ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
1
年の瀬が近づく今日この頃。
どうお過ごしでしょうか、皆様。
日に日に寒さがましてきて、あらゆる箇所の皮膚から粉が飛び散っております。ニベアを全身に塗ることで回避していきましょう、安いですし。

さて、ブログって一体何をどうして書くのが正しいのでしょうか。
ブログ担当になったことを知人に報告する度に、「めんどくさいから自分だったらやらない!」などの叱咤激励的な言葉をもらいますが、愛がある故の返答なのでしょう、心に刻みます。
本心を言えば、日本語もまともに喋れてるか定かでない女に、ブログという難易度高めのことをやれというのが間違ってはいないだろうか。
ですが、主催者がやっておくれと言うのならば、笑顔でYES!と答えるのが人情ってやつでしょう。
情に厚く涙脆いか弱い女としてこれからも生きていく所存です。

ところで、人生で絶対やりたいことが皆様にもいくつかあるでしょう。今年いくつ叶えましたか?
私は一つ叶いました!
それは‥

焼き芋屋さんで焼き芋を買うこと!
近所から流れる焼き芋屋さんのメロディに吸い寄せられ、いざ買うぞとした時。
芋屋「ほくほく系と甘い系どっちがいい?」
私「甘いやつがいいです!」
芋屋「お嬢ちゃんみたいに熟熟で中から蜜がたっぷり出てくるやつにするよ、あははのは」

家に帰った私「私って超うまいんだなぁ~もぐもぐ」

さて、皆様良いお年を!
因みに自己紹介してないけど、私さぬきっていいます。細かいことは直接聞いてくれ!
じゃあね!

拍手[5回]

今年最後の更新という事で、1年の振り返り。
ちゅうカラという事であれば、やはり1番の出来事は、5月の歌会。
準備の最中に、かときちさんが転倒による骨折で、緊急搬送。
そのときは救急車がきて、隊員さんが5人で8階から階段をスパイラル状に降ろすと作業。さすがというかあっという間に降りていきましたね。

意識もあり、大丈夫そうだったからそちらは安心ですが、私としての問題はここから、司会を含めてすべてを代行する事に。
運悪く、昔からの主力メンバーは他のイベントに参加している方が多かったので、すごく心細かったですが、その日に参加したいろんな方が助けてくれて、とてもありがたかったです。改めてお礼申し上げます。
実は令和になって最初の歌会だったんですよね。なんの因果でしょうか。

その日の食事会は、そんな事があったせいか参加者は10名をきってました。
今思えばやらなくてもよかったかなぁとか思いましたが、そのときは「参加者がいるならやらないとな」って使命感のほうが強かったので、開催しました。

1日やってみて、事前の電話確認からを考えて、かときちさんの大変さを実感した1日でした。運営、本当にありがとうございます。


そのあと、2ヶ月の歌会お休みや、よくメンバーで走りに行っていた鈴鹿サーキットのカートが終了になるなど、いろいろありましたが、昨日の忘年会も無事終わり、ちゅうカラとしての1年が終了しました。


何気に私自身が今年は厄年でしたので、なにがあるかわからないと、恐る恐ると過ごしてきた1年でしたが、最初の1月でいきなりテンションがどん底まで落ちる事はありましたが、広島、熊本、和歌山など故郷行脚したり、転職したりと振り返るとアクティブに動いた1年だったのかなぁとか思います。
(ガムシャラかつ空回りだっただけかもしれませんが)


今年はこれにて終了ですが、年が明けて2日には、初詣。3日には新春歌会とイベントが続きます。
願わくば年明けから、皆さんと楽しめたらと思いますので、たくさんの方のご参加お待ちしております。
ちなみに個人的ではありますが、新春歌会にスイッチの「リングフィットアドベンチャー」をじゃんけん大会に出します。
参加された方の、ささやかなお年玉になればいいかなぁと思っております。


次の更新は、新春歌会の日!歌うかロビーで遊ぶか迷っています(笑)
年末にかときちさん宅に遊びに行きますが、そのときにゲットできるヤツを持ち込もうか検討中(・ω・)

