ちゅうカラぶろぐ


[3882]  [3883]  [3880]  [3881]  [3879]  [3878]  [3877]  [3876]  [3874]  [3875]  [3872
ゴールデンウイーク中、どうしてもそんな連休があってしますと、
休み明け近くで仕上げる必要のある書類が完成しないので、
イヤイヤながらにも、会社のちょっと顔を出してきました。

会社はちょっと歩けば、誰かに会えるくらいは出勤しており、
久しぶりに家族以外の人と直接しゃべる機会となりました。

そこでもやっぱり新型コロナウイルスの話となりますが、
その話の中で仰天してしまったのは、国から配布される、
『布マスク(通称アベノマスク)』が愛知でも届いてるらしきこと。

テレビのニュースで配布している映像では見ましたが、
実際に愛知にも、そして知り合いにも届いているのですね。

我が家には当然届かないし、むしろ都市伝説と思っていました。
アベノマスクが届く前にマスクの流通も戻ってきちゃいましたね。



さて、ゴールデンウイークは会社以外ほぼ家にいましたね。

そして休み明けは昨年骨折した脚の骨に入っている、
金属のピンと針金を除去をする手術で1週間弱の入院です。
(抜釘という名前の手術らしいです)

新型コロナウイルスの件もあって、現在の入院する病院は、
見舞いなどで他の人が入ることはできないようですね。

そんなケガをした直後はとにかく早く治ってもらうためは、
1分でも早く手術してほしいなんて思ったものですが、
それなりに元気な今となって、今回はちょっと怖かったりします。

今でも脚の中にバリバリ異物感があり、そのおかげで、
走ったり、脚をしっかり曲げることができないのですが、
抜釘が終わればその違和感もどうやらなくなるらしいです。

それでもまた切って開いてってのがためらわれるのですよね。
会社の上司にそれを話したら「意気地なしだね」と言われて、
軽く殺意を抱いたものですが、だって怖いんですもの。

そんな脚の中に入っているピンと針金のレントゲンを、
今までに何度となく病院で見てはいたのですが、
母などは見たことがなく見たいというので診察の時に、
スマホで写真を撮っていいかお願いをして許可をもらいました。

それがこれ。



病院ではなんとなく「ああ、こうやって固定してるんだ」くらいに、
なんとなく見ていましたが、しっかりみるとなかなかエグいです。
こんな感じに私の脚の中はサイボーグ化していたのです。

とりあえず、一旦は昨年のケガに対して締めくくりとなりますが、
そのおかげで歌会を休んだり、働く部署がが変わったりと、
いろいろなことがあるきっかけとなった1件でした。

次は新型コロナウイルス感染の収束を早く迎えることができ、
歌会でみなさんの顔を見られる日を楽しみにしています。

拍手[3回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/