ちゅうカラぶろぐ


[3812]  [3814]  [3813]  [3811]  [3810]  [3807]  [3809
先日、ユニバーサルスタジオジャパンで、任天堂のアトラクションエリアの詳細とイメージビデオが配信されました!
ビデオでみる限りは、スーパーマリオシリーズやマリオカートをモチーフとした内容っぽいですね。楽しそうではありますが、ハリーポッターのエリアができたとき同様にしばらくは激混みになるでしょうねぇ。
でも始まったら行ってみたい!!


前回2回は古いアニメを紹介しましたが、今回は前期冬アニメです(゚Д゚)ノ
そのタイトルは『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』
サブタイトルまで書きましたが長いわw

1度、オススメとして簡単に紹介しましたが、今回、最終回も迎えたという事で改めて。
ネタバレは一切しません…というのは難しいですが、核心に迫る箇所はもちろん、できるだけ避けるようにはしますが、もしいらぬ情報になったらゴメンよ(´・ω・`)


前も言いましたが、この作品の主役はヒロインである女神「リスタルテ」と思っております(個人的主観)
まぁタイトルにもあるとおり、勇者である「竜宮院聖哉」は、キャラ立ちもしてるし、いいキャラではあるのですが、物語はほぼリスタルテ視点。というか全編通してリスタルテが竜宮院聖哉に振り回されるお話です。

そしてその振り回されっぱなしで、女神キャラがなぞどこ吹く風よで。終始ツッコミ担当のギャグキャラみたいになってます。

キャラとしての最大の魅力はCVの豊崎愛生さんにあり!
豊崎愛生さんといえば、「けいおん!」の平沢唯といったふんわりしたキャラの印象が強いですが、今作のキャラはいわば『汚れ役』
女神なのに、ちょっと下な恋愛脳だったり、ギャグキャラと言ったようにコミカルな表現が多数あります。むしろ、普通な感じほとんどないような…。
そんな熱演をぜひ見て頂きたいです。

登場キャラとしての魅力は言いましたが、物語の内容としては、いわゆる「異世界もの」
んでもって、主人公が強いわけですが、他と比べ違うところが、「"病的"なまでに慎重」
これがギャグに通じるところなんですが、非常に重要な要素でもあるのです。
某オサレ死神アニメばりに、インフレし続けるわけですが、その酷さもぜひご堪能ください。

個人的には、最終回ってどうなの?って思いましたが、すでに見終わった方や、このブログで興味が湧いて見てくれた方は、感想を聞きたいなぁって思いますので、歌会中にロビーにいたら語りましょう(*゚▽゚)ノ

異世界ものはたくさんあるけど、上位に…いやいや、たくさんあるから決めきれないなぁ(´Д`)


さて来週のオススメは何を書こうか。よし、意外?なところで、『リリカルなのは』シリーズにしてみよう(・ω・)

拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/