拍手[2回]

みなさん,おはようございます。
水曜日担当レイウォールです。

今年も終わりが目の前,私の担当のブログも今年はこれが書き納めです。
せっかくですので,ちょっとだけ振り返りましょう。

今年はのっけから,過ごし慣れた職場を離れて,東京の他社へ出向に行くところから始まりました。

そして3月にはシャイニーカラーズが記念すべき1stライブを迎え,舞浜アンフィシアターで今しか出すことのできない最高の輝きを創り上げました。粗削りながらも今できる最高のパフォーマンスを見せたことに対する感動,それは何にも代えられません。全3公演中1公演だけですが,円盤を持っておりますので,興味がある方はお声掛けください。

その一週間後,3/15にはSideMの315プロダクションが315(サイコー)の日としてプロデューサーミーティングを開催いたしました。トークパートもよい出来だったのですが,それ以上にこれまでのSideMではなかなかできなかった他のユニットの曲を歌うという試みは,アイドルマスターの原点に立ち返ったかのような想いでした。

4月にはミリオンライブが宮城にて6thLIVE Tourの幕開けとなるAngel STATION公演を開催しました。ここ数年のミリオンライブの公演は信号機と呼ばれる中心人物三人がそろわない公演を続けています。それでも安定した姿を見せられる力がついてきていることを証明しました。

5月はSideMが初のSSA公演となる4th STAGE TRE@SURE GATE,ミリオンライブが神戸Princess STATIONを開催いたしました。
SideMは広いメインステージ,花道とバックステージからなる公演でした。しかし広さを苦にもしないそのパワフルな動きはプロデューサー,スタッフやファン,お客様たちを魅了しました。プロデューサーミーティングが挑戦なら,こちらは王道の成長を見せたといったところでしょうか。
ミリオンライブは同じUNION @IR TOURといえど,出演者総入れ替え,曲もごく一部を除き入れ替えと全く異なる様相の公演でした。何が飛び出すかわからないびっくり箱,タップダンサーズ(ももこさん可愛い)や和太鼓奏者曇天さんなどのゲストも登場,それこそ予想外で非常に楽しかったです。

6月はUNION @IR最終公演のはずだった福岡Fairy STATIONの開催がありました。いや,蒼はいいですね。とにかく涙を流すことしかできない公演でした。円盤の発売日がとても楽しみです。

8月はSUMMER PARTY 2019と題打ってシャイニーカラーズがトーク多めのぶっちゃけラジオ公録を開催しました。笑いあり,笑いあり,爆笑あり,たまに感動ありの楽しい公演です。ただいまアソビストアにて好評配信中ですので,気になる方はぜひご覧ください。

9月はシンデレラガールズ7thLIVE TOURの皮切りでした。幕張メッセにてSpecial 3chord Comical Popsが開催されました。ド平日にも関わらず,たくさんのプロデューサーが応援に駆け付け,アイドルのみんな,ファンの皆様,お客様たちと会場を彩りました。今回から仲間に加わったアイドルも最高の活躍を見せてくれました。1月には当該公演のアンコール上映が開催される予定ですので,ぜひとも映画館に足をお運びください。

またUNION @IRの追加公演も開催されました。再放送という位置づけで開催されたこの公演では,各公演を形作ったユニット曲を中心にSSAの会場をSideMとは違う色に染め上げました。

10月にはついに東京ドームですよ!東京ドーム!
バンダイナムコエンターテインメントが有する多くのコンテンツが一堂に会し,その素晴らしい楽曲の数々を一度に披露するスペシャルなイベント,バンダイナムコエンターテイメントフェスティバルが東京ドームにて開催されました。東京ドームはアイドルマスターにとっても特別な場所。16年たってやっとたどり着いたステラステージです。そこであの言葉を言わずにとっておく中村繪里子さんの粋さは最高ではないでしょうか。

11月,ナゴヤドームにてシンデレラガールズのFコード,Funky Dancingが開催されました。とてつもなくかっこいいダンス曲の数々,そしてsatsuki可愛い。あ,ダンサーといえば,今日はmomocoさんの誕生日ですね,おめでとうございます。周防桃子役の渡部恵子さんからもおめでとうメッセージが入っていたらしかったり,お祝いはアイマスダンサーズが最初だったりしたとのことで,非常にいいものです。そして,DJ KOOがゲストで出演,trfの曲を披露ということでぶちあがりました。円盤はいつでしょうか。

そのほかにも中村さんの結婚とおめでたいことがあったり,SideMから徳武さんが引退表明だったりと色々あった一年ですが,今年もいいアイドルマスターでした。

ということで,2020もアイマスですよ!アイマス!


