ちゅうカラぶろぐ


[1800]  [1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793]  [1792]  [1791]  [1790
昨日の歌会に参加された皆さんお疲れ様でした。
今回は8人も初参加の方がいて驚きました。初めてなのにコスプレまでしてくれた方もいらして皆さん積極的でこちらもとても楽しかったですよ。

こんばんは、小島@監督です。
また皆さん歌上手い!

さて、今回の映画は佐藤健・綾瀬はるか主演のユニークなSFミステリー映画「リアル~完全なる首長竜の日~」です。

幼馴染にして恋人同士の浩市(佐藤健)と淳美(綾瀬はるか)。穏やかで優しい2人の暮らしがいつまでも続くかと思われたが、淳美はある日突如自殺未遂により昏睡状態に陥ってしまう。
1年後、浩市は淳美を目覚めさせるために昏睡状態の患者と意思疎通を図ることができる最新医療「センシング」を利用して淳美の意識に入り込み自殺の真相を探ろうと試みる。しかし淳美は浩市に「子供の頃に浩市に渡した首長竜の絵を探してきてほしい」と頼むばかり。自身の記憶をたどり「首長竜の絵」を探しながら淳美との対話を繰り返す浩市。
そんな彼の前に見覚えの無い少年の幻覚が見えるようになる。この少年は何者なのか?淳美が切に求める「首長竜の絵」とは?そして浩市は淳美を救い出せることができるのだろうか?

「このミステリーがすごい!」大賞受賞作を原作にしたこの映画、佐藤健・綾瀬はるか主演であることを前面に宣伝してることもあり多くの方はミステリーでありラブストーリーである映画だろうとお思いの事でしょう。私もそう思っていました。
しかし主にホラーやスリラー映画で国内外で評価の高い黒沢清が監督をしている事もあり、この映画、実は非常にホラー色の強い作品になっています。予告編やCMではこのホラーテイストをほぼ完全にオミットして編集されているため、ちょっと予告編詐欺の様な気がしないでもないレベルです。
この予告編に無い部分をアリに感じるかどうかがこの映画最大の分水嶺で、私自身はかなりツボにハマってノッて楽しめたんですが、そうでない人も相当数いる事でしょう。
また、全体で観ればわずかながら突発的にグロテスクなビジュアルを見せつけるシーンがあり、そういったものに抵抗のある方はこの映画は避けた方が良いかもしれません。

この映画において、掛け値無しにプラスに働いている部分は何と言っても主演の2人です。特に綾瀬はるかは現在放送中の大河ドラマ「八重の桜」の主人公・新島八重とは全く異なるタイプのキャラクターを演じており、役者ならではのこういうギャップをリアルタイムで楽しめる機会はあまり無いので特に彼女のファンは是非映画館に足を運んでほしいですね。
そうそう、役者と言えば狙ってやってるのかこの映画でも何故か綾瀬はるか演じる淳美の父親役で松重豊が出演しています。そしてこの映画でも松重豊は結構ガッツリ食べてます(笑)。この辺りでもその「ギャップ」を楽しめる要因がありますね。

この映画は恐らく極端に好き嫌いが分かれる映画です。身近な友人が全員「嫌い」だと言っても自分は「大好き」な1本になる可能性もありますし、またその逆も十分あり得るでしょう。あらすじなどを見て気になっている方は周囲の感想に惑わされずにトライして、自分の直感が正しいかどうかを確かめてみてください。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/