ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2
妹が買ってきたポテトチップス「のりしお味」を少し摘むつもりが完食してしまいました。ポテチって食べだすと、なんでノンストップになるのでしょうか。31歳になっても分からないことだらけのキムタケです。


キムタケのブログにも度々登場する柴犬くん。最近、ちゅうカラのメンバーからこんな質問をよくされます。「キムタケくんと柴犬くんって、よく遊んでるみたいだけどどういう繋がりなの?」っと。

確かに柴犬くんとは月に2~3回は少なくとも遊んでいるはず。なんだかんだ、ノリよく付き合ってくれているのでキムタケが、ついつい連れまわしているわけですが。。。

柴犬くんと知り合ったのはほんの1年ほど前のことです。切っ掛けは柴犬くんのお兄ちゃんでした。実は、柴犬くんの兄貴とキムタケが中学・高校時代の同級生でして。サークルへのスカウトを密かに画策していたキムタケに柴犬(兄)が推薦してくれたのが切っ掛けです。


ここからは暫し、回想にお付き合いください。

柴犬兄弟が某上前津で営む整体院に訪れたキムタケ。背中の張りを取り除くべく、柴犬(兄)のマッサージを受けながらのこと。


柴犬(兄):「たけし、最近、休みは何してんの?」
キムタケ:「最近は、カラオケかな。カラオケのサークル入ったので、その練習とか。」
柴犬(兄):「え?!俺も行きたい。誘ってよ」
キムタケ:「別にいいけど。。。アニソン限定だけどいい?」
柴犬(兄):「あ・・・あ~、アニソンねぇ。面白いよねぇ」
キムタケ:「そうねぇ」
柴犬(兄):「・・・・・」
キムタケ:「・・・・・」
柴犬(兄):「あ、うちの弟、アニメ好きだよ。ちょっと話してみてよ」


っとそんな感じで、隣で診療していた柴犬くんを紹介されたキムタケですが。
この会話、キムタケとって要注意のフラグです。思い返せば、合コンや街コン、仕事場と、何度となく経験した失敗の数々。アニメが好きだと言い張る相手に、テンションがあがり。結局、引かれる王道パターン。

そんな辛い過去を乗り越えてきた大人のキムタケ。こういう時は、デンプシーロールを繰り出す前の幕ノ内一歩のように、まずはジャブで応戦します。


柴犬くん:「あ、はじめまして~」
キムタケ:「どうも~」
柴犬くん:「え、たけしさんはどんなアニメよく見るんですか?」
キムタケ:「うーん、どうかな~、ジャンプ系のアニメが好きかな」← (ここ、左ジャブ)
柴犬くん:「へぇ~」
キムタケ:「何系が好きなの」←(ここもジャブ)
柴犬くん:「僕ですかぁ、いやぁ、なんだろう。ロボット系ですかね」


はい。ここで少し展開が変わります。ロボット系と言った時点で、彼は一線を少し越えてしまっていますね。続きをどうぞ。


キムタケ:「ロボットかぁ。ガンダムとかかな?」
柴犬くん:「そうですね。ガンダムも一通り好きですし。それ以外にもロボット系ならほとんど」


むぅむぅむぅ~。リカルド・マルチネスが伊達英二を認めたが如く、柴犬くんが話せる相手だと察したキムタケ。次は、軽くフックからのコンビネーションを打ち込みます。


キムタケ:「僕は日常系とかギャクアニメを良く見るんだよねぇ」(ここ、右フック)
柴犬くん:「どんなの見るんですか?」
キムタケ:「鬼灯の冷徹とか」(強めのジャブ)
柴犬くん:「あ~、なるほど。」
キムタケ:「夏目友人帳とか」(もう一発、ジャブ)
柴犬くん:「へぇ~」
キムタケ:「とらドラ!とか」(右のストレート)
柴犬くん:「いいですねぇ~」

この反応を見て、柴犬をドラフト1位でスカウトすることを決めたキムタケ。熱くなり、くぎゅーの魅力を散々話したとか、話してないとか。兎に角、即座にLINEを交換し、ちゅうカラにイザナッタわけです。

そんなこんなで、ちゅうカラのメンバーになった柴犬くん。その後、楽しそうにサークルに参加してくれて。同級生の柴犬兄からも「最近、サークルのおかげであいつ楽しそうだわ」っと言っていただき。密かにスカウト活動をしてよかったなっと心から思っている次第です。


そんなこんなで、今週末、はじめてアニメ好き限定の街コンに参戦するキムタケ。恋とスカウティングの2冠を奪取してきます。来週のブログで良いご報告ができるよう全力で頑張って参りますので、応援よろしくお願いします。

おしまい

拍手[3回]

