ちゅうカラぶろぐ


[2092]  [2091]  [2089]  [2090]  [2088]  [2086]  [2087]  [2085]  [2084]  [2083]  [2082
この週末は日本各地で大雪の天気。
私の近所でも雪で折れ曲がった竹が線路を塞いで電車を止めるという状況が発生したりしてました。
東京の方で大きなイベントが集中して遠征したちゅうカラメンバーも多そうですが、皆さん大過なく過ごせたのでしょうか?

こんばんは、小島@監督です。
しかし久しぶりに雪かきとかすると結構ハードワーク。日頃してる作業とはまた別の筋肉を使ってる気がする。

さて、今回は映画ではなく週末さいたまスーパーアリーナで開催された「ラブライブ!μ’s→NEXT LoveLive~ENDLESS PARADE~」、そのライブビューイングのレポートです。
8日9日と2日間に渡って開催されましたが、私が観たのは昨日9日開催の方のみ。
既に6年以上の付き合いになるアイマスと違ってラブライブの方はTVシリーズを観た事があるだけのまだにわかも良い所なのでライブに興味はあったもののさすがにアリーナまで遠征するほどの意欲は無く(2週間後にはアイマスも控えてるしね!)、ライブビューイング開催してくれたらいいのになァとか思ってたらホントに開催してくれたのでここぞとばかりに行ってきました。
正直Blu-rayはもちろんCDも持ってないので予習無しで行って場の雰囲気を楽しめればそれでいいかなと思っていたら、フッチー君が過去に発売されたライブBlu-rayを予習用に貸してくれました。ありがとう、フッチー君!予習無しじゃリアクションすら取れそうにないコールがいくつもあったよ!

ライブ全体の感想として、かなり衣装チェンジの回数が多い(恐らく各出演者5~6着くらい変えてる)のでビジュアルが非常に華やかな事と、出演者の半端無い運動量が魅せるダイナミックなダンスパフォーマンスが数多く観られたのが良いですね。
更に過去にアニメーションクリップを製作しているナンバーはスクリーンにその映像を流してパフォーマーのダンスとリンクさせているのも特徴で、アニメ映像と振付どころかキャラの立ち位置まで揃えてくるあたりさすがとしか言いようがありません。メンバーの半数以上が自身の演じるキャラクターと同じヘアスタイルにしているのもこういうステージでは高ポイントと言えるでしょう。
ステージ開始時には各キャラのCG映像を観客席の映像と被せたり、幕間にサウンドドラマを流したり、アンコール前にはこのライブの為に特別制作されたショートアニメを流すなど、このスクリーンを利用した趣向を凝らした演出が最初から最後まで徹底されていてトータルのステージ構成が実に見事。
ただ、セットリストの大半がメンバー9人全員で披露する曲で、パワフルなパフォーマンスが数多く観られるのは良いものの、各メンバーの個性を活かしたようなソロ曲が1曲も無かったのでその辺が少し残念と言えば残念でした。

とは言えそのくらいの欠点は些末なもので、私はまだ興味本位で観に行った程度の身なので少し冷静なスタンスで観ていましたが、いわゆる「ラブライバー」と呼ばれるような熱心な方達にはそれこそ心底浸れるステージだった事でしょう。

個人的にはこの「ラブライブ」という作品で一番お気に入りのキャラである「エリーチカ」こと絢瀬絵里のお決まりのコールである「かしこいかわいい!エリーチカ!」を一遍やってみたかったのでそれが出来て場の雰囲気が味わえれば大体OKだったんですが構成の巧みさとパフォーマンスのパワーで非常に満足の行くステージでした。またその絵里役を演じる南條愛乃さんがえらい可愛かったので余計に大満足(笑)

こんなの観てしまったら一度実際の会場で観てみたい気もしなくはないのですが、ステージ中で告知された次回のライブ開催が来年て!まだ2月ですよ、今年!攻め方がアグレッシブというか気が早いというか…(苦笑)
でもこういうコンテンツがあるのも面白いとは言えますね。取り敢えず、4月から始まるアニメの2ndシーズンはちゃんと観る事にします。


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/