ちゅうカラぶろぐ


[3094]  [3093]  [3092]  [3091]  [3090]  [3088]  [3089]  [3086]  [3087]  [3085]  [3084
なんと林原めぐみさんがデビュー28年目にして1stライブを行うとか。一昨年に開催された「KING SUPER LIVE」に出演された時も評判になりましたが今回はまさかの単独ライブ。
90年代の全盛期を直撃してる世代としてはコレはもう絶対に観に行きたい!それはさながら「グラップラー刃牙外伝」で斗羽対猪狩の対決を一目見ようと全国から後楽園ホールに馳せ参じるファンたちのようにッ!だが会場が中野サンプラザ!小さいッ!チケット争奪戦エゲツないことになりそうッ!

こんばんは、小島@監督です。
ライブビューイング…無いかな…(弱気)

さて、今回の映画は「ラ・ラ・ランド」です。
まさに今日発表されたアカデミー賞で主演女優賞、監督賞など6部門を受賞。受賞は逃しましたが作品賞での一幕もこれから先語り草になりそうです。

冬、クリスマスを間近に控えながら暑さの残るロサンゼルス。女優を目指し映画スタジオのカフェでバリスタをしながらオーディションを受け続けるミア(エマ・ストーン)だが、チャンスが訪れる気配が無い。
ある夜、ミアはどこからか聞こえるピアノの音色に惹かれレストランに足を踏み入れる。そのピアニスト・セブ(ライアン・ゴズリング)は、店長の選曲の指示に従わない曲を弾いてクビになったばかりだった。人気が落ち気味のジャズを復権しようと自身の店を持ちたいがその日の演奏の場もままならないセブとチャンスの到来を待ち足掻き続けるミア。この出会いは、2人の運命に一体何をもたらすのか。

2015年に公開された「セッション」で旋風を巻き起こした新鋭ディミアン・チャゼル監督の新作映画は、一見軽やかながら深い余韻を残す、「セッション」とは大きく違う形で観る者に音楽の魔法をかけるミュージカル映画です。

物語の筋立てそのものは至ってシンプル。ミアとセブ、2人の夢追い人の恋の行方を四季の移ろいと共に描き上げる、ただそれだけに過ぎません。アンサンブルこそ多いですが主要人物の数も10人いるかいないかです。しかしその1本の幹に絢爛なまでの枝葉と花々が輝いている映画です。
ジャズを筆頭に様々なジャンルの音楽が行きかい、歌唱やダンスで圧倒し、色彩豊かな衣装で魅了する、観客を視覚でも聴覚でも楽しませます。音楽はどれも印象的なメロディで、映画館を出る頃には作中登場した曲をハミングしていたりサントラCDを買いに売店へ足が向く人も多いに違いありません。
物語がシンプルである、という事は決してマイナスではありません。演劇に古典劇があるように、ジャズにスタンダード・ナンバーがあるように。シンプルであることは普遍的な輝きを持ちうる可能性を内に秘めているともいえるのです。

「雨に唄えば」などのジーン・ケリー主演作や「バンドワゴン」を始めとしたフレッド・アステア主演作、「シェルブールの雨傘」のような古いミュージカル映画からの強い影響やオマージュが多々見受けられるのもこの映画の大きな特徴で、この辺りの作品をご覧になったことのある方にはニヤリとしてしまうシーンが数多く登場することでしょう。ミュージカルのスタイルとしてはブロードウェイの本流というよりは、第二次大戦後アメリカから流れてきたジャズの洗礼を受けた1950年代頃のフレンチ・ミュージカルに近いような印象です。

またこの映画、個人的にツボだったのは縦横比1:2.35(1:2.55のアスペクト比で製作された作品もある)のシネマスコープサイズで、しかも近年主流のデジタル撮影でなく35㎜フィルム撮影で製作された点です。
シネマスコープは1950~60年代の大作映画に主に用いられ「スタア誕生」などのミュージカル映画にも多く使われましたが、やがてテレビの台頭やミュージカル映画の衰退と共に姿を消していきました。
敢えてクラシックな素材を用いた事でどこか懐かしさを湛えたこの映画の魅力を最大限に引き出すことに成功しています。どうやらディミアン・チャゼル監督はもう音楽を「魅せる」事にかけては天才的のよう(笑)
音響に徹底的にこだわっている作品なので選べる環境にあるならより音質の高いスクリーンで観る方が作品への没入度が高くなるかもしれません。

最後の最後に現れる「仕掛け」が長く残る余韻を約束する至福の128分。全編隙間無く溢れるロマンティックな空気に充てられて、珍しく映画の1人鑑賞に若干のダメージを受けたりしてます(苦笑)。今現在恋人や夫婦のいらっしゃる方は是非お相手の方を誘い出してこの映画をご覧になって下さい。きっとずっと忘れられない時間になります。
それから今追っている夢がある人、かつて夢を追っていた人も、きっと心揺さぶられる「何か」がこの映画にはある事でしょう。
もちろんそうでない方も是非。煌めく音楽の「魔法」たちが、あなたの訪れをスクリーンで待っています。



拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/