ちゅうカラぶろぐ


[789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780]  [779
あっちゅー間に終わった連休明けの仕事は、
超絶な暑さと、仕事量に圧倒されました。やっと週末だよ。

帰宅後は、次の歌会の電話に追われながらも、
12月のイベントに備えて、少しずつでも準備を積み重ねています。

聴いて、見て、読んで、唄って楽しめるイベントになるよう、
メンバーにも協力をあおぎつつ、進めております。
なかなかにゴッツイことを頼まれてしまった方々、ヨロシクお願いします。


さて、明日はちゅうカラで、希望者のアニメジャパンフェスライブ(AJF)ですが、
先週は前回も話したように、AJFの東京公演でした。
この公演は毎年の私にとって恒例の行事となっています。

このライブで思うのは、アニソンの本物の良さを感じられるところです。
もちろん好きな歌い手を見て、聴くのは楽しいことですが、
歌自信を楽しむことができるところだと思います。

歌い手を知らなくても、歌そのものとアニメを直結して、
自分が見ていた、聴いていたアニソンが目の前から伝わることです。

単純にアーティストを見て、アニキだ、ミッチーだ、ささきいさおだと、
それだけでもすごいのですが、たとえその名前を知らなくても、
小さい頃から聴いた何十年も前の歌を、
本人が唄うのを目の当たりにするのは、アニソン大きさを感じます。

その何十年も前の歌を、古いとか懐かしいと感じない、
アニソンというジャンルの深さを楽しむことができます。


私としては、是非ともちゅうカラメンバーにこのライブを体感し、
本物が唄うアニソンを体感して欲しいと思います。
また、このAJF公演参加のスポットイベントを企画するでしょうし、
その時はもっと多くのメンバーに参加し、感じて欲しいと思います。


ちなみに、今までのAJFのセットリストは、
ちゅうカラホームページリンク集の『SRHS』から見られますよ。
明日のAJFに参加する人は、ひょっとしたらネタバレするかも?

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/