ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ここ数日妙に疲労感が強くて体が重かったこともあってこの連休は半分は寝て過ごしてました。こんなにひたすら眠っていたのは何だか久しぶりな気がします。たまにはこんな休日の過ごし方も良いかな。
 こんばんは、小島@監督です。
 そして起きている時間は何故か「サガフロンティア」やってました。以前ゲームアーカイブスで購入してPS VITAに落としてプレイしていたのですが、途中でメモリーカードのデータが破損して挫折。今度はちゃんとエンディングまで行きたいのぅ。

 さて、今回の映画は「散り椿」です。

 享保15年、元扇野藩士・瓜生新兵衛(岡田准一)は藩内の不正を訴えたが聞き入れられず藩を追われ、妻・篠(麻生久美子)を伴って京に移り住んでから8年の歳月が流れていた。しかしそれだけの時間を経てもなお藩から刺客が差し向けられ襲撃される落ち着かない日々を過ごしていた。
 重病を患っており自身の死期が近いことを悟った篠は新兵衛にある「約束」を託し藩に戻って欲しいと告げる。
 篠が息を引き取った後、新緑の頃、新兵衛は扇野藩へと帰ってきた。それによりかつて藩を揺らした不正騒ぎの関係者たちの心がざわめく。再び藩内に陰謀の風が吹き荒れようとしていた…

 冒頭の雪が降るなか新兵衛が刺客に襲撃されるシーンから映画全編その全てのショットが切り出せば絵になりそうな息を呑むほどに美しい映像に圧倒される時代劇の登場です。昨年12月に亡くなった葉室麟の小説を原作に、脚本には「雨あがる」(2000年製作)「博士の愛した数式」(2006年製作)などの小泉堯史、音楽には「NHKスペシャル 映像の世紀」(1995年)やドラマ「白い巨塔」(2003年)など幅広く活躍する加古隆、監督は1970年代から撮影監督として数多くの作品に関わり、2009年「剱岳 点の記」以降は監督としても活躍する、80歳を目前にしても精力的に映画製作を続ける木村大作が手掛けています。木村大作は黒澤明のもとで下積みをしていた経験があるほか、小泉堯史も黒澤明のもとで長く助監督をしていた経歴があり、こだわりの強い画作りなどに黒澤明の遺伝子を感じさせる1本になっています。

 この映画、いろいろ見所はあるのですが、まず主演岡田准一の存在感が半端無いです。その居住まいや所作だけでなく殺陣のキレが一人だけ別格で違います。共演している西島秀俊や池松壮亮なども決して悪くない(むしろ上手い)のですがそういう部分ではなくそもそも格闘家として鍛錬量が違うというか良くそんな低い体勢で綺麗に構えられるなと感心する体幹の据わり方が凄いです。もうこの惚れ惚れするような動きを観てるだけで充分払ったお金分の価値はあるグレードに達しています。実は岡田准一はいくつかのシーンで殺陣の監修も行っているほかワンシーンだけながら撮影も行っており演技以外の関与度合いが大きいのもポイントです。
 あと個人的には本気になったら真顔で(というか虚ろに近い表情で)敵を叩き斬る西島秀俊の殺陣もなかなか印象的だったのでこの辺りは推したい。
 
 そして先述の画の美しさが本当に見事です。このデジタル全盛のご時世に敢えてフィルムカメラをそれも同時に5台も回す多重撮影を行い緊張感の高い凛とした映像世界を作り上げています。しかもオールロケ。撮影手法からオールドスタイルですが、そういうものだからこそ成し得る「画」があるのだということを実感させてくれます。
 一方で物語そのものは出来たそばから古典的な印象が強く良くも悪くも「時代劇」なため、これで良いと思う方も食い足りなく感じる方もいらっしゃるでしょう。登場人物の心情を演技で見せる部分と台詞で語る部分のバランスがかなり際どい所にあるためこの語り口が綺麗にハマる人は実はそう多くないかもしれません。

 欠点はそれなりにあるとは言え圧倒的な画の力で見せる映画ゆえ、観てみるならやはりスクリーンでの鑑賞をお薦めしたい作品です。これぞ日本映画というその粋をどうぞ堪能してみてください。

拍手[1回]

『シュタインズゲートゼロ』のブルーレイの購入を、
先日のブログにも書いたように延々と悩んだままです。

結局そのままに『Amazonプライム』の動画サービスで、
少しずつ見ていたら、面白くなってきてもう夢中。

少しずつ残りの話数が減ってきて見るのがなんか、
ちょっと勿体ないなんて思い始めちゃいました。

ここから先はブルーレイを買って小まめに見ようかな?




