ちゅうカラぶろぐ


[2204]  [2203]  [2202]  [2201]  [2200]  [2198]  [2199]  [2197]  [2196]  [2195]  [2194
昨日の歌会に参加された皆さん、お疲れ様でした。
今回初参加の方だけで10人を超えるという状況に驚きました。こんなに一気に増えたのはTVの取材が入った時以来ではないでしょうか?

こんばんは、小島@監督です。
それにしても今回は休日出勤が消えて歌会の最初から参加できたのがとても嬉しい。そうでなければ12連勤とかシャレにならない状況になる所でした。

さて、今回の映画は「たまこラブストーリー」です。

うさぎ山商店街の餅屋の息子である大路もち蔵(声・田丸篤志)は、向かいにあるこちらも餅屋の娘にして幼馴染でもある北白川たまこ(声・洲崎彩)に恋心を抱きながらもなかなかその想いを伝えられずにいた。
高3の春を迎え、進路を決めるとたまこへの気持ちを打ち明けようと考えるものの上手い具合に実現できない。
ある日たまこの同級生である常盤みどり(声・金子有希)との会話中に勢い余ってたまこに告白する事を宣言してしまう。半ば追いつめられるような形ではあったが、もち蔵はその決意を固めるのだった。

京都の商店街を舞台にしたTVアニメ「たまこまーけっと」の続編で、進路と恋心に悩む少年と、恋を知ってほんのちょっぴり成長する少女の物語が展開します。
脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・堀口悠紀子、監督・山田尚子に制作も京都アニメーションと「けいおん!!」のメインスタッフが再結集しています。

正直言って、仕事終わりに「ガンダムUC」観ようと思っていたらUCの上映開始までに仕事が片付かなかったため半ば勢いで入った作品なので、TVシリーズを全く知りません(京都アニメーション作品なのも知らなかった)。なので開幕と同時に始まる本編に一体どのように絡んでいたのか想像もつかないキャラクターが主役の短編「南の島のデラちゃん」に見事に置いてきぼりを食い、自分は観る作品のチョイスを誤ったんじゃないかと心配しましたが、本編始まってみれば無問題でした。

時に全力疾走しちゃったり河原で叫んじゃったり、10代の時間をド直球に描いて非常にベタな物語ではありますが、ベタというのは変に過剰でなければハズレが少ないという事でもあり、実に初々しい恋物語を楽しめます。
それなりに登場人物の多い作品ではあるのですが、たまこともち蔵の心情の揺らぎを軸に登場人物の人間関係を絞り切って描いているので私の様な一見さんでも難なく物語に入れるのが大きな強みと言えますし、実際ありがたかったです(笑)

この映画で唸らされるのは勘所で見せる演出のセンス。何と言ってもたまこともち蔵の2人の関係性をダイレクトにビジュアルで示してみせる「糸電話」が素晴らしいですし、他にもたまこの精神的成長を代弁する「バトン」(たまこはバトン部に所属している)などの小道具のチョイスやその扱い方の巧みさが抜群。
さらに物語のターニングポイントであると同時に2人の関係に変化を生じさせるシーンのロケーションに「橋」や「駅」と言った「次のステージ」を連想させやすい場所にするなど、作画や声優陣の演技を下支えするこの辺りの冴えが画面全体やセリフの間隙に繊細な情感を生み出して、85分と短い上映時間ながら物語に濃い密度を感じさせてなかなか見応えがあります。

あまりの気恥ずかしさに身をよじりたくなりそうなシーンもありますが、トータルで見ればかなりの良作。機会があれば青春真っ只中な彼らの物語を是非、味わってみてください。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/