ちゅうカラぶろぐ


[484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474
先日、友人とちょっと早めの私の誕生日会が行われました。

ここでは、私の他にも誕生日が近い友人がおり、
私もその友人へのプレゼントを準備しました。

しかし最近は店に出向くことなく、Amazonなどネット上の
通販サイトを見ているだけで大抵のものが手に入り、
スゴく便利な世の中であります。

ただ、友人の誕生日プレゼントを探すのに、
足で探すことなくってのは、ちょっと味気ない気もします。

・・・が、便利なものは使わなきゃ損です。


さてそんなネット通販。
基本的に私はすべて『商品代引き』でしか購入しません。
現金を準備するのが手間ではありますが、
未だにクレジットカードを使用するのに抵抗があるからです。

そして先日も注文したものが、配達されてきました。
もちろん商品代引きでの購入だったので、
支払をしようと配達員に金額を確認すると、

「2万5千うんたら・・・・」

は?いや私、1万2千円程度だったと思うが・・。
そして手渡された箱は、全く同じ形状・サイズのものが2つ。
あ、これはやっちまったな~、とすぐに認識しました。

買ったものはゲームだったのですが、
同じゲームの予約をダブってしてしまっていたのです。
1回目に予約注文した時の事を忘れていたまま、
2回目の注文をしてしまったのでしょう。

以前もDVDを買った際にもこんな失敗をしているので、
そろそろ私も大丈夫なんだろうか?・・とちょっと考える。
「大事なことなので2度言いました」じゃないけど、
別にそう大事なものでもないのに、2個買いするとは。

確かに買ったのは、限定モノだったのですが、
そんな『使用用』と『保存用』に分けるものでもないですし。

この現在の、『俺の財布がレスキューファイヤー』な時に、
(あ、サビのラストのフレーズに合わせて歌えます)
何をアホくさい失敗をしてるのか、自分が嫌になります。

拍手[0回]

/