ちゅうカラぶろぐ


[676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666
おは☆にっしー♪

先週末の歌会では思いっきり私用である、ストリートファイター4の大会に出るため中抜けしてゲーセン行ってきましたスイマセン。
しかし、もともとゲーセンでは約2年前出たにも関わらず、冷めるどころか今になってどんどん熱が上がっているのは不思議です。

一方で昨日、家庭用では最新作であるスーパーストリートファイター4が発売されてがっつりとやり込んでおります。

格闘ゲームは人と一緒にプレイすることが大前提のゲームなので、周りで流行っているかどうかが大きくモチベーションに影響します。
愛知県は盛り上げようとがんばってくれる人や、レベルの高いプレイヤーがたくさんいるため、全国的にも流行っている地域です。

ただ、先のスト4も含めて今ゲーセンで主に稼動している格闘ゲームの多くは家庭用でオンライン対戦ができるようになっています。
一昔前、ドリームキャストで初めて通信対戦をしたときはゲームの新しい未来を強く感じたものです。
その当時はタイムラグも酷かったし、電話代を気にしたりと制約も多かったですが今となってはその辺りの問題はかなりクリアされています。

ところが、いざそういう時代が来て、自分の家に環境を整えてみてもやっぱりゲーセンにわざわざ出向いてやるのがメインになっています。
昔はあれほど夢見ていたのに不思議なものです。

やっぱり格闘ゲームってのは人と人が直接ゲーセンで対戦するからこそ緊張感があって面白いし、技術なども高まっていくものです。
オンライン対戦で見知らぬ人と対戦していても、人と対戦している感じがなく、負けそうになったらどうでもいっか、みたいな気分になるし連勝したとしても優越感みたいなのが味わえません。
それに、ゲーセンならば大会などで知り合いができるしそれがさらにモチベーションの向上に繋がります。

最近ゲーセンの落ち込み、が家庭用が優秀すぎるからゲーセンが廃れると言われます。
確かにそういった部分があることは間違いないですが、しかし、個人的にそれはむしろ逆で、真面目に高レベルな対戦を望んでいる人は絶対に家ではなくゲーセンに出てきます。
大体の格闘ゲーマーはゲーセン原理主義者ですので、家庭用重視な方向ではなくゲーセンを盛り上げるためのツールとして上手く協力して欲しいものです。

そんなわけで、早いところスパ4をベタ移植でいいからゲーセンで出せってことですよ。

興味のない人には全くつまらない話でスイマセンw

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/