが開かず窒息死してしまう。
副官オラム(ビリー・クラダップ)が指揮を執ることになり、ブランソンの妻ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)らクルーたちは船長を喪った悲しみを癒す間も無く船の修復作業にかからねばならなくなった。
通信機器の修復に当たっていたテネシー(ダニー・マクブライド)は、謎めいた電波を受信する。発信源を調査すると現在位置に近い恒星系に生物が居住可能な惑星があることが判明する。目的地オリガエ6に着くにはあと7年かかるがこの惑星ならば2週間で到着できる。そう判断したオラムはダニエルズの反対も聞かずに惑星に降り立つことを決めるのだった。

2012年に製作された「プロメテウス」の続編にして「エイリアン」(1979年製作)に繋がる物語にしてホラー史上に残るモンスター「ゼノモーフ(このシリーズでの成体エイリアンの呼称。「エイリアン2」でこの名が初めて登場する)」の起源に迫る作品が現在公開中です。実は監督リドリー・スコットがタイトルに「エイリアン」の名を冠した作品を手掛けるのは1作目以来実に38年ぶりだったりします。

敢えて「エイリアン」の名を冠さずに作られた前作「プロメテウス」もそうでしたが、今作も物語の基本的な構成は「エイリアン」1作目と相似しています。1作目と違うのは「プロメテウス」ではゼノモーフはもちろん人類も含めて数多くの生命が「エンジニア(1作目では「スペース・ジョッキー」とも呼称された巨人たちのこと)」のどのような干渉によって進化の軌道に乗ったかを描いており、今作ではアーキタイプとなる生命がいかにしてゼノモーフと呼ばれるモンスターへと変貌していくかが描かれます。

「プロメテウス」に引き続き今作も宗教的なモチーフを非常に多く取り込んでいます。そもそもタイトルの「コヴェナント」自体が「聖約(聖なるものとの契約)」を意味する言葉で、さしずめクルーたちを十戒を授与されたモーゼに、入植者たちを海を渡り新天地を目指したユダヤの民に見立てているといったところでしょうか。
ただポイントとしては、「プロメテウス」では陰に陽に盛り過ぎたため宗教的側面が前に出過ぎたと思ったのか、モチーフの見せ方が善作よりも分かりやすくなり、代わってSFホラーのテイストが強調された作りになっています。

ただこの作劇の変化は映画全体の緊張感を高めた反面、描く要素の多さに物語が振り回されたような印象も受けます。早い話、登場人物の行動が全体的に場当たり的でバカっぽいのです。登場人物の数人はわざわざ死亡フラグを自分から踏みに行っているようにしか見えず、ほとんどギャグになってしまっている人物もいます。

「エイリアン」ほどホラーとして研ぎ澄まされてもいず、「プロメテウス」ほど知的にも作られていない上にこのシリーズならではの特徴的な設定の一つともいえる「アンドロイド」についても物語の核の部分に深く関わっているため、シリーズの全くの初見の方にあまり優しい作風ではなく、物語を理解するには最低限「エイリアン」と「プロメテウス」の2作品の鑑賞が必須、というなかなか人に薦めづらい作品ではありますが、1点、「映画を深読みする、紐解いてみる」ということを1度してみたいとお考えの方には絶妙な難易度で読み解くためのモチーフが隠されているためトライしてみるには楽しいのではと思います。
もちろん、シリーズのファンなので新作は取り敢えず観ておきたいという方もどうぞ。80歳になってもまだこんな映画作ってしまうファンキーなリドリー・スコットの手腕を楽しんでみてください。

拍手[1回]

はい、本日の日曜日もお仕事でした。
最近、土日の仕事が増えて、なんとか出勤の予定を
歌会に被らないようにするのに全力を尽くしています。

サークルのメンバーの中には土日が仕事の人も多く、
歌会にやっと日曜日が休めてやっと参加できたと人もいます。

土日の休みを取りづらくなって感じるようになったのは、
やっと休みとなった日曜日に参加されるメンバーに、
今まで以上に参加していただける事に感謝です。



さて、感謝と言えば来月11月で『中部からの歌声』は、
自分でも驚きの満20周年を迎える事になりました!

昨年末に行われた『スーパーアニカラ魂2016』でも、
20周年を記念して〜、と言いながらのイベントでしたが、
その時は20年目に突入したよって言い回しのマジック。

今年は本当に満20周年を迎えることができそうです!
いつも言うようにここまでサークルを続けられたのは、
歌会に参加されるみなさんがいるからこそです。

そんな20周年を迎え、こんなにキリがいいのですから、
せっかくだから何かを企画したいと思っても思いつかず。

スーパーアニカラ魂も、まだやれるタイミングじゃないですし、
今回は少し派手目な忘年会でもしようかと思います!

会場は昨年同様にちゅうカラメンバー太陽さんが店長の、
居酒屋『鶏美庵 太陽』で開催することにしました。
今年も定休日の日曜日にお店を開けて頂けます!!

忘年会開催日は12月10日(日)で歌会の直後に決定。
歌会を通常よりも早く開始、そして早く終了して、
忘年会場のお店『鶏美庵 太陽』に移動致します。

忘年会ではミニゲームや大抽選会なども企画しています。
少しでも多くの方に参加して頂きたいと思います。




※忘年会への参加受付は後日スポットイベント掲示板にて行います。
スポット掲示板に書き込み次第、Twitter・LINEなどでお知らせいたします。

拍手[1回]

/