さて、前回の歌会でハイルさんが持参したスイッチで、
ファミコンの『ダブルドラゴン』というゲームをプレイ。

30年以上前のゲームながら、今更ツボにはまって、
帰宅してから自分もダウンロードしてプレイするように。

それから、『どこでもセーブ』とかヌルい事をせず、
ノーミス(死なずに)クリアを目標にしてプレイ。
無事にノーミスクリアを達成することができました。

やる事を段階的に積み重ねて、パターン作りながら、
少しずつ進められるようになるのが楽しかったですね。

最近のゲームはオープンワールドなゲームが多く、
「ノーミスクリアが・・」みたいな話はあまりなく、
少しずつ進めてセーブを繰り返す事が多いです。

その中でやり込む事や目標はいろいろと決められますが、
私のような古い人に『ノーミスクリア』という言葉は、
これまたなんとも魅力的な言葉だったりするのです。

正直、ダブルドラゴンはそんなに難しいゲームではなく、
誰でもちょっとやればノーミスできそうなゲームです。
しかし、個人的な達成感は相当でちょっと高揚しました。

久しぶりにゲームの面白さを見直したような気がします。
「じゃあ次のゲームは!」とはなっていませんが、
まだまだ人生、ゲームをやめることはなさそうです。

というか、ゲームは大好きなのですが腕がショボくて、
クリアできずに挫折することが多かったりするので、
その時に凹むのが嫌でやらなかったりするのですよね。

拍手[2回]

こんばんはショーグンです。

いよいよ来週が試験です。

ですが、試験の前に車の契約してきました。

これで車で使った分のお金を稼がなくてはいけないので、試験に受かる必要性がまた一段とましたわけですね!

自分でもストレス溜まり過ぎで、何やってるか分けわからなくなってますが、一応元気にしています。

さて、勉強しているときのお供といえばやはり「お菓子」

特に、甘いものは手も汚さないですし、ひょいひょいと食べられていいですね。
食べすぎて、ブクブクになってしまうのが難点ですが。

そんな自分のお供は「アルフォート」



気分転換のコンビニでついつい買ってしまいます。
最近はアルフォートも色んな味があるようで、今日は「焦がしバター入り」のアルフォートにしてみました。

うん、ほのかなバターの塩気がチョコの甘さと合わさってこれはうまい!
頭のへの糖分補給もできそうで、これは良いですね

気分転換にもなったし、勉強勉強…

2時間後…

さーて、添削も一通り終わったから、もう一度テキストを確認して…


!!!!!!!!!


テキストの裏に!

全部食べきらないうちに間違ってテキストを乗っけてしまってました…
しかも今日は蒸し暑かったので、ペッタリくっついてて

やっぱり勉強しているときは集中しすぎて周り見えてませんね

アルフォートはこのあと美味しくいただきました。
このアルフォートが暗記パンみたいにテキストの内容覚えられるアイテムになってたら良いなぁ

みんなも、なにかしながらお菓子食べるときは気をつけろよ!

拍手[2回]

先週末は台風で慌ただしかったのに、また今週も台風さんが来られるようです。
ただ今回は日本海側に抜けそうで、先週みたいな事にはならなさそうですが、かぜ台風と呼ばれるもので、暴風域が広いようです。
風が強いだけでおわればいいんですけどね(・_・;
週末は情報をよく見て、安全に行動してくださいね(゚Д゚)ノ


さて、カートのスポイベ立ててからはや2週間、まったく参加者が増えておりません(´・ω・`)
個人的なお誘い活動してなかったり、うるさいほど宣伝をしてるわけじゃないので、そりゃそうだなんですが、良かったらご参加お願いしますm(__)m

