ちゅうカラぶろぐ


[2675]  [2674]  [2673]  [2672]  [2671]  [2670]  [2669]  [2668]  [2667]  [2666]  [2665
昨日の歌会に参加された皆さん、お疲れ様でした。
今回初参加された方々がいらっしゃった部屋にちょいちょいお邪魔して歌聴いてみたりしましたが、皆さん歌が上手い!
次回以降もまた来てくれると嬉しいですね。

こんばんは、小島@監督です。
それにしてもいつき君はラブライブ!コラボメニューに一体いくら注ぎ込んだんだ…(笑)

さて、今回の映画は「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-Cadenza」です。

近未来、温暖化の影響で大地を極度に失った人類の前に霧と共に超科学的兵器を有し第2次大戦期の戦艦の姿を模した謎の艦隊が出現。「メンタルモデル」という独自の意思を持ち船員を必要とする事無く単独で行動できるその艦隊の前に人類は窮地に陥っていた。
潜水艦イ401号の艦長を務める千早群像(声・興津和幸)は、人類側に着いたメンタルモデル・イオナ(声・渕上舞)と共に霧の艦隊に戦いを挑む。
ある時、大戦艦ヒエイ(声・M・A・O)との戦いの最中、突如超戦艦ムサシ(声・釘宮理恵)が出現した。その艦上に群像は戦死したとされる父・千早翔像(声・中田譲治)の姿を発見し愕然とする。そしてその場で翔像は全世界へ向けて霧の艦隊への降伏勧告を発するのだった。

2013年秋にTVシリーズが製作され、その後TVシリーズの再編集と新作パートを織り交ぜた「DC」が今年1月に公開、原作とはストーリーを異にするアニメシリーズの完結編となる2本目の劇場版が公開されました。「アルペジオ(分散和音の一種)」がそうだからか、「アルス・ノヴァ(14世紀フランスで栄えた音楽様式)」も「DC(ダ・カーポ(曲の始めから))」も今回の「カデンツァ(独奏の即興)」も全て音楽用語でまとめられてますね。

…なんですが、実は私ひょんな事から一昨日の舞台挨拶付上映に誘われて行くまでこのシリーズ全く観た事も原作読んだ事もありませんでした。全く予備知識ゼロの状態でいきなり完結篇からの鑑賞…という作品との出会いも時には悪くないかなと誘いに乗っかって観に行った次第。
因みに舞台挨拶はタカオ役沼倉愛美さん、ヒュウガ役藤田咲さん、ミョウコウ役福原綾香さん、ナチ役佐藤聡美さんの4人が登壇されました。登壇者の名前を聞いてうっすら察した方もいらっしゃるでしょう。そうです、登壇者の半数がアイマス声優です。だから行ったようなものです。
ぬーぬーカワイイ。何度でも言う(笑)

話を映画の方に戻しましょう。
この作品を大きく特徴づけるのはその表現技法。戦艦や潜水艦のようなメカだけでなく登場人物を含めほぼ全てを3DCGで描いていますが、キャラクターは極力セルアニメに近づけてモデル化する「セルルック3D」という方法で作られTVシリーズ放送時に大きな話題になりました。
評判だけは聞いていたので一度観てみなきゃなとは思っていたのですが、まさかいきなりスクリーンで観る機会が来ようとは。
舞台挨拶の壇上でナチ役佐藤聡美さんが「どうかしている(褒め言葉)」と評していましたが、そう言いたくなる気持ちも分かるほどの迫力です。「シドニアの騎士」や「楽園追放」など、同種のスタイルで作られた作品も出てきていますが、断続的に2年以上も製作されているだけあり、キャラクターと画面の一体感などに一日の長を感じさせます。
また、アニメという媒体を最大限に活かした戦艦戦の迫力も見事です。単に艦砲射撃の撃ち合いというだけでなく文字通りの「格闘戦」が展開されるシーンもあったりするなどハッタリが効いたシーンが目白押しで、さまざまなアイディアが盛り込まれ決して単調なバトルシーンにさせないようになっているのが良いですね。

物語の方に話を移すと、まぁさすがに全くの初見なのでところどころ置いてきぼりを食らうのは致し方ない所ではありましたが、ここに至るまでにどんな事があったかセリフの端々に匂わせてくれるので全く付いて行けないという事はなく、基本骨子自体はかなりシンプルなストーリーなので結構ガッツリ楽しませてもらいました。

ピクサー作品のようなカートゥーン系でもなく、ファイナルファンタジー等のリアル系でもないまさに日本ならではの独自進化を遂げたCGアニメのこのスタイルがこれからメインストリームになって行くかどうかは分かりませんが、間違い無く表現技法のひとつの「選択肢」を得た事は確かでしょう。
まだご覧になった事の無い方はストーリーにハマるかどうかはさておき一度観ておく価値はあると思いますよ。
…私?昨日鰻太さんからTVシリーズと劇場版前作のBlu-rayお借りしたのでまったり追っかける事にします(笑)

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/