ちゅうカラぶろぐ


[2161]  [2159]  [2157]  [2158]  [2156]  [2155]  [2154]  [2153]  [2152]  [2150]  [2151
~前回までのあらすじ~

ウッチーさんがあざといよ!


そんなわけで、今回はファイルライブの続き、第2部のトークショーとお楽しみ抽選会です!
まずは、キョウリュウジャー6人の役者さん達のトークショー。

6人がもし家族だったら?

というテーマを司会のお姉さんが振ると、なぜかキングが「俺は家族の中にいない気がする」と後ろ向き発言!
どうしたのキング!?(゚д゚;)
役者さん達が、そんなこと言わないでって言っている中、「でもウッチーは犬だよな」と、今度はのんきな発言をします。
落差が激しいですけど、面白いのでおっけーです(笑)
ウッチーさんも犬と言われて、戸惑うのですが、「よーしよし」なんて犬扱いされると、「わおーん」って遠吠えしながらお座りして、犬をやっちゃうんですよ。
たまりませんなあ(ノω`*)
犬をやった後、ウッチーさんが「そうじゃなくて!」とツッコミを入れるのですが、遠くからソウジ君が「ほら、ウッチーおいで!」と、手を叩きます。
それに苦笑いしつつも、ソウジ君のところまで犬真似しながら走っていくウッチーさんは天使です。
そしてソウジ君、彼は腕をあげたと感じました。
もっているね!

どうせなら、会場の皆に聞いてみようということで、まずはノッさんは?と聞くと、「お父さん!」と声が返っていました。
次にウッチーさんを聞くと、「お母さん!」と、言われていました。
お母さんに決まった瞬間、おばちゃん風にしゃべるウッチーさん、中々似合っていましたが、おばあちゃんみたいと、周りに言われていました。
そこでもっているソウジ君が、髪型はノッさんのほうがお母さんぽいよねと言うと、ノッさんまでおばちゃん風にしゃべり始めました。
「近所のおばちゃんが揃っただけだ」と呆れられていましたが、ほのぼのした雰囲気でなごみました(*´ω`)
キングが長男に決まった瞬間、ウッチーさんが、「ほら、いらっしゃい私達の子供」と言って、自分とノッさんの間にキングを立たせていました。
ウッチーさん、ゲキマブ(ノω`*)
続けて末っ子アミィ、次男イアンさん、三男ソウジ君と決まりました。
その後イアンさんが、ソウジ君の肩をだいて「俺達、家族から抜けようぜ」と、舞台袖へと歩き始めました。
「キャー!2人が肩組んで歩いているよー!!」
イアンさーん!マジイケメン。
美味しすぎます(^p^)

そんな楽しいトークショーの後は、お楽しみ抽選会のお時間です。
これは、仮面ライダーウィザードさんのファイナルライブツアーには無かった内容ですね。
抽選会と言っていますので、内容の通り抽選会をやるのですが、その景品が凄く豪華でした!
ちなみに抽選会は、入り口で渡した入場券の半券が、そのまま抽選券となるシステムです。

ではでは、最初の景品。
キョウリュウジャー1人づつの下敷きです。
なので、全部で6種類。
もちろん非売品なのですが、更に凄いのが列に関係なく引いた番号全ての人に当たるって言うんだから、驚きですΣ(・ω・ノ)ノ
それを聞いてなのかどうなのか、わかりませんが友達が「私、アミィちゃんが欲しい」と、急に声をあげました。
それにも驚きですよ(゚д゚;)
と、驚いてばかりなのですが、更にさらに驚いたのが、友達がアミィの下敷き当たりました。
欲しいって言ったら当たったって、どれだけ引きが強いんですか!
当たるだけでも凄いのに、ちゃんと欲しいものを当てるなんて・・うらやましい!!
ちなみに、ソウジ君の下敷きの番号が発表された瞬間、黄色い声が上がっていました。
私もウッチーさんが当たっていたら、黄色い声出したのになあ(´・ω・`)
下敷きの後は、キョウリュウジャーの映画のDVDやガブリボルバーに、キョウリュウジンなどのおもちゃに役者さん達のサインが入ったものでした。
さすがに大きい景品が当たるのは1人だけなので、今度は列も関係してきます。
なぜか、クジを引く度に番号に3が入っていると、役者さん達は世界のナベアツさんがやっていた3が付く時だけアホになるネタをやっていました。
役者さん達の中で流行っているのでしょうか(笑)
ノッさんがクジを引く時に「なんでも屋、なんでも屋」と自分で言い、会場にコールを求めて、そのコールの中で満足そうにクジを引いていたのですが、その後すぐにソウジ君が同じ調子で「りつめいかん、りつめいかん」と言うではないですか。
完全にノッさんに被せて、しかも自分のものにしている辺り、やっぱり彼は只者ではありません(*`・ω・´)
あ、ちなみに「りつめいかん」っていうのはソウジ君の苗字ですよん。
クジは、残念ながら当たりませんでしたが、それ以上に面白いコーナーでした。

ライブショー、トークショー、お楽しみ抽選会とたくさん楽しませてくれたライブショーも、終わりを迎えました。
役者さん達からのお別れの挨拶で最後となりました。
楽しい時間はあっという間です。
舞台の上で精一杯手を振って、ありがとうと言ってくれる役者さん達。
こちらこそ、1年間楽しませていただきありがとうございます!
緞帳が下りてくると、かかんだり伏せたりして、最後の最後まで会場に向かって手を振ってくれた役者さん達を私は忘れません。

当たり前なのですが、特撮は1年間放映されますので、特撮好きは1年間楽しめるということですよね。
それって凄く幸せなことなんだなと、改めて気がつくことができました。
キョウリュウジャーは役者さん達を追っかけて、Gロッソまで行きましたしコスプレも1番愛を込めてして、何より初めてリアルタイムで一緒に過ごした特撮なので、本当に思い入れがあります。
キョウリュウジャーが終わってしまうのは寂しいことですが、自分にはたくさんの思い出がありますからすぐに会えますしね。
心にキョウリュウジャーを、そして次のトッキュウジャーに鎧武を楽しみます!
それに今は、龍騎にゴーバスターズ、ズバットを追っかけて見てますからね。
見たい特撮がある、そう考えると私って幸せものなんだなあって思いました。
特撮は私に大切なことを、いつも教えてくれます。

特撮にたくさんの感謝を込めて、ありがとう。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 By Y.G
あらすじが1行であることについて。
DATE : 2014/04/19(Sat)01:17:15 EDIT
荒れ荒れ注意報! By まいまい
>Y.Gさん
あらすじとは、何も知らない人に対していかに短い文章で伝えるかだと思っていますので、こうなりました。
ウッチーさん可愛すぎでした(^p^)
DATE : 2014/04/19(Sat)19:12:20 EDIT
/