ちゅうカラぶろぐ


[1808]  [1807]  [1806]  [1805]  [1804]  [1803]  [1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1798
サッカーワールドカップに日本が通算5回目の出場決定。
それも然る事ながら今回は日本開催のホームゲームだった事もあって時差を気にせずリアルタイムで観戦できたのも良かったですね。自宅で家族と観てましたが、同時にツイッターの実況も追ってみたりしてその辺も楽しかったです。

こんばんは、小島@監督です。
サッカーは1度スタジアム観戦してみたいと思いながらまだ実現してません。スポーツもまたライブ。その臨場感を味わってみたいものです。

さて、今回は映画ではなく珍しくCMの話。
…まぁそれで大体想像がついた方もいらっしゃるかもしれませんが、「キリンのどごし生」のキャンペーンCM「のどごし夢のドリーム第4弾カンフースター編」です。
ホームページなどで事前に募集した一般の方の「夢」を全力で叶えるというコンセプトのキャンペーンで、カンフースター編では「アクションスターになってジャッキー・チェンと共演したい」と言う夢を全力で実現にかかります。

それがどんな内容かはオフィシャルサイトやYouTube等で観られるので是非本編を観ていただきたいのですが、とにかくまず当選した男性の「あふれ出る妄想力(メイキング映像より)」に圧倒されます。
「ジャッキーと共演したい」「中川翔子と共演したい」「椅子とか使って戦いたい」「壺割ってみたい」などなど語られた希望は実に30を超えます。そして何が凄いってその大量の希望を本当に1つ残らず実現して見せます。それもわざわざ上海まで行って!ホンモノの香港映画のスタッフを大量動員して!オープンセットまで建造して!

そうやって出来上がった映像は往年の香港映画のパロディであると同時に紛う事無き本物です。
放送スタイルに合わせていくつかのバージョンがあるようですが「完全版」でも6分45秒のショートムービーとは言え、ジャッキー全盛の80年代~90年代を良く知る人にはそのエッセンスを極限まで凝縮させた心躍る珠玉の映像です。だってジャッキーの吹き替えがチャンと石丸博也なんだぜ!
ドニー・イェンやトニー・レオンらの活躍により一時衰退した武侠映画が近年見直されつつあるようですが、80年代の香港映画にあった独特の「華」を感じさせる映像を味わえる機会は少なく、このカンフースター編は久しぶりにそんな「華」を観た感じです。

そして本編をご覧になった方はぜひとも合わせて配信されているメイキング映像(こちらも約12分の短編映像)もご覧になって欲しいですね。
カンフースター編には当選者の学生時代の後輩で今は役者をやっている方も出演されているのですが、当選時に後輩の出演を熱望した当選者の思いが泣かせます。そして結果的にジャッキーと共演する事になった中川翔子もまたジャッキーとの共演を夢見続けた一人であり、当選者との顔合わせの際に「生涯最大の夢を叶えてくれてありがとうございます」と土下座して感謝するほどです。

何より当選者の方とその後輩の方がもうずっと子供みたいに目をキラキラさせているのが印象的で、そんな彼らの夢が実現したこの映像は「羨ましい」を通り越して何と言うか、こう、「ワクワクして」「嬉しくなる」のです。
子供の頃ジャッキー映画を観て心躍らせた全ての人マジで必見!そうでなくても一見の価値ありの素敵な映像です。
残念な事と言えば、出来れば映画館で観てみたかった事くらいかな(笑)

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/