ちゅうカラぶろぐ


[2797]  [2796]  [2795]  [2794]  [2793]  [2792]  [2791]  [2790]  [2789]  [2788]  [2787
なんだか、突然真冬の寒さになって3月に突入しましたね。
2月に暖かい日があったり、3月は急に寒かったりと体調管理が大変なわけですが、皆さん大丈夫ですか?

自分は何故かこのクソ寒いのに飛散し始めた花粉に悩まされております。

こんばんは花粉症で微熱が出て喉がやられるタイプのショーグンです。
3月は人の前に立つ仕事も多くなってくるというのに、これはやばい。

最近スーツを買い直しました。

仕事ではほとんど作業着を着ているわけなんですが、年度末や新卒向けイベントが多くなるこの季節はスーツで仕事することも多くなります。

いま着ているスーツは自分がいちばん太っていた時期に作ったスーツでして、ウエストゆるゆる、太ももダボダボ。おまけにウエストの絞りも入っていないため、かなり格好悪いスーツで「ちょっとこれは流石にアカンな…」と。
一念発起して紳士服のお店へ。
まずは採寸してもらうわけですが、この時点でもうやばい。一番痩せてた時期より2サイズもアップしてる… しかも、お腹周りが原因で… うむ、ダイエットだそれしかない。
(スーツ買った後に師崎港まで行って、おやつに大アサリを食っている時点で意思弱すぎ)

それはさておき、スーツを選んでいると目に飛び込んでくる2着め半額の文字。

スーツって2着買うと2着目半額とか、クーポンで割引◯万円とか、目を疑うような割引かかりますよね。
何年かに一度スーツを作りなおしていますが、そのたびに「スーツの原価っていくらなんやろ…」と思います。

実際、販売価格がかなり安いスーツもあれば、目の飛び出るような高額商品もあり、縫製のクオリティだけじゃなく生地の違いなどいったいどのあたりまで価格に反映されるものなのか。
フルオーダーのスーツだとその辺わかりやすくて手間賃いくらとか生地代いくらとか説明付きでわかりやすいんだけど、それをするとマジ自分の給料1ヶ月分じゃ効かなくなる可能性もあるので、いまいち踏み切れないし…

まぁ、フルオーダーのスーツ買うんならバイク用のライダースーツ買うんですけどね!

などと妄想しながら、今回もそこそこの値段のスーツをオーダーし購入完了。

1週間ほどで出来上がってくるということで、会社のイベント事にはぎりぎり間に合う計算。
危なかった…

しかし、モノの原価を考えながら買物をすると買ったものを楽しめなくなると言います。
考えないようにしてもどうしても原価を考えるのは、スーツが仕事で使うためのものだからでしょうかね。

自分が買ってるアニメやゲームの原価… 考えたこともないもんなぁ

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/