ちゅうカラぶろぐ


[2823]  [2822]  [2821]  [2820]  [2819]  [2818]  [2817]  [2816]  [2815]  [2814]  [2813
昨年シリーズ10周年を迎えたアイドルマスターの記念出版が先日発売されました。
シリーズに登場する全アイドルを網羅した名鑑です。

コレがその表紙。名鑑なのでざっくりとしたプロフィールと簡単な紹介しか載っていないわけですが、全部で300人近くもいるのでかなり壮観です。しかしちょっと残念だったのが作品毎にキャラクターをまとめる形で掲載されているところ。せっかくなので765プロもシンデレラガールズもミリオンライブもSideMも全てを一緒にして五十音順で掲載してほしかったな、というのが個人的な感想。
例えば「あ」なら、
アナスタシア
天ケ瀬冬馬
天海春香
って並んでる方がより眺めてて楽しい感じがするのですよ。あくまで私個人の印象なのでそうは思わない方もいらっしゃるでしょうけれど。

こんばんは、小島@監督です。
しかし最初は10人で始まったタイトルも今やその30倍に…そう思うと10年の時間の大きさを実感します。

さて、今回は映画の話ではなくライブの話。昨日幕張メッセで開催された「Trident THE LAST LIVE Thank you for your BLUE」を観に行ってきました。
Tridentとは「蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ」に登場するイオナ役渕上舞さん、タカオ役沼倉愛美さん、ハルナ役山村響さんの3人で構成されるユニットです。いくらアイマス声優とプリキュア声優とアイマスでプリキュア声優のユニットとはいえ作品に出会ったのが昨年10月公開の劇場版(しかも完結編)、そこから僅か半年でライブイベントに遠征するまでになってしまいました。私チョロイ。
Tridentは今回のライブを以て解散されることが事前に告知されていて、完結編で初めて知った作品の最後のイベントに出向くというのもなかなかの奇縁だなぁという気がします。

Tridentの楽曲のサウンドはいわゆるEDM(Erectric Dance Musicの略。シンセサイザーとシーケンサーでサウンドを構成し基本的に生演奏で披露することを想定していない音楽で、00年代頃からヨーロッパのクラブシーンで勃興し出して世界に広まっていった。2010年あたりから日本でも規模の大きなイベントが開催され始めている)サウンドで、一般的なアイドルポップとは少々趣が異なり、率直に言えばアイドルライブなのにいくつかの楽曲以外では「コールが入れづらい」というのが特徴です。とはいえダンサブルな曲が多いので素直にリズムに乗りやすいのは良いですね。

そんなEDMサウンドに乗せて、穏やかで透き通るような渕上舞さん、どこまでもパワフルに伸びる沼倉愛美さん、どこかコケティッシュさをまとわせる山村響さんの三者三様のヴォーカルが渾然となってユニット名であるTrident(三角形)を形作る三位一体のハーモニーが実に心地いい。
それはトリオで披露される曲だけでなく各人の個性を強調したソロ、いわば三角形の「辺」というべきデュオで披露されるナンバーも「アルペジオ」の物語の中での位置づけを想起させる抒情的な歌詞を合わせることでトリオとは違う輝きを放ちます。

それらをショーアップさせる演出も見事で、大きなスクリーンを利用してのプロジェクションマッピングを始め、曲に合わせてアニメ本編の映像をコラージュしたり事前に3人のダンスをモーションキャプチャーしたものをステージ上で踊っている本人たちとシンクロさせたりと多彩なアイディアで観る者を魅了します。
更には「解散ライブ」だというのに新曲、しかもそれを新作アニメ映像に乗せて披露するというサプライズまでやってくれるというのも嬉しい。
ついでに言うと今回のライブ、メインステージとセンターステージを花道で結ぶ、という比較的オーソドックスなレイアウトだったのですが、自分の席がそのセンターステージのすぐそば。そのステージに来てくれれば3人がもう目の前!知って半年のにわかには勿体無いくらいの良席でパフォーマンスを観ることができました。ええ、今回も言います、ぬーぬーカワイイ(笑)

ライブ後半では「アルペジオ」のもう一つのユニット、千早群像役興津和幸さん、織部僧役松本忍さん、橿原杏平役宮下栄治さんの3人による「Blue Steels」も登場。これまでの関連CDで収録された5曲全てを披露してくれました。こちらは非常に分かりやすいヒップホップである意味1コーラス聞けば誰でもリズムに合わせてコールができる間口の広さが魅力。Tridentとは違うパワーで楽しませてくれます。

約3年続いた「アルペジオ」において発表された全ての楽曲を披露、ということで総時間は実に5時間にも及びました。しかし「〇周年」や「初のドーム公演」というような節目ではなく「綺麗に終わりきるためのライブ」というのは今までほとんど経験が無く、それをやりきった姿を間近で観ることができたのは非常な幸運で、最高に充実した時間でした。
いつかまたフッと再会する日もありそうな、そんな爽やかな余韻を残す別れの場。ああ、自分は素敵な場に居合わせることができたのだなと思います。初めてが最後なのもちょっと寂しいのでもう一度会える時があるといいなぁ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/