ちゅうカラぶろぐ


[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
どんな映画でも、映画館で見るのと、テレビで見るのとでは、
もう臨場感から迫力から全然違います。

とりあえず見るだけだから画質が汚くてもダ○ンロー○(違法)で、とか、
DVDが発売されるまで待つ、レンタルが始まるまで待つ、
なんて言ってて、作品の本質のなにが分かるというのでしょう。
そんな事言ってるヤツには、作品はタダの暇つぶしでしかないのだ。

それらの作品はやはり映画館で見るために作られたのであり、
映画館で見てこそ100%味わったと言うべきである。
映画館で上映されるものは、映画館で見るのがスジなのだ。



・・はい、ここまでの内容を一切に渡って覆します。

私は映画館で何かを見るというのがあまり好きではない。
映画館に足を運ぶ時は、もう何にも代え難いほどに、
「見たい!!」という衝動にかられた時だけだ。

私が映画館が好きではない理由はなんといっても、
上映中は多少の飲食以外はまったく何も出来ないこと。

家で見ている時は、頭をそんなに使わない、
プラモデルを作るとか、部屋の掃除をするというような、
片手間な事が同時にできることが、結構重要なのだ。

特に働くようになってからは、一層そう思うようになり、
せっかくの週末なんかは、すこしでも満喫してやろうと思って、
「ながら」作業が一段と増えた気がする。

アニカラサークル主催者ながら、あまりアニメを見ることはないが、
たまにアニメを見ている時は、大抵はちゅうカラの仕事をしながら、
アニメを同時に見ています。やっぱり「ながら」です。


あと好きではないとは違うのだけど許せない事の一つに、
「デートで映画に行く」ことがあります。


映画館では例え席を隣同士と言えど、映画が始まってしまえば、
スクリーンと1vs1になってしまうのです。
せっかく2人で一緒の時間を共にしているというのに、
なんと時間をもったいなく使っていることか。
そんな映画の2時間を、どこか喫茶店などでもいいから、
会話に費やすべきだと私は考える。

でも逆の見方をすれば、今までデートでは映画館にいかなかったのに、
映画が増えたって時は、会話することに飽きたってことになるのかな。



え?女の子に映画に誘われたら断るのかって?
そんなの、行くに決まってるじゃないですか。
なにを言ってるんすか、アンタ!!


拍手[0回]

/