ちゅうカラぶろぐ


[1066]  [1065]  [1064]  [1063]  [1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  [1057]  [1056
おは☆にっしー♪ 

すっかり梅雨いりモードでじめじめするわ、暑いわで大変です。
週末雨とか勘弁やわー。
みなさまごきげんいかがかしら?

前回の歌会前日に公開初日の「ゴーカイジャーVSゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」を観てきました。
 
今年はスーパー戦隊35作品目ということで、ゴーカイジャーが過去のスーパー戦隊に変身できるなどいろいろとメモリアルな年でもあります。
でもゴレンジャーが二年やっていたせいで、「◯◯周年」と「◯◯作品目」が常に一年ずれていているので、メモリアルイヤーが毎年ある感じがしますけどw
特集を組む番組もチラホラあり、昔の映像見ると「若いなあ」と思うばかりです。
 
 
しかし、このスーパー戦隊。自分がばぶーのころからやっており、当然見て育ってきているので、ちょこちょこと覚えてはいるのですがすけど、特別これが好き!だのオチまではっきり覚えている戦隊はなかったりします(汗)
自分の場合チームよりかは、一人で戦うヒーローに憧れていため、仮面ライダー派でしたからそれほど思い入れが無かったのかもしれません。
 
でも成長?して大きい子どもになってから見始めると、また見方が変わったのでグイっと引きこまれていきましたね。
特にゴーゴーファイブは激ハマりし、おそらく自分が好きな戦隊ベスト3に入りますな。
主題歌が超かっこよかったのと、味方も敵も家族で構成されていてそこの戦いの描き方とかが好きだったです。
タイムレンジャーの直前、ちょうどスーパー戦隊がイケメンの流れになる前の作品ってこともあり変な先入観がなくていいです。
世間的な評価は並らしいですが。。。みやむーだっているんだぜ!
 
 
で多分、残り二つはデカとシンケン(笑)仕方ない。
 
 
ライダーとプリキュア含めた3組で、日曜朝のスーパー戦隊タイムを不動のものとしてきていますが、ネタ切れも起こさないでホントによくやっていると感心します。
でも今年がこれだけ剛性なものをやると、次の戦隊へのプレッシャーがまた半端ない感じになりそうですけどね。
水面下では間違いなく来年の企画も動いているころでしょうし、次の40年、50年以降も日本の良き文化として続いていって欲しいものです。
 
ちなみに映画は、言いたいことは山ほどありますが、内容はネタバレが絡むので言えませんwwでも迫力ありましたねー。
歌会の時点で映画を観てきた方も大勢居ましたのは流石です。
 
 
・・・って、ライダーはそろそろ次のが情報出てくる頃なんだなあ。早いもんだ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ネーミングセンスより By キヨキヨ
アカレッドネーミングは一発ネタで付けたんではないでしょうかね。
まさか、準レギュラーになるとは当時は考えてなかったんでしょう。
それはさておき、にっしーさんのブログを読んで仮面ライダーを検索。
マジっすか?。
ほんとなら、そのデザインセンスはどこからくるんでしょうかね。
DATE : 2011/06/24(Fri)09:33:54 EDIT
/