ちゅうカラぶろぐ


[1552]  [1551]  [1550]  [1549]  [1548]  [1547]  [1546]  [1545]  [1544]  [1543]  [1542
私の弟は熱狂的とは言えませんが、そこそこのAKB48ファンです。
曲に対して合いの手は入れれるし、振り付けもある程度はできる。
メンバーの顔と名前も一致するし、ちゃんと推しメンもいる。
そんな弟に対して、私はと言いますと、メンバーの名前もわからないし、顔もわからない。
振り付けも合いの手だって、あることすら知りませんでした。
だけど、曲だけは聞いているのです。

それこそ弟もファンになる前の、デビュー曲からAKB48は聞いていたりします。
普段、女性ボーカルはほとんどと言ってもいいくらい私は聞きません。
なのに、AKB48は初めて聞いた時から私のツボに入ってきたのです。
しかも1曲だけではなく、毎回ツボを突かれまくりの私。
何で?何でこんなにも私の心を捉えて放さないの!?
なんて思っていましたが、作詞者の名前を見て謎が解けました。

作詞者の秋元康さんと言えば、「おニャン子クラブ」の曲の作詞者でもある方ですよ。
私は「おニャン子クラブ」の派生グループ、うしろゆびさされ組とうしろ髪ひかれ隊が大好きなのです!
まあ、完全に「ハイスクール奇面組」と「ついでにとんちんかん」の影響ですけどね。
この2作品はアニメも漫画も大好きで、当然、主題歌も大好き!
なので、うしろゆびさされ組とうしろ髪ひかれ隊のベストアルバム持ってます。
今でもバリバリ聞いてます。

だから、AKB48の曲を好きになるのも当たり前と言えば、当たり前の話です。
それでもって、弟の話にぐるっと戻ります。
AKB48ファンの弟は時々ですが、テレビもチェックしています。
なので、たまーに弟と歌番組で、AKB48が出演しているのを見ているのですが、その時の弟が実に楽しそうに合いの手を入れたり、振り付けをしながら歌っていたりしているのですよ。
その姿を見て思わず、「凄いねー」と言ったら弟が「気持ち悪いでしょう」と、苦笑いで言うので、すぐさま私は「いや、そんなことないよ、私なんてカラオケでコスプレして、踊って歌って、合いの手を入れているから、私のほうが気持ち悪いって」と言うと、「あー…それは凄いね」と、弟の顔から笑いが消えて、苦い表情だけになっていました。

こうして、弟はまたひとつ、姉についてのいらない情報を知ってしまいましたとさ(´・ω・`)

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/