ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
​年末に車検があり、車を見直すと絶望の事実。

さすがに買って3年、通勤距離も長いのでタイヤはツルツル、
ブレーキパッドも薄っぺらく年末までは持たない感じ。

車検・タイヤ・ブレーキパッドと畳み掛ける出費です。
ざっと見積ってみましたが、全部で40万弱くらい?
せめて別々にきてくれればいいのにこれは苦しすぎます。

まぁ、半分は趣味のような車ですので仕方ないですね。



さて、先週は運転免許証の更新に行ってきました。
5年以上無事故無違反での私が初めてのゴールド免許。

ブルーだった今までも免許の有効期間は5年ですし、
普段運転しないペーパードライバーでももらえちゃうので、
それほどの感動は無かったのが正直なところ。

そんな昨日、更新からマッハで交通違反でパクられました。

一時停止違反www

バッチリ、糞狭い道の影でパトカーが張っていました。

私としても一時停止を無視したのを正直意識していたので、
特にごねたりせずに「はいはいーおーらい」とサインしました。

違反しても5年に1回の更新時の講習が長いだけなので、
捕まってもそれほど落ち込んだりはしませんでしたが、
面倒くさいと思うのは反則金の支払いが引っかかります。

それは平日の銀行か郵便局での振込しか対応しないところ。
今時の振込ごときネットなりコンビニなりでさせろと。
なかなか簡単に平日の昼間の窓口に社会人は行けません。

違反点数の2点よりも、反則金7000円の支払いよりも、
なによりも銀行窓口に平日に出向くのが悶絶苦行です。

もう、それこそ捕まったタイミングのその場で、
電子マネーで「シャリーン」と支払えたらいいのに。


拍手[1回]

試験が終わって2週間がたちました。

試験勉強という名前の元、ぶくぶくと太った身体は8月頃にやせた分を大幅にリバウンドし、現在、人生の最重量時期に近づきつつあります。

なので、スポーツジムに再入会しました。

実は5年ほど前にジム行っていたんですよね。
そのときには今より15kgほどやせていたので、かなり良かったんですけどね。
部署が変わって、忙しくなって行かなくなったらあっという間でしたよ。

そんなわけで、ショーグンのまじめにダイエット生活開始です。
とりあえずは90kgを切るところが第一目標。

こんばんは。
現在の体重が97kgのショーグンです。

さて、そんなダイエットもかねて(?)本日はライブへ行って参りました。
本日参加してきたライブは「BRDIO LA☆PA!PA!PA! PARADISE TOUR2017」です!

BRDIOってなんぞ?
って言う人は、この辺の動画参照

アニソンも歌ってますが、基本的にはファンクと呼ばれるジャンルのバンドですな。
自然に身体が踊り出すようなノリのいい曲と、ステージ上での煽りが面白くて、ここのところ名古屋に来るたびに毎回行ってます。

これまでは1000人以下の小規模ホールやライブハウスでの開催が多かったのですが、今回はZEPP NAGOYAなので会場が広く、音響も良い分めちゃめちゃノレるだろうなーと思ってました。

結果、それを大幅に上回るノリっぷりでした!

今回はメジャーデビューのシングルを持ってのツアーなのですが、今までのインディーズの曲で盛り上げておいて、最後みんなでお祝いするというなんとも計ったような流れになってちょっとびっくり。それでも、今までの踊れる曲でみんなをあおっておいて、最後はメロディアス(それでものれるのだが)な曲で締める。

ライブなのにめっちゃ踊りましたし、横ステップしました。

個人的には、ラス前にFlyers(デス・パレードOP)を持ってきてくれたところで、最高潮に達してました。
やっぱり、クラップやハンドサイン、ステップにダンス、こんなことできるライブはなかなかないし、それこそBRADIOをオススメする最大のポイントなんですけどね。

というわけで、ショーグンはこれからもBRADIO現地押しするので、興味のある方は是非!

PV見て、リズムとったら、もう仲間だぜ!


