ちゅうカラぶろぐ


[2413]  [2412]  [2410]  [2411]  [2409]  [2408]  [2407]  [2406]  [2405]  [2404]  [2403
日曜日から冬コミが始まります。もう猶予はありません。
20日21日23日と休みの日はひたすら衣装制作(白目)

まずは先週仕上げきれなかった頭部のベースを仕上げ



耳は2mm厚のライオンボードを2枚張り合わせて作ります。
ライオンボードを曲げたまま張り合わせるとカーブした状態で仕上がります。

頭部に切り込みを入れて耳のパーツを差し込んでみると、



・・・、犬っスねこれ。

現実に目をそむけてシルクハットを作ります。
厚さ1㎜のスチレンボードを丸く切り抜きます。
サークルカッター使うと簡単です。



梱包用の段ボールシート(会社の余りモノもらってきた)で筒を作り、
丸く切ったスチレンボードを貼ればシルクハットの出来上がり。

さて、現実に目を向けましょう。
犬っぽい何か(笑)に画像を参考に模様を書いていきます。
見える、見えるぞ!なんとなく猫にww
この模様に合わせ外皮を貼っていきます。
外皮用に勝ってきたのはシャギーフリース。手触りが良いので決めました。
ケモノは“毛物”、毛並みが良くなくてはならんのですよ。



頭部のベースにスプレーのりでシャギーフリースを貼っていきます。
目のふちや口元は生地を折り返すことで立体感を出します。

全部貼り終えると、



な?言ったろ、ちゃんと猫になるって。(言ってねぇし)

シルクハットのツバを付けます。
接着面を広く取れないところなので瞬間接着剤とプライマーを使います。
用意したのはアルテコスプレープライマー、本来はアルテコの瞬間接着剤に使うのですが
シアノアクリレート系の接着剤なら使えます。(たぶん)
まずは接着面を合わせ、瞬間接着剤を流し入れます。



その上からプライマーをスプレーします。
プライマーと瞬間接着剤が反応して瞬時に固まります。
プライマーをかけすぎると発熱するので注意してください。
間違っても指を一緒に接着しないように(何度かやりましたw)

被り物に目を入れるのは最も大事な作業といえます。
これで8割がた見た目の印象が決まったりしますしね。
今回はイラストレーターで目を描いてラベルシートにプリントアウトしました。
目をプリントしたラベルをスモークの塩ビシートに張って切り抜きます。



アイラインにあたる部分はラベルシートをカットしてはがします。
同様に黒目の部分も一部カットしておきます。
頭部ベースの目の部分も切り抜いておきます。この部分がのぞき穴になります。
塩ビシートが一部切り欠いてあるのは寒さで曇って見えなくならないための対策です。
どうでしょう、の外から見てのぞき穴見えますかね?

何かに使えるだろうとダイソーで買ってきた強力マグネットが役立つときが来ました。
シルクハットを頭部に付けるのに使いました。
これでシルクハットを脱いだりかぶったりすることができるようになります。



頭部の内側とシルクハットの両側にマグネットを付けることでかなりしっかりくっつきます。
シルクハットつかんで持ち上げても頭部が落ちないぐらい。



頭部はこれで完成。
全身完成図は年明けの冬コミレポートでお披露目します。

それではよいお年を~~。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/