何気に今週末は、鈴鹿サーキットでF1日本グランプリなんですよね。
何も考えてなかったから、危なかったよ(´△`)
F1は報道がほとんどしなくなったから、てんでわからなくなっちゃったけど、やっぱりセナやシューマッハたちはすごいって知ってるし、Truth(テーマ曲)を聴くとテンションは上がる。
今思うと、子供の頃に見ていた『生ダラ』やっていたカートを気軽に体験できてると思うと、なんか嬉しい気持ちになりますね。
『〇〇、スピ~ン!!』とか自分らのカートでジャストミート福澤風に実況つけたい(笑)

ちなみにこれ書いてる最中にYouTubeで、『生ダラ カート』で動画探してみちゃったよ。あー、やっぱあの企画面白かったなぁ(しみじみ)

というわけで、おなじように動画を検索してしまった同士を月末一緒に楽しみましょう( ̄▽ ̄)



とりあえずカートは歌会翌週なので、ユニコーンを仕上げないとです(・_・;
先は長い。

あ。次の歌会はハガキにも書いてましたが、ハロウィンですよ~。レッツ仮装♪


では、また来週~

拍手[2回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

先週日曜日は台風でしたね。すごい大風になったと思ったら,次の日の朝には台風一過,いい天気でした。

今回は興味深いスマホアプリを見つけたので,その紹介でも。

こちらのらふおん-rough music-というものです。
https://peraichi.com/landing_pages/view/x2sow

コード進行を設定,あとは流れる伴奏に合わせて,画面の鍵盤をタップするだけで,そのキーに合ったメロディが作れるというものです。作ったメロディは楽譜やmidiファイルとしてエクスポートが可能で,cubaseなどのDAWに持っていくこともできます。このアプリでのメロディ作成はリアルタイム演奏にのみ対応していますので,そういったDAWで微調整することで,より好みのメロディを作ることができます。

また,楽器も一種類しかありませんが,オーディオファイルではなく,midiで吐きだすので,DAWのほうで,他の音源データを使うことで,どんな楽器にでも対応可能という者にもなっています。

情景を思い浮かべると頭の中でメロディをイメージできるような上級者ならともかく,なかなかそうもいかないような人が試しに曲を書いてみようと思ったときになど,非常におもしろいツールだと思います。

さて、今回ご紹介する曲は"Sister"です。アイドルマスターミリオンライブより天空橋朋花が歌うこの曲はラテン調の曲に,朋花様の呼吸音が入るところから始まるセクシーな曲です。このCDにはブラジル,リオジャネイロ出身のアイドル,島原エレナが歌う灼熱のパレードが収録されている点も含めて聞くと意図的なものがあるのか・・・?と思いもしますが,他2曲は全く違うのでたぶんそんなことはないのでしょう。それはともかく,この曲自体が,モチーフを効果的に使うことで,ラテン系というなかなか聞きなれない雰囲気の曲にもかかわらず,ポップスっぽく仕上がるようになっていたり,フロウをメロでうまく使うことで,気持ちいい歌詞になっていたり,ともかく単体で聞いてもいい歌です。一度聞いてみてはいかがでしょうか。

おわり。

拍手[2回]

週末にまたしても台風がストライク。自宅の方は特に問題もなく無事でしたが、明けて今朝から電車がストップして出勤が昼過ぎになってしまったのだけは月初に仕事が集中する身としてはきついものがありましたが(苦笑)

 こんばんは、小島@監督です。
 台風で身動きが取れない間は最近バンダイチャンネルで配信が始まった「ルパン三世スペシャル」と「劇場版ドラゴンボールZ」を観て過ごしてました。あとデレステとミリシタ(笑)

 さて、今回の映画は「モリのいる場所」です。

 昭和49年、東京。画家熊谷守一(山崎努)は自宅からほとんど出ることなく宅内の庭をぶらつきながら草花や生物を観察し、絵を描く生活を30年以上続けていた。妻の秀子(樹木希林)も特に嫌がるでもなくその日常を飄々と暮らしていた。そんな二人のもとには不思議と連日様々な人が呼んでもいないのに訪ねてくるので何故か大忙し。
 だが、近隣に高層マンションの建設の危機が忍び寄る。マンションが完成すれば庭に陽が射さなくなり訪れる生物たちも行き場を失う。庭を守るため、夫婦が下した選択とは。