BRADIO-Flyers【TVアニメ「デス・パレード」OP曲】(OFFICIAL VIDEO)


BRADIO-スパイシーマドンナ (OFFICIAL VIDEO)


BRADIO-LA PA PARADISE(OFFICIAL VIDEO)


BRADIO-オトナHIT PARADE(OFFICIAL VIDEO)

拍手[1回]

10月もあと少しで終わり。
31日はハロウィンですが、すでにホームセンターや大型スーパーは、クリスマスグッズに移行してます。
早いもんですねー。そう、もう2ヵ月しか今年はないんですよ。年末に向けていろいろ準備せねば!…というのは仕事の話。
去年は大型イベントのステージをどうしよう。衣装をどうしようかと、悩みまくってました。1回戦落ちして、あっさり終わったし、投資したお金はほとんど効力をなさなかったけど、使った時間はとても有意義なものでした。まさにプライスレス( ̄▽ ̄)

次の大型イベントが発表されたときは、たくさんの方に経験していただきたいですなー
(残念ながら開催発表のフリではないです)


さて、そんなしみじみと年末の話をしちゃっますが、私は今月をどうにか乗り切らないとの瀬戸際です( ノД`)

ウチの会社は10月が決算です。
となると、在庫を持つ方はよくお分かりかと思いますが、「全品棚卸し」でございます。

PS4など最新の機種は、しっかり売り場に手が届いてますので、ささっと終わるのですが、問題はレトロ関係の商品です。

ファミコンやスーパーファミコンなどを思い浮かべていただくと、わかりやすいかと思いますが、ヤツらはソフトだけなものが多く、かさばり、そして世間に出回ったバランスが非常に差があります。スーパーファミコンなら「プライムゴール」やら「フォーメーションサッカー」やら「エキサイトステージ」やらとサッカー祭りです。データを読み込んでいくのが大変です(´・ω・`)

しかも、昨今の作業量から、あまりコーナーが手入れができていないので、売り場の整理からスタート。めっちゃ時間がかかります。

むしろ、まだスーパーファミコンとか大きいカセットはいいですが、ゲームボーイなどの小さいものは、売り場にギュッと在庫が圧縮されているので、「これを全部調べないといけないのか…。」
と、絶望すぎてファントムを生み出しそうです(仮面ライダーウィザードより)


と、そんな状態でここ数日は、12時間近い労働を毎日してましたが、なんとかデータの読み込みは残り1機種に!

その機種はゲームボーイ。

中盤のドラクエモンスターズ、たまごっち地獄を抜けた先は、ポケモン赤緑青ピカチュウ金銀クリスタル&カードの怒涛の量。そして終わりがけには遊戯王1、2、遊戯海馬城之内デッキというラスボスが待っている地獄のロードなのです。

でも明日は、スイッチのマリオ、月末の大量発売の新作パソコンソフトと忙しいのは間違いなし。終わるかなぁ(´Д`)


でも、そんな作業をしてても、いろんなソフトに巡り会う機会。こないだミニスーパーファミコンも発売されたという事で、アレコレ久しぶりに遊んでみたいソフトを見繕った٩( 'ω' )و

さすがに在庫がないものは仕方がないけど、ミニスーパーファミコンに収録されていないタイトルばかり選んでみた。
またロビーに置いたら興味をもってくれるだろうか?なーんて考えつつ、今回のお話は終了。


30日に鈴鹿行きたいけど、台風直撃しそうですね( ノД`)

拍手[1回]

ちゅうカラのみなさん、おはようございます!
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールPです。

先週末、今週末と2週間連続で台風となりそうな天気です。平日も天気がいいとは言えず、なんとも言えない気持ちになりますね。

田所あずささんの新アルバム、"So What?"が発売されたため、その話でも。

最近の田所さんのソロ曲は声優の曲かといわれると首をかしげるような曲も多いのですが、青をイメージカラーとする声優の宿命かもしれませんね。
とりあえず、このアルバムの新曲だけ紹介します。

まずは最初に流れるのはリードとしてショートに作ってあり、引き込む力が強い"涙 one of them"。タドコロックのパワフルなサウンドが世界観を作ります。ドラムが疾走感を生み出します。

そして、"ストーリーテラー"。この曲好きです。蒼い。蒼い。蒼い。他の田所さんの曲で言うと純真Always(アニメ 無彩限のファントム・ワールド エンディングテーマ)が好きなひとはきっと好きな気がします。

トラック4は"ギミーシェルター・ブライトネス"。ロック色がとてつもなく強い。ライブ映えすること間違いなしです。ただし、田所さんのワンマンライブは生バンドなのですが、12月のライブで田所さん以上にバンドメンバーに目が行ってしまいそうに感じるほど、演奏側の難易度が高いのではないかと感じます。

"Pajama KINGDOM"。また不思議な世界観を創り出しますが、簡単に言うと、みんな寝ろよ!という歌なのかな・・・?まだ飲み込み切れていませんが、するめ曲の予感です。

雰囲気はガラッと変わって"そう上手くいかないものです。"ガールズバンドがTVドラマの主題歌に抜擢されたかのような曲です。Twilight Skyが好きな人とかにはお勧めです。田所さんの声をすごくよく活かしている気がする曲で、彼女の声は若干切なさを感じるのですが、前向きなお願いをするようなリリックを切ない声で歌うことで、一生懸命さを感じさせていると思います。

"Crying"は切ない彼女の声を、もっと切ない方向に振り切った曲です。この曲はとにかく聞いてほしい。

Cryingでどん底まで落ち込んだ心を一気に浄化してくれるのが"僕は空を飛べない"です。透き通る青空をイメージさせるようなイントロから始まると、青春系のアニメのオープニングチックな曲が始まります。落ち着いて聞ける感じです。

"Aiming for Utopia"は洋画のエンディングにありそうな感じです。そして、ライブだとDメロが合唱になりそうだなぁ。みんなで歌おう、believe ourselves!

