ちゅうカラぶろぐ


[418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408
しばらくぶろぐではお休みをもらっていました、かときちです。

改めて、『スーパーアニカラ魂2009』に参加された方、ありがとうございます。
多くの参加人数とイベントの成功に、今後のちゅうカラ活動への励みとなりました。

イベントが終わって先週一週間は、完全にちゅうカラの仕事は休養としながらも、
ただ頭の中では、なかなか次回の歌会の予定が決められずもどかしかったり。

それでもシューマッハがF1に期間限定で走るというニュースや、
週末の『モンスターハンター3』発売など、いろいろと心にアツい一週間でした。
今週からはまたちゅうカラ活動、頑張っていきます。


さて、ぶろぐでは先日の『スーパーアニカラ魂』を振り返りたいと思います。


今回のイベントは『THE KING OF SINGERS』(以下KOS)を完全プッシュで企画。
前回のKOSデュエット後、またソロでの開催希望の声も多かったのです。

また、ここ数回のイベントは、選抜メンバーでのライブ等を入れていましたが、
今のメンバーを見ていると、KOSで十分にライブ的なレベルに達していると判断し、
また、KOSをゆっくりと楽しんでもらおうという意図がありました。

そのKOSですが、前回のデュエットでのパフォーマンスを見たせいか、
各選手はそれまでのソロに比べ、圧倒的にレベルアップした内容を披露してくれました。
その気合の入れように、主催者としてとにかくうれしい限りです。
各試合については、しょこタンによるレポートを楽しみにしましょう。

そして今回、私も参加。やはり前回のデュエットを見てガッツリやらねばと、
優勝はできないまでも、とにかく衣装をそろえて盛り上げようと準備しました。

しかしながら、今までKOSに選手として出ていても感じなかったのですが、
みなさんの投票を、選手でもある自分が開票しているせいか、
その次の自分の番の時に、「ここで自分の歌を望まなかった人がいるのか・・」と思い、
歌いながら一瞬アウェーな空気を感じてしまったりしていました。

特に今回はほとんどの試合が接戦で、疑いたくなるくらいにどの試合も1~5票差。
「ここにいる聞き手の半分は私でない人に票を・・」と思うとドンドンとブルーになったり。


ただKOSで気に入らなかったことがひとつ。
食事会で、今回の優勝者に『脱いだから勝った』と発言していた人がいました。
確かに、見ている側に多少の照れが入る衣装がいくつかありましたが、
それでも、ルールの中で準備してきたものであって何か問題があるのか?

私も負けた人も含め、コスプレをしたり、歌に笑いやネタを仕込んできたりして、
それらはすべてルール内で行われた事であるはずです。
そんな事を言うのは、優勝者の武器がそれであったように、
自分の武器を探しきれなかった、生かせなかった人のヒガミでしかないと思います。

言い方は悪いかもしれないですがが、ジャイアンツが裕福に選手を集めるように、
競泳選手が記録の出易い水着にこだわるように、
自分にできる事を探して、武器としていくのが、このイベントでもあると思います。


で、そんなハイパフォーマンスなKOSですが、
行くところまで行き着いちゃった感があり、勝つためには、
○有名な、○聞き手が盛り上がれる曲を、○コスプレして歌う。
という原則が出来上がってしまったような感じです。
今後、まだ続けていくにはちょっと方向転換をしなければいけませんね。


KOSについてちょっとキツい内容になってしましましたが、
この企画自体は大変面白いと思っていますので、
いろいろな形で続けていけたらいいなと思っています。



次回も『スーパーアニカラ魂』ネタでいくよ。

拍手[0回]

/