ちゅうカラぶろぐ


[1688]  [1687]  [1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1679]  [1678
ちゅうカラ ダンシ会なるものが開かれるそうですよ。
女子会に比べてストイックなイベントになりそうですが、それはそれ。
みんなと楽しく遊びましょうぜ!
気になった方は、今すぐスポット掲示板へ!

また、3月23日には食事会イベント、4月の頭にも食事会イベントと目白押しなので、年度末のイベントラッシュみんな参加してね!

こんばんは。イベントラッシュ前に花粉症対策を終えて、万全の体調で臨みたいショーグンです。

今年はきつそうなので、イベントラッシュ時はマスクしっぱなしの可能性もあります

で、いままでのあらすじ。
 なんか爆発して、爆発すればいいと思いました。

ウソですごめんなさい。

 秋葉原で箱根に行くことを決めたショーグン。しかし、秋葉原の魔力は思いのほか強くブラブラして時間だけを浪費してしまった。3時過ぎに時間を逆算して新宿から小田急で箱根に向かったが、箱根湯本に着いたの18時で。そこでショーグンは箱根湯本という街の恐ろしさを体感するのであった…

 東京から箱根湯本は新宿から小田急ロマンスカーで2時間。一眠りしていたらあっという間に箱根湯本の駅でした。しかも2000円とリーズナブルな価格。こりゃ東京の人たちが気軽に行くのもうなずけるってもんです。
 
 しかし、18時に箱根湯本についた時には、街の食事屋や飯屋は軒並み閉店準備中。
やっぱり観光地ですから、みんな温泉旅館で夕食を取るのでしょうね。駅を降りて、歩いて行く先の店がどんどん閉まっていく光景は、まるで自分が箱根の街に嫌われているかのようでちょっと凹みますよw

 

もちろん、お目当ての一つであった「えゔぁ屋」も閉店。orz

 気を取り直して、俺は腹が減っているだけなんだと思い直し、とにかく開いている店へ。
たまたま老舗っぽい蕎麦屋が開いていたので、そこに飛び込みオススメと書いてあった自然薯そばを注文。
 コレが、大当たり。蕎麦はかなり旨くのどごしも良い、店内を見回すと有名人のサインがいっぱい、おねだん1000円と蕎麦単品にしてはちょっと値が張りましたが、大満足。



 さて、お腹もいっぱいになったので、箱根登山鉄道にて本日のお宿、B&Bパンシオン箱根に向かいますよ。前回も書きましたがこの宿、源泉かけ流しの大浴場があるホテルで1泊4000円。
 コレなら自分みたいな一人旅にはもってこいです。

 このホテルの最寄り駅は小涌谷駅。しかし、そこからはバスか、徒歩で移動しなくてはならない。さらに言えば、チェックインは20時まで。
 小涌谷駅についたのが19時15分。駅でたまたま、ママチャリの貸出が開いていたので、ママチャリで箱根の山登りを選択しましたよ。

 コレが大失敗のもとだったのです。

 小涌谷駅から小涌谷の温泉街までは、箱根の中でも屈指の登りの角度がきつい場所。すぐに脚は売り切れて、ゆっくり進むのが精一杯。それこそ歩いたほうが早いくらい。
 そして19時半には消えてしまった街灯。箱根の森の暗闇の中を自転車のライト一つで登る恐怖。更にはケータイの電池も切れてしまって、宿に連絡する手段を失ってしまい、遅刻することを伝えられない状況。
 
 もうどうにでもな~れって感じですよ。

 それでも上を見あげれば満天の星。それだけなんですが、なんというか清々しい気分になって前に進める単純な自分。

 結局は20時少し過ぎに宿に到着して、温泉と酒を堪能することができました。

 大失敗もありましたが、無事に宿についたあとにはそんな失敗もいい経験だと笑って酒のんでました。こういったことがあっても、なんとか解決できたときはなんともいえない達成感がありますね。
この失敗のお陰で、忘れかけていた一人旅の醍醐味を思い出したショーグンなのでした。

 来週の箱根編2 路線バスの旅でGO!に続く

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/