ちゅうカラぶろぐ


[3195]  [3194]  [3193]  [3192]  [3191]  [3190]  [3189]  [3188]  [3187]  [3186]  [3185
日本語がすごいことになっていたので、改稿いたしました。

ちゅうカラのみなさん、こんにちは!
アイドルマスターシンデレラガールズプロデューサー兼ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールPです。

今週の土、日は我々のホームグラウンドの一部、静岡にてシンデレラガールズのライブが開催されました。今回の公演ですが、新人は二人、乙倉悠貴役の中島さんと脇山珠美役の嘉山さんです。

今回はさくっと個人的見どころをお話しします。
まずは一つ目、自身のソロを終えた後のきよちゃん(安野希世乃)の頬っぺたですね。きよちゃんが大量にかいていたことがはっきりわかる一幕でした。頑張っていたということが言葉ではなく、表情でもなくイヤリングが汗で頬っぺたに張り付くことではっきりしていたシーンでした。

次にダンサーの踊りの切れっぷりです。ダンサーは以前からお伝えしている通り、このツアーで大きくメンバー追加になっています。しかも新人ダンサー(見たことない人)がこれほど多いとは思ってみませんでした。
しかし、SATSUKIをはじめとしたメインメンバーには一切の変更がなく、いつもの気分で挑むことができます;。

さて、ライブは全体曲Yes!Party Time!から始まり、ソロ1曲目はもよちー(黒沢ともよ)のRomantic Nowになっぴー(春瀬なつみ)が加わったスペシャルバージョンからスタートします。背中を合わせて押し合ってみたり、非常にかわいらしい一幕でした。なぜかここで泣き出すP多数。泣き出す津田ちゃん(津田美波)。

そして今回は追い風Runningを初出演の乙倉悠貴役の中島由貴が歌いました。CDの時からわかっていたことですが、きわめてさわやか。聞いていて心が洗われるようでした。

今回のツアーの面白いところに、アニメの複数人で歌っていた曲を全く別メンバーで歌っていくということがあります。そもそもアイマスでは、ライブの時に人の曲を歌うということは多かったのですが、シンデレラガールズではオリジナルメンバーが一人はいる、ということがほとんど(というか全部?)でした。今回はそれを崩してきています。何人かで歌っていたいろんな人が歌える曲を、みんなで共有していくということがあるのかもしれません。

他にもたくさん語りたいことはありますが、本日はこのへんで。
青島ネクターと農園の恵みをよろしくお願いします。

それでは、これからもアイマスですよ!アイマス!



さて、今回ご紹介する曲は"Heart Voice"です。すごく盛り上がる曲というよりも聞き入るタイプの曲です。といってもバラードとかではないのですが、非常にハーモニーがきれいなんです。そして切ないリリックがかなりぐっとくるんですね。今回のライブでもかなり泣かされました。一度聞いてみてください。


おわり。


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/