ちゅうカラぶろぐ


[2320]  [2319]  [2318]  [2317]  [2316]  [2315]  [2314]  [2313]  [2312]  [2311]  [2310
こういうのも一種の職業病とでもいうのか、先週ニュースを賑わせたスコットランド独立の是非を問う住民投票、それを聞いて私がつい考えてしまったのは、
「スコットランドが独立したらウィスキーの輸送ルートってどうなるんだろう?」
でした。直接自分が買い付けに関わってるワケではないので気にする必要など一切無いのですが(苦笑)

こんばんは、小島@監督です。
とは言え世界のニュースは時に身近なものに感じられる事、ありますね。

さて、今回の映画は韓国発のサスペンス「テロ、ライブ」です。

不祥事でテレビキャスターの職を追われラジオ局へ左遷されたヨンファ(ハ・ジョンウ)
燻った感情を抱きながらも今日も生放送の時間が始まる。
リスナーと電話でやり取りする中、建築作業員パク・ノギュと名乗る人物から「麻浦大橋に爆弾を仕掛けた。俺の要求を聞かなければ爆破する」と、脅迫を受けるが、ヨンファはどうせいたずらと取り合わず電話を切る。
しかし、次の瞬間爆音が響き麻浦大橋が爆発した!
その衝撃に驚きながらもこれがテロと確信するヨンファは特大スクープの予感に身を震わせ、自信を左遷したチャ局長(イ・ギョンヨン)に取引を持ちかけ、このスクープを独占生中継しその実績をもってテレビキャスターへ返り咲こうと画策したのだ。
そして再びパク・ノギュからの電話がヨンファへと届いた…!

全編ほぼスタジオの中のみで展開し、かつリアルタイムで進行する極めてミニマムかつソリッドなサスペンスです。
キャスター・ヨンファと犯人パク・ノギュとの心理戦はもちろん、このスクープを物にせんとする利己心丸出しのテレビ局の人間や保身に走る政府関係者たちの、僅かな良心など容易く踏みつけ握りつぶす欲望の激突がこの映画の見所です。
危機に際して登場人物の多くがあからさまなまでに自身の利益のみを追求していくその姿に今年3月に発生した「客船セウォル号沈没事件」を想起してしまう方も多いに違いありません。韓国という国の最も醜い部分を露呈したと言っても良い事件でしたが、この映画の凄い所はその沈没事件より前に製作されている点です。皮肉のようにも聞こえますが、その予見性には舌を巻くほかありません。あるいはクリエイターの冷静な批評精神の為せる業、というべきでしょうか。

演出について、よほどシナリオを徹底的に推敲したのでしょう、限界ギリギリまで余剰は削ぎ落され無意味なセリフは一つも無いと言って良いレベルな上に、ほぼ全編スタジオの中のみで展開しながらもリポーターの中継や他局のニュース映像なども差し挟むことによって映像が単調になる事を上手く回避し、それでいて物語を時に飛躍させてエンターテインメント性を強調する事も忘れず、高い緊張感を最後まで維持し続けるその手腕は見事としか言いようがありません。
何となく犯人パク・ノギュがいろいろチートすぎる気がしなくもないですが(笑)、紛れも無く今年公開されるサスペンスやスリラー映画の中でトップレベルの出来栄えです。

既に名古屋での上映は終了してしまっていますが、稲沢や岡崎、大垣での上映はこれから始まりますし、機会のある方は是非ご覧になっていただきたい作品ですね。
これほどの逸品、韓流好きのおば様達だけに独占させておくなどもったいない(笑)!


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/