本日は柴犬くん、オギちゃん、キムタケの3人で豊田市の麺創ななやに限定ラーメンを食べに行ってきました。豚骨と煮干で併せた所謂セメント系ラーメン。先々週も柴犬くんと食べにいったのですが、今回、その限定ラーメンが改良されたとの情報を得た我々一行。仕事終わりに高速を飛ばして食べてきました。結果、至高の一杯を堪能できました。今月末までの限定。是非、皆さんも食べに行ってみてください。そんな最高のラーメンに感嘆したあと、自宅にてブログを更新するキムタケです。

さて、キングダムのアニメ版を改めて見直しているキムタケ。改めてみても面白いなっと関心します。もともと、子どもの頃から歴史好きだったキムタケ。数学や英語は偏差値50に満たない残念系の学生でしたが、日本史だけは偏差値70を切ったことはなかったとか。

もともと、キムタケが歴史にはまる切っ掛けは大河ドラマの「琉球の風」と信長の野望でした。琉球の風は小学生の低学年の時に親と見ていて、内容は全然覚えていないのですが、あまりにそのドラマにキムタケがハマッタため、家族旅行で沖縄に行ったほどでした。それから、毎年大河ドラマをみるようになりました。毛利元就、秀吉あたりはいまでもストーリーを多少覚えています。

そして、もう1つ。キムタケの歴史愛に影響を与えた作品が信長の野望です。6つ上の従兄弟の兄ちゃんがPCでやっていた歴史シュミレーションゲーム。今思うと単純なシステムですが、小学生低学年のキムタケにとっては、PCでゲームをする感じがクール、好きな歴史を体験できる点でホットでした。

あまりゲームをやらないキムタケですが、コーエーの信長の野望シリーズ、三国志シリーズ、太閤立志伝はほぼ全てのタイトルをプレイしています。特に太閤立志伝4にハマリました。この太閤立志伝は歴史上の人物の一生を体験するシュミレーションゲーム。武士はもちろん、剣豪、忍者、商人、海賊、茶人など多様なプレイスタイルが可能で、それぞれのクリア・エンディングがあるところが最高でした。

また、単純に能力値だけでなく、技能をミニゲームで習得することでストーリーを進めやすくなるなど、深入りできる要素も多くありました。戦国期を生きてみたかったキムタケにとっては今でも最高の一作です。

三国無双が出てきたときにも感動しましたが、そろそろ、VRの無双が開発されているようなので、YO-CHECKです。

っと、歴史好きの一面もあるキムタケ。明日も仕事なので今日はキングダムの続きを見て、寝ようと思います。長文、駄文をお読みいただき誠にありがとうございました。

おしまい

拍手[2回]

2年前の4月。ちゅうカラに入会したキムタケ。今年で3年目を迎えます。最初の頃は、知り合いも少なく少し一人でフラフラすることもあったのですが、現在は月に1度、皆さんと会えるのが楽しみで。会うと何かホッとできるというか。そんな空気感がいいなっと常々、思っています。

思い返せば、自分の初めての歌会は、「たけ」さんと同部屋でした。最近はあまり歌会でお会いできない「たけ」さんですが、とても優しく接していただき、とても嬉しかったのを覚えています。そういう意味では、自分も2年もここにいるので、新しく入会した人たちが少しでもサークルに慣れるように何かできたらと思っています。今度、カトキチさんに相談してみようかと。


さて、先週の4月7日(土)に劇場版「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディー~」の映画上映会を名古屋国際会議場で開催。当日は、河村市長も挨拶に来てくださり、総勢230名の方に御来場いただき大盛況でした。ありがとうございました。

今回のイベントは製作委員会の全面的な協力により実現。広報も委員会の公式TwitterやHPに掲載いただき、応募開始3日間で応募締め切りとなりました。

当日も県外も含め数多くの方にお越しいただき、広島や四国、東北など遠方からも参加いただきました。また、前回の映画上映会から連続で参加いただいた人もいるなど、このアニメの人気の高さを感じるイベントでした。

映画上映後には、舞台となったセンチュリーホールやリハーサル室などを回るツアーを開催。バックヤードツアーの1班で引率をしたキムタケ。ファンの方々と話しているうちに、ついつい熱くなってしまい、予定外の説明もしましたが。。。Twitterなどでもかなりの反響をいただき、「やってよかったな」っとホッとしています。

ちなみに、ハッシュタグ「名古屋国際会議場」で検索していただくとそのTwitterが表示されると思いますが、その内に1つ、「ガチな職員」はキムタケでございますので悪しからず。

そんなこんなで、引き続き、この地域を、アニメ文化を盛り上げる活動を自分にできる範囲でやっていこうと改めて思いました。また、サークルも更に盛り上がるよう、3年目の今年は色々な企画も考えていきたいなっと思っていますので、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

