ちゅうカラぶろぐ


[3348]  [3347]  [3346]  [3345]  [3344]  [3343]  [3341]  [3342]  [3340]  [3339]  [3338
週イチの更新ながら、ネタがまったく思い浮かばず、四苦八苦するときがあります。

昨日までは、どーしよかなーと白紙状態でしたが、
今日の朝に任天堂さんが素晴らしいネタをくれました(*゚▽゚)ノ

4/20に発売予定の
「ニンテンドーラボ」の発表があったのです

ニンテンドーラボ紹介ページに飛びます

どんな内容かというと、据え置き&携帯型ゲーム機ニンテンドースイッチは
真ん中のモニターの左右にジョイコンと呼ばれるコントローラをくっつける構成です。

そのジョイコンには、傾きなどを感知するセンサーなどが装備されていて、いろんな動きに対応します。

そんな技術の流用として、
釣竿に例えてみたり、バイクのハンドルに例えてみたりと、この辺までは既存のゲームでもあったりします。
この辺を「ニンテンドーラボ」では応用するみたいです。


では、「ニンテンドーラボ」は、何がすごそうか?
まず、遊ぶためのコントローラ(正確にはジョイコンを収納する場所)を『作成』します(゚Д゚)ノ
『作成』です。そう、その商品には、ゲームソフトの他に、図工やペーパークラフトよろしくダンボールが用意されているのです。
型はすでにできているので、1枚紙から引っこ抜くだけです。
刃物はいらないので、小さい子供がチャレンジしても安心ですね(*´∀`)

と、これだけでみると学研の付録みたいなんですが、実際のモノはニンテンドースイッチのゲームと一体化しているので、小さいモニターとダンボールで構成された「体感型ゲーム」となっているので、あなどれない内容です(*`・ω・´)ノ

その内容はバイクや釣りとさっき言ったような内容の他に、なんと小さなピアノが再現できちゃったり、モニターをプロポ代わりにしたラジコンロボットみたいなものを作れたりします(゚Д゚)ノ

さらには、手足にジョイコンをつけて、デカいバックパックを背負いロボットにもなれるというキットも同時に発売されます。
ただ装着するだけじゃなくて、あえてヒモで四肢を繋いでいて、「なるほど、こうやって力を伝達させるのか」なーんて学びの要素も入ってたりするわけですよ。
ガンプラとかで、関節機構とかにワクテカしている私には、目を輝かせる材料以外の何者でもないです(笑)

さて、ここまで来ると「やりたい」もありますが、「やってみてほしい」欲がすごく湧いてきます(・ω・)


まぁわかってる方はわかると思いますが、なぜこの人(ハイル)は、カラオケにきているのにカラオケそっちのけで、暇を持て余してる感満載で、ロビーで大荷物もってきて、いろんなモノを展開しているのか?

その答えはまさに「やってみてほしい」からなんです。

まぁ結果として、歌会としては、私のやってる事はメインではないので、やるなやらないかくらいの程度なんですが、興味があるなら私の交流度に関わらず、遠慮なく体験して頂きたいです。
その為にもってきたんですから。人見知りなんで、営業トークはできません。ゴメンね(笑)


前回の歌会は、あえてPS4ほっぽりだして、カラオケを満喫してました。もちろん、それはそれで楽しかった。(当たり前)

でも、なんかロビーに誰もいないとか、展示してあるものにリアクションを直に感じれないのは寂しいなぁとは思いました。
やはりカラオケは楽しいけど、数曲程度歌えれば、あとは実演販売のおばちゃんの如く、ロビーにいるほうがいいのかもしれない。なんて考えもしました。

なんか昔、かときちさんがロビーにいると、いろんな人と話せるのが楽しいって言ってたのが、ちょっとわかった気がします(たぶん違う)


てなわけで、現在のスタイルはそのままにして、毎回大荷物になろうと、小ネタをもってくるようにしますので、余裕があったらかまってね(*゚▽゚)ノ

次回は、PS4のドラゴンボールファイターズがメインになるかなぁ
スティックはさすがに無理だけど(・_・;


とりあえず『俺みたいにはなるな』とだけは言っておかないとね(笑)
マネする方はいないと思いますが。

毎回、あんだけやらせていただいてるジョイサウンド金山店さまには、感謝しかございません。ありがとうございます。これからもよろしくお願いしますm(__)m

では、また来週~(゚Д゚)ノ

拍手[2回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/