ちゅうカラぶろぐ


[3114]  [3112]  [3111]  [3110]  [3109]  [3108]  [3107]  [3106]  [3105]  [3104]  [3103
昨日の歌会に参加された皆さんお疲れ様でした。
今回は「サイボーグ009」のOP「誰がために」を3人がかりで合わせたり「サクラ大戦」のOP「檄!帝~最終章」をデュオったりここ数か月どころか数年来無かった事が出来てかなり楽しい時間でした。
また今回はハイルさんのセッティングでNintendo Switchの試遊ができたのも楽しかったですね。一度触れてみて分かりましたが、Switchは良いところに目を付けたな、という印象。ちょっと欲しくなってきました。

こんばんは、小島@監督です。
夏に資格試験が控えている身で今ホイホイ新ハードに手を出すわけには行きませんが、いずれは手に入れたいところですね。

さて、今回の映画は「映画プリキュアドリームスターズ」です。

宇佐美いちか(声・美山加恋)はある夜不思議な夢を見た。
一人の少女と一匹の蒼い狐が二匹の狗に追われている。少女の名はサクラ(声・阿澄佳奈)と言い、狐の名はシズク(声・木村佳乃)と言った。サクラとシズクは社の扉から逃げようとするが狗に追いつかれ、シズクはサクラをかばい、3枚のお札をサクラに託して逃がした後、狗に取り押さえらえてしまった…そこでいちかの目が覚めた。
放課後、いちかは皆を誘って花見に行こうと誘うが皆用事があって先に帰ってしまう。仕方なく一人花見に行こうと歩き出したいちかは、夢で見たのと同じような社の参道を見つける。気になって参道へと足を向けたいちかは、そこで夢で見たのと同じ姿の少女と出会うのだった。

2009年以降毎年春に公開されるクロスオーバー映画「プリキュアオールスターズ」の今年の新作は、人数が膨れすぎて「ただいるだけ」になってしまったキャラクターが増えたここ数年の反省点を踏まえて登場作品を現在放送中の「キラキラ!プリキュアア・ラ・モード」と「魔法つかいプリキュア」「Go!プリンセスプリキュア」の直近3タイトルに絞って構成。結果、視点が散らばる事無く全員に相応に見せ場が用意されたまとまりのある作品となり、同時にお祭り映画らしい華やかさもまとった映画になりました。
鳥居に灯篭と「和」のテイストを徹底した意識した上に公開時期が3月ということも意識したであろうサクラの故郷「桜が原」のビジュアルイメージも非常に見事。要所要所の激しいアクションシークエンスも魅力的で、見どころの多い作品になっています。

この映画の非常に特徴的なところはセルアニメと3DCGの大胆な見せ方です。プリキュアに限らず近年のアニメはダンスやメカアクションなどの激しい動きをCGで、日常の芝居やエモーショナルなドラマを優先させる場面ではセルアニメ、という風に場面に応じてツールを使い分けることが常態化し、またそれを観ている私たちの目もそれに慣れてきていますが、この作品ではある意味でそれを逆手に取った方法を映画に取り入れています。しかもこの工夫、恐らく子供にはまず伝わりません。しかし分からなくても作品の価値を損ねたりしないというのがポイント高いです。こういう技は気づける大人だけが気づければ良いのです。ええ、私のようにいい年してホイホイ観に行っちゃうおじさんとかがね(笑)!

今作の監督を務めたのは宮本浩史さん。プロダクションIGからフリーを経て東映アニメーションに入社した人物で、元々はCGクリエイターだった方です。「聖闘士星矢Legend of SANCTUARY」などのスタッフを務め、一昨年に公開された「Go!プリンセスプリキュア」3本立て映画の1本、セルルックCGのみで製作された「プリキュアとレフィのワンダーナイト!」の監督を務めた方ですが、長編はコレが初めて。しかしユニークなアイディアで観客を惹きつける手腕はなかなかのものです。

シズク役木村佳乃と敵キャラである鴉天狗役山里亮太の演技もなかなか。特に山里亮太の演技はこりゃ子供には嫌われるだろう(褒め言葉)人を食った喋りが独特の印象を残します。
例年のように上映時間が70分少々と短いこともあってクライマックスが割とあっさり終わってしまうのが若干残念ではありますがトータルでは満足度の高い1本です。気になってる方は是非どうぞ。

そうそう、余談ですが今回は実に幸運なことに舞台挨拶付き上映を観ることができました。長くプリキュアファンやってますが初めてですよ!登壇者はいちか役美山加恋、有栖川ひまり役福原遥、立神あおい役村中知の3名。美山加恋は美人だし福原遥はカワイイし村中知は喋りが面白いしでニヤニヤしてしまう上に3人とも生で変身ボイスをやってくれて大満足でした。力ずくで仕事を片付けて映画館に駆け込んだ甲斐があったというもの!いや~秋の映画でも来ないかな~(笑)

拍手[5回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/