また雰囲気はガラッと変わって、"I can't live without you."。感情が持っていかれた中でこの曲はずるい。あと、田所さんの曲でストリングスが入っている曲は本当にアレンジャーがすごい。いちいち琴線に触れてきて、大好きです。

最後、"ころあるき"は明るく元気に後ろ向き!そんな田所さんのキャッチフレーズをそのまま歌った曲です。いまさらといえばいまさらですが、自己紹介ソングですね。それも代表曲という意味の自己紹介ソングじゃなくて本当に田所さんのことを歌っただけの自己紹介ソングです。

とりあえず、以上、CDを買ってきて最初に聞きながら思ったことをつらつらと書き綴っただけの文章でした。

うまく説明できた気がしませんので、試聴ページだけ貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=5aWKD99ZybQ
https://www.youtube.com/watch?v=JFqklsBjOXo

さて、今回ご紹介する曲は"SING MY SONG"です。最上静香の歌うこの曲は、これまでの最上の二曲と比較して、前向きに吹っ切れた感じがします。最初のPrecious Grainが曲調こそ違うものの、蒼い鳥に近い追い詰められた感、Catch my dreamは約束の大サビのように新しい景色が見えて初めてきた感、そしてこのSING MY SONGはJust be my self!!のごとくこれまでの経験が連れてきてくれた今まで見えなかった未来に向かった曲です。アライブファクターで歌うように、二人の歌は感情共鳴しているのです。

おわり。

拍手[0回]

なんと、今回で通算300回目の更新になります。
個人的な都合で更新日が前後した事が何度かありますが毎週の更新を欠かさずここまで来れた事にホント良く続いたなぁと感慨深くなってしまいます。
YGさんによってTwitterなどのSNSと連動させるようになってから閲覧してくださる方も増えたようで、映画の配給元や上映館のスタッフの方、更には手掛けた監督や出演者の方に読んで頂けたこともあったと聞き、何だか嬉しくなってしまいますね。

こんばんは、小島@監督です。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、そんな今回の映画は、「劇場版Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower」です。先日の歌会に参加された皆さんならご記憶でしょう、ええ、じゃんけん大会でゲットしたあの前売券を早速使わせて頂きましたよ!
実は7年前に私がちゅうカラブログに初めて書かせて頂いたのが「劇場版Fate/stay night[UNLIMITED BLADE WORKS]」の感想だったりするので、不思議な縁と成長しない自分を実感します(笑)。いや、せめて文章のレベルが少しは向上してると思いたい。

10年前に起きた「災厄」の爪痕を残す街、冬木市に暮らす少年・衛宮士郎(声・杉山紀彰)。幼い頃からの縁で保護者を気取る藤村大河(声・伊藤美紀)や、士郎を慕い日々朝食と夕食を作りにやってくる少女・間桐桜(声・下屋則子)と共に優しい日々を過ごしていた。
しかしある時を境に冬木市に連日のように殺人や昏睡事件のニュースが流れ始め街に不穏な空気が漂うようになる。
そんな中、放課後に用事を済ませ遅い帰途に就こうとした士郎は校庭に異様なものを目撃する。2人の男が人智を越えた死闘を繰り広げていたのだ。
そして士郎は知ることになる。手にした者の願いを叶えるという願望機「聖杯」とそれを巡る戦い「聖杯戦争」の存在を。
ーーー「喜べ少年、君の『願い』はようやく叶う」

2004年のPC版リリース以降、絶大な支持を集めると共にその後数多くのシリーズ作品とスピンオフを生み出した「Fate/stay night」、2006年にTVシリーズが製作されて以降度々アニメ化されていますが、物語を構成する3つのルートの内最終章に当たる間桐桜ルート「Heaven's Feel」が3部作の劇場用アニメとして初めてアニメ化され、その第1章が現在公開中です。
製作スタジオはTVシリーズ「Fate/ZERO」、「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」を手掛けたufotable。監督須藤友徳以下ufotable版「Fate」に携わったスタッフが多数参加しています。

