ちゅうカラぶろぐ


[3361]  [3360]  [3359]  [3358]  [3357]  [3355]  [3356]  [3354]  [3353]  [3352]  [3350
昨日の歌会に参加された皆さんお疲れ様でした。
今回は何だかとてもテンションの高い部屋になってしまい久しぶりに目いっぱい飛ばしました。初参加の方もいらっしゃったのですが初回からあんなノリで良かったんでしょうか。懲りずにまた参加していただけたら嬉しいのですが。

こんばんは、小島@監督です。
バレンタインSPということでチョコレートの交換もしましたが、それとは別に何人かの方からもチョコレートを頂きました。皆さんありがとー!

 さて、一昨日の土曜日、「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR GLORIOUS ST@GE!」千葉公演初日のライブビューイングを観てきました。

 男性版アイドルマスターこと「SideM」、先月まで放送されていたアニメも好評の内に終了し勢いに乗るこのタイトルの3度目の周年ライブが4会場7公演のツアーとして開催されることとなり、その初日に当たる千葉公演が幕張メッセで行われました。

 初日の最大の特徴はSideMキャスト46名全員出演!というスケールの大きさです。開幕その全員が登場して1曲目披露となるのですが、「幕張メッセイベントホールってこんなに狭かったっけ?」と思ってしまうくらいの数の暴力に圧倒されます(笑)なかなか観られるものじゃないのでググるなどして写真付きのレポートを上げてる記事をちょっと参照していただきたいくらいです。

 私みたいにキャラをそこまでちゃんと全員把握できていない身としては「全ユニットのパフォーマンスが観られる」というのは大きな魅力で、各ユニットを満遍なく配したセットリストをしていた今回は、集大成であると同時にカタログ的とも言え、ソフト化された暁には「SideMに興味がある」という方には取り敢えずコレを投げてどれが気に入るかの入り口にすれば良いのでは?と思えてしまうくらいには現時点でのマスターピースと言って良いでしょう。

 今回ユニット曲で特に印象に残ったのはCafé Parade(神谷幸広役狩野翔、東雲荘一郎役天崎滉平、アスラン役古川慎、卯月巻緒役児玉卓也、水嶋咲役小林大紀の5人ユニット)による「Reversed Masquerade」、夜中にモンスターたちが跋扈するようなちょっぴりホラー仕立てのミュージカルのようなナンバーで、5人の声質や声量の違いを活かしたハーモニーの面白さにキレの鋭いダンスが見事で、パフォーマンスの完成度が頭一つ抜けてました。
 他にはスケールの大きな曲「Tone's Destiny」を高らかに歌い上げるAltessimo(神楽麗役永野由祐、都築圭役土岐隼一のデュオ)、間奏中に殺陣が入る(!)ことで知られるTHE 虎牙道(大河タケル役寺島惇太、牙崎漣役小松昌平、円城寺道流役濱野大輝のトリオ)のパフォーマンスを初めて観られたのも個人的には嬉しかったところ。ユニークでコミカルな振付の多いS.E.M(硲道夫役伊東健人、山下次郎役中島ヨシキ、舞田類役榎木淳弥のトリオ)は新曲でラインダンスを取り込んでいたりしてたのも楽しい。

 ただ、何より今回最大の輝きはJupiter(天ケ瀬冬馬役寺島拓篤、伊集院北斗役神原大地、御手洗翔太役松岡禎丞のトリオ)です。
 まさかの「Alice or Guilty」披露!実はこの曲は厳密には「SideM」の曲ではなくゲーム「アイドルマスター2」で765プロのライバルキャラだった頃の曲です。実に8年前からある曲なのですが、一度ライブで765プロのメンバーがカバーした事があるっきりでJupiterによる披露は今回が初めて。しかも会場は幕張。今でも「アイマス 9.18事件」とググれば当時のPたちの狂騒ぶりが伺える記事を読むことが出来るでしょう。その震源地でもあった幕張で、スクリーンには961プロの頃のJupiterのロゴまで映し出されたりして。ええ、イントロ聴いた時には吠えました(1か月ぶり今年2度目)。
 しかもそれだけでは終わらずそのまま間髪入れずにスクリーンのロゴが現在の315プロのそれに変わったかと思えばJupiterのリスタートとしての楽曲「BRAND NEW FIELD」が始まるに至っては私の心も最高潮。軽く涙目でした。

出演者数が多いにもかかわらずきめの細かな演出をしていた反動か、客席に深刻なトラブルが発生しているようでもなかったのに開演時間が20分以上遅れるなど段取りの面でいくつかの難点が見受けられるステージでしたが今後のためにもこれは必要なステップだったでしょう。今後の改善に期待するとともに、この程度のマイナスでは揺らぎもしない出演者たちのパフォーマンスのハイレベルぶりも見事なステージでした。
初日からしてコレとは実に期待の膨らむこのツアー、全部は無理でも都合の付く日くらいは追いかけてみたいところですね。

拍手[3回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
São Paulo: Sociedade Bíblica do Brasil, 1969.
DATE : 2018/02/15(Thu)02:53:30 EDIT
/