ちゅうカラぶろぐ


[3306]  [3304]  [3303]  [3302]  [3301]  [3300]  [3299]  [3298]  [3297]  [3295]  [3296
​iPhoneの充電ケーブルに触れた女性が感電死したという、
なかなかにショッキングなニュースがありました。
私もiPhoneを使う身としては身近な感じだったりします。

どうやらケーブルを覆う皮膜が破れてしまっており、
そこに寝ていた女性が触れてしまって感電したとのこと。

私も昔、コンセントに刺さったままになっていた、
ファミコンのアダプターの差込口をなぜか口に入れてしまい、
ビリビリと軽く感電してしまった覚えがあります。
なんで口に入れたんだろ?



さて、昨年末イベント『スーパーアニカラ魂』を開催し、
無事に年が明けたらと思ったら、今年もあと僅かです。

あっと言う間に今年も一年が終わろうとしています。
(おそらくこの類の話は今後のブログでもでてきます)

一年がこんなにあっと言う間に過ぎてしまうのか。
小学生や中学生の時は一年が相当長く感じたものです。

ではなぜ一年の長さの感じ方が違うのでしょうか。
実はこれにはなんと名前の付いた法則があるらしく、
『ジャネーの法則』と心理学で解明されているらしい。

50歳の人にとって1年のは人生の50分の1であるが、
5歳の人間にとっては人生の5分の1にも相当するとのこと。
そう言われてみればそうなのかも知れないとも思う。

そしてそう感じるのは、小さな頃は毎日が新鮮で、
いつも初めて見たり体験したりの連続だったりしますが、
歳を取ると、そんな新鮮さが少なくなるからだそうです。

それならば少しでも多くの新しい体験などを求めれば、
一年も長く感じるようになるのかも知れません。

以前、このブログで「私は生き急いでいる」と書きました。
何を言っているのかは分からないと思いますが、
平たく言えば、いろいろな事を経験してみたいという事。

少なくとも、こんな長く続けることが出来ているちゅうカラで、
主催者をやっていられる事は幸せだと思います。

また、このちゅうカラに参加しようと決断したメンバーも、
他の人には出来ない経験をしているのかもしれません。

拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/