ちゅうカラぶろぐ


[1645]  [1644]  [1643]  [1642]  [1641]  [1640]  [1639]  [1638]  [1637]  [1636]  [1635
vodaさん復活しましたが、暫く間続投となりました。
かときちドラゴンズは中継ぎ陣を補強して、ペナントレースを戦うようで。
 
正月休みに漫画「そらのおとしもの」全巻一気買いしました。
アニメにどハマりしたけど、実は原作買ってなかったんだなこれが。
 
内容をざっくり説明すると「空から美少女が降ってきて、助平な主人公が、その周辺でキャッキャする。」一応ストーリーもありますが、行き着く果てはチチ・シリ・フトモモ。
 
16巻まで発売されていますが、少年ジャンプの10週打ち切りだったら3.4話目程度。
因みにエロ漫画ではありませんよ?
中学生男子の夢と浪漫に溢れた漫画ですから!
 
昭和の深夜バラエティ番組みたいに、頭の中を空っぽにして笑ってればいいのです。
ロマサガ2の軍師だって「常に気が張っててはいけません、
リラックスも必要です。」みたいな事言うてましたしね。
ところで3期まだですか?
 
この漫画、アニメの方もクオリティが高く、(良くも悪くも)原作を忠実に再現されており、
深夜アニメの王道ボインボインのプルンプルン。
 
だがしかしこのアニメを侮る事なかれ、劇場版が放映された時、
現在では閉館してしまった映画館を満員御礼にした最後の作品なのです。
俺達は間違っていないっ!!
 
で、3期まだですか?
 
このアニメの楽しみの1つとして、毎回ED曲を各回のイメージに合わせた選曲をして、各キャラクター達が歌うのですが
 
そらのおとしもの1期では
 
・岬めぐり
・太陽がくれた季節
・戦士の休息
・ゆけ!ゆけ!川口浩
・夏色のナンシー
・ふり向くな君は美しい
・ワイルドセブン
・初恋
・僕等のダイアリー
・チャンピオン
・赤い花 白い花
・春一番
 
そらのおとしものf(2期)では
 
・COSMOS
・かけめぐる青春
・ミラクル・ガイ
・ff (フォルティシモ)
・ソルジャー・イン・ザ・スペース
・帰らざる日のために
・踊り子
・夏のお嬢さん
・望郷の旅
・時代遅れの恋人たち
 
 
となっております。何となく気が付いた方もおられるでしょう。
昭和の名曲ばかり、見事なまでのおっさんホイホイ。
この企画を通したスタッフ頭おかしい(褒め言葉)。
 
特筆すべきは、1期も2期もシリアスな回で故.村下孝蔵氏を使っている処。
思わず胸を熱くさせてくれます。スタッフさんよぅ...貴殿とはいい酒が呑めそうだ。
 
3期でも村下孝蔵で来ると予想してます。きっと「少女」が使われるはず。
「松山行きフェリー」じゃないと願う。
だから3期はまだかって!?
 
懐メロを聴くと、アニソンカラオケではなく昭和カラオケもたまにはいいかな~?
なんて思っちまう訳で、歌会のない土日に有志を募って行きたいものです。
そして「風の日のバラード」なんかを
 
 
トホホ 渚ゆう子・・・か
 

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/