ちゅうカラぶろぐ


[3009]  [3008]  [3007]  [3006]  [3005]  [3004]  [3003]  [3002]  [3001]  [3000]  [2999
こんばんは。ショーグンです。

最近急に寒くなりましたが、皆さん風邪などひいてませんか?
健康なことが一番大事ですよ。

自分は昨日になって口内炎ができ始めましたので、たぶん日曜日ぐらいがヤマです。
ですので、土日はおとなしくポケモンしているか、ライブで体動かして抵抗するかどちらかです。
たぶん、予定通りライブ行く

こんばんは。何をすれば自分の体調がどんな感じで悪くなるか予想できるようになったショーグンです。


今週、水曜日 勤労感謝の日に有給休暇をいただきました。
有給休暇と、前日のフレックス出勤&ノー残業を合わせて約30時間ほどのお休みです。

この30時間の休み、決して無駄にはしたくない。
ですので毎度おなじみの「休暇時間タイムアタック」です。

今回は
 ①立川で21時15分からのガルパン極上爆音上映を見る
 ②ホテル近くでお酒を呑む
 ③秋葉原でジャンクPCあさり
 ④有楽町で13時と17時からのイベントに参加
 ⑤晩飯を食いつつ名古屋へ帰還
 ⑥22時からのニコ生を見て早めに就寝
の6項目をこなすことを自分に課して遊ぶことに徹したのでございます。

かなり厳しいスケジュールだったのですが、今回も何とか完遂することができ、何とか今日にいたっております。

今回のポイントはなんといっても①番の名古屋を17時にでて20時に立川に到着し、21時からガルパン映画を見るですね。
スケジュール的には何とかなりそうなのですが、東京駅から立川駅は存外に遠い場所であり、乗り間違えるとかなりの時間をロスして間に合わなくなる可能性も。

まぁ、そこは怖かったので、フレックスタイム(4か月ぶり今年2度目)という技を使って早帰りしましたけどね!

ガルパン映画の内容に関してはに関しては、小島@監督のブログなどを参照していただくとして、今回は映画の手配は「劇場版ガルパンを1年で50回見た男」うなぎ君に段取りをお願いしチケットを抑えてもらい、参加しました。

立川で行われているのは「極上爆音上映」という上映で、映画版を作ったサウンドスタッフが映画館の音響を調整。最適かつ迫力のある音響を実現してモノです。

ほぼ1年前から行われており、来てみたかったのですがこの一年なかなか来ることができず、もう上映が終わろうかというときになってやっと見に行く暇をつくったわけなのです。

結論から言えば、極上爆音上映とガルパンは非常に相性がよく、4DXよりも臨場感とスケールの大きさを感じることができました。
爆発音もよかったのですが、それよりも弾が至近距離をかすめていく音の迫力がすごく、音の位置でどこから射撃されたのかもわかるような「定位性」が感じられたのはすごいですね。
こういった上映がガルパン以降多くなって、映画もコンシューマ側の努力で人を集められるようになったのは良いですね。

名古屋にも「IMAX」や「ULTIRA」、「4DX」など様々な上映の方式があるので、気になった映画を見る際には見比べてみるのもよいかもですね。

自分はこれでちょっとハマってしまった感があるので、気になった映画があればまた立川まで出かけますよ

今度は16時間休みでも突撃しようかな…

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/