ちゅうカラぶろぐ


[2679]  [2678]  [2677]  [2676]  [2675]  [2674]  [2673]  [2672]  [2671]  [2670]  [2669
最近、私は財布に1000円札をぎっしり入れる傾向があります。

別に『金持っているアピール』をしたいとかではないですが、
いろいろな支払いの時の小気味良さがある気がします。

ちょっとした支払いでも、機械による自動支払いでも、
1000円だとなんでも受け入れてくれる安心感があります。

ま、そんなことを思っているのは私だけだと思いますが、
そんな私だけ生活スタイルが、ちょっと気に入っております。



さて、昨年はハリウッド製作の『ゴジラ』2作目が劇場公開され、
先日はそれがテレビ地上波でも放映されました。

みなさんの中にもご覧になった方は多いと思いますが、
内容は日本ゴジラのファンもニヤけるような演出を含め、
ホントによく出来ていたのではないかと思います。

その中で私がとにかく目を引いたのはその特撮技術。
やはり現代ですので、CGの多用で昔とは違うとはいえ、
それを含めても、圧倒的な技術力で、楽しませてもらえました。

ですが楽しめた反面、その圧倒的な特撮技術自体は、
予算・技術を含めて、今の日本での映画製作環境からは、
できないんだろうなと思うと、寂しいような気がします。

今の日本の映画といえば、アニメとドラマが大半を占め、
このようなスケールで描かれる映画がほとんどありません。

そんな折、ゴジラと並ぶもう一つの怪獣特撮『ガメラ』が、
ガメラ生誕50周年記念として、製作されることになりました。

怪獣をメインとした特撮部分はフルCGで再現され、
昔ながらの着包み撮影は基本的に無く寂しいですが、
発表された映像は、ハリウッドゴジラに引けを取りません。
「なんだ、やればできるじゃん!」とちょっと嬉しくなります。



ゴジラに比べると、やっぱりちょっと知名度では劣りますが、
そんなガメラを、超カッコいい映像でみたいですよね。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/