ちゅうカラぶろぐ


[2128]  [2127]  [2126]  [2125]  [2124]  [2122]  [2123]  [2121]  [2120]  [2119]  [2118
来月から消費税率が上がるのでその前に定期を更新できないかと思って自分の定期券の日付と更新可能の日付を確認したら、ほんの3日くらいの差で出来ない事が判明。それくらいフライングできないかと駅員に聞いてみたけどダメなものはダメでした。ですよね~。

こんばんは、小島@監督です。
しかしBeforeとAfterで5,000円位違うのに…ぐぬぬ…

さて、この週末大学の同期の結婚披露宴に参席するために東京へ行ってきました。関東暮らし結構長かったのにその間1度も行く事の無かった代官山に今になって行く事になろうとは、そこはかとなく不思議な感じがします。
数年ぶりに再会し旧交を温め深夜まで酒をあおったその翌日、皆と別れて私が向かった先は神田・神保町。
目的地は地下鉄の神保町駅からすずらん通りという通りを歩くこと3,4分にある映画館、

その名もズバリ「神保町シアター」です。
HPはこちら

神保町シアターはいわゆる「名画座」と呼ばれるタイプの、基本的に新作の上映を行わない映画館です。
2~4週間単位でテーマを決めてタイトルをセレクトしての特集上映が基本スタイルです。
席数は99席と少なめですが、ゆったりめに作ってあるのと前後列の段差を強めにしているシネコンで主流のスタジアム式なのでストレスの少ない座席なのが良い感じ。さらに全席テーブル収納式の座席になってるのもポイント高いです。
なお、同じ建物内に「花月」が併設されており、吉本新喜劇のお笑いも楽しめます。
その神保町シアターが3月現在展開しているテーマは「ゴジラ映画総進撃」!

来月4月11日まで5週間にわたりゴジラシリーズ全28作品を一挙上映するという俺得なんてモンじゃない熱い企画です。毎週土曜には関係者を招いてのトークイベントも開催しているよう。
昨日私が立ち寄った際に観たのはコレ。

「三大怪獣 地球最大の決戦」です。
1964年12月に公開されたこの映画は、ゴジラ最大のライバルとして名高いキングギドラが初登場した作品であり、同時に1975年まで続くゴジラを善玉とする作品群の発端ともなった、それまでとは明確な路線変更を打ち出した作品です。何気に後年「ウルトラマン」で主人公・ハヤタ隊員を演じる事になる黒部進が端役で出演してたりします。
ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラの怪獣たちと、主要登場人物の物語上の立ち位置を対照的に配置していたり、「ローマの休日」を意識した王族の姫と一般人との交流を描きながらそこにSFテイストを絡ませたりとなかなか意欲的なアイディアが盛り込まれています。
正直言うと個人的にはシリーズの中ではあまり好きな作品ではないのですが、取り敢えず久しぶりにゴジラをスクリーンで観られたのでそれだけで大体満足。
この映画、特撮面の見どころは何と言ってもキングギドラの操演。3つの首がそれぞれ別個に動きゴジラに絡みつく様はなかなかの迫力です。
ま、そうは言っても最大の見どころはモスラがゴジラとラドンに対し説得工作を試みてそれを小美人(ザ・ピーナッツ)が通訳する場面。あまりのシュールっぷりに脱力必至。必見(笑)!

神保町シアター、ゴジラ特集が終わったらそのまま東宝特撮特集に移るそうで、正直今だけ東京に通いたい気分。さすがにそんな事できませんが。ま、全部DVD持ってるし悔しくなんかないんだからね!

東海3県ではもう多くが姿を消してしまった名画座ですが、東京はまだまだ多くが独自の企画力で
存在感を示し続けています。東京を訪れた際には観光名所も良いですが、名画座に立ち寄ってみるのも一興ですよ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
定期 By いの
現在の定期の期間がわからないのでなんともいえないんですが、
現在の定期を払い戻しするか、残りの期間を見切って、
新規で購入するというのはダメなんでしょうか?
もちろん損する分も出るでしょうけど、差し引きでプラスになるのであればそんな手もありかなーと。
DATE : 2014/03/18(Tue)14:57:25 EDIT
無題 By 小島@監督
>いのさん
ありがとうございます。
正直その手も考えたんですが、大してうま味が無いので止めました(苦笑)
DATE : 2014/03/18(Tue)18:15:31 EDIT
/