本日,ご紹介する曲は"メリー"です。まあ,今日はクリスマスですから。春香,やよい,千早,真,美希の5人の曲です。2007年に発売のめっちゃ懐かしい曲です。というか,12年前です。ちょっとびっくり。そんな曲がスマートフォンアプリ,アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズでプレイできるんですよ!これは今すぐ,プロデューサーデビューするしかありませんね。私と一緒にアイドル達をプロデュースしませんか?

おわり。

拍手[2回]

クリスm………
12月第4週目皆様いかがお過ごしでしょうか。
師走とのことで気が付いたら年明けが来週に迫っており、やり残したことをやろうという気持ちもあれば、早く休みに入りたいから早く終わってくれといった気持ちもあり、非常に複雑な心境でございます。

そろそろ忘年会が落ち着き、新年会の準備をされている方もいらっしゃると思います。
飲んで食ってを繰り返し不摂生のオンパレード。そんな中、体の管理はできておりますでしょうか。
体に気遣ってみても、外は寒いしランニングなんて論外、ジムに行く時間・やる気もなければ何かと理由をつけて「また、明日やろう」。そんな状況ではないでしょうか。私自身、去年はそんな状況でございました。

でも今年は違うぞ!だって僕にはリングフィットアドベンチャーがあるんだから!
ということで、忘年会でも景品としていて出ていたリングフィットアドベンチャーについて2-3回分けて紹介させて頂きます。

このゲームはRPGとフィットネスを融合させたものであり、運動しつつゲームも楽しむことができるフィットネスゲームとなっております。寒い時期にわざわざ外に出なくても、switchと畳1枚分のスペースがあれば運動できる優れモノであり、出不精なゲーマーでも気軽に自宅で運動ができます。

「フィットネス」という言葉を聞くと軽い運動程度に考えられる方いらっしゃると思いますが、
このゲームは違います。終わった後の筋肉痛に悩まされるほどきついフィットネスであります。
しかし、自分に合わせて「運動負荷」を変えることができ、全く運動していない人でも軽い負荷から始めることができます。体力に自信が無くても全然問題ございません!

運動の基本はスクワットやプランクなど自重トレーニングがメインとなり、付属のリングを押し込んだり、ひっぱたりすることにより、腕や足を鍛えることができます。
足が気になる人には、足専用のフィットネスなど鍛えたい部位に焦点を当てて集中的に鍛えることもできます。

ここまでフィットネスの部分に焦点を当てて紹介させていただきましたが、ではゲーム制はどうなのか?
基本的にはRPGと同じ自分の番があって相手の番くる「ターン制」のゲームでござます。
相手への「攻撃」が「フィットネス」となっており、スクワットを1回行うことにゲーム上で相手に攻撃できるといったバトルシステムとなります。
攻撃にはフィットネススキルを使用します。このスキルには5種類あり、青・赤・黄・緑・桃で色分けされております。青=足,赤=腕,黄=腹筋,緑=体幹,桃=全身,このように色ごとに鍛える部位が異なっております。

しっかりとしたバトルシステムがあり、ゲームを楽しみつつ運動を行うことができます。
ステージクリア後はコントローラーのIR機能を使用して、心拍数を計測することができ、消費カロリーを算出することができます。

まだまだRFA(リングフィットアドベンチャー)の魅力はございますが、体力的にきついので今回はこのあたりで終わりとさせていただきます。

PS.クリぼっちはラブプラスeveryしましょ。長期メンテナンスを終えようやくプレイすることができるようになってますよ!!

