ちゅうカラぶろぐ


[2018]  [2017]  [2016]  [2015]  [2014]  [2012]  [2013]  [2011]  [2010]  [2009]  [2007
会社で、将来どんな大人になりたいかというような話をした。

その中で私が言ったのは『所ジョージ』。
あの自由奔放な生き方は、いつも憧れてしまいます。
趣味の畑仕事で熱中症になれるなんて、幸せものです。

そして、『高田純次』。
あのいい加減さの中にある、物事への鋭い切り返しは尊敬します。

もちろんそこでは言わなかったですが、
一番目標とするのは・・・

『桜玉吉』



さて、ついに明日は『スーパーアニカラ魂2013』!!
今週のブログはすっかり、この話題一色でしたな。

そんな中でvoda☆poneさんだけに、この話題が全くなく、
まるでテレ東のような、我が道ぶりはむしろすがすがしいです。

このイベントの企画『THE KING OF SINGERS DUET』の参加者から
当日が近くなり緊張してきたと聞くようになりました。
そりゃ当然、緊張されると思います。

普通のカラオケをやるだけでも、結構緊張するのに、
それが大勢の前でとなると、その緊張は相当のものでしょう。

そこに私となると、当然唄うことへの緊張もそうですが、
当日の司会や進行を思うとかなり緊張してきます。


私が一番緊張するのは、実はイベント開始直後。
イベントが始まり、大勢の着席したメンバーの前に立ち、
当日の第一声を放つ時に、とても緊張します。

イベント当日の扇状に並んだメンバーすべての目が、
私一人に向くのはむしろ恐怖とすら言わざるを得ません。

通常の歌会の際でも、現状でかなりの人数の前で話しますが、
それに比べると、もう雲泥の差です。

そんな大勢の前での緊張感をデュエット参加者は体験しますが、
このような緊張感は、なかなか体験できるものではありません。
むしろ、それを楽しまれてはどうでしょうか。

普通のカラオケとは違う環境で唄うのもそうですが、
この緊張感を感じられるのも、楽しみの1つだと思います。








拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まだ By レイ
 荷詰めが終わっておらず、神奈川なう……。
DATE : 2013/12/07(Sat)15:39:15 EDIT
無題 By かときちくん
> レイさん

カラオケしに名古屋にくるだけなのに、
「荷詰めが・・」ってのが面白いね。

私もダンボール3箱以上持っていきます。
DATE : 2013/12/07(Sat)15:43:35 EDIT
/