ちゅうカラぶろぐ


[780]  [779]  [778]  [777]  [776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770
おは☆にっしー♪

お盆の帰省ラッシュも始まり、それと逆走して夏の戦場(幕張)に向かう方も大勢いらっしゃると思います。

自分はと言えば、人が多いのは好きですが人混みが嫌いという大変わがままな理由で地元でひっそりとしています。うへえ。

TVを垂れ流しにしていることも多いわけですが、昼間見ていることが多いのが夏の甲子園です。
去年も全く同じようなことを言っているんですけどね、やっぱり甲子園が暑いんですよ。

幼少の頃は甲子園に出ている人たちが当たり前のように年上でしたので尊敬の念を持っていましたが、時が経っていつの間にか自分がその人達の年を追い越しました。
しかし、いつになっても甲子園に出ている球児たちは今見ても眩しいです。なんか、こう、自分には無かったキラキラした物を持っている気がしてw
熱闘甲子園とか見ていると、買ったチーム負けたチームどちらにも背負っているものやドラマのような物語がありどっちもこの人生一度切りの青春に賭けているのがひしひしと伝わってきて感動します。

もちろん、彼らはそこに全てをつぎ込んでいた分、他にのことを犠牲?にしていたわけでどっちが有意義とかそういう優劣が付けられるわけではないですけどね。
その頃自分は毎日のようにゲーセンに通って格ゲーやったり、アレゲーをキャッキャウフフしていたんですけど、それらは勿論楽しかったですよ、ええ。

何にしても物事に打ち込んでいる姿というのはいいものです。

あと、だいたい昔からブラスバンドの応援に使われているのがキン肉マンとかヤマトとか王道のアニソンが多いというのが面白いです。
もはや定番となっていますが、一体誰が発案したんでしょうねw というか演奏している高校生は分かっているのだろうか。。。

いっそGO!GO! MANIACとかチャレンジしてみる勇敢なブラスバンド部が現れないかな。


それでは皆様(特に戦場に行く方)はお気をつけて~ノシ

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/