ちゅうカラぶろぐ


[1490]  [1491]  [1489]  [1488]  [1487]  [1486]  [1485]  [1483]  [1484]  [1482]  [1480
世間的にはお盆休みの真っ最中ですが皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?
私?私は休日出勤と試験勉強ですよ…orz

こんばんは、小島@監督です。
しかも仕事帰りの電車が大雨でしばらく立ち往生したりしやがりましたですよ(苦笑)

さて、今回は割と久しぶりに公開中の映画の話。 ブログのタイトルから察した方もいらっしゃると思いますが、今回は「魔法少女リリカルなのはThe movie 2nd A's」です。
2年前に公開された前作の好評を受けてシリーズの中でもとりわけ評価の高い「A's」が映画化。
はやてやヴォルケンリッターの面々という人気キャラクター達が遂にスクリーンに登場します。

個人的に非常に驚き、かつ嬉しかったのがテレビシリーズや1作目の映画で感じた不満のほとんどが解消されパワーアップしていた点。
まず、セリフがこれまでよりブラッシュアップ。なのはシリーズはどれもキャラが状況や心情をセリフで語りすぎる傾向があり、その多弁さが言ってしまえば「ウザかった」のですが、今作では随分と削ぎ落とされ(それでもまだ多い方ではありますが)押しつけがましさが軽減され、より伝わりやすくなりました。

また、多弁なセリフ以上に不満だった劇判のクオリティが大幅にアップ。特にテレビシリーズはそのBGMのチープさが本当に残念だったんですが、その不満が解消。というか個人的にサントラCD買っても良いレベルの秀逸なスコアを堪能させてくれます。

映像面でも前作のようなスクリーンを持て余し気味のこじんまりとしたレイアウトが無くなり、アクションのボリュームアップも含めてむしろスクリーンを「狭い」と感じさせてくれるほどに動きと広がりを感じる映像になりました。
印象的だったのは終盤わずか数秒のカットですが、なのはの主観で展開する映像が登場した点ですね。これまでのシリーズでは無かった意欲的なアングルで、こういうカットに挑戦できる作画スタッフの底力に唸らされました。

…と、まあ大概満足できる映画ですが欠点も無いわけではありません。
一つは上映時間の長さ。どれほどレベルが高くてもやはりアニメで150分は長すぎます。上映中トイレに立った方が何人か見えました。せこい話ですがある程度の客足が最初から見込めるタイトルなので90分2部作で構成する方法もあったように思います。
もう一つは、それほどの長さであるにもかかわらず語りのテンポがほとんど変わらない点です。物語自体はかなりの起伏があるのに、テンポがずっと一本調子なので行間を脳内補完できるテレビシリーズからのファンは問題無くとも初見の人には本当に重要なシーンやセリフが分かりにくいでしょう。これは正直勿体ないですね。小手先の話ですが、場面転換後の最初のセリフを発するタイミングがどのシーンもほぼ同じだったので、ここをずらすだけでも結構印象を変えられたような気がします。
ただ、作中そのテンポを大きく逸脱してまで展開するなのは、フェイトの新フォームへの変身シーンと田村ゆかり・水樹奈々の2トップのボーカル曲を2曲続ける10分もあるエンディングはファンサービスとしては紛れもない正解でグッジョブ!と言わざるを得ませんですが(笑)

何か、長くなってしまいましたが「ファンの要求に応える」という点でこの劇場版のシリーズは非常に高いレベルの映画です。気になっていて未見の方は是非映画館で楽しんでいただくことをお勧めしますよ。きっと素敵な時間を味わえる。


…余談ですが、その「上映中トイレに立った方」というのが後日しょこタンだと判明した時はマジで驚きましたわ―。平日昼間の回に観に行ったのにまさか知り合いがいるとは。油断できないわ―(笑)

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/