ちゅうカラぶろぐ


[2154]  [2153]  [2152]  [2150]  [2151]  [2149]  [2147]  [2148]  [2146]  [2143]  [2145
6日に録音した『ちゅうカラ!ディドゥーーン!』ですが、
参加した方に、「多分編集に1週間かかるかなー」、
なんていいながら、編集し始めてみれば次の日に完成。
あまりにも編集が楽しくて一気にやってしまいました。

今回はテスト的に大喜利のコーナーを入れましたが、
少しずついろんなことをやっていこうと思います。

ちょっと反省なのは、「そろそろ終わり」と言いながら、
そこがまだ半分くらいのところだったりしているので、
何かヘンな感じになっちゃってますね。



さて、先日は出勤しようと車に乗っていた時の事。

細い道路から太い道路に合流するところで停車し、
太い道路を走る車が途切れるのを待っていました。

いつもそんなに待つことのない場所なのですが、
この日ばかりはなぜか車がなかなか途切れません。

特に急いでいる訳でもないので、淡々と待っていると、
1台の車が止まって、私を行かせてくれるようでした。

お礼の挨拶で手を上げようと、その運転手を見ると、
その瞬間に事件は発生しました。

その私のために止まってくれた車に後続車が追突!
挨拶をしようと、お互いに目があった瞬間でした。

ブレーキを踏んでいるにも関わらず、追突された車は、
約1メートルほども前進するほどの衝撃でした。
それほどの速度は出ていなかったものの、
スマホをいじっていたかなにかで、ノーブレーキの様子。

私に道を譲ろうとした人が追突されただけで、
私自体には一切の責任は無いとはいうものの、
その事故現場を、通り過ぎるのは気が引けましたが、
まあ、仕方がなくとも、気が重い出来事でした。


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/