ちゅうカラぶろぐ


[3144]  [3143]  [3142]  [3141]  [3140]  [3139]  [3138]  [3137]  [3136]  [3135]  [3134
ちゅうカラのみなさん、プロデューサーの皆さん、こんにちは!
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

アイマスライブがあったからそれを紹介すると思ったか!残念ながら今回は予想を外していくスタイルです。もちろん参戦はしましたが、今回は別のライブのコメントです。

ということで、今回は田所あずさ(以下ころあず)のAZUSA TADOKORO LIVE TOUR 2017 DilEMmaの名古屋公演についてです。場所は今池ボトムライン、以前のツアーでも使われたライブハウスです。

開幕するとフラッシュが激しく焚かれステージ上に出てくる人影が映し出されます。それはバンド「あずさ2号」のバンドメンバーたち。そう、ころあずのライブの魅力の一つに生バンドの演奏があるのです。そして、ころあずが出てくるとすぐに始まる「スーパースタールーザー」、なんところあずの新しい魅力としてなのか、ギターをもって弾きだしたのです。すでにテンションは最高潮。しかし、そのあとに控えていたのは「1HOPE SNIPER」「君との約束を数えよう」「spit out」「Fighter's high」と続き、もはや汗だくです。特にFighter's highはCDで聞いた時から特に生で聞きたかった曲の一つでしたので、非常に楽しかった。

そのあとはダークな世界観が独特な曲とバラードゾーンを通り、放送中のアニメ「週末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」のOPである「DEAREST DROP」です。なんとこのブログを書いている本日発売のシングル曲です。ブログを書き終わったらたっぷり聞きます。

そのあとも「Straight Forward」をはじめとしたココロに刺さる曲が続いてきました。

アンコールは「イッポーツーコー」に始まり、ホリプロルール(タオルぶん回し禁止)をこの曲だけは解除するところあず自らが叫ぶ「Boom!Boom!」、そして安定の「純真Always」。純真AlwaysはCメロが心に刺さります。「素直になるって決めた、ただそれだけなのにね今私の世界が見える、はっきりね。まいったな、泣いちゃいそうだよ。」こっちが素直になって泣いちゃいそうです。

非常に楽しいライブでした。汗だくでしたがね!しかしながら、そんなころあず、喉の炎症により次週の公演を延期するとの公表が本日ありました。名古屋公演の前週の別公演も同様の理由で延期となってしまったため、非常に心配です。私はもう一公演、参戦を予定しており、それは5/4の東京公演ですが、無理をせずにしっかり治してこれからの活動に支障をきたさないようにしてもらいたいものです。

さて、今回ご紹介する曲はTHE IDOLM@STER PLATINUM M@STER 02より「インセインゲーム」です。この曲を歌うのは星井美希(CV.長谷川明子)、我那覇響(CV.沼倉愛美)、四条貴音(CV.原由実)の三人組です。昔、THE IDOLM@STER SPというゲームがありました。この時には、プロデューサーとともに歩むアイドル達には強大なライバルがいました。彼女たちの名はプロジェクトフェアリー、「オーバーマスター」という曲を引っ提げ、壁となりました。オーバーマスターを歌うのは星井美希、我那覇響、四条貴音、何を隠そうインセインゲームと同じ三人です。そしてインセインゲームのフレーズにはオーバーマスターのイントロが一部使われています。かつて765の前に立ちふさがった三人が765として、昔の曲を受け継ぐ曲を歌う。とても熱い話ではありませんか。


おわり。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
yeezy boost 350 By yeezy boost 350 URL
Oh my goodness! an amazing article dude. Thank you However I am experiencing subject with ur rss . Don抰 know why Unable to subscribe to it. Is there anybody getting similar rss drawback? Anyone who is aware of kindly respond. Thnkx
DATE : 2017/07/29(Sat)08:44:31 EDIT
/