ちゅうカラぶろぐ


[716]  [715]  [714]  [713]  [712]  [711]  [710]  [709]  [708]  [707]  [706
どうも粋でいなせなナイスボウズひょっと斎です。
前回に引き続き自転車でイッてみた企画ということで、
今回は6月5日に行ってきた香嵐渓ツーリングのレポートです。

今回は自分にとって自転車で初香嵐渓なので、自転車向きの道を調べがてら、
まったり、こっそりピンで登ろうと思っていました。
それで前回のように皆を誘っていませんでしたが、なんというシンクロニティでしょう!
そこ(mixi)には香嵐渓に登ろうかのうとつぶやく鰻氏の姿が。
お互いの通る道を伝え合って、
じゃあ適当に現地で落ち合うべという無計画っぷりを発揮して覚悟完了したわけですよ。

そろそろ暑くなってきたのと、夜は飲み会が控えていたため朝5時に出発。
前回はロードタイプでしたが、今回はどんな荒れた道に遭遇するかわからなかったので信頼と安心感のマウンテンバイクを選択。


朝5時なら車もいなくて快適だろうと思っていたら、トラック・トレーラの多いこと。シィィット!
車道を走っていたらすげえ勢いで飛ばす車が横を掠めていくのビクビクしながら豊田市に入り、
豊田市役所を超えてしばらく行ったコンビニで補給食を取りつつ現在地を報告したら、もう着いたという鰻氏の返答が。
速すぎるだろ常識的に考えてとつぶやきつつ、松平ICを過ぎて巴川に並走しながら山道入り。


それまでと打って変わって車も少なく、信号もなく(街中だと走ってる時間と信号待ちしてる時間がトントンになる)、川のせせらぎが癒し空間を演出しまくりで非常に快適でありました。
鰻氏を待たせるのも悪いと思って結構頑張ってペダルを回して登っていたのに、
自分をブチ抜きしていく自転車が数台いてびっくり。
22km/hくらい出してた自分をブチ抜いて、車-自転車-車という団子状態で走ってたってことは、
登りで35~40km/hくらい出てた模様。
世の中にはバケもんがおるもんだなあ。



9時ころ香嵐渓入りして鰻氏と合流。
キャッキャウフフしながらのんびり周囲を回った後、足助八幡を参拝。





それから休憩をはさんで帰路につきました。
適当に走っていたら、ずっと下りのハズなのに道を間違えて山に入ってしまった。
地元のおじさんには「この山を越えていっても豊田市街にいけるよ」と言われたものの、
オレたちはようやくのぼりはじめたばかりだからな
このはてしなく遠い男坂をよ…

となったら旅が未完になるだろうがということでスゴスゴと道を修正。
次回以降行ってみると面白いかもしれん。
行きの登りも快適だったけど、帰りはさらに下りという好条件が付けくわってテンションUP。
後先考えずぶっ飛ばして豊田市街に入った。
そしたら案の定ヘロヘロになって、そこから家までは暑いは車は多いわ信号多いわでまじウンザリ。
途中金属片を踏んでパンクしてしょんぼりしたけど、14時ちょい前に何とか家に辿りつきました。
メータを見たら走行距離114km。かかった時間の割に今一距離が稼げてないのでもっと鍛えねば。
登りが弱点だということがよく分かった。
走ってる最中はカロリーメイトやパンや羊羹みたいなのものしか身体が受け付けないのだけど、走り終わったら話は別。
ここは勝利の美カレーだろうということで、無事完走したことを祝って今回の旅は終了しました。


↓経路
http://www.mapfan.com/routemap/routeset.cgi?Func=r&MAPS=E136.54.28.7N35.0.18.4&MAPK1=E137.3.18.7N35.6.3.0&MAPK2=E137.9.34.5N35.4.46.8&MAPK3=E137.13.9.0N35.3.45.7&MAPK4=E137.15.54.3N35.5.49.0&MAPG=E137.18.59.6N35.7.51.2&COND=width&HW=avoid&FR=avoid&REST=unuse&WAY=bicycle

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/