かしこ

拍手[2回]

ちゅうカラで歌う曲を練習するため、先週の深夜、柴犬くんと二人でカラオケに行っていたキムタケ。翌日も一人で3時間フリーで追い込み。万全のコンディションに仕上げていたのですが。。。想定外の仕事のため前回の歌会に参加できませんでした。次こそはコンディションを整えて、最高のパフォーマンスを見せたいと思います。頑張ります。応援よろしくお願いします。


花粉症歴25年の大ベテランであるキムタケ。この季節になると鼻呼吸できないことが標準です。恐らくキムタケというポケモンがいたら、ラフレシア、フシギバナあたりは天敵だと思います。花粉により鼻が塞がれるため、4月にカラオケをすると酸欠に陥ることも定期なのですが、今年は一味違いますよ。

今年からキムタケは「鼻洗浄」というスキルを新たに習得しました。このスキル、スターミーに10万ボルトを浴びせる並に効果が抜群です。鼻洗浄でバッドステータスを排除した上で、ワセリンを鼻に塗ってプロテクトするのが今年の鉄板技です。スキル発動後、約8時間というリキャストタイムがあるものの、ほぼ鼻貫通状態で過ごすことができます。

そのおかげで、カラオケにいっても、ほらぁ、このとおり。酸欠知らず。3時間カラオケを歌っても辛くありません!!痛みもなく始めの方でも簡単にお使いいただけます。花粉症に悩まず春を満喫したいなあなた!一度、お試しください!!※効果には個人差があります。

みたなCMを流したいくらいにいい感じです。ただ、少し困る点をあげるとすると洗浄する際に洗面台がびちゃびちゃになること。そのため、風呂に入るときに一緒に鼻洗浄することをオススメします。

その他、いい花粉症対策があれば是非キムタケに伝授してください。投稿お待ちしています。

See You Next Week!!

拍手[1回]

一昨日、ナゴヤドームで松坂大輔を見てきました。さすが松坂大輔って感じですが、オープン戦にも関わらず、ドームは大入りの3万人越え。昨シーズンは2万人切る試合もザラだった中日。松坂インパクトで波に乗って欲しいものです。


さて、そんなキムタケ。実はすごく冷め易い性格でして、ゲームとかもクリア直前でやめた作品は数多く。

なぜか、ある日突如、「なんでこんなことやってるんだろう」って考えてしまい。考えだすと急激に興味が萎える性格。ゲームに限らず万事そんな感じなため、多趣味なわりに深さのないことが少し気になる今日この頃。

そんな飽きっぽいキムタケですが、面白そうなアニメだけは絶対に最後まで見ているのが不思議です。今期アニメであればオーバーロードⅡの続きが気になって、気になって。。。1週間待てないキムタケは1期を見直し。ワン・クール1期だけでは焦燥感を補いきることができず、全く別の(禁断の)釘宮作品に手を出していまいました。


現在は目下「FAIRY TAIL」全277話に挑戦中。全277話の作品はいい意味で「死のロード」ですが、「FAIRY TAIL」自体は、王道系でスイスイ見れて楽しめています。(今のところ)


このアニメの最大のおすすめポイントはいい声優がそろっていること。

ナツ:柿原徹也
ルーシー:平野綾
ハッピー:釘宮理恵
グレイ:中村悠一(幼少:喜多村英梨)

それ以外にも、井口、沢城、中島愛などあまり声優に詳しくないキムタケでも知っているネームが多いエンディング字幕。なので、声を聞いているだけでも心地よい作品です。


当作品にハッピーというネコ?の役で出演している釘宮さん。そのキャラクターのコミカルでかわいらしい台詞に、はまり。「あ”い」っと連呼している今日この頃です。そんな中、ひとつのことに気付いたキムタケさん。

釘宮キャラであれば性別、属性関係なく”最高”なんだと、”神”なんだと。
なぜ最高なのかを推測するに、恐らく。くぎゅーの声質にポイントがあるはず。
あのヴォイスが、なんらかの脳内細胞を刺激して、その音(なんとか波)がなんらかのホルモン的な何かを抽出しており、その結果、キムタケの感情ベクトルをプラス方向に向けているのではないかと。


そういえば、アルフォース・エルリックの声を聞いていて、「これもこれでアリかも」っと思ってしまった過去の自分。あの時は、開けちゃいけない新しい扉を覗きかけたような動揺が一瞬、脳裏を過ぎりました。。。上記の推察により、「あれはそういうことだったんだねぇ~」っと少しホットした次第。あーよかった。


そんなこんなで杉田智和の親父も釘宮さんの声が大好きみたいですし。そんなお友達をいっぱい集めて、あの声の魅力について、深く議論してみたいと改めて思った3月26日のある日でした。

