ちゅうカラぶろぐ


[1401]  [1399]  [1398]  [1397]  [1396]  [1395]  [1394]  [1393]  [1392]  [1391]  [1390
突然、会社で職場が移動となり困惑する今週の私。
基本、現場での仕事がほとんどだった今までと違い、
事務所での勤務が大半を占めるようになる感じです。
 
今までとは全然勝手が違う部署で大丈夫か心配なのだが、
その部署に人が歓迎してくれているようで、
「早く新しい名刺を」「机を」「パソコンを」「携帯電話を」「印鑑を」と、
私を持ち上げまくって、やる気を出させて戦力にしようと言うのが、
ミエミエ過ぎるのがアレだが、悪い気はしないのでヨシとする。
 
 
さて、会社での昼食中にカップ麺を食べながら、
ズバリ、そのカップ麺について話が盛り上がりました。
内容としては、カップ麺に求めるのは何かみたいな事。
 
最近のカップ麺はラーメンのウマさをやたら求めているが、
私らは、ウマいラーメンを食べたいのではなくて、
すべてが及第点のカップ麺が食べたいのだということだった。
 
よくコンビニなどにいくと、行列のできるような、
有名ラーメン店とタイアップした、その店の味を再現とうたう、
300円程度のラーメンがよくイチオシになっている。
しかしながらそんなもんは、全くどうでもよくて、
こちらとしては、ラーメンじゃなくカップ麺が食べたいのだ。
 
もちろんタイアップしたラーメンが悪いわけではく、
その美味しさもさることながら、その需要も良くわかる。
麺にこだわり、スープにこだわりと、そこは評価するが、
あのスナック麺やスープの素朴さが重要なのだ。
 
しかも、ウマいラーメンを求めるあまり、値段は高いうえに、
湯を入れるだけという手軽さからも離れているのも気に入らない。
 
ちょっと豪華なカップ麺を買うと、かやくやスープの袋が、
それこそヘタすりゃ、5袋程度入っていたりする。
これとこれは湯を入れる前、これは湯を入れた後、
これは湯を入れたらフタの上で温めてなどと複雑で、
なんでカップ麺で、作り方の説明を何度も読み返さにゃならんのかと。
 
そういろいろと、カップ麺について吟味していくと、
日清カップヌードルがいかに究極かということがわかる気がする。
フタをあける→湯を入れる→3分待つ!!
まさにスタイリッシュ、完璧!!
 
とはいいながらも、いろいろ食べ比べるんですけどね。
 
 
そういえば、昔よく食べた焼きそば『バゴォーン』って、
まだあるのかな?なんて思って、ちょっとググッたらまだあるのね。
昔と同じで、ちゃんとワカメスープもついてきて感心。
 
見ないと思ったら、今では東北のみの限定販売だそうで。
ちょっと通販で取り寄せてみようかしら。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
懐かしいな…… By レイ
 バゴーンは今まで食べてきたカップ焼きそばの中で
自分では一番うまいと思っています。しかし東北限定
ですか……。
DATE : 2012/05/20(Sun)00:06:17 EDIT
/