拍手[1回]

来年秋予定で「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」が実に28年ぶりにアニメ化されることが決定。「ダイの大冒険」はジャンプ黄金期直撃世代だった自分にとっても特別な作品の一つで、今でもたまに読み返したりしています。「アバン・ストラッシュ」とか「天地魔闘の構え」とか良く真似しましたよ、ええ(笑)
 前のTVアニメでは原作の10巻に差し掛かったあたりのところで終わってしまったので今度は最後まで映像化してほしいところ。

 こんばんは、小島@監督です。
 前作に出演していた方の中には藤田淑子さん、青野武さん、内海賢二さん、石塚運昇さんと既に鬼籍に入られた方が多く、それを思い返すとちょっとしんみり。

 さて、今回の映画は「アナと雪の女王2」です。

 アナ(声・クリステン・ベル)とエルサ(声・イディナ・メンゼル)の姉妹によってアレンデールに平和が取り戻されてから3年の時が経った。幸せな日々が続き、クリストフ(声・ジョナサン・グロフ)は秘かにアナにプロポーズしようと考えているがなかなか実行に移せずにいる。
 だが、ある日を境にエルサの耳にだけ不思議な歌声が響き始める。その歌声は自身を呼んでいるように聞こえてならないエルサ。エルサの変調に気づくアナだったが、時を同じくしてアレンデールを異変が襲った。アナとエルサは辛うじて街の住人を避難させることに成功したが、その原因を突き止めるべくアナとエルサ、クリストフ、トナカイのスヴェン、雪だるまのオラフ(声・ジョシュ・ギャッド)と共に旅に出た。

 「レリゴー(Let it go)」の歌声を社会現象化させるに至った前作はディズニー史上初のダブルヒロイン映画でした。それから5年を経て製作された今作も、いわゆる「ディズニープリンセス」を主人公とした劇場用作品としては初めての続編となるそうです(実は続編としては「シュガー・ラッシュ オンライン」が、OVA作品も含めると「リトル・マーメイド」や「美女と野獣」に続編が作られていたりして、前例が全く無いではない)。
 キャストはもちろん監督も前作同様クリス・バックとジェニファー・リーの共同、脚本もジェニファー・リーが続投し、ミュージカル映画にとって重要な音楽もクリストフ・ベックが引き続き担当しています。

 前作も雪と氷の色彩と表現の多様さに驚かされましたが、冬ではなく秋の季節の中で展開する今作は前作以上に難度の高い水の表現が進化。更に紅葉した木々の描写も見事で、ディズニーブランドの名に恥じない圧倒的な映像美で見せてくれます。
 
 物語の方はと言えば、エルサが未知の脅威に対しとことんアクティブなスタンスを取るのが印象的。前作は原典ともいえるアンデルセンの童話では悪の象徴であった雪の女王を視点の中心に据え、その弱さを描き出す物語でした(奇しくも前作で近い時期に公開され今年続編も製作された「マレフィセント」も同じ構図を持っていた)が、いろいろ乗り越えて心身共に強くなったエルサが、「お前はマーベルヒーローか?」と言わんばかりの大活躍を見せます。
 また今作では事実上全く出番が無いにも関わらず、再三ネタにされるハンス王子の存在が楽しい(笑)

 エルサの力の根源を探る旅となる今作は、同時に妹であるアナにとっても自身の出生と家族についての過去を探る旅であり、それはさらに言えばクリストフも含めた3人の人生に変化と転機をもたらすものでもあります。姉妹の出自に直結してアレンデール王国の歴史の闇までもが物語に絡んでくる上、それに伴い多数のキャラクターが新登場して来るので実は相当に複雑な構図をしているのが特徴。にも関わらず姉妹の絆のみに焦点を絞った前作と上映時間はさほど変わらないため、総じて個々のエピソードの帰結にかなりの濃淡が生じ結果的に粗のように見えてしまうのがいささか残念ではありますが、むしろ良く取りまとめてみせたなというのが印象。ちゃんと全員に新たな一歩を踏み出すドラマを用意しているところはさすがと言えます。

