ちゅうカラぶろぐ


[2644]  [2643]  [2642]  [2641]  [2640]  [2639]  [2638]  [2637]  [2636]  [2635]  [2634
最近の私のブログはどこかへ行ってきたという出だしで始まりますが、今回も行ってきました。
徳川美術館へ鯰尾藤四郎君を見に。
もちろん刀剣乱舞絡みです。
私が美術館や博物館に行く目的と言ったら、今はこれしかありません。

大曽根にある徳川美術館。
行くまでどこにあるかも知りませんでした。
私の中で知っている大曽根は駅前と商店街だけなので、場所が大曽根と知った時はちょっとだけ驚きました。
ちなみに今回は写真が1枚もありません。
残念ながら、美術館内は全て撮影禁止だったのですよ( ノД`)

現在、徳川美術館では
「没後400年 徳川家康-天下人の遺産ー」という企画展が行われています。
そのうちの1つに脇差である、鯰尾藤四郎君が展示されていました。
鯰尾君、凄かったです。
色々な刀が展示されていましたが、その中で鯰尾君の圧倒的存在感。
ゲームのキャラだから贔屓目に見ているのかもしれませんが、鯰尾君は他の刀と比べて刃が少し黒く見えました。
光の加減なのかと思いましたが、やっぱり黒い。
その黒さが他の物を寄せ付けない感じがして刀に対して、今まで感じた事のない感情を抱きました。
美術館には鯰尾君の他にも色々な刀が展示されていて、種類も太刀や短刀などたくさんあってとても見応えがあって良かったです(p`・ω・´q)
後、お土産屋さんには鯰尾君のコーナーが作られていました。
もちろん、ゲームキャラの鯰尾君ではなく刀のほうです。
しかもコーナーには「お待たせしました!」というスタンドが置かれていて、これは完全に審神者の皆さんを意識していますね(笑)
鯰尾君グッズはステッカーに栞、ポスターがありました。
特にポスターは鯰尾君オンリーのポスターでとても渋くてカッコ良かったです(*´∀`)ノ
今後も刀を見に行く予定をばっちり入れていますので、順調に刀剣乱舞の沼にハマっています。
だけどこの沼、とっても心地が良いのですよー。ウフフ(*´艸`*)
あ、ちなみにゲーム内の鯰尾君の刀はちゃんと黒く描かれていてやっぱり鯰尾君は黒かったんだなと思いました。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/