おしまい

拍手[1回]

子どもの頃、あまりゲームをやっていなかったため、ちゅうカラでゲーム話になると全く着いていけないキムタケです。かときちさんから、シュタゲを勧められたので、一度やってみようと思います。キムタケからは「とらドラ」を推薦しました。感想をブログで拝見できるのを楽しみにしています。



さて、本日は国際会議場で上映会を実施する「響け!ユーフォニアム」について記載します。作品タイトルであるユーフォニアムは吹奏楽で使われる楽器の名前。アニメで主人公である黄前久美子が担当する楽器です。このアニメは、小説を原作として高校吹奏楽部を題材として物語です。

かつて強豪校だったものの、今は全国を目指せるレベルではなくなった北宇治高校吹奏楽部。そこに新たに新任の顧問(滝昇)が赴任してくることで、物語に歯車が動き出します。学生達の忘れがたい過去や葛藤などの複雑な心情をうまく表現した作品。京アニの美しい絵にも感嘆しますが、物語性にも引き込まれる要素満載です。


この作品を私がはじめて見た感想は、学生時代の甘酸っぱさを少しマイルドに上手に表現した作品というイメージ。甘酸っぱさとフワッとした感じ。そのあんばいが”思春期の学生”のリアリティを感じさせます。

吹奏楽経験者からも”リアル”という評価を得ているこの作品。吹奏楽を知らないキムタケでも十分に楽しめました。学生、顧問、家族。キャラクター、一人、一人の気持ちを出しすぎず、省きすぎず、大切に描いているところにも非常に好感を持ちました。なんどか涙してしまうシーンもあり。オススメのアニメ作品のひとつです。


あまり記載するとネタばれになるので、このあたりにしておきますが。作品が気になる方は、テレビアニメ版2期24話をご覧いただくことを特にオススメします。これからご覧になる方は、是非、感想をキムタケにお教えいただけると幸いです。

この作品の劇場版2作目。劇場版『響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の無料上映会は、4月7日(土)に国際会議場で開催予定です。こちらも是非、足をお運びください。

拍手[1回]

花粉症が辛い季節になってきました。
思い起こせば小学校の3年生の頃。
やたらと4月頃になると鼻水が出るなっと思っていたキムタケ。
あとから、それが花粉症の脅威だったと気付いた限りです。

花粉症の季節は球春到来の時季でもあります。
ナゴヤ球場から徒歩5分の環境に生まれ育ったキムタケ。
4歳の時には背番号3、立浪和義のユニフォームをパジャマに寝ている少年でした。

少年時代のキムタケにとって、立浪さんはヒーローでありアイドル。
そのパジャマはキムタケ少年にとっては掛け替えのないものでした。
が、子ども成長というのは恐ろしいもので、2年もすれば、ちんちくりん。

今でこそ、7分袖ファッションも一般的ですが
当時の尾頭橋近辺にはその文化は到達していなかったのでしょう。
ある日、箪笥の引き出しに。いつもあるはずに背番号3がない。

母がもう着れないからと捨ててしまったのです。
キムタケは烈火のごとく怒ったとか・・・しなかったとか・・・(←ここは「蝋人形の館」風)


それから時は過ぎ。東京で大学生活を営んでおりました。
ある日、なんとなしに、遊びにいった赤坂見附。
ぼーっと煌びやかなネオンを見つめながら、耳のイヤホンからは「世界が終わるまでは」
一人、異世界に浸るキムタケの前を、よく見たことのある人が通りすがるのです。


「あ、ああ、ああああ、ああ~ああああああ、あ~ああああ。。。。」
「立浪だぁ・・・・」


引退2年前のそのベテラン選手は、少し疲れた表情でスナックからゆっくりと歩き出し。
赤坂プリンス(中日の宿舎)の方角へ向かっていく。
そして、キムタケの30センチ横を通り過ぎていく。


「え、え、ちょっと待って、どうしよ。」
「え、マジで、ちょい、握手。いや、サインか?写真だろ!ああ~あ・・・」


20秒間。錯綜する脳裏の中を。
異世界でキムタケの時計だけが止まり。
まるで、演算能力の足りないPCのように完全にフリーズ。


テレビでよくあるじゃないですか。
憧れの人を前にしてテンパっちゃう絵。
どうせやらせでしょう?とか思ってましたが僕が間違っていました。
本当に、全国のテンパる人たち、馬鹿にしてごめんなさい。
だから、皆さんも温かい目でそういう人がいたら見てあげてください。


最後に、今年も中日の躍動を信じて。
ドラファン暦29年のキムタケより。


おしまい

拍手[2回]

/