 もう一つ見どころとして、今回私は吹替版で観たのですが、オラフ役をピエール瀧から引き継いだ武内駿輔の演技が絶品。軽快な喋りの合間にフッと出る低音が素晴らしいのでここは是非吹替版もお薦めしたいところ。

 SNSを利用したステルスマーケティングが表面化して妙なケチがついてしまったりしていますが作品としてはなかなかの高品質。良い音楽と美しい映像で見せる、ちゃんと楽しい1本です。公開から1か月近く経過していますが、まだまだ好調を維持しているこの作品、せっかくならスクリーンでどうぞ。
 

拍手[2回]

ちゅうカラの最後のイベントとなる、忘年会に参加された方、
お疲れさまでした!そして、ありがとうございました!

その忘年会の最中、そんな景色は今までなかったのに、
競馬の年末大レース『有馬記念』にメンバーが盛り上がり、
そのレース中継を私もなんとなくですが眺めていました。

とくに競馬に興味のない私なのですが、それを見ていたら、
今年も終わるんだなと思いちょっと淋しくなってしまいました。

それでも今年最後のイベントを、これだけ多くの人たちと、
過ごすことができるのは、本当に嬉しくいい年末だと思います。



さて・・・

寝ます。







拍手[2回]

今年のブログ更新も自分の分は、あと2回。
ここにきて、火曜日にニューカマーが参戦してくるという。主なネタはゲームのようです。元ゲーム屋の私に対しての挑戦か!?
…な~んて事は思いません。ネタにしたければお互いネタにしたらいいんですよ(・∀・)b

ゲームネタと言っても、私も毎週出てくるほどではありませんしなぁ。
最近買ったソフトなんて、ニンテンドースイッチの『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』ですよ。発売したのは、2017年3月3日とかなり前。ただこのソフト、これだけ時間が経っているのにも関わらず、中古ではまだまだお高いのです。
中古で値段が高いのは、人気が落ちないくらい在庫が貯まらない(買取が少ないもしくは買取が多くても、すぐ売れてなくなる)からですね。
まぁクソゲーでも、出荷数が少なきゃレアもの扱いで、高い場合もあるんですけどねぇ(^_^;

実際、いろんな方に薦めはされてるんですよねぇ。ファミ通も満点評価ですし。

まだプレイしたのはさわりだけですが、自由度はかなり高く、じっくり遊べそう( ̄▽ ̄)
というか、ゼルダ姫の声が嶋村侑さんというので、ちょっとテンション上がりましたよ。
私の中では、『Gのレコンギスタ』のポンコツ姫こと、アイーダ様。さらにいえば『プリンセスプリキュア』の春野はるか / キュアフローラ役の方です。まだ声だけなんで、本格的に出てきてないので今から楽しみです(*´∀`)

とりあえず武器が消耗品扱いのは気になってるところ。剣以外にもいろいろあるのは嬉しいんですが、耐久度がなくなると壊れちゃうのは嫌だなぁ(´・ω・`)

というわけで、年末年始はゼルダをプレイする事になりそうです。
すでにプレイされた方からのプレゼンは歓迎しますが、ネタバレはやめてねw

年末年始といえば、今週末はちゅうから最後のイベント『忘年会』ですね。
すでに夜の部(食事会)は、締切ったっぽいですが、昼の部(カラオケ)はまだいけるのかな?
カラオケは、アニソン縛りではないので、参加される方が何を歌うのか楽しみです(*´∀`)


年末は忘年会で終了ですが、年始は2日に初詣があります(゚Д゚)ノ
知ってますか?すでにスポイベ掲示板に書かれているんですよ。ちなみに投稿日は"今年"の月3日(笑)
行けそうな方は、ぜひみんなで行きましよ~

ちなみに翌日3日が新春歌会ですよ♪



年末年始といえば、ボードゲーム。最近はアナログのほうが強くなってきてますが、桃太郎電鉄とか、いただきストリートとかがっつり、TVゲームのボードゲームをやりたいなぁとか思ったりするけど、賛同する方いる?(・ω・)

拍手[1回]

/