 先月惜しまれつつ亡くなった名優・樹木希林。その追悼のため、主に最近の出演作を中心に各地の映画館(東海地方ではミッドランドスクエアシネマや伏見ミリオン座など)で回顧上映が行われています。今回はそうした作品の中から一つをご紹介。封切は今年5月、カンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得し話題となった「万引き家族」より少し先んじる形で公開されました。「万引き家族」ほどには注目度が高くなかったせいか公開規模も小さめでしたが、これはこれでなかなかの佳品です。
 W主演となった山崎努と樹木希林ですが、劇団文学座に在籍していた頃より実に半世紀以上に渡る交流がありながら共演したのはこれが初めて。というか結果的に最初で最後の共演作品となりました。監督と脚本は「南極料理人」(2009年製作、主演堺雅人)などで知られる沖田修一が手掛けました。

 日本の美術史にその名を残す画家・熊谷守一(実は東濃の出身で、中津川市付知町には記念館も設立された地元の名士だったりもする)、都心の真ん中で仙人のような生き方をし続けたその晩年の姿を描く作品、ではあるのですが何とも不思議な味わいの作品です。まぁ30年も引きこもり同然に暮らしながら自宅の庭で見えるものをモチーフに絵を描き続け、文化勲章を受章してもしれっと辞退してしまうほどユニークな人物なので普通の尺度では測れない部分をどう描き出すかが肝になるのではありましょうが。
 映画の尺としては99分とそれほど長い方でもないのですが観ている間はかなりゆったりとした穏やかな時間に包まれているのを感じます。「つまらないから退屈で時間がなかなか過ぎない」のではなく「心地良い時間がゆったりと過ぎていく」感覚です。何より主演二人の飄々とかつ超然とした演技が観ていて実に気分が良いというのもあります。
 監督の沖田修一は何故か割と良く食事するシーンを差し挟んできてしかも別段特別な料理というワケでもないのに妙に美味しそうに撮ってしまう不思議なスキルを持っている方で、それが今作でも十二分に活かされています。観た後にはちょっとカレーうどんとか食べたくなってくるかもしれません(笑)

 終盤かなりシュールなシーンが唐突に登場しそれまでの淡々とした空気感が断線してしまうところがあり、その辺りが評価の分かれ目になりそうなところで(個人的にはそんな捻り入れて欲しくなかった)、総じてゆったりした特徴的なテンポと余韻を楽しむ佳品で、小粒ながら味わい深い作品です。初夏や初秋などちょっと時間がゆっくりと感じられる今くらいの時期に丁度いい作品なので、単に名女優の回顧というだけでなく、この雰囲気を楽しんでほしいですね。

拍手[1回]

台風接近中ながらに、窓を締め切ると熱いのですが、
さすがにエアコンもどうかと思い、窓を開けることにしました。

「おわああああああぁぁぁぁぁっっっっっっっっ!!!!!」



素で声が出ちゃいましたよ。
目の前15センチくらいのところで、ゆらゆら搖れるカマキリさん。

台風が通り過ぎるまで、そこでゆっくりとしててくださいな。



さて、先日は暇なタイミングでスマホでネットを見ていると、
そこにあった情報は、驚くほど私に取って有益でした。

私は外出する時、まして慣れないところに行くような時は、
結構この悩みを抱えて、もだえ苦しむことがあります。

それはトイレ。
すぐに入れるトイレがあれば、それだけで安心なのですが、
私はお腹が弱いので、トイレが近くになると不安になります。

そんな私が目を留めた情報は、まさに私にうってつけです。

それは『トイレ情報共有マップくん』というスマホアプリです。




このアプリ、地図上にすぐに入れるトイレが表示されます。

『トイレ情報共有マップくん』App Store

『トイレ情報共有マップくん』Google Play

言い換えると、駅などキップを買わないと入れないトイレは、
この地図には表示されることがないという便利仕様なのです。

コンビニのトイレも表示されたりして、タダといえばタダですが、
まあ、このトイレを使ったらお礼にコーヒーくらいは買いましょう。
私はコンビニのトイレを借りたら、ちゃんと買い物しますよ!

金山や名古屋あたりのトイレの場所は大体把握していますが、
これが全国となれば、こんなありがたいことはありません。

もうこれで私の見知らぬ街への旅の不安5割は解消です。

拍手[3回]

/