いくら3部構成とは言え原作が非常に長大なためどうしても駆け足な展開になるだろうなと思って臨んでみたら意外にもかなりゆったりとしたテンポで物語は紡がれ始めます。士郎と桜、大河、桜の兄・間桐慎二(声・神谷浩史)、遠坂凛(声・植田佳奈)ら主要人物たちの関係性をじっくりと掘り下げていく語り口はどこか日本映画的です。
序盤に限らず全編に渡り実に台詞が吟味されていたのが大きなポイントで、込み入った設定を説明するにしても観客に聞かせるように語るのではなく登場人物たちが「状況を確認したいから語ってる」形をきっちり作り上げているのに好感が持てます。単に「原作に忠実にアニメ化」するのではなく原作の雰囲気や語るべき物語をアニメとしてどう語っていくかをちゃんと意識して「翻案」している様が伺えます。

人物を語ることに注力している分「Fate」の骨子ともいえる「聖杯戦争」のイントロダクションについてはほぼ全カットという構成にも唸りました。不親切なようにも見えますが確かにもう何度も映像化されているのでファンなら承知の部分ですし、全く知らないなら知らないでもこの作品において「見せたい部分」というのはそこではないため問題ではないからでしょう。この取捨選択の大胆さが作品の質を上げる方向にちゃんと向いているのもポイントです。

無論劇場版らしく作画のレベルも極めて高いです。手数の多いアクションシークエンスもさることながら高精細な背景美術と計算された明暗のコントラスト、静的な情感の表現が素晴らしく、物語への高い没入度を約束します。

3部構成の第1章である性質上、物語が加速し始めたところで終わってしまうためどうしてもボルテージが上がりきらないという難点はありますが、1本の映画として既に満足度は高く、2章以降への期待も高めてくれるでしょう。
さあ、物語の幕は上がりました。桜の想いはどこに向かうのか、士郎の「正義」は最後に何を選択するのか。結末の形は原作通りになるかもしれなくてもアニメにはアニメだけの「過程」が用意されている事でしょう。この物語がアニメになる日を待ち望んでいた方も多いはず。見届けたい方は是非、スクリーンに足を運んでみてください。


拍手[0回]

​本日は台風の迫る日曜日ながら休日出勤でした。
最近は日曜日の出勤が多く歌会を頑張って避けてます。

そして選挙ながら期日前投票に行っていないので、
仕事を終えてからこの大雨の中を投票所に向かいました。

この土砂降りの中、選挙に行かなくてもと思いましたが、
変な使命感に囚われて、やっぱり行ってきました。



みなさんは投票に行ってきましたか?
安心して歌会のできる日本を目指しましょう!(大げさ)



さて、先日待ち合わせで友人を待ってボーっとしていると、
同じ場所で待ち合わせらしき2人組がの会話が聞こえた。

どうやら自分たちの舌が繊細かどうか話しているらしく、
豆腐の良し悪しから、エビの違いみたいな話をしていた。

そして車海老とブラックタイガーの違いを比べ始め、
片方の一人が車海老のが甘いなんて話する食通ぶりを発揮。
しかしながらそれを聞いていて、ホントにそうか?と。

私は車海老とブラックタイガーの違いなんて、
自分の舌でわかるような気がしないのですけども。

並べられて違いを比べるなら違いくらいは分かっても、
どちらが車海老?と聞かれても分かる気がしないです。

彼が言うには車海老のが甘いとのことらしいですが、
並べられれば分かりますが、片方だけ食べたくらいでは、
そんなもの「ああエビですね」って感想しか言えません。

私の舌は安いので、美味しいものは美味しいくらいの、
幼稚は感想しか言えないのがもどかしいくらいです。
味が分かるってのはどこまでの事をいうのでしょうか。

ちゅうカラにはなぜか日本酒好きなメンバーが多いですが、
そのメンバーが日本酒の味を語るのを見ると感心します。
日本酒だって相当繊細な味覚がないと分からないですしね。

美味しいものを食べると幸せになると言いますが、
なんでも美味しいと言って食べられるやっすい舌は、
幸せを感じやすくていいのかも知れません。

拍手[2回]

試験が終わったので、いろんなものから解放されたショーグンです。
わーい! じゆうだー!

というわけで

♪ 日曜日は~


♪ 月曜日は~


♪ 火曜日は~


♪ 水曜日は~


♪ 木曜日は~


♪ 金曜日は~


友よコレがショーグンの一週間です テュラテュラテュララ♪

スイマセン、いろいろ解放しすぎて1キロほどウエイトアップしたので、来週から搾